新一万円札のデザイン好評?不評?

osatsu_00

これまで「福沢諭吉」のデザインでお馴染みだった一万円札。

そのデザインが変わるという事で話題になっていますね。

新デザインの人物案にあがっているのが渋沢栄一。

これについて早速色々な意見が挙がっているので見てみましょう。

人気の関連記事はこちら

スポンサードリンク

渋沢栄一の方がいい

まずは渋沢栄一の方がいい、という意見

・聖徳太子から福沢諭吉への変化には馴染めたので、せっかくデザインを変更するなら、渋沢栄一に統一して、早く慣れるようにしたいと思うから。渋沢栄一の顔は、今、思い浮かばないのですが…。

・福沢諭吉さんは長く一万円札に起用されていたので、そろそろ他の人に変えた方が良いと思います。渋沢栄一さんも大きく活躍した人というイメージが強いので、福沢諭吉さんよりインパクトが弱いというようには感じません。

スポンサードリンク

二人ともいい

続いて福沢諭吉も渋沢栄一もどちらもいい、という意見

・どちらも偉人と呼べる人物だと思いますので、どちらでも構わないと思います。わたくしは、その功績や実績、知名度から言ってもお二人とも、十分申し分ない方だと思います。

・福沢諭吉は慣れ親しんだ顔ですので、安心感があります。一万円と言えば、福沢諭吉といいましょうか。紙幣が変わることを歓迎するのは福沢諭吉が一万円札に似合わないというわけではありません。

・福沢諭吉は学問をする価値を広めてくれた人なのでとても良い思う。渋沢栄一は資本主義の父と呼ばれた人なので、紙幣に採用される自分物としては非常にふさわしいのではないかと思う。

・渋沢栄一を知らない方も多いと思うので、ある意味勉強になっていいと思います。企業設立などの関わった方だと聞いているので、そういった内容も今後テレビでやっていくのかなと思っています。

・渋沢栄一は日本近代経済の基礎を作った人と言われているのため、近代日本の学問の基礎を作った福沢諭吉とは、経済優先の現代において、紙幣のデザインに採用されることは、時代を反映して良いと思う。

・やはり慣れの部分が大きいので福沢諭吉のイメージがありますが、前回の変更の時からお札の肖像画が変わっていないという点を考慮すれば変更は仕方ないと思います。新たな人物として沢村栄治さんも良いと思います。

・それぞれの良さはあると思います。偉大な人であることには間違いがないし、お札に描かれている人物ということでその人について調べたり、教科書に追記されたりして日本の歴史を知るきっかけになるのは良いと思います。

・福沢諭吉は、生まれた時から一万円札のデザインになっていたので、慣れ親しんだ部分、少しさみしい気持ちがする。しかし新しい令和の時代になり、デザインが一新する、しかも、凄くいい人物が選定されたこと、どちらも素晴らしい。

スポンサードリンク

福沢諭吉の方がいい

続いて、福沢諭吉の方がいい、という意見

・日本国民に馴染みがあり、折角一万円札の肖像の馴染みが出てきたので福澤諭吉の方がいいです。知名度も福澤諭吉の方が高いように感じますし、頻繁に紙幣の肖像って変更するものなのでしょうか?

・聖徳太子でなじんでいた昭和世代から言えば、福沢諭吉の方がいい。渋沢栄一もいいとは思うがそれほどなじみがあるわけではないし、教科書にも載るような人物のほうがいいと思う

・「諭吉さん」という呼び名で親しみがある。今はこれで馴染んできているので、渋沢栄一がどんな人物か詳しくない自分にはなれるまでは違和感があると思う。なれれば問題ないので同じ価値であればどちらでもかまわない。

・一万円は福沢諭吉というイメージがあまりに強く根付いているから。一万円札のことを、俗に「諭吉さん」と呼ぶことがあるほど。それが「栄一さん」「渋沢さん」に変わることに違和感がある。

