鬼滅の刃面白い?つまらない?アニメ感想口コミ評価!原作ファンの反応は!

アニメ鬼滅の刃感想口コミ評価

kimetsu_01

週刊少年ジャンプで人気の作品「鬼滅の刃」がアニメスタートです。

原作コミックも人気という事もあり、鬼滅の刃アニメ放送を楽しみにしていた方も多いのではないでしょうか。

そこで今回はアニメ鬼滅の刃についてみんなの感想口コミ評価をまとめてみました。

是非ご参考ください。


アニメ鬼滅の刃面白い?つまらない?

アニメ鬼滅の刃は面白いのかつまらないのか、みんなの感想はこちら

・原作は未読ですが、話題になっているので視聴してみました。結論から言えばなかなか面白かったと思います。あのufotableが制作しているだけあって構成や曲など惹き込まれる要素は十分でしたし主人公の炭治郎と鬼殺隊の義勇のやりとり、そしてバトルもなかなか見どころが多かったです。あと、声優さんの演技もさすがベテランだけあって素晴らしかったのではないかと思います。

・先入観は何もなく見ましたが、先が気になる展開で面白く良かったと思います。ストーリー的には主人公が家族を襲われて可哀想でしたが、妹が生き延びれそうで良かったと思います。そして冨岡義勇もミステリスで今後の活躍が気になります。

・冒頭からいきなり重いです。血を流している少女を背負って雪道を歩くシーンに驚きました。そしてかつての日本の風景が懐かしい。兄弟がいっぱいいるのも当たり前でしたし、皆で協力して生活し、幸せでした。そんな幸せが一瞬で崩壊します。鬼という言葉か出てきて不穏な気配だと思ったら、一瞬で家族が惨殺され、妹が鬼になってしまいます。そこに現れた人物に助けられるのかと思いきや、厳しい態度と言葉で叱咤されることに。熱い展開にも次回が楽しみです。

・ 壮大な雪山で展開する和風なストーリーで平和な家族を映したものかとおもったら一話中盤でその家族が鬼に惨殺されてしまいます。変化球な展開だったので一気に引き込まれました。続きが気になります。アニメーションも綺麗で見ていて心地よかったです。

・圧倒的な映像美にまず驚かされました。原作の世界観を見事に表現されていて、30分間魅入ってました。没頭するぐらいに集中して見るのは久しぶりです。アニメとして彼らが動いている姿が予想以上に楽しめました。この先の展開も期待できそうです。

・人喰い鬼が存在する世界で鬼と戦う主人公を描いた冒険活劇らしく、画に迫力があり引き込まれてしまいました。原作はジャンプ連載ということでバリバリの王道だと思います。仲間を集めて少しずつ成長していく主人公が冒頭で鬼化してしまった妹とともに、2人の家族を殺めた鬼を倒す物語だと推測されます。

・原作は面白いとは聞いていたのですが、クセの強い絵なので拒否反応があって読んでいませんでした。でもアニメでは原作絵の雰囲気を壊さないまま綺麗な絵になっていて、しかもめちゃくちゃ動いていて非常に見応えがありました。

・頑張り屋の長男な主人公にほんわかしていたら、凄惨な出来事へと急転直下。インパクトはあれど、もう少し優しい日常を見せて欲しかった気がします。展開が早く若干視聴者を置いてき気味の慌てよう。もう少し間を作って欲しかったでしょうか。けれども、まあ、お話としては今後の展開に興味を持ちましので、次も楽しみにしたいと思います。


鬼滅の刃原作コミックファンの感想

鬼滅の刃原作ファンの感想口コミはこちら

・原作ファンなのでアニメ化は期待半分不安半分だったのですが、原作の和の魅力を活かしながら更に美麗に仕上げてあって、さすがufotableだとうれしくなりました。冨岡義勇が竈門炭治郎を叱りとばすシーンは昨今のパワハラ騒動に忖度してソフトになるのかと思っていましたが、きちんと描いてくれて原作ファンとして満足です。

・とても面白かったです。原作の独特の絵柄に近く、動きも滑らか。音楽も素敵でした。個人的に櫻井孝宏さんの、冨岡義勇さんの声がピッタリで……。インパクトたっぷりの一話を、キレイな絵と素晴らしい映像で観られたこと、嬉しかったです。


鬼滅の刃気になるキャラは!

鬼滅の刃でみんなが気になるキャラについても聞いてみました。

・まあ主人公の竈門 炭治郎ですね。まだ1話を見ただけなのでなんともいえませんが、かろうじて生き残ったものの鬼と化してしまった妹を殺さないでくれと泣きながら頼み込む姿に、家族を失いたくないという強い想いを感じました。これからの成長が楽しみなキャラだと思います。

・気になるキャラは鬼襲われて、鬼になってしまった妹のねづこです。鬼になってしまいましたが、鬼として覚醒していないときは可愛く、少し色っぽさもあるので魅力的だと思います。

・主人公の竈門炭治郎です。家族思いのところがいいです。母親や妹、弟たち一人一人に声をかけるシーンに心が暖まります。そして、それだけでなく妹をかばおうとし、機転をきかせて戦うこともできる姿に惹かれました。

・竈門 禰豆子。主人公少年の可愛い妹でしたが一話後半で凶悪な鬼にされてしまいました。彼女が鬼から人間に戻れる日が来るのかどうか、そこが物語の鍵となります。どう決着がつくか楽しみです。


・魅力的なキャラクターがたくさんいますが、やはり主人公の竈門炭治郎が好きです。何事にも決して諦めない、自分はお兄ちゃんだからと頑張る姿に応援しちゃいます。アニメならではのアクションに注目してます。

・おそらくこれから敵味方ともに魅力的なキャラがたくさん登場すると思われます。その中で主人公の炭治郎がどういう成長を見せるのかに注目します。最初から最強の主人公もいいですが、成長していく様子をみるのも楽しいです。

・原作を読んでいないので正直まだキャラに関してはよく把握出来ていないのですが、主人公の妹のねず子は1話から鬼になってしまって今後もずっと鬼のままなのか、ずっとウーウー言ってるだけなのかというのは気になりました。

・主人公・炭治朗が今後、鬼と戦っていく中でどうなっていくのか非常に楽しみです。大事な家族を鬼にされた復習心や、非常になりきれないのだろう優しさがどう変わっていくのか注目したいです。

・主人公を始め、主要キャラクターは皆好きなのですが……。個人的に応援したくなるのは、水柱の冨岡義勇さんです。一話目では厳しい戦士と言う感じですが、実はああ見えて天然で、弟気質。ギャップが可愛いのです。

・好きなキャラは冨岡義勇です。情に厚い人なのにあえて竈門炭治郎や鬼となってしまった妹の禰豆子のために厳しい態度をとるシーンかま好きです。原作では1話以降あまり出番がありませんが、アニメでは出番を増やして欲しいです。