フジ月9ドラマ人気ランキング!みんなが選ぶおすすめの名作は!面白いのはどれ!

2019年11月20日

フジテレビ月9ドラマ、みんなが選ぶ人気の名作はどれ!

_1555310569

長くドラマ界を牽引しているフジテレビの月9ドラマ。

これまでも実にたくさんの名作ドラマが放送されてきました。

そこで今回はみんなが選ぶ月9名作人気ドラマはどれか、アンケートの結果をランキング形式にしてみました。

皆さんが好きなドラマはランクインいているでしょうか。

一番人気のドラマは果たして何なのか。

是非ご参考ください。

みんなが選ぶ月9名作ドラマ:30位いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう

みんなが選ぶ月9名作ドラマランキング30位はいつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう

いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまうを好きな理由

いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまうを好きな理由はこちら

・演者が多いわりには、見やすく、各キャラクター設定が、わかりやすく好きだったからです。BGMも静か目で、映画を見ている様な仕上がりでした。今となっては、1番の再放送期待ドラマです。暗さのある話は特に気になります。

みんなが選ぶ月9名作ドラマ:29位ヴォイス~命なき者の声~

みんなが選ぶ月9名作ドラマランキング29位はヴォイス~命なき者の声~

ヴォイス~命なき者の声~を好きな理由

ヴォイス~命なき者の声~を好きな理由はこちら

・瑛太さん主演だったこの作品。亡くなった方の死因を探り、どんな人生を生きてきたかを描く、真面目な作品だったけれど、とても温かい気持ちになれました。事件に関してグロテスクな描写がなかったのも好きだった要因です。

みんなが選ぶ月9名作ドラマ:28位ガリレオ(第2シーズン)

みんなが選ぶ月9名作ドラマランキング28位はガリレオ(第2シーズン)

ガリレオ(第2シーズン)を好きな理由

ガリレオ(第2シーズン)を好きな理由はこちら

・原作小説を読んでいてファンだったからというのが一番ですが、それを置いておいたとしてもかなり良いできだったかと思います。ただちょっと福山さんの演技は芝居がかりすぎて気にはなりました。トリックもある程度原作よりだったと思います。

みんなが選ぶ月9名作ドラマ:27位コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命- 3rd season

みんなが選ぶ月9名作ドラマランキング27位はコード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命- 3rd season

コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命- 3rd seasonを好きな理由

コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命- 3rd seasonを好きな理由はこちら

・コードブルーシリーズがずっと好きでファーストシーズンから全て見ていたのですがとくに今回は集大成の様な映画につながる今作で一番好きでした。
出演者の方々もみんな好きで毎回リアルタイムで観て録画もして見返していました。何度見ても飽きないドラマでした。

みんなが選ぶ月9名作ドラマ:26位コード・ブルー-ドクターヘリ緊急救命-2nd season

みんなが選ぶ月9名作ドラマランキング26位はコード・ブルー-ドクターヘリ緊急救命-2nd season

コード・ブルー-ドクターヘリ緊急救命-2nd seasonを好きな理由

コード・ブルー-ドクターヘリ緊急救命-2nd seasonを好きな理由はこちら

・シーズン1からずっと見ており、医療関係の仕事をしているため、関心が高かったからです。また、メインのキャストが有名な俳優さんで、自分の好きな俳優さんが多く出演しているので毎回見ていました。ドラマの内容も毎回楽しみにしていました。

みんなが選ぶ月9名作ドラマ:25位この世の果て

みんなが選ぶ月9名作ドラマランキング25位はこの世の果て

この世の果てを好きな理由

この世の果てを好きな理由はこちら

・舞台出身の三上博史の迫真に迫った演技が素晴らしかった。ストーリーも月9にしてはシリアスな内容で、当時人気だった鈴木保奈美が難しい役どころを上手く演じていると思った。幸せなような悲しいような結末もなんとも言えず面白かった。

みんなが選ぶ月9名作ドラマ:24位ビーチボーイズ

みんなが選ぶ月9名作ドラマランキング24位はビーチボーイズ

ビーチボーイズを好きな理由

ビーチボーイズを好きな理由はこちら

・当時、竹野内豊と反町隆史のかっこよさに惚れ、広末涼子が可愛すぎて髪型を真似していました。できないサーフィンに挑戦してみたり、こんな海の家で働きたいなと考え、妄想にふけっていた事を思い出します。一夏の出来事が描かれており、夏が来た感じを味わえるので好きです。

