高齢者の運転免許返納、たまに運転する場合どう思う?みんなの意見まとめ!

たまにしか運転しない場合、高齢者の運転免許返納はどうする?

car_1555762473

高齢者の運転免許返納について、世論的にも注目を集める時代になりました

「高齢者であっても、車がなければ生活に支障をきたす」

「万が一の事故で、それまで積み重ねた人生を損なうのか」

色んな意見が飛び交っていますが、今回は高齢者の運転免許返納について、あるテーマでみんなの意見をまとめてみました。

そのテーマとは「たまにしか運転しないとするならば、高齢者の運転免許返納をどう考えるか」というものです。

是非ご参考ください。

関連記事はこちら


たまに運転するなら返納、という意見が多数

ために運転するだけなら返納した方がいい、という意見が多数ありました。

・たまに運転するだけという事は、運転しなくても日常生活に支障が出るわけではないと思うので。公共交通機関や周囲の人のサポートなどを使って移動手段を確保できるのであれば運転免許は返納をした方がいいと思うので。

・程度にもよるが、運転をすれば重大事故のリスクがあり、逆に普段運転していない場合には運転の感覚が鈍り危険性が増す可能性がある。また、免許を持っていればどうしても運転がしたくなるのが人間の習性だと思うので。

・たまに運転すると言うことは、お仕事や生活するにあたり必須の事柄の為に運転するのではないと言うことでしょう。でしたら、移動は公共の交通機関やタクシーでも不自由なくできると思いますので、運転免許は必要ないと考えます。

・いつも運転してないと、思わぬ事故につながると思います。私もしばらく運転していないと、勘が鈍るような気がします。ヒヤッとすることがありますから。もっと、車の安全機能が向上したら高齢者の運転も広い心で容認できると思います。

・毎日仕事で使用しなければならない、環境的に一人暮らしや近場に公共機関がないなどの理由があるのであれば免許所持を許可した方が良いが、周りのサポートもしっかりあり、たまにしか運転しないのであれば返納するべきだと思います。

・たまに運転することが一番危険だと思うから。高齢者に限らず、ペーパードライバーが慣れない運転をすること自体に危険性がある。そこに高齢という要素が加わるので危険度が高まるのは当然。たまに運転する必要がある、ということであれば、たまに運転しなくてもよい社会の仕組み、家族のサポートなどを考えるべき。


・たまに運転するということは、運転の感覚が鈍くなってしまうという可能性が高いと思うからです。たまにであれば周りの家族で対応することにしたほうが手間はかかっても運転事故に遭うこともなくなると考えるからです。

・たまに運転するなら免許証の必要が無いと思います。なぜなら運転技術は毎日の様に運転しなければ落ちてくるのは明らかです。頭で考えて運転できるものでありません、身体で覚えた運転技術は時々運転しないと極端に落ちます。ですから高齢になってたまに運転する程度なら返納を真剣に考えるべきだと思います。

・毎日運転して慣れで危ない時もあるのに、たまに運転するとなれば運転者も緊張したり、とっさの判断がしにくい時もあるかもしれないので毎日乗らないなら返納した方がいいと思います。また、車のメンテナンスもあるので負担が減るのではと思います。

・たまに運転する方が危険な気がするのでどちらかというと返納した方がいいかなと思います。運転は感覚も大事です。たまに運転するだけ、ということは車がなくても生活出来るということなので所持していてもあまり意味がないと思います。

・ある統計学者さんが言われていたのですが、ただでさえ300回の運転でヒヤリ体験した場合、299回はヒヤリで終れても1回の割合では、やはり交通事故は起こってしまうそうです。更にはご高齢者の中には認知症(アルツハイマー等)になられてる方も日本には多数おられます。 早急に措置を必要と思います。

・免許が身分証明になるので持っておいたほうがいいという考え方もあるので、どちらを選ぶか迷いました。しかし、持っていれば運転したくなってしまうと思います。やはりある程度の年齢になって運転技能や判断力が低下した場合はすっぱりと返納したほうがいいと思います。

・運転しないと感覚が鈍るから。定期的に運転することによってまともに車を走らせることができるとおもいます。高齢になるにつれて身体能力、反射神経など段々と衰えてくるのでありいつまでも若いときと同じような運転は、できないため。

・高齢者は認知能力の低下が確実に起こるので、運転頻度が低いと更にそれが低下していると思う。実際、高齢者の交通事故毎日運転している人でも交通事故を起こしている。つまり、運転がたまにだと確率がもっと上がるので、絶対返納すべきだと思う。

・たまに運転するだけですと、運転の期間が空く分、運転の感覚が鈍り危険度が増すと考えます。高齢になりますと、少し前にできていたことができなくなっていたりしますが、自分では前と変わらずできるように錯覚することも多いと思います。たまに運転するだけだからこそ、返納すべきだと思います。

・日常的に使用してないということはなくても問題ないということだと思うので、高齢とか関係なく、運転技術も運転しない期間が長ければ長いほど衰えていくものだと思います。免許更新の際に、運転をどの位の頻度で、どのような場合に使うか、また、日常的に使用してない場合は最後に運転したのはいつで、何のためにしたかを自己申告するよう義務化し、申告に問題ないかを確認する筆記または口頭でのやりとりをすると良いと思います。理由としては、本人や同居人が気づかないうちに、認知症などを発症している場合があり、何年も前のことを昨日だという場合があるため。

・住んでいる地域が公共交通機関が発達し外出に困ることがない、また運転する頻度が少ない家用車を維持するための金銭的負担を、他に回した方が良いのではないかと考えるので、運転免許証は返納したほうがいいと思います。

・年々、運転能力が落ちていくので、たまに運転するくらいなら返納したほうがいいと思う。大きな事故は自分の家族のみならず相手方の家族をも不幸にするので多少の不便であれば、公共交通機関などで安全な方法をとる方がいいと思う。

・あくまで身分証として使うならともかく、たまに運転する方がいつも運転する人より運転に慣れてなくて怖いと思う。自動ブレーキや自動運転システム付きの車でもしもの時のために保険完備でない限りは運転しない方が安心だと思う。

・「たまに」の頻度にもよるが、年に数回程度なのであれば返納してもよいかと思う。月に数回程度利用するのであれば所持していてもいいと思う。ただし、地方など公共交通機関が発展していない地域は頻度に限らず所持していてもよいと思う。


行政のサポートも重要

やはり行政のサポートも重要だという意見もみられました。

・現状の生活に必須でなければすぐさま返納すべきです。自治体も自動車免許に固持する高齢者を増やさないためにインフラ整備を強化するなどして、積極的に(例えば、仕事など)利用されている方以外は車が無くても生活がスムーズにできるように整備すべきである。

・毎日運転する必要が無いのであれば特に必要性はないと思います。身分証として持っているだけのペーパーの方もいらっしゃると思いますし、身分証なら保険証で大丈夫だと思うので返納しても問題はないと思います。通院などの問題が出るとは思うので、地域で送迎するようなサービスを提供する事は必要だと思います。

・生活に支障がなければ返納するