元号と西暦どっちがいい!みんなが使いやすいのは?和暦は紛らわしい?

元号と西暦どっちがいい?

reiwa_06

新元号発表「令和」の発表で活気づいている世間。

令和という元号への反響など、色々な話題が出ていますね。

一方で「元号が変わると事務手続きが大変」「元号変わる時に混乱するからやだ」と嘆く声も。

そこで今回は「元号と西暦どっちがいい」というテーマでみんなの意見を聞きました。

是非ご参考ください。

関連記事はこちら


元号は必要であるし日本の大事な文化である

まずは元号は必要であるし日本の大事な文化である、という意見

・日常的に西暦を使うことが多くなってきました。人生が長くなると、昭和、平成、令和と3種類になって来るので、公的書類、銀行システムなどの修正コスト等を考慮すると、西暦で統一した方が楽でしょう。でも、これは、日本文化の一つと考えているので、今のやり方が妥当と思います。

・元号は日本が世界に誇る重要な文化の一つです。もちろん行政に提出する書類等において使う使わないの選択肢はあるでしょうが、もし使う場面が少なくなったとしても、それがなくても良い、という話にはならないでしょうし、文化を無意味に切り捨てる必要はないと思います。

・保守的のそしりは逃れら無いものの、日本の文化としての元号は必要と考える。万葉集からの引用は中国古典からではなかったことに安堵した。表意文字として漢字は日本にしかないため今後も大事にして欲しい。

・やはり645年から約1400年以上に渡って続いてきた元号は、日本の大事な文化だと思うし、やはり元号が発表されるまえの何にも代えがたいワクワク感は、今の時代にとてもあっているような気がするので必要だと思います。

・グローバル化が進み、書面でも西暦を使う頻度が年々上がっている印象を受けるが、国際的な融合が進む時代だからこそ「国家の持つ文化」がその国の個性を確固たるものにし、世界的な存在感を保つ一助になるのではないか。

・両方あることで少し煩わしいと思うこともありますが、元号はもう284代目?でしたっけ。かなり昔から続いている日本の文化であり、それをあえてなくす必要はないと思います。

・日本の歴史や文化を振り返る時、西暦よりも元号のほうがイメージが鮮明になります。例えば「昭和世代」という使い方があるように、西暦だけでも困らないとは思うのですが、やはり日本人なら元号に愛着を持っている人が多いのではないでしょうか。

・必要でないと言えば必要ないのかもしれないが、日本で元号が使用される様になってから現在に至るまで、天皇の移り変わりや時代の編成など、大切な文化を区切る目印となっていると思う。

・元号があるからこそ時代の変化みたいなものを感じられると思うし、元号は日本ならではの文化として大切にするべきだと思う。西暦も時代の流れは感じられなくはないが、元号は西暦とはまた違った変化を感じられると思う。

・日本や日本人の歴史に無くてはならないものだと思うからです。私も自分が生まれた昭和、人生の大半の時間だった平成、これから子供と過ごす令和と、どれもそれぞれに想いがあります。きっと日本人にそういった感覚の人は多いと思います。

・絶対、元号はある方が良いです。歴史年表が西暦だけになると、すごく味気ないです。今回つくづく自分も日本の歴史年表の上に生きている感じがして嬉しかったです。世界的にも話題になってニュースで流れたようなので、日本独自の文化として続いていって欲しいです。

・他の国にない文化で、世界の中で唯一の「エンペラー」を持つ日本の大事な文化だと思うので、今後も続けていくべきものだと思います。天皇制があって、天皇交代とともに変わる元号文化は本当に誇るべきものだと思います。

・元号は天皇制と密接に関わっているので、今後の日本という国の在り方を考えると、切っても切れないことだと思います。元号はすでに生活の中に溶けこんでおり、元号を使わない日常は考えられないです。

・「元号より西暦の方がわかりやすい」、「元号がわずらわしいと感じる事がある」、「元号はごく一部でのみ使用すればいいと思う」は普段の生活で感じるところとしてはとても合理的な感じ方だと思う。書類に日付を入れるときも、西暦に比べると元号だとすぐに書けないし、普段優先して使うのは西暦のほうだ。しかし、元号に限らず文化とか伝統を一度捨ててしまったらもう取り戻すことは出来ない。不便であっても次の世代に伝えるために使い続けるべきだと思う。

・たしかに元号がわずらわしいと感じることもありますが、元号は日本の大事な文化だと思います。また年上の方と話をするとき、西暦で言うと通じないこともあるので元号は大切だと思います。

・様々な手続きをする度に毎回、元号と西暦のどちらなのかを確認しなければならないことについては手間だと感じますが、それ以上に、はるか昔に始まった「元号」という文化が今も尚受け継がれていることに価値を感じるからです。

・書類などによっては、面倒であるものの、その時代を後世に伝える大切なツールの一つと思います。時代背景を合わせ伝えることで、日本の歴史のワンシーンを束ねているように思います。