みんなが選ぶ月9名作ドラマ:23位ビギナー

みんなが選ぶ月9名作ドラマランキング23位はビギナー

ビギナーを好きな理由

ビギナーを好きな理由はこちら

・月9は恋愛要素が強いイメージがあったのですが、恋愛要素はあるものの、法律とそれぞれの人生や夢を基盤としているところが新鮮で面白かったです。ラストまで見て、納得できる出来だったのも大きかったと思います。

みんなが選ぶ月9名作ドラマ:22位プロポーズ大作戦

みんなが選ぶ月9名作ドラマランキング22位はプロポーズ大作戦

プロポーズ大作戦を好きな理由

プロポーズ大作戦を好きな理由はこちら

・自分の青春時代に放送していたドラマで代表的な作品のひとつです。キャストが素晴らしいのと、物語もじれったい部分と甘酸っぱい恋愛模様が素敵でした。劇中の挿入歌もサザンさんや、モンゴル800さんなど、青春歌でドラマとマッチしていて、とても印象に残っています。

みんなが選ぶ月9名作ドラマ:21位ようこそ、わが家へ

みんなが選ぶ月9名作ドラマランキング21位はようこそ、わが家へ

ようこそ、わが家へを好きな理由

ようこそ、わが家へを好きな理由はこちら

・新しいドラマだなと思って毎週楽しみに見ていた記憶がある。毎回ドキドキして怖かったし、驚きがあった。おどろおどろしい暗い雰囲気でもなく、家族の絆とかも盛り込まれていたのも良かった。次週がどうなるのか犯人は誰なのか職場でも話題になっていた。

みんなが選ぶ月9名作ドラマ:20位ラブジェネレーション

みんなが選ぶ月9名作ドラマランキング20位はラブジェネレーション

ラブジェネレーションを好きな理由

ラブジェネレーションを好きな理由はこちら

・当時高校生の時にこのドラマを見ていて、セナのピアノという曲がクラスでも大人気でした。各クラスにピアノがあったのですが、休み時間になるとどの教室からも聞こえてきたぐらいの人気ぶりでした。おしゃれなドラマという印象で、平成を代表する作品だと思います。

みんなが選ぶ月9名作ドラマ:19位ラブレボリューション

みんなが選ぶ月9名作ドラマランキング19位はラブレボリューション

ラブレボリューションを好きな理由

ラブレボリューションを好きな理由はこちら

・月9といえば木村拓哉と浮かびます。木村拓哉と共演女優さんといえば、松たか子。二人のドラマは視聴率もよく面白いです。特にラブジェネレーションは今見ても古くさくなく、恋愛ドラマを代表する作品だと思います。

みんなが選ぶ月9名作ドラマ:18位鍵のかかった部屋

みんなが選ぶ月9名作ドラマランキング18位は鍵のかかった部屋

鍵のかかった部屋を好きな理由

鍵のかかった部屋を好きな理由はこちら

・月9らしくないラブがないと言われていたとおり、普通にドラマとして楽しめました。ストーリー展開の演出などの見せ方も面白く、キャストがハマっていたので、毎週楽しんで見れました。オープニングの映像にこのストーリーの鍵となる映像がヒントで入ってるなどの、演出もまた楽しめました。

みんなが選ぶ月9名作ドラマ:17位私が恋愛できない理由

みんなが選ぶ月9名作ドラマランキング17位は私が恋愛できない理由

私が恋愛できない理由を好きな理由

私が恋愛できない理由を好きな理由はこちら

・女性が抱える悩みを忠実に再現してくれたドラマだったからです。とにかく恋愛について描かれているのですが、共感できる部分がすごく多くて毎回支えられている気分でした。最終回が幸せには終わらないというところも良く、ドラマ主題歌もドラマと合っていました。

みんなが選ぶ月9名作ドラマ:16位失恋ショコラティエ

みんなが選ぶ月9名作ドラマランキング16位は失恋ショコラティエ

失恋ショコラティエを好きな理由

失恋ショコラティエを好きな理由はこちら

・失恋ショコラティエは、漫画を先に読んでいて、大好きな作品でした。絵柄が綺麗で好きなので、テレビでやると知った時、どんなイケメンが演じるのだろうと思っていたら、なんと嵐の松本潤さんだったので、毎回録画してまで観ていたことを覚えてます。

みんなが選ぶ月9名作ドラマ:15位信長協奏曲

みんなが選ぶ月9名作ドラマランキング15位は信長協奏曲

信長協奏曲を好きな理由

信長協奏曲を好きな理由はこちら

・小栗旬さんと、柴咲コウさんのキャスティングがすごく良かったです。仲間を大切にする場面や、戦で命を落とすかもしれないと言う使命、妻として凛とした姿、当時の人たちの事を思い重ねあの時代の人たちはこんな風だったのだなと現代ではあり得ない場面に胸が打たれました。

みんなが選ぶ月9名作ドラマ:14位素顔のままで

みんなが選ぶ月9名作ドラマランキング14位は素顔のままで

素顔のままでを好きな理由

素顔のままでを好きな理由はこちら

・当時、親友は何人かいたものの、ドラマのカンナと優美子ほどの親密さではなかったので、この2人の友達関係が羨ましくて憧れました。私が明菜ちゃんや成美ちゃんと同世代なので、まるで自分のそばで起きたことのように思え、感情移入しやすかったからかもしれません。明菜ちゃんと成美ちゃんの役上での相性も良かったし、ストーリーもトレンディドラマとして流行していたラブストーリー中心のものとは違っていたことも新鮮でした。最終回は涙・涙で画面がよく見えなくなるほど。米米クラブの歌った主題歌も大好きでした。

みんなが選ぶ月9名作ドラマ:13位東京DOGS

みんなが選ぶ月9名作ドラマランキング13位は東京DOGS

東京DOGSを好きな理由

東京DOGSを好きな理由はこちら

・小栗旬さんと水嶋ヒロさんのデコボココンビの掛け合いの温度差と、テンポ良く繰り広げられる点が面白かったです。ここぞというタイミングでかかってくるお母さんからの電話も毎回笑ってしまい、シリアスなシーンとのギャップが好きでした。

みんなが選ぶ月9名作ドラマ:12位東京ラブストーリー

みんなが選ぶ月9名作ドラマランキング12位は東京ラブストーリー

東京ラブストーリーを好きな理由

東京ラブストーリーを好きな理由はこちら

・トレンディードラマと言えばという話題で、未だに友達との会話でも出てくるドラマですし、名曲と名ストーリーで忘れられないドラマです。当時小学生でしたが、大人の恋愛ってこんな感じなのかな?と興味を持ってみていました。カンチとリカのセリフの掛け合いもすごく好きです。

みんなが選ぶ月9名作ドラマ:11位ガリレオ

みんなが選ぶ月9名作ドラマランキング11位はガリレオ

ガリレオを好きな理由

ガリレオを好きな理由はこちら

・物理学で事件を解決していくのがおもしろかったからです。原作の東野圭吾の本を読み自分がイメージしていた人物や事件背景など映像として表現するされた凄さと、イメージと違った裏切られた感などが楽しかったからです。

・東野圭吾さんの原作「探偵ガリレオ」シリーズが好きで、実写ドラマ化されると聞いたとき、とても嬉しかったのを憶えています。相棒の刑事が、原作では男性だったところを柴崎コウさんが演じると聞き、好きな女優さんだけど、原作と変わってしまうと……と複雑な気分でいたのですが、フタを開けてみたら福山雅治さん演じる湯川の圧倒的変人っぷりと、その相棒として振り回されつつも事件解決に奔走する、柴崎さん演じる内海刑事が格好よく、原作ファンとしても満足の出来でした。やっぱり1stシーズンが好きだなぁ。

みんなが選ぶ月9名作ドラマ:10位デート ~恋とはどんなものかしら~

みんなが選ぶ月9名作ドラマランキング10位はデート ~恋とはどんなものかしら~

デート ~恋とはどんなものかしら~を好きな理由

デート ~恋とはどんなものかしら~を好きな理由はこちら

・毎週楽しみで放送が待ち遠しかったドラマです。主演の杏さんと長谷川博己さんが特に素晴らしく、とてもクセのあるキャラクターを好演しておりました。不器用な二人が、もがきながらも前に進んで行く。それが面白かったり切なかったり、色んな感情で楽しめました。脇を固める俳優さんも皆さん良かったです。

・月9の中でもコメディ要素が強く、毎回展開が予想できないおもしろさがあった。また俳優陣も他のドラマとは違うキャラクターが光っていて、どの登場人物もとても魅力的だった。毎回楽しみに欠かさず観ていたドラマだった。

みんなが選ぶ月9名作ドラマ:9位リッチマン、プアウーマン

みんなが選ぶ月9名作ドラマランキング9位はリッチマン、プアウーマン

リッチマン、プアウーマンを好きな理由

リッチマン、プアウーマンを好きな理由はこちら

・まずキャストが良かった。石原さとみと小栗旬の掛け合いもとても軽快で、小栗旬の几帳面さが話のスパイスになって楽しめた。アラタの人間味ある行動もどこか理解出来る部分があり、ベンチャーからの這い上がりも時代と重なってすんなり入ってきたから。

・小栗旬演じる日向 徹と、石原さとみ演じる夏井 真琴(澤木 千尋)の人物像がとても明確で見ていて飽きなかった点、自分も仕事をしていて、主人公達の考え方に共感できたりした点、途中で二人の関係がどうなるのかハラハラしながら見れた点などが面白かったので選びました。

みんなが選ぶ月9名作ドラマ:8位人にやさしく

みんなが選ぶ月9名作ドラマランキング8位は人にやさしく

人にやさしくを好きな理由

人にやさしくを好きな理由はこちら

・キャスティングが色んなジャンルのタレントさんを起用されていて面白いなぁと思ったからです。主題歌もキャストの皆さんに合っていて好きでしたし、ストーリーも笑いの部分と泣かせにくる部分があって、毎週楽しみにしていました。

・出演者のレベルが高いからです。何と言っても須賀健太くんの可愛らしさに当時はキュンキュンしていました。また、毎週感動させてくれる話ばかりで涙腺崩壊していました。一週間の始めにこのドラマを見て元気を出して頑張れてました。ブルーハーツの主題歌も合っていて最高でした。

みんなが選ぶ月9名作ドラマ:7位SUITS/スーツ

みんなが選ぶ月9名作ドラマランキング7位はSUITS/スーツ

SUITS/スーツを好きな理由

SUITS/スーツを好きな理由はこちら

・アメリカの人気ドラマのリメイクということであまり期待してなかったが、予想以上に面白かった。まあ原作でのルイス役が日本版では誰なのかも気になった。日本版では小手伸也だったが、ルイスの独特な味を出し切れていなかったのが残念だ。

・海外版で見ていた内容がそのまま日本版として移植されている完成度が高く、見応えがあり好きです。そもそものストーリー性が好きですが、それぞれの登場人物も愛着を持ちやすく、感情移行しやすい設定になっていて、海外ドラマ好きな人は間違いなく誰でもハマる内容だと思います。

・原作が海外ドラマなので、会話の掛け合いが洋画のようでおしゃれなところが好きです。ストーリーはライバルの悪いところが分かりやすく描写されており、それを圧倒する様子が爽快で全体的に鬱々としていなくてよかったです。

みんなが選ぶ月9名作ドラマ:6位コンフィデンスマンJP

みんなが選ぶ月9名作ドラマランキング6位はコンフィデンスマンJP

コンフィデンスマンJPを好きな理由

コンフィデンスマンJPを好きな理由はこちら

・主人公たちがさまざまな職種になり、欺くことで詐欺をはたらくことが痛快で面白い。詐欺そのものは悪いことではあるが、弱者からではなく悪徳な奴らから奪い取ることで、気分は爽快となる。主人公それぞれの魅力も消えない最高なドラマ

・想像を超える展開が面白いし、その展開が早いのが観ていて飽きない感じがとても好きです。それぞれの役割分担も決まっていて解りやすいし、いつも東出昌大さんが騙されてしまうのがかわいそうなんだけど面白いです。

・ダー子、ボクちゃん、リチャードのキャラクターがとても可愛らしく、毎回裏の裏の裏の…をかいたストーリーが大好きでした。毎週最後まで見終え、結末を知ってからまた見直していました。3人のハイテンポな掛け合いが大好きで、特にダー子の言葉のチョイスが最高です。映画化も楽しみですが、テレビドラマでの続編をやってほしいぐらいです。

みんなが選ぶ月9名作ドラマ:5位ランチの女王

みんなが選ぶ月9名作ドラマランキング5位はランチの女王

ランチの女王を好きな理由

ランチの女王を好きな理由はこちら

・出演者のレベルが高すぎて、妄想が膨らんだからです。イケメン兄弟が経営するレストランで住み込みで働いて、恋愛までしちゃうなんて贅沢すぎる。当時、羨ましかったです。イケメン兄弟たちとの恋愛模様や重い過去話が出てきたりと、主人公の波乱万丈な人生も描かれていて笑いあり、涙ありで最高なドラマでした。

