2019年日本シリーズ優勝予想ランキング!みんなの予想する強い球団はどこ!!

2019年みんなの日本シリーズ優勝予想!

yakyu_00

2019年のプロ野球を制するのはどの球団か!

シーズンも開幕し、早速盛り上がっているプロ野球。

新しく入った選手や今年のチームの様子も気になりますが、最終的な注目ポイントはなんと言っても日本シリーズ優勝。

今回は日本シリーズで優勝するのはどの球団か、みんなの予想をランキング形式でまとめてみました!

是非ご参考ください!

人気の関連記事はこちら


日本シリーズ優勝予想ランキング12位オリックス・バファローズ

日本シリーズ優勝予想ランキン12位はオリックス・バファローズ

オリックス・バファローズが勝つと思う理由

オリックス・バファローズが勝つと思う理由はこちら

・エースの金子選手が抜けたのが痛手だが、その分選手達が奮起してくれるのではと期待している。今年こそは注目の中心になってほしい!

日本シリーズ優勝予想ランキング11位横浜DeNAベイスターズ

日本シリーズ優勝予想ランキン11位は横浜DeNAベイスターズ

横浜DeNAベイスターズが勝つと思う理由

横浜DeNAベイスターズが勝つと思う理由はこちら

・開幕戦初戦をハマスタで観戦し勢いを感じたからです。オープン戦もずっと見てきたのですが、怪我で離脱している投手がいるものの入団したばかりの新人も活躍が期待できますし、何よりずっと悔しい思いをしてきたファンの期待やチームの優勝への強い願いがそうさせてくれるんじゃないかと。


日本シリーズ優勝予想ランキング10位千葉ロッテマリーンズ

日本シリーズ優勝予想ランキン10位は千葉ロッテマリーンズ

千葉ロッテマリーンズが勝つと思う理由

千葉ロッテマリーンズが勝つと思う理由はこちら

・新戦力の藤原選手をはじめ、若手が結構いるので、成長してくれれば大きく伸びるのではないでしょうか。井口監督も2年目なので、昨年よりも結果を求めると思います。福浦選手が最後の年になりそうなので、チームがまとまりそうです。

日本シリーズ優勝予想ランキング9位東北楽天ゴールデンイーグルス

日本シリーズ優勝予想ランキン9位は東北楽天ゴールデンイーグルス

東北楽天ゴールデンイーグルスが勝つと思う理由

東北楽天ゴールデンイーグルスが勝つと思う理由はこちら

・個人的にはメジャーにあっさり行っちゃった感がある田中がずっといれば良かったんですけど、チームが東北にあるのも面白いしなにより楽天のセールが確実にあるので頑張って欲しいです。
いろいろオトクになるので優勝ですね!


日本シリーズ優勝予想ランキング8位東京ヤクルトスワローズ

日本シリーズ優勝予想ランキン8位は東京ヤクルトスワローズ

東京ヤクルトスワローズが勝つと思う理由

東京ヤクルトスワローズが勝つと思う理由はこちら

・2017シーズンはまさかの96敗でしたが、そこから昨シーズンセリーグ2位に快進撃したヤクルトスワローズ。どん底からチームを見事に立て直した小川監督のもと、今年こそ「躍進」をスローガンに掲げ、さらに優勝へと飛躍していきます。必ず!

・昨年も2位だったのでその調子のまま、更に今年は野手も投手も若手選手が育ってきていて選手層に厚みが増している最中だと毛からです。またこどもの頃からのヤクルトファンなので、そろそろ優勝をみたいという気持ちもあります。

日本シリーズ優勝予想ランキング7位埼玉西武ライオンズ

日本シリーズ優勝予想ランキン7位は埼玉西武ライオンズ

埼玉西武ライオンズが勝つと思う理由

埼玉西武ライオンズが勝つと思う理由はこちら

・パリーグが6連覇中なので、今年もパリーグの優勝チームが日本一になりそう。西武の打線は今年も健在なので、今年こそ、日本シリーズに出場すれば、勝てると思います。年俸が高ければ勝てるわけではありません。人間関係のほうが重要です。

・選手層が暑く、若い選手がどんどん成長している。これからも下から上がってくる選手も多そうでレギュラークラスの離脱をもろともしないのは広島と西武。その中で日本シリーズのような短期決戦は安定した投手陣と共に決定力のある主力の存在が必要で、その両方を兼ね備えているのが西武ライオンズである。

