映画ドラえもんのび太の月面探査記面白い?つまらない?感想評価考察!

映画ドラえもんのび太の月面探査記の感想評価考察

doraemon_00

ドラえもんの映画シリーズ新作、「ドラえもんのび太の月面探査記」が上映開始となりました!

毎回注目のドラえもんの映画シリーズ。

リメイク作品もありましたが、今回のドラえもんのび太の月面探査記は完全新作。

それでは早速みんなの感想を見てみましょう!

関連情報はこちら


ドラえもんのび太の月面探査記面白い?つまらない?

映画ドラえもんのび太の月面探査記は面白いのかつまらないのか、みんなの感想考察はこちら

・今回のドラえもんは、のび太の日本誕生や雲の王国を彷彿させるような、私の好きな王道系ドラえもんで楽しくみれました。この系統でよくある丸っこい動物系ムービットもノビットも可愛くて、ノビットはお茶目だけどどこか抜けててお馬鹿な感じが癒されて好きでした。全体的にキャラクターが濃くて、特にルカくんは、見た目かっこよくて可愛くてエヴァンゲリオンのカオル君のようなずっと見てられる魅力があり好きでした。のび太くんの「友達だけってだけで助ける理由になる!」って言うシーンは涙が…。最後のルカくんの「友達になってくれてありがとう」にも繋がってきてよけいに、最後の別れが切なくなってしまいました。のび太くんは泣いてなかったけど、距離は関係ないって言う強いメッセージを伝えてるようでほっこりしました。

・ドラえもんの映画は2017年より毎年家族で見に行くようになりましたが、単刀直入にいうと前回、前々回の方が面白かったなという感想です。今回の映画、出だしはお決まりの、のび太がドラえもんにお願いして道具で月にうさぎの世界を作ろう、というところから始まりました。その後、謎の転校生ルカとの出会いがあり、ルカたちを助けるため敵に立ち向かうのですが、仲間を助けるといういつもなら感動する場面が、ドラえもん、しずかちゃん、ジャイアンやスネ夫ではなくルカを助けるという設定だった為、仲間とのつながりが浅く感じていまいち泣けませんでした。のび太君がどんな人に対しても思いやりがあるのはとても伝わってくるのですが。さらに最後の敵ですが、最近は同じような敵が多いです。ロボット社会について考えさせられる事は現代人にとって必要だと思うのですが、少し違ったボスも見てみたいですね。見終わった時に、長かったな、と感じました。ロボット社会になりつつある現代での人間の重要性に訴えかけた良い作品ではあると思いました。

・月面調査というテーマでまずおもしろくならないわけないだろと思って見ていましたが期待を裏切られることなく終始いいテンポで話が進みました。不思議な少年が転校してくるというのはありきたりな展開ではありますが、特別退屈な展開でもありませんでした。ドラえもんの映画では毎度のことなのですが、しっかり笑いあり涙ありノスタルジーを感じるシーンありと、安定していました。あと驚いたのが昨年にも増して作画のクオリティが高い。ここまで進歩するのかと思うほどです。ゲストの声優さんもたまに棒読みっぽく感じる場面はあれど、そこまで下手ではなかったので違和感を感じるのは最小限で済みました。この話ならドラえもんを題材に使わなくても子供は喜んでくれるんじゃないかというレベルです。


ドラえもんのび太の月面探査記で注目のキャラは

映画ドラえもんのび太の月面探査記でみんなが好きなキャラ・登場人物についても聞いてみました。

・ルカくんが印象的でした。銀髪美少年うさ耳だけでも可愛いのに、声も可愛くて見ていて飽きなかったです。ルカくんが「楽しいなぁ」呟いたりしてたのが色々わかってきてから、のび太くんとの「友達になってくれてありがとう」というシーンが切なくて印象に残りました。

・謎の転校生ルカです。見た目もカッコいいですし、口数が少ないけれど、仲間思いな感じも魅力的に思いました。最後のルカの言葉が、ロボット社会になりつつある現代で、人間がどう生き抜いていくのか、人間のすばらしさを語っていて、さすがドラえもんという作品だなと思いました。

・出木杉くんですね。印象がなさすぎるのが印象的というか。主メンバーの一人のはずなのにあの扱いはもやもやした部分もありました。ここで出木杉くんがでるかなというシーンで大抵出ず、映画上映から終始頭に張り付いていました。次回作では活躍を見たいです。


ドラえもんファン注目のアイテム

ドラえもんの映画も注目ですが、ドラえもんファンが注目しているアイテムがこちら。

その値段10万円を余裕で超えるプレミアアイテムという事で話題になっています。

気になる方はお値段だけでも見てみてはw

関連情報はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です