・公的な文書などでも西暦と併用するところが増えてくるとは思いますので、日本独自の文化であるので残して良いのではないとは感じました。ですから、無くす必要はないと思います。

・世界でも類い稀な皇族が何代にも渡って継承されてきた日本の歴史にとってやはり必要なものだと思います。
のちに元号を冠した名前で呼ばれる天皇を日本の象徴としているならば、大切な文化ですし日本人としては途絶えさせてはいけないと思います。

・日本の文化を重んじ、必要なものであると思う。システム等大変だと思うが、それで経済が回っているところがあるのでいいと思う。どの天皇陛下か、わかりやすくなるので、いいと思う。

・元号年を西暦年に直すとき、前の元号だと西暦何年だかすぐにわからないことが多いです。それで友人の中には「もう元号はいらないんじゃない、西暦だけで十分だよ」という人も何人かいます。でも、元号はもう何世紀も前から用いられている日本の歴史であり、伝統であり、文化です。それとともに天皇陛下への敬いの念が込められています。また、国民からの思いも込められています。私自身はわたしが生まれた昭和という元号にとても愛おしい感情を持っています。日本国民の大部分の方が元号に様々な思いと慈しみの念を抱いているはずです。こんな素晴らしいことって、他の国にあるでしょうか? とても誇らしく思います。

・今まで日本が続けてきている伝統でもあると思います。その伝統は大切にするべきだとも思いますし、一つの元号を一つの時代の区切りとしてもいるので無くすと混乱を招くことにもなると思います。

・西暦の方が万国共通で分かりやすいかもしれないが、他の国にはあまりない独特の文化だと思う。天皇の交代とともに時代が変わっていくことを反映させることができるので、続いてほしい。

・明治以降から天皇の即位、崩御によって変わってきていたものですし日本古来からある大切な文化なので個人的には人々にとって節目になると思うのであった方がいいと思います。

・元号は日本特有の重要な文化だと思います。元号ごとにどんな時代だったかと振り返ることもできますし、継承していくものだと思います。一方で、公的な手続き書類については、西暦で統一された方が間違いがなくなるのではとも思います。

・日本の歴史の節目になるので必要なものだと思います。
元号によって大まかにどんな時代だったか語りやすいし、便利だと思います。
馴染んでいるものなので、無くなるのは困るという気持ちもあります。

・ビジネス上は面倒な部分もあるが、天皇陛下と1対1の関係にあるのでなんとなく時代のイメージもできてくるし、ざっくりと「あの頃はこうだった」と思い起こせたりもするので、私はとても好きです

・昭和時代には元号が染みついている。2000年を過ぎてからよく西暦を使い始めたが、縦書きだと西暦表記がややこしくって仕方がない。某新聞を読んでいて何度勘違いしたことか…折角素敵な元号があるのだから、手間だのなんだの言わずにもっと使って欲しい。

・正直、生きていく上では特段必要性はかんじていないけれど、あってもいいのじゃないか、というのが本音。昔から続いているものだし、天皇の御代と紐付けて考えられるので思い入れもある。

・確かにグローバルには西暦だけで十分だが、日本固有の文化として守っていくべきものだと思う。昭和の時代、平成の時代と自分がそれぞれ過ごした年代と重ねながら思い出に出来るのは素晴らしいことだと思う。あえて止める必要はないと思う。


元号より西暦の方がわかりやすい

元号より西暦の方がわかりやすい、という意見がこちら

・一番は単純に西暦の方が歴史が一貫しているので分かりやすという点です。実際平成17年とか言われてもどんなことがあったか全く思い出せませんが、2005年と言われれば自分がどんなことをしていたかすぐに思い出せます。世界史との整合性もあるので時代感を損なわない点でも西暦のみが良いと感じています。

・元号があるのも大切な文化だとは思うのですが、日常生活ではやはり西暦がわかりやすいです。元号でいうととか、西暦に直すととか、2種類あることで計算しながら考えたりするのもちょっと面倒かなと思う時があります。

・元号で言われても、計算しにくい。実際に私は、平成生まれなので、昭和何年生まれですと言われてもしっくり来なくて、結局西暦で教えてもらいます。若い人はそういう人が多い気がします。

・世界で使われている西暦の方が良いとは思います。しかし、日本の独特の文化である元号は残すべきだとは思いますが、様々なシステムには利用せず、日本人の文化としてのみ利用していけるとより良いと思います。

・どちらかに統一されているのが一番分かりやすいと思いますが、以前仕事をしていた中で、書類やパソコンデータで日付を入力した時に、数字だけの記入(または入力)だと昭和なのか平成なのかが分かりづらく、事務処理がやや煩雑になった経験があり、西暦に統一した方が分かりやすかったため。

・グローバルな会社に勤めていたら元号を使う事はないし、また、数年周期で元号が変わると医療系(とくに小児科)だと予防接種その他の細かい個人単位でのカウントか非常にわかりずらいので正直やめてほしい。

・年数が定まってないので分かりにくいとは思います。大抵のものは西暦で統一するようにすればいいと思うので、ずっと続いてきた日本の文化なので元号をなくす必要はないと思います。