・もう10年以上前にも関わらず、凄く印象的なドラマでした。竹内結子さん演じる主人公の格好良さと、兄弟内での恋愛模様の変化がとても面白く、個人的には妻夫木聡さん、の恋が実らないかなと応援していました。また、料理の映像がとても美味しそうで終わった後は無性にオムライスが食べたくなったり、初めて聞いたビシソワーズを食べたくなったのもこのドラマの影響です。

・小学生時代に見ていて、ドラマの内容というより、ドラマに出てくる食事が美味しそうで毎回ワクワクしていたからです。特にオムライスに家族でハマり、デミグラスソースのオムライスを毎週末作ってもらっていたからです。

みんなが選ぶ月9名作ドラマ:4位HERO

みんなが選ぶ月9名作ドラマランキング4位はHERO

HEROを好きな理由

HEROを好きな理由はこちら

・当時小学生でしたが、このドラマを通じて検事という仕事を知ったので内容も新鮮で1話完結型なのも見やすかったです。また、当時絶頂期のキムタクが主演で、松たか子とのやりとりも毎回楽しみでした。バーのマスターも良い味を出していて、我が家で「あるよ」が流行りました。

・木村拓哉主演でもあり裁判の行方も気になるような展開で好きでした。周りの俳優陣も豪華で覚えやすく、とくに何でも「あるよ」と答えてくれるマスターが好きでした。主題歌が宇多田ヒカルだったのも強烈に印象的でした。

・検察官役の木村拓哉と検察事務次官を演じる松たか子のコンビが絶妙。型破りな検察官ではあるが、ゆるぎない芯、ぶれない軸を感じさせる仕事の仕方に真面目一本でやってきた検察事務次官が呆れながらも少しずつ検察官のやり方を受け入れ、理解していく様子が上手く描かれていて面白かった。

・一人ひとりのキャラクターが濃く、毎週見ていても全く飽きませんでした。弁護士のドラマはよくあるけれど、検事側のドラマはあまりないと思うので、見ていて色んな発見がありました。だいたい一話完結型なので、見やすいし見終わった後は、毎回スッキリとした気分になりました。

みんなが選ぶ月9名作ドラマ:3位やまとなでしこ

みんなが選ぶ月9名作ドラマランキング3位はやまとなでしこ

やまとなでしこを好きな理由

やまとなでしこを好きな理由はこちら

・思い出深いものはたくさんありますが、「平成」というのがよく似合うのはやはりこのドラマでしょうか。昭和が、慎ましく堅実なイメージがある分、平成は裕福さと貧困が同時にあるイメージなので、この主人公はそれを表しているような気がします。お金を持ってはいても昭和と違って欠けるところが違う主人公に平成を感じます。

・貧しい子供時代を過ごして、物欲への執着や、金持ちでいる事こそが何よりの幸せだと信じている女性と、まったく対照的で心が豊かであれば、お金や物は大して重要ではないと思う男性が、互いに相手の態度や価値観の違い、そして意外な一面を徐々に知っていって少しずつわかりあえるようになる様子が面白かったから。

・貧乏生活をしていた過去を持つ客室乗務員が玉の輿にのるために婚活をするストーリーが面白かったからです。最終的に小さな魚屋を営む男性を選ぶ。ドラマ内に出てきた「お金では買えないたった一つのもの」という主人公の言葉に、幼いながらに感動した記憶があります。

・迷いましたが、やっぱりこれが一番。生意気な桜子も、松嶋奈々子さんが演じると可愛らしくて憎めない感じです。お洒落な衣装も素敵で、松嶋さんの美しさに惚れ惚れしながら見ていました。堤真一さんも素朴な欧介に合っていました。再放送されるたびに、ついつい見てしまうドラマです。

みんなが選ぶ月9名作ドラマ:2位ロングバケーション

みんなが選ぶ月9名作ドラマランキング2位はロングバケーション

ロングバケーションを好きな理由

ロングバケーションを好きな理由はこちら

・とにかく、オシャレでした。若かりし木村拓哉さんがかっこよかったですし、山口智子さんも素敵でした。脇を固める俳優さんたちも豪華で月9らしく華やかな作品だったと思います。久保田利伸さんのララララブソングも良くて、ドラマを盛り上げるのに一役買っていたと思います。