・昨年は日本一とはならなかったが、リーグ優勝しています。その強みは圧倒的な攻撃力。昨年もリーグトップの打率を誇っています。日本一になったソフトバンクは、コーチ陣が大幅な変更が不安要素です。攻撃力に長ける西武が日本一になるのではと予想します。

・あの強力打線が今年も健在である事。それに加えて去年のクライマックスシリーズでの経験が生きるはず。投手力の弱さは否定できないが、あの強力打線の迫力は12球団一である事は間違えない。浅村の移籍は山川の成長でカバーできる。また打力だけではなく、秋山・源田の守備は特出している。攻めと守りのバランスが素晴らしい。

日本シリーズ優勝予想ランキング6位中日ドラゴンズ

日本シリーズ優勝予想ランキン6位は中日ドラゴンズ

中日ドラゴンズが勝つと思う理由

中日ドラゴンズが勝つと思う理由はこちら

・特に好きな球団も好きな選手もいないのですが、現在東海地方に住んでおり、中日ドラゴンズファンの知り合いも多く、中日ドラゴンズが勝ってくれたらこの地域もより活性化すると思い、優勝して欲しいなと思っています。

・中日ドラゴンズは星野監督時代にピッチャーで活躍した与田剛を新たに監督にむかえ、低迷しているチームの巻き返しをはかるべく、星野監督時代の強い中日ドラゴンズを取り戻すべく新規意識改革を推し進めているので今年は優勝できると思う。

・中日ドラゴンズは2019年度から監督が与田剛になるからです。この人は、多分頭が賢いので良い采配をしてこれるものと予想します。やはりこの人はドラゴンズにいなければならない人です。楽天の監督もしていたので、楽天の内部の事を知り尽くしているのでは。勝てます。

・テレビや新聞の予想では中日は優勝候補にほとんど上がっていません。私も優勝するのかどうかは全くわかりません。でも小さい頃からずっとファンなので、願いを込めて中日ドラゴンズを選びました。今年は新監督だし、選手も注目の選手が揃ってます。ぜひ優勝してほしいです。


日本シリーズ優勝予想ランキング5位阪神タイガース

日本シリーズ優勝予想ランキン5位は阪神タイガース

阪神タイガースが勝つと思う理由

阪神タイガースが勝つと思う理由はこちら

・打撃力はイマイチですが、若手の活躍が期待できるので、伸び代が見込めます。
投手陣は補強がの西に期待でき、藤波の復帰で層が厚くなる。中継ぎ以降も十分に機能すれば問題なく抑えれる。勝利の方程式が確立されれば万全でしょう。

・関西出身で生まれた時から阪神タイガースのファンだったし、最近は全然優勝に絡めていないのでそろそろ優勝するのではと期待をこめて阪神タイガースを選びました。矢野監督を筆頭にチームが纏まってドラフト1位の近本光司選手ぼ活躍も期待したい。

・解説者の前評判は高くないが、昔からのファンであり応援しているのが一番の理由。客観的にみると投手力に関してはセリーグでは屈指だと思う。基本野球は投手ですよ。あとは打線次第だが即戦力の新人も加入し昨年よりは戦力は充実していると思う。大山、外国人あたりが打てばセリーグの制覇も日本一もありかなと思う。

・今日、開幕で試合を見たんですが、守備が断然良くなっています。そして、新人のフォローが上手い矢野新監督がやってくれそうな気がします。ベテランの鳥谷のバッティングも良かったですし、あと、糸井、福留が好調で、ナバロも本調子になれば、狙えます!絶対!

・昨シーズン中に新監督に就任した矢野さんに期待を持っています。昨年はシーズン途中での就任だったため、残念な結果とはなりましたが、今年は最初から監督としてシーズンを迎えるので、阪神黄金期を支えた矢野さんがチームを優勝に導いてくれると信じています。

日本シリーズ優勝予想ランキング4位北海道日本ハムファイターズ

日本シリーズ優勝予想ランキン4位は北海道日本ハムファイターズ

北海道日本ハムファイターズが勝つと思う理由

北海道日本ハムファイターズが勝つと思う理由はこちら

・ドラフトで選択した選手を育てると言う球団の方針が身を結びつつあります。近藤選手や西川選手、中島選手の働きが典型的です。また、栗山監督の選手に対する思いや熱意が伝わってくる戦術はフロントと選手の絆を固い物にしています。北海道の球団としてファンと選手の地道に続けている交流が身を結び、ファンの暖かい応援は選手の大きな力になっている感じがします。これらのことから絶対日本一になるでしょう。