・元号は日本の古くからある文化なので、今後も使用する方が良いと思います。ただし、公共手続きは西暦の方が良いと思います。西暦と元号で計算するときに、混乱するときがあるからです。

・元号と西暦がふたつもあると書類によっての区別などがわかりづらいし、元号については数十年ごとに区切られまた数え直しとなっているため何年に何があったか、ふとしたときに思い出しづらい。

・正直元号と西暦が自分の中でリンクしていないため、西暦何年が、昭和何年かというのが分かりづらいため、なくてもいいかなと思っている。しかし、日本の伝統的なものなので、一概には言えないと感じた。

・仕事上、元号より西暦の方が使うことが多く4桁の上2桁を略しても伝わるので西暦の方がわかりやすいと思います。また、元号で生年月日を聞くより西暦で生年月日を聞けば直ぐに歳がわかると思う。

・「今平成何年だっけ」と人生で何回言ったことか。元号はなんか思い出しずらいです。文字数が少ないのは口で言う分には良いのですが、書くのが面倒なのは元号です。歴史も全部西暦で覚えてますからね。

・グローバル化が進む中で、書類の日付ひとつ記入するにもどちらで記入すれば迷うことが多く、いちいち変換するのが面倒だと思います。万国共通の西暦のほうが後々のことを考えるといいと思います。


元号はごく一部でのみ使用すればいいと思う

元号はごく一部でのみ使用すればいいと思う、という意見がこちら

・元号はあっても問題はないと思いますが、変更のたびにシステムを改修することになり事務作業が煩雑になると思うからです。公的機関も原則として西暦を使うことにすれば、業務を効率化できると思うからです。

・現状として西暦も一般に広く浸透していて、基本的には世界的にも基準になっているので、一般的な部分については西暦を使用するようにして、元号については国家行事の際や特別な利用に留めて使用していけば良いのではないかと思うから。

・元号は日本の文化なので、それはそれで良いと思う。しかし、外国は西暦しか使っていないので、元号は必要な時だけ使った方が混乱しない気がする。また、書類関係も二つ書くのが面倒な時があるので、少し考えて欲しいと思う。

・元号は伝統的なものなので、なくしたりするのは勿体ないかなと思う。ただ、元号が変わることで、様々な書類の体裁を変える手間や面倒な手続きが増えることはあると思うので、場合に応じて西暦と並行して使っていくのがいいと思う。

・ビジネスのシーンで元号を使うのは止めてほしい。企業や役所によって西暦だったり元号だったり求められる形式が違うのは合理的ではない。元号は年賀状や挨拶の手紙など個人的に使用すると良いと思う

・改元に生ずるシステムの改変など、性能向上には関係ないところに労力や時間がかかるのは無駄な気がする。天皇陛下のお名前であったり、時代を語るのにはよく使えると思う。

・日本独自の文化として続いていくことは構わないけれど、世界的に見ると圧倒的に西暦がスタンダード(というかほとんどがそれ以外ない)ので世界基準に合わせて基本は西暦とした方が混乱しない。履歴書や免許証なども西暦で統一すれば外国人移民や労働者の方にもわかりやすいと思うので。


元号がわずらわしいと感じる事がある

・西暦と元号と別々に数を覚えなくてはならないのが、面倒だと感じる時があります。書類関係が全て統一されているといいのですが、書くものによって変えなくてはならない時があり、うろ覚えのときはいちいち携帯で確認するので面倒です。

・無くなれば良いとは思いませんし、文化として引き継いでいく事は構いませんが、社会生活の中で戸惑う場面が多く、実務では西暦と元号のどちらかで統一した方が良いと思っていました。昨日、官庁の方で西暦に統一するという見解が出ましたので、少しは混乱が緩和されるように願っています。

・なくても良いとまでは思いませんが元号と西暦2つあると書類に記入する時に何年だったか分からなくなる事が時々あるので少しわずらわしいと感じます。せめて下1桁が揃っていたらいいのですけどね。

・昭和何年生まれといわれて、ぱっと現在の年齢が計算できない。高齢者と関わる仕事のため、大正生まれの年齢も計算しなければならず手間ばかり感じている。他にも元号の生まれて区別することによって、先入観などによる見えない壁をつくってしまう。西暦に統一し、偏見を除外すべきだ。


そもそも元号はもういらない

そもそも元号はもういらない、という意見もありました。

・西暦だけで十分だと思います。昭和対平成みたいなくだらない争いも面倒なので、正直元号なんていらないです。昭和生まれってだけで古いだのバカにされたりするのは嫌です。

・もう「今年は平成何年?」なんて余計な頭は使わなくてよくなる。また元号が変わる際に昭和○○年と平成元年が一緒。なんて面倒なことはもういらないと思います。西暦○○○○年、一本で良いと思います。

・西暦で充分。何のためにいるのかわからない。はっきり言って不要。逆に不便でしたかない。ひどすぎるシステム。時代に取り残されてる国。残念すぎる、本当に残念でならない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です