・月9らしい恋愛ドラマで子供心にとても憧れが詰まっていて、毎週楽しみに見ていた記憶があって、一番印象に残っているから。またピアノの曲も主題歌もどれもとても良くて、音楽と映像がリンクして今でも蘇ってくる感じがするため。楽譜を買ってピアノの練習も良くしていた。

・映像がオシャレ。何年経って見てもあまり古さを感じない珍しいドラマだと思う。スーパーボールを窓から投げたり、屋上で花火をしたりと名シーンも多い。「夜の空気がもう夏だね」のような印象に残るセリフも多くて何度も見たくなる。

・絶対に、断然、ロンバケです!平成だけじゃなく、史上最強の恋愛ドラマであると思います。実際に、木村拓哉さんと山口智子さんは好きあってたのではないか?と疑ってしまう位のリアル感、そして、ドラマを見ているという事を忘れる自然さがありました。

・後にも先にも同じような類いのドラマはなかったし、毎回早く続きが見たくなる最高のドラマだった。内容を知っている今でも時々見てしまうくらいに好きだし、時代が変わった今でも違和感なく見ることができる斬新なドラマだったと思う。

・初めて見た月9のドラマがロングバケーションでした。ドラマはそれまであまり見ない方でしたが、ロングバケーションを見てドラマが好きになりました。木村拓哉と山口智子の掛け合いが面白く、笑い、感動、切なさなどすべてが詰まったドラマでした。

みんなが選ぶ月9名作ドラマ:1位のだめカンタービレ

みんなが選ぶ月9名作ドラマランキング1位はのだめカンタービレ

のだめカンタービレを好きな理由

のだめカンタービレを好きな理由はこちら

・もともと原作のファンで漫画を読んでいました。実写化にあたってはどうだろうと半信半疑で見始めたのですが、登場人物がまさにこの人!といったキャスティングと演技力で、映画化されたものも含め何度も繰り返しみるほどハマった作品です。

・主人公のだめ役の上野樹里がハマり役で、毎週楽しく観れたから。千秋役の玉木宏も、オレ様っぷりがいい感じに表現できていてよかった。のだめと千秋の恋の行方にキュンキュンさせられた。脇役もみんな魅力的で、もっと観たいと思えるドラマだった。

・実写化で失敗する漫画原作のドラマが多い中、原作の濃いキャラクターたちとストーリーをうまく実写に出来ていて見事だと思ったからです。また音楽を題材とする作品であるので、むしろドラマにする事によって実際に音楽を聴きながら楽しむ事ができ、本当に好きなドラマのひとつです。

・漫画の実写ドラマは漫画独特のテンポなどが失われるため、あまり見ないのですが「のだめカンタービレ」は今でも見返すほどです。お話の面白さもそうですが、いわゆる月9っぽくないという点も、のだめが好きな理由の一つです。

・音大卒の私が観ても、本当に面白いドラマでした。居そうで居ない、いや、こんな人達居るかもしれない、と思わせるものがありました。俳優陣も今や売れっ子の演技派の方達で、見応えありました。同じ俳優陣で続編とかやって欲しいです。

・原作の漫画を読んでいて、それがドラマ化されると聞いて楽しみだった。音楽の漫画なので、音は想像するだけだったが、映像になり、実際の曲が流れると、その時初めて、「こんな音楽だったんだ」と新しい発見があり、面白かった。

・のだめカンタービレは、主演の上野樹里の演技がぶっとんでいてよかった。音楽家の卵たちの生態も、知らないことばかりだったので興味深く見ていられた。また音楽がよい。滑稽味と真剣味とが適度に混じり合って、見応えのあるドラマになっていた。

・原作の大ファンで、あんなに濃いキャラばかりどうやって実写化するのかと不安に思ってたけど、見事に再現されていました。マンガでは音が出ないからドラマで音楽付きで見ることでまた作品への思い入れが大きくなった。

・音楽ものということで原作は知らずに見始めました。ギャグシーンが面白く、役者さんの演技も楽しいのでハマりました。基本的にはギャグテイストですが、のだめや千秋が抱えている問題が実は深刻だということもあり、そのあたりのギャップも面白く、役者の演技力を楽しむこともできました。

・漫画で読んだが、キャスティングやストーリー展開も漫画に忠実に再現されていて、とてもストーリーに引き込まれてた。漫画も楽しかったが、ドラマは時代に沿った感じでかわいく好きになった。月9が楽しみだったドラマです