・福沢諭吉先生は小学生でもお話は知っていて、老若男女親しみを感じる偉人ですので、紙幣の人物としてとても相応しいと思います。渋沢栄一氏は日本国民にとっては、諭吉先生ほど馴染がありません。小学生はほとんど知らないのでは。ただ、紙幣の人物に選ばれれば、馴染みのない人物を知る良い機会になるので、そういう意味では人物を変えることにも好ましい点がありますね。

・恥ずかしながら渋沢栄一は知らないです。福沢諭吉は学生時代に習っていたので知っていましたが、渋沢栄一は名前自体も初めて聞きました。歴史等で知っている人物のほうが個人的には嬉しかったです。

・やはり“諭吉”というだけで一万円の隠語となるように、福沢諭吉がとても馴染んでいるので、渋沢栄一に慣れるのに相当時間が必要な気がする。福沢冨吉の少しふてぶてしい表情も、一万円らしさがあって良かった。

・どうしても福沢諭吉さんのイメージが強いです。20年間、福沢諭吉さんだったのでそのイメージを変えるのはなかなか難しいことは思います。きっと慣れれば変わるかもじれませんが、今の感想としては今まで通りがいいです。

・国民の認知度が低い人物を選んだ点が気になりました。一体、全国民の何パーセントが渋沢栄一さんを知っているのか。現在の一万円札のデザインが福沢諭吉さんがメジャー過ぎてギャップがあります。

・現在、一万円札っていうよりお札のことを諭吉さんって言うことが多いのでそれが変わるのはピンとこない。聖徳太子の頃はそんなことなかったけど、今は一万円=福沢諭吉が染みついてるから。

・あまりにも馴染んでいて、今さら変わるのは違和感があります。一万円札といえば福沢諭吉だと思います。渋沢栄一も素晴らしい方なのかもしれませんが、変わってしまうのは寂しいです。

・紙幣のデザイン変更には基本的に賛成ですが、やはり一万円札はずっと「諭吉さん」という愛称で呼ぶこともあり、かなり愛着があるので、変わってしまうのはとても残念も思います。また渋沢栄一さんの認知度も低いと思います。

・今まで1万円札は諭吉の愛称で通っていたので、それが変わるのはちょっと寂しい。でも新しいデザイン(人物)になってもまた新しい愛称ができるのではないか。それも楽しみ。

・たぶん福沢諭吉を見慣れているのでそう感じるのだと思います。遠い昔、聖徳太子だった時から福沢諭吉に変わった時も最初は違和感を感じましたがそのうちなれるので、渋沢さんになって時間がたてば見慣れてくるでしょう。

・やはり昔から人気でなじみがあるのは福沢諭吉だと思います。よく世間で「お金を使っちゃった」という時に「諭吉さんとバイバイしちゃった」とか「財布から諭吉さん2人いなくなったけど満足した買い物」などと表現していて、諭吉イコール一万円札というのが世間に根付いていると思います。

・福沢諭吉=一万円札の人、というイメージや感覚が身についていますし、福沢諭吉の重厚感、一万円札に相応しい上品で高価な紙幣を感じる事が出来るので、新デザインになるのは違和感を感じます。

・1万円札と言えば福沢諭吉というイメージが自分の中にはあるので、変わって欲しくないから。渋沢栄一は名前は聞いたことがあるけれど、具体的にどういった人物なのか知らなかったから。

・一万円札を「諭吉」と呼ぶほど浸透していたので名残惜しい感じがします。また、渋沢栄一に馴染みがなくイメージが湧かなかったので、福沢諭吉と同じくらいメジャーな人物の方がよいのではと思いました。

・前回のデザイン変更時、唯一1万円札のみ福沢諭吉からの変更が無かったため、「1万円札=福沢諭吉」のイメージが非常に強かったように感じます。私個人として、新デザインの渋沢栄一はどのような人物だったかよく分からないため、福沢諭吉のままでよいと思います。

スポンサードリンク

二人とも微妙

最後に二人とも微妙、という意見

・とくに人物の顔に興味がないのでどっちも微妙なんですがこれから「わたしの諭吉」じゃなくて「わたしの栄一」になるんですよねぇw どちらにせよ人の顔じゃなきゃだめなのだったらしょうがないくらいの微妙さです