科捜研の女と相棒どっちが人気?みんなが好きなサスペンスドラマと理由は!

科捜研の女と相棒、面白いサスペンスドラマはどっち?

aibo_01

大人気ドラマシリーズの科捜研の女、そして相棒。

どちらも長い視聴者に愛されているサスペンスドラマですね。

そこで今回は科捜研の女と相棒、みんなが好きなのはどちらか、意見をまとめてみました。

関連情報はこちら


科捜研の女の方が好き

まずは科捜研の女の方が好きという意見

・「相棒」も好きなドラマの一つですが、「科捜研の女」の仕事仲間同士のパートナーシップに憧れます。「相棒」でも特命係と鑑識の米沢とのやりとりが好きでしたが、新シーズンでは六角精児さんが出演されていないのと、「科捜研の女」の劇中で流れる音楽(捜査が佳境に入るとよく流れる音楽)が好きなので、こちらを選びました。

・相棒は相棒で面白いですが、科捜研の方が科学に基づいたものなので、興味が湧きます。以前に見たスーパービジョンの話やキメラの話は未だに印象に残っているくらいです。そう考えると相棒は、ここまで残っているがないなあと個人的には感じます。

・自然な感じがするので、科捜研のほうが好きです。最新の技術も出てくるので見ていて勉強になります。作られた感じがする相棒よりも、科捜研のほうが現実味が高いと思うのでこちらのほうを優先したいと思っております。


・相棒はマンネリ打開のためにキャストを変えたりするのが残念です。愛着のある脇役や、味のあるゲストが魅力のひとつであったはずなのに、主演の二人プラスαさえいれば良いというスタンスはあまり好ましくありません。相棒の良さはお互いの欠点をカバーし合うところだと思うのですが最近ではあまりそれも重要ではないと取られているような気がします。事件もだいたい右京さんひとりで解決できるようなものをみんなで捜査している感じなので、個人的には白けます。劇場版は見に行きませんでした。

・断然、相棒より科捜研の女のほうが面白いです。主役も沢口靖子さんのほうがいいです。水戸黄門のような定番な感じがあります。話の持っていきかたに強引さを感じる時もありますが、慣れてしまうとそれも中毒的に楽しみするようになってしまいました。


相棒の方が好き

相棒の方が好きという意見がこちら

・もうこれは、右京さんの右に出る人物は、古畑任三郎くらいなものだと個人的には思うので。女性に若干偏見がありますが。そういえば壇れいさんの役の福家警部補が若干勝ります。もう少し見ていたら変わるかもしれません。これほど長いクールが続く役も貴重でしょうし。

・科捜研の女は、女性の活躍と科学捜査の特殊さが見逃せないが、相棒は主役2にの知能で捜査をするところがどうしても気になるところで、周りから浮いている2人のコンビが最終的に犯人を追い詰めるところの方がより面白く感じる。

・昔からどちらもすごく好きな作品なので迷いましたが、どちらかといえば右京さんのちょっとした皮肉というかジョーク的なものが好きなのでこちらを選ばせていただきました。腹を抱えて笑うより、ニヤリと笑う方が個人的には好きです。

・正直、悩みました。それぞれに良さがあるので。相棒もやはり、キャスト陣がとても好きなのです。杉下右京さんの相棒は何度も替わりましたがそれぞれ持ち味や性格が全く違くて愛すべきキャラばかりでした。他にも相棒ファミリーと言うべきレギュラーメンバーがとても好きで、中でも伊丹刑事が一番好きです。

・相棒はジーズンが長いというのもありますが、それぞれのシーズンで水谷豊さんの相棒になる相手が変わっていくところが見どころではないかと思います。相棒が変わることによって、捜査の仕方も変わってきますし、水谷豊さんの対応も変わるので、ただ事件の捜査をしてるってだけではないように感じます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です