・自分が北海道に住んでいるからというひいきの引き倒しもあるのですが、日本ハムは若手選手が順調に成長しています。いままで、あと一歩という感じがいつもしていましたが、今年は何かが違うと感じています。他の球団を圧倒すると感じるのが、理由です。

・私が北海道に住んでおり、北海道の地元球団をひいきにしているからです。また、開幕戦で中田のサヨナラ満塁弾からも勢いがつきそうですし、前半戦をいい流れで乗り切れそうなイメージがあるためです。また選手も大谷のような天才的なスター選手は正直一人もいないものの、平均的にそこそこ秀でた能力を持っている選手が沢山いるという全体的な能力も高いと思えるからです。

・近年安定して強いから。栗山監督のもと、選手も昨年とそう変わらないメンバーなので、期待できるのではないでしょうか。3年ぶりの日本一目指して頑張っていただきたいと思います。若手が伸びれば優勝もありうると思います。

・今年は選手の補強がいいと感じる。特にピッチャーではオリックスから移籍した金子選手、そして野手では台湾からの王選手に期待している。そしてそれによってチーム内でお互い競いあっており、その中心が若い選手だというのもいいと思う

・栗山監督の采配が良いと思うし、太田選手や中田翔選手が活躍してくれそうだし、金足農の吉田選手も加わって、若い選手に凄い期待できるし、大物、清宮選手もいるしね。だから、チームの盛り上がりも良く一つになって頑張ってくれそうな気がします。

・個人的に好きな球団だから、です。
今年は金子千尋の移籍&登録名変更のほか、台湾のワンボーロンの加入など、様々な変化がありました。今まで、チームを背負ってきたレアードや岡なども移籍し、新チーム体制となっています。また、ドラフトで加入した選手の中には、甲子園を沸かせた金足農業の吉田輝星もいますし、ライバル、大阪桐蔭のエースだった柿木蓮もいます。期待は大きいです。

・オリックス・バファローズから移籍してきた、エースの金子選手の活躍が期待できるのと、安打製造機の近藤選手、太田選手がいるからです。また、最近大活躍の中田翔選手にも期待しているからです。大谷選手が抜けても、選手層は厚いです。


日本シリーズ優勝予想ランキング3位読売ジャイアンツ

日本シリーズ優勝予想ランキン3位は読売ジャイアンツ

読売ジャイアンツが勝つと思う理由

読売ジャイアンツが勝つと思う理由はこちら

・何といっても丸が球団に入ったことで期待が高まっています。今まで以上に攻撃力が増し、更に安定の菅野の活躍も期待できます。クックがしっかりと抑え、読売ジャイアンツの戦力は底上げされるので、優勝は間違いないでしょう。

・広島東洋カープのリーグ4連覇はさすがに無いかと思います。2019年も希望は大いにありますが、今回は選手補強にも力を入れている読売ジャイアンツが鉄板ではないでしょうか。しばらく優勝していない為、球団も相当力を入れているはず。

・2014年の優勝以来、優勝から遠ざかっており、読売ブランドとしてもこれ以上優勝から遠ざかることはできないため、なりふり構わず優勝戦線に加わってくると考えられる。チーム成績が悪ければ、ペナントレース中であってもどのような手を使ってくるかわからない。

・菅野とヤングマン、希望的観測で原采配が的中して上位へ繋がればチャンスありだと思います。特に去年は調子が出てきたところで怪我で離脱したヤングマンが15勝くらいするんではないかと思っています。打線も吉川が今年は出だしもいいし、一、二番が出塁して岡本、丸次第でしょう。ゲレーロは原監督がうまく操縦するんではないかと。

・丸選手が加入して元々強力だった打線が更に強化されましたし、投手陣も絶対的エースである菅野を中心に充実したスタッフがそろっていますし、監督が赫々たる実績を有した原氏になりましたからパリーグのレベルが高いとはいえ巨人が強いのではと判断しました。

・とにかく戦力だけを見れば、そしてその実績通り稼働すれば間違いなく優勝間違いなし。ただし、投手に関してはエース菅野以外に名前が出てこないこともあり、若い戦力がシーズン中に出てくることは大きなポイントになってきそう。

・オフシーズンの戦力補強で昨年まで広島にいた丸選手や西部の炭谷捕手、中島選手、岩隈投手,また海外からもメジャー経験のある助っ人外国人をチームに加えることでより層の厚い選手層を作り上げ、監督には3年ぶりに原監督が就任したことで、采配時の信頼感と経験値が上がったためです。

・ジャイアンツが優勝してプロ野球を盛り上げて欲しいから。原監督を再投入し補強面も球団が非常に強力的。全日本のエース菅野、全日本の4番岡本、広島から移籍の丸と注目できる選手が大勢いる。何より原監督の後任が存在しない。

・監督が原監督に戻り、コーチ陣に元木、宮本が加わり野球を外から見てきた人が入ることで新たな風が流れていると思います。また、ベテラン人が多く、丸や銀次郎が移籍してき、阿部慎之助がキャッチャーにもどるなど守備争いにも熱が加わっているからです。

・大胆な補強やコーチ陣の刷新を行ったので、今年は期待できると思う。丸選手・岩隈選手の加入で攻守ともにパワーアップできているし、原監督のバイタリティはやはりすごいと思うので、チームもそれに引っ張られて今年こそ優勝できるのではと思っている。

・子どもの頃からのファンなので。こればかりは仕方ありません。試合結果もほぼ毎日チェックしていますし、読売新聞を定期購読しているので、ある意味、当たり前の感覚ですかね。基本的には面白い試合が見られるよう、全球団のファンですけど…

・読売ジャイアンツは総合力もありますし、四番の岡本選手が今年も活躍すると思います。攻守ともにバランスが取れたチームなので今年はしっかりと優勝してくれると思っています。キャプテンの坂本選手も活躍をすると思います。

・小さいころからファンである球団だから。今季は広島から丸が加入したことにより、より一層近年の巨人が求める繋ぎの野球の実現が高くなると思う。昨夜の開幕戦は大瀬良投手の気合も相当入っていて丸も4三振を喫してしまいましたが特にバッターフォームが大きく崩れていて調子が悪いとかいった判断はされていないため徐々に調子を上げて打つようになることを期待している。

・大幅な戦力補強ばかりが注目されがちですが、一番の戦力は原監督の再就任です。一流選手ばかりが集まる巨人軍を率いるのは容易ではありません。彼らを上手く使いこなす監督がいる事が勝敗の肝になります。まだ開幕して3戦しか見ていませんが、さっそく原監督特有の采配が見られます。一般の視聴者でも原監督らしい采配というのは感じるわけで、現場にいる選手たちからしたら自分の出番をある程度予測できる事は仕事をし易い環境と言えると思います。カープ球団がわりと選手各々に考えさせるやり方とは対極にあり、どちらが優れているかは分かれるところですが、個々の潜在能力が違うわけですから同じようにポテンシャルを発揮するなら圧倒的な力差が生まれる事は容易に想像がつきます。

・本当は優勝してほしくないですが、あれだけ補強したら勝っちゃうんだろうなーやだなーって感じです。ただ、丸は意外と心が繊細っぽいので、プレッシャーで大スランプというのとも考えられます。そうなると岡本が本物かどうかが鍵ですね。

・まず、優勝経験豊富な原監督が指揮を取ること。そして、打者陣では、広島カープからFAの丸選手、この選手の加入は、打撃力アップはもちろん、練習に対する取り組みも熱心で、チームに緊張感と集中力を与えています。

日本シリーズ優勝予想ランキング2位広島東洋カープ

日本シリーズ優勝予想ランキン2位は広島東洋カープ

広島東洋カープが勝つと思う理由

広島東洋カープが勝つと思う理由はこちら

・3年連続でセリーグの優勝を勝ち取りながら、日本一になれていない今年こそは優勝できるものと思っています。丸が抜けたものの若手が育ってきていて、投手力は大瀬良をはじめジョンソン、野村等先発陣の星が読める布陣は球界随一です。

・選手を二軍から育てて主力選手にしてるその経営方針が凄いです。キャンプ何かでも選手のやる気が他の球団と違います。応援する広島市民は自分達のチームと言い、他とは意気込みが全然違いました。応援も半端でなくて球場にも当日は絶対入れないです。

・投手陣、打撃陣ともに整っており、総合的な戦力で一番だと考えるため。先発陣はやや頭数は揃っていないが、エースの大世良を筆頭に潜在能力が高い投手が多い。また、野手に目を向けると、丸が抜けた穴は小さくないが自分の役割を自覚している意識の高い選手が多く、そつがなく抜け目のない攻撃が展開できると考える。

・主力が抜けて厳しくなったとはいえ、4連覇とその先にある日本一に向けてチームの士気が高い。また、不安視されていた投手陣に新戦力が加わり、短期決戦での守りの面で、昨シーズンまでとは違う、幅広い継投策が可能になった。緒方監督も過去の経験を活かして短期決戦の戦い方を身につけつつある。

・昨年も連覇し、今年は昨年活躍した主力選手がFAで残念ながら他球団へ移籍し戦力の低下が心配されましたが、その代わりに十分とも言える選手が移籍されましたので、今年も十分にリーグ優勝はもちろん、悲願の日本一にもなれると思います。

・どのポジションに対しても、強い選手陣が多い。また選手の年齢も若手が活躍しているから。ずっと勢いがすごい為今年も優勝を目指せそうだと思った。ただし、パリーグには優勝できなかったので、今年は日本リーグ目指して優勝出来る可能性がある。

・大瀬良選手を中心に投手力が安定しているし、丸選手が抜けても打撃の粘りは今年も健在だろうと思います。あの逆転力というか、諦めない力はとにかく驚異的。選手層も厚く、外国人選手選びも伝統的にうまい球団なので、日本一最右翼だと思います。

・丸が抜けた広島だがその代わりに長野が入ったので極端な戦力ダウンには繋がらないと思います。また広島は菊池を筆頭に守備が良いので大差をつけられるといった試合は少ない。昔の広島は毎年BクラスCクラスと言われていたが、今の広島はセリーグで一番チームとして安定している。

・新井が引退、丸が巨人に去り、長野が入団したが、まだまだ戦力補強とは思うが、昨年並みには勝てると思える。他球団も新入団の選手まかせのような状態なので全体的に昨年並みと思える。希望的にも今年も優勝してほしい。

・戦力的にも抜きんでていると思います。セリーグの場合は他の球団との差が大きいので日本シリーズに出られる可能性も高いでしょう。日本シリーズではこれまで敗退しているので今年は勝ってもらいたいと思っています。

・カープファンなので、願望を込めて!!これまでの3連覇の中で、前田選手や黒田選手、新井選手など、主力が抜けてしまって、どうなるのか?!と思っても、チームの明るく元気な雰囲気は全然変わらず、強いカープが続いているので。今年もこの勢いのまま行ってくれると思います。

・他球団に比べ、スランプのない足を使って攻撃ができるレギュラー級の選手(田中広輔、菊池涼介、西川龍馬、鈴木誠也、野間峻祥、安部友裕)が多く、ベンチで代打を打つ選手にレギュラー級の選手(バティスタ、メヒア、長野久義、坂倉将吾、松山竜平)が多いからです。つまり、選手層が厚いからです。

あと投手陣が少し不安なのですが、7回と8回と9回にそれぞれ、一岡竜二とフランスアと中崎翔太という安定した抑え投手がいて勝利の方程式があることも理由になります。

・広島東洋カープは、丸選手がフリーエージェントで巨人に移籍してしまいましたが、その人的補償で長野選手が加入しました。選手層も厚く、戦力自体はとても安定しているように思え、今年の体制も盤石だと思います。巨人軍と一騎打ちになるかもしれませんね。

・昔からカープファンで今年こそは日本一になることを願っているから。丸が巨人にいってしまって、丸がいないから弱くなったとか、やっぱり丸がいないとダメだったとか言われるのは絶対嫌だし、悔しすぎるから絶対日本一になってほしい。

・まず、近年一番勢いがあるチームだと思います。加えて総合的な実力も着実についてきているようなので、いわゆる「常勝軍団」になりえるチームなのではないでしょうか。広島東洋カープのような市民球団は親しみも湧きやすいので頑張って欲しいです。

・リーグ3連覇している実力と経験を備えた主力選手と期待の若手たちの力が上手く噛みあって、今年こそ日本一を達成するだろうると思っているからです。戦力は充実しているので、あとは緒方監督が過去3年の短期決戦の経験を糧にして、短期決戦での戦い方を学習していれば今年こそやると思います。

・昨年の悔しさと長野氏の補強。中堅の信頼度が増してチーム力向上するから昨年、一昨年のリベンジができるはず。育成が上手なカープは、ドラフト選手を中盤から採用してリーグ優勝に貢献させることで、中堅、ベテランが更に強力になるから。

・リーグ優勝して日本シリーズに進出する可能性が高いと思うので。昨年は惜しくも日本一を逃してしまったが、相変わらず投打の総合力が高く育成や補強にも成功していると思うので、昨年の失敗を活かしつつ今年こそ優勝するのではないかと思っている。

・ここまで、リーグ3連覇。投打ともに層の厚さはリーグ随一。投手陣では大瀬良、ジョンソンを始めとする先発陣から中継ぎ、抑えまで適度な競争もあるし、他にひけをとらない。野手陣には鈴木誠也をはじめタナキクと称される同級生コンビ。今年もリーグ制覇、そして悲願の日本一へ。

・広島は丸と長野が入れ替わって雰囲気が変わり大瀬良もかわいい奥さんと結婚して私生活で沢山の出来事があったと思います。デッドボールを受けた安倍もホームランを打ってファンの心配を吹き飛ばしてくれました。給料は低いですがチームワークは最高だと思います。

・12球団の中で1番選手育成が上手だと思うので、丸選手が抜けた穴は確かに痛いとは思いますが、その穴埋めが出来る次の選手がすぐ出てくるのもこちらの球団ではないかと思います。選手の基盤がしっかりしているのでここ何年も強かったのは本物だと思います。

・カープは野手の攻撃力、守備の安定があり、投手に関しても真っすぐに力がありコントロールも兼ね揃えている人が多いから。今年もペナントレースからチャンスに強い打撃、逆転の広島、安定した投手リレーを期待しています。

・若手の育成がしっかりできている球団のように思えるからです。主力選手が抜けてもそれを穴埋めできる選手が育っています。選手層の厚さを感じる球団です。それと個人的に昔から応援しているチームなので優勝してほしいです。


日本シリーズ優勝予想ランキング1位福岡ソフトバンクホークス

日本シリーズ優勝予想ランキン1位は福岡ソフトバンクホークス

福岡ソフトバンクホークスが勝つと思う理由

福岡ソフトバンクホークスが勝つと思う理由はこちら

・戦力・選手層が他球団より厚い上、選手や監督も、CSや日本シリーズなどの短期決戦にも慣れている利点が感じられます。普通のチームは主力選手の怪我による離脱で順位を下げることが多いですが、ホークスにはそれがなく、やはり抜きんでていると思います。

・昨年に引き続き、ソフトバンクが有力だと思います。選手層が厚いので、打線・投手力ともに良いこと、なかでも内川聖一内野手、アルフド・デスパイネ外野手、柳田悠岐外野手、松田宣浩内野手の活躍が今年も期待されます。

・柳田選手を中心とした打撃陣が強力なのに加え、全体的な選手層が厚く、新人選手も即戦力になっている点など長いペナントレースを制することができる総合力が一番備わっている点。また強力な打撃陣を擁していることから短期決戦でも力を発揮できる力があるから。

・ここ10年で5回も日本一になっているのはチームとして力がある証拠だと思う。一昨年、昨年に引き続き日本一になる可能性は一番高いと思います。昨年の日本一の中心選手が故障したりしない限り日本一に一番近いチームだと思う。

・戦力が充実しており、監督も戦い方をよく知っているから。投手も野手もしっかりしている。他にも強いチームはたくさんありますが、最後に勝つのはソフトバンクだと思う。試合を見てみても、強さが際立っていると思う。

・投打の戦力が12球団を見渡しても一番安定していると思います。王監督時代から続く勝者のメンタルを受け継いでいて、勝負強く、誰が投げても大負けしない層の厚さがあります。また年間を通して大崩れがなく何だかんだプレーオフには確実に残るチームだと思います

・12球団を全体的に見てもやはりソフトバンクは総力が他球団よりも抜きん出ているのが明らかです。打撃力、投手力、守備力、どれを見ても今年も十分に日本一になれるレベルを維持しているので、今年も日本一最有力候補は福岡ソフトバンクホークスだと思います。セ・リーグでは広島カープがリーグ優勝の最有力候補であるのは間違いないと思いますが、ソフトバンクと比べるとやはり見劣りする部分があるので、ソフトバンクの牙城を崩すのは相当難しいと感じます。

・自分の住んでいる地域に近く、イベントなどで見る機会が多かったのでもともと応援していました。その中で昨日の西武戦での逆転勝ち。開幕戦で逆転勝ちという最高の状態で始められたチームなので今シーズンはソフトバンクホークスが優勝だと思います。

・昨年も結局は日本一。絶対的な守護神であるサファテがまた出遅れていることは課題ですが森がその役割を果たしている。野手陣も年齢が上がっていると指摘する方々も多いが少しずつ若い戦力が根付くようになってきたのはポイント。

・千賀や武田、東浜など成績の安定した投手陣と、松田、内川、柳田といった出てくるだけで打ちそうな打者、甲斐捕手とチームのバランスがどこよりもいいと思うからです。ベンチの雰囲気もとても明るくて楽しんでいるので、今年も日本一だと予想します。

・ズバリ、「福岡ソフトバンクホークス」だと思います。理由は、日本シリーズで圧倒的な強さをみせてセ・リーグ3連覇の広島カープを破ったことが証明しているように、実力は12球団ナンバーワンであるということは、多くの人が疑えない事実であると思うからです。

・ここ5年間で4回日本一になっているから。しかも2連覇中でメンバーもそれほど大きく変わったわけではないので、安定して強いと思います。勝ち方を知っているチームなので大きく崩れるとは思えません。今年も強いと思います。

・選手層の厚さが安定しているのは、セ・パ両リーグみてもやはりホークスだと思います。ドーム球場だけあって、雨天による消化試合も少なくなるかと思うので、調整もし易いでしょうし。今はパリーグの方が実力が上だと思うので、セリーグのチームの優勝はよほどの勢いがない限り難しいと思います。

・福岡ソフトバンクホークスを優勝候補に選んだのは、チームの高レベルなバランスです。長く主力を張ってきている柳田・今宮・甲斐などが在籍し、ベテランの内川・松田もいる。若手の上林の台頭もあり、エースとして千賀が柱になる。この層の厚さと戦力のバランスは非常に強力だと考えました。

・柳田や松田、内川といった抜群の選手層の厚さを誇る打撃陣に加え、ケガから復帰したサファテが加わったことで投手陣も安定し、盤石の体制。去年はレギュラーシーズン2位だった悔しさがあるので、今年は完全優勝を狙っているはず。

・まず何より選手層が厚いということ。ピッチャー陣も盤石だし、抑えにはサファテも戻り、去年活躍した森投手もいるのでどちらを使うのか悩むというぜいたくな悩みすらあるくらい。工藤監督の采配もよいし、ベテラン選手が若手を引っ張り非常にバランスよく、また「勝ち方」を知っているという強みもある。

・今期は開幕戦から調子が良く連勝が続いており、チームの雰囲気もいつもよりも良く感じられるからです。投手や守備も強くなっており打者の調子もかなり良いので他のチームに比べても勢いがあり、このまま優勝をとってくれると感じています。

・ベテランから若手まで選手層が厚く、二軍などの選手が戦力になると感じると即起用したりと動きが速いことも強さの要因と思う。レギュラーが怪我をしても困らずないので負けることは少ない。それと地元ファンが熱く応援していることも強さには必要で選手たちも分かっているから。

・チームとしての最強ピークはもうすでに過ぎていると思うのですが、それでもやはり頭ひとつ抜けていると思います。選手用のトレーニング設備の記事を見かけましたが、金のかけ方が他球団と圧倒的に違う…やっぱり、こういった所の差が成績にも現れているのでは、と思います。

・毎年とても強いので今年も福岡ソフトバンクホークスが優勝だと思います。ソフトバンクホークスの強さは安定しているといったところでしょうか。今年も特にソフトバンクホークスは打撃もとても安定していると思います。本当はセリーグが好きなのでセリーグに頑張ってほしいのですが、日本シリーズの度にパリーグのチームが強いと思い知らされます。

・戦力層の厚さが魅力的。今年は新人投手が2人も1軍に抜擢された。しかも2人とも開幕戦に投げ、甲斐野は初勝利を挙げた。若い力が優勝に導いてくれる。開幕戦はサヨナラ勝ちで打ちに打ちまくった印象。中村晃がいないのは残念だが、いなくても十分強い。

・サファテ、そしてエースの千賀 滉大、東浜 巨が本調子ではないと言え、まだまだ成熟期を迎える前の25歳前後の選手や、30歳前後のポテンシャルが高い選手が非常に多いため、本来持っている力を発揮しさえすれば、投手王国であるホークスが有利です。松田宣浩、柳田悠岐、中村晃をはじめとする打撃陣の持ち前の選手層の厚さで優勝候補の筆頭です。

・ここ数年の実績がずば抜けている点と、選手層が厚い点から福岡ソフトバンクホークスが日本シリーズで勝利を収めるだろうと考えています。打撃・投手力・守備力等々、あら探しをしてやろうと思っても、あらを見つけることができないほど、現在の福岡ソフトバンクホークスのチーム力は、充実していると思います。

・12球団で一番選手間の競争が激しいチームだと思います。ドラフト上位でも一軍登板がない選手がたくさんいます。そのため一軍に出てくる選手は、プロになってから覚醒した選手が多いです。ベテランも健在でつけ入るスキがないです。

・福岡ソフトバンクホークスの投打と守りの安定感は12球団の中でずば抜けていると感じます。秀でた選手がメジャー挑戦やFAでの流出がないのが、この球団の強い所で長期ビジョンを持って層が厚いです。穴という穴を見つけるのが最も難しい球団といえます。

・選手層の厚さと、数年前に入団した若手が育ってきておりスタメンが故障したとしても穴を埋める逸材は十二分にあるためです。野手はもちろんですが、今年は投手陣のレベルアップがされており昨年より点をとられにくい球団になっていると思います。

・シーズンが始まったばかりにもかかわらず、柳田の2日連続HRなど去年のリーグ2位の雪辱を晴らすような活躍ぶりの選手がいる。また中村晃や岩嵜翔などリハビリ組の再起も待たれるところ。個人的には長年育成でくすぶっていた川原投手に期待している。

・ハッキリって戦力が違いすぎる、外人もだけど主力の選手層が他のチームよりはるかに強い、付け入る隙がないと言える。パーリーグでは西武ぐらいですね、後はかないません、セントラルは広島が善戦してDeNaがどこまで戦えるかです。

・オフにこれといった補強はありませんでしたが、保有戦力はやはり12球団のなかでナンバー1だと思います。けが人がでたり活躍を期待していた選手の不調などがなければリーグ優勝も日本シリーズ制覇も間違いないのではないかと思います。

・まず、近年ではパリーグの方がセリーグよりもレベルが高いので、パリーグの球団が日本一になると思います。レベルの高いパリーグの中でも、資金力と選手層に優るソフトバンクホークスが圧倒的な一番手でしょう。打線は申し分なしで、問題が起こるとすれば投手力であろうと思います。

・近年の交流戦・日本シリーズの結果からセ・リーグのチームがホークスに日本シリーズで勝つのはちょっと難しい気がします。また、去年そうだったようにシーズン2位からでもクライマックスシリーズを勝ち上がってくるので、ケガ人続出でもない限り固いかなと思います。

・FAで西と浅村を逃したが、戦力の層は厚く、若い選手もノビノビとして充実している。2018年は怪我人も多く、和田、サファテ、千賀など、主力級が相次いでリタイアしたが、今年は彼らが復活すれば、12球団で早々とリーグ優勝を決め、CSを制し、日本一に輝くのではないだろうか。

・多くのプロ野球解説者が順位予想でパ・リーグ1位にあげており、他の11球団と比較しても戦力が頭一つ抜けていて日本一大本命だと思うからです。突出した選手というのは昔と比較すれば少なめですが、1軍メンバーのレベルが平均以上という選手が他球団と比較して多く、その時々の選手の調子を見極めながら入れ替えて試合に臨めるのは強みです。

・最後はソフトバンクでしょう。やはりこれまでの経験値がものを言うと思います。戦力も安泰ですし、なによりもこれまでの常勝軍団は他球団にはない強みがあると思います。開幕で千賀投手が161キロを出して、勢いに乗っています。今年のソフトバンクは強いです。

・5Aレベルとも言える圧倒的な投手力。150kmを超える上にSFF、スラッターなどを投げ分ける投手が揃っている。野手も懸念材料であったコーナーラインの高齢化をグラシアル 1人で一時的に解決した。レギュラーシーズンはもちろん、短期決戦にも非常に強いチーム。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です