NetflixのアニメULTRAMAN感想口コミ!

urutora_01

原作コミックも人気のULTRAMANがNetflixでアニメ独占配信スタートです。

ウルトラマンシリーズの流れを組みながらもオリジナリティ溢れる作品のULTRAMAN。

ウルトラマンファンはもちろん、気になっている方は多いのではないでしょうか。

今回はNetflixアニメULTRAMANの感想口コミについてまとめてみました。

関連記事はこちら

スポンサードリンク

ULTRAMAN面白い?つまらない?

ULTRAMANは面白いのかつまらないのか、みんなの感想口コミはこちら

・単純にタイトルからの特撮イメージで見始めたのですが、意外にしっかりした凝った内容になっており面白かったです。しかし、感覚としては、ウルトラマンが好きなファンが練って作った二次創作的な雰囲気が否めません。あまりにも特撮のイメージが強いので、3Dと言うのが中途半端にそれを思い出させ、また、今までの日本の作品やアメコミ感があちこちにあり、あのウルトラマンの続編と考えると微妙さの方が上回るのかも…。それでも、作品としては十分面白いと思います。3Dは苦手ですし、ウルトラマンなのに等身大なのがなんだかタイバニやアイアンマンを思い出すし…ツッコミどころ満載ですが。それを言うなら、特撮ウルトラマンもどうなんだよ、なので。これがこの作品の味だとするならば、このくどさがいいのでしょう。特撮から数十年、この作品もあれから数十年後の次世代話。これだけで、一見する価値はあると思います。

・リアル路線のウルトラマンで、しかも漫画に忠実なところが良かったです。戦闘シーンの演出も大変迫力がありました。ただ動きがカクついていたのと、モーションキャプチャーを使用しているせいなのか変身シーンが少し気になりましたが、今後の演出に期待したいです。セリフも凄くかっこいいです。お馴染みの赤いランプが点滅した時の演出はシビれました。戦闘時の音楽もカッコいいので、ウルトラマンに気合が入っているのが分かります。

・ウルトラマンという題材に対し、今までと違う価値観を提供している作品として面白かった。元々ウルトラマンは勧善懲悪の色が濃かったが、本作品はそれだけにとどまらず、人が葛藤するという点について新鮮さを感じた。例えば、主人公が街を破壊することに対してマイナスの感情を抱き、悩むというのは従来のウルトラマンにはない切り口であり、それをどのように克服していくのか、そしてウルトラマンとして戦っていくのか、をドラマさながらの様相で見る事ができたため、大変面白い作品だった。

・今までの作品等では怪獣が襲ってきてそれを倒すだけだったウルトラマンでしたが、人間の複雑な事情からウルトラマンになってしまった主人公の葛藤などの感情表現が、とてもリアルで引き込まれました。フルCGのクオリティが高くまるで最近のアクションゲームのような雰囲気でした。一見以前のウルトラマンのイメージとは違うデザインで、人間キャラクターやウルトラマンや怪獣たちのデザインも今風でスタイリッシュなデザインなので抵抗なく見ることが出来ました。

・ウルトラマンやウルトラセブンを見ていたので、科学特捜隊や諸星など名前が出てくるだけでわくわくした。主人公はよくいる高校生だが癖もなく、戦う中でしっかり心も成長していくので好感が持てた。登場人物全般、最近のアニメにありがちな過剰に濃いキャラ付けがないので、話がそれたりすることもなくすんなり頭に入ってくる。ストーリーもただ異星人を倒すだけでなく、背後で大きな組織が動いているのを感じさせる伏線があり、続きが気になった。

スポンサードリンク

ウルトラマンファンの感想

ウルトラマンファンの感想はこちら

・私はもともとウルトラマンの大ファンなのですが今回のアニメはどうかなと思って見るのを躊躇していたんです。しかし実際に見てみると本当に面白い作品でした。割と大人向けというか子供向けのぬるい感じがなくて、残酷描写もちゃんとしていて目が肥えている人間が見てもこれは面白いものだなってとても思ったのです。またストーリー展開や各キャラクターの掘り下げもちゃんとできていて、すごく感心してしまいました。これは地上波ではなくNetflixだからこそここまで踏み込んだ内容にできたのだなと感じています。とても面白くて友人や知人にも勧めています。それを見た友人も凄く面白かったと僕に伝えてくれてとてもうれしかったのを覚えています。

スポンサードリンク

ULTRAMAN気になるキャラは

ULTRAMANで気になるキャラについても聞いてみました。

・やはり早田進次郎になりますね。主人公ですから。とても感情移入してしまい、まるで自分がこの作品の進行になってしまったかのような感覚さえ抱いてしまいました。それぐらいこのキャラクターに注目しています。物語を引き立たせるすごく個性的で魅力的な登場人物だと思っています。まさに主人公にふさわしいですね。

・元祖ウルトラマン早田進の、記憶をなくしたこの数十年が気になるところですが。やっぱりそんな父親を持つ主人公、進次郎ですね。作中では無自覚父親の影響で、生まれながらに異常な力を持っていたという同情しちゃう話ですが、葛藤しながらも戦いに向かっていく芯の強さに期待したいです。色々あるのはわかるけれど、まあ頑張りなよと応援したくなる主人公です。

・諸星弾です。主人公の早田進次郎の良き先輩としてサポートしてくれるから好きです。なにより少し影のあるところが魅力的です。ウルトラマンセブンが個人的に好きなので今後に期待しています。

・北斗 星司。理由はウルトラマンに対する正と負の感情を持ち合わせているためである。私は相反する感情を持っているキャラクターが物語を進むにつれて、どんな答えを出すのかを見るのが好きなため、彼の行動が気になっている。

・主人公である早田進次郎が好きです。若くしてウルトラマンになって戦うという使命を背負ってしまいますが、それに立ち向かいやり遂げようとする姿がかっこいいと思いました。

・諸星弾。ウルトラセブンでの好青年っぷりは影もなく、進次郎に厳しく接してくるが、進次郎が成長するにつれ認めて共に戦ってくれるようになる頼れる先輩。刀で戦うのがカッコイイ。