真夜中のオカルト公務員アニメ感想口コミ評価!

mayonakano_00

タイトルが印象的なアニメ「真夜中のオカルト公務員」が放送開始!

オカルトっぽいのかな、と思いきやホラー要素はそこまで強くありません。

今回はそんなアニメ「真夜中のオカルト公務員」についてみんなの感想口コミについてまとめてみました。

是非ご参考ください。

スポンサードリンク

真夜中のオカルト公務員面白い?つまらない?

真夜中のオカルト公務員は面白いのかつまらないのか、みんなの感想口コミはこちら

・原作を知らずに見たけれど、アナザーと呼ばれる存在が起こす騒動に公務員が仕事に当たるというミスマッチな組み合わせが面白かったから。何も知らずに仕事に就いた主人公が実は他の職員たちが持っていない力を持っているという設定なので、続きが気になったから。

・見る前は古くさい絵のアニメだなぁと思っていたんですが、実際に見てみると話の内容がシンプルで分かりやすいしそれが絵柄にも合ってて良かったです。主人公しかアナザーの声を聞こえないという設定もベタですが面白いなと思いました。

・最後の最後にこれも「安倍晴明」をもってくるのかと、清明ばかりネタに使いたがるシナリオはかなり食傷気味だと感じて、一気に醒めました。設定は悪くないだけに、いい加減、なんでもかんでも清明を出すのはやめて欲しい気がします。

・人間×妖怪もののアニメは数多くありますが、主人公の宮古新意外妖怪の言葉がわからないという設定が珍しく面白かったです。宮古が入ったことによって、夜間地域交流課の意味も変わってくるのではないかと思うと興味深いです。またキャスト陣も豪華で、今後新しいキャラクターが登場するのが今からとても楽しみです。

・第1話から天使と天狗の恋っていう所が面白そうだなと思い、見てみました。また、キャスティングも面白そうだったので、とても期待しています。公務員なのに、柔軟な対応をしているところも普段の公務員のイメージと違って、面白そうだなと思いました。

スポンサードリンク

・タイトルに惹かれて見てみました。「オカルト公務員」とは語彙のセンスがすごいですね。妖精や妖怪、天使、悪魔が実在することが当然の世界で、彼らはアナザーと呼ばれているようです。主人公が配属される夜間地域促進交流課の仕事とは、アナザーとの交流でした。そしてまさか主人公だけがアナザーと話せるとは驚きました。何故だろうと思ったら、主人公に告げられる衝撃の名前。これは次回が気になります。

・まったく期待しないで見たけれど、区役所員が区内のオカルティックな事件に対応していくという発想がなかなかおもしろかった。新入りだけれど、実はすごい力を秘めていそうな主人公が、これからどんな活躍をしていくか見守っていきたいという気持ちになった。

・「真夜中のオカルト公務員」というタイトルから化け物を処理するような作品イメージを持ったのですが、天使と天狗のいさかいを収めようとするなど、地方公務員のトラブル解決みたいな面が強く意外性という意味で面白かったです。

・オカルトというくタイトルなので、ドロドロしさがあるのかと思いきや全くなく、若干拍子抜け。しかし、親しみやすいオバケや妖怪くらいでしかない点で言えば、癖がないので見やすかったです。設定やキャラクターで見せるアニメといったところでしょうか。人気声優がたくさんでている男性キャラ主体なので女性向け過ぎるものなのかとも思えば、絵柄が1話から残念気味というのをお考えればそうでもないのでしょう。女性向けより女の子向け程度。話の内容はふつうに楽しめたので、これから面白くなっていくのを期待したいといったところですね。2話からも楽しみです。

・真夜中から仕事を開始する公務員という設定が印象的でした。世に広まるいわゆるオカルト関する事件を解決する物語が好きでした。天使とてんぐのカップルが駆け落ちする流れも印象的で興味をひきました。天使が可愛かったです。面白い作品だと思います。

スポンサードリンク

真夜中のオカルト公務員で気になるキャラは!

アニメ真夜中のオカルト公務員で気になるキャラについても聞いてみました。

・何も知らないまま仕事につく事になった主人公が好きで注目しているキャラ。それまでアナザーと呼ばれる存在すら見たことがなかったのに、第一話の最後で実はその主人公が他の人が持っていない力を持っているということが分かったので、これからぐんぐん違う面を見ていけそうなキャラだから。

・1話ではまだ主人公ぐらいしか持っている能力のようなものが分からないので、とりあえず「宮古新」です。今後、彼と同じくアナザーの声を聞ける能力者が出てきそうですが、その時にどのように彼と関わっていくのか楽しみです。

・姫塚セオに注目しています。女性のような容姿で、ちょっとマッドサイエンティストの雰囲気があって、面白そうなキャラクターだなと思います。元イギリス人ということで、何かいわくもありそうなところがいいです。

・宮古新。主人公だからというのはもちろんですが、自分の力に今まで気づいていなかった宮古が、今後どのようにその力を活かして成長していくのかが楽しみです。また宮古の過去(前世)も気になります。

・宮古新ですね。いろいろな妖術とかもそのうち、使えるのかなと期待しています。ところで、安倍晴明ってどういうことなんだろうって疑問に思ってしまいます。キャストとしての注目キャラは榊京一です。

・主人公の宮古新でしょう。アナザーの言葉がわかるのは(現状)彼だけのようです。初めてアナザーの姿を見る「通過儀礼」でもさして驚いていないように見え、度胸がある様子に感心しました。自分なら気絶するでしょうから、彼を応援したいと思います。

・注目キャラは主人公の宮古新。新配属の初日で、どうやら普通の人間にはわからないらしい人外の存在「アナザー」の言葉がわかり、天使と天狗の駆け落ち騒ぎをおさめてしまう特殊な能力者。天狗のおじいさんに「安倍晴明」と呼びかけられたことから、今後陰陽師的な能力を発揮していくのかなと注目している。

・注目しているキャラは、宮古 新です。頼りない感じの夜間地域交流課に配属された新人ですが、天使と天狗の言葉が解るなど意外な能力を持ち、天狗から安倍晴明と呼ばれる新がどんな活躍をするのか注目です。

・主人公も、その先輩も気になるところですが、やっぱりインパクトの強いセオくんでしょうか。中年なのに主人公に女性とまで間違われた美貌に何の意味があるのか、その役どころに注目したいです。

・宮古新。頼りない新人かと思えば、先輩達も会得していないアナザーとの会話能力があったことが発覚します。主人公ならではの特殊能力を有する点が良いです。演じている福山潤さんの声も合っていて素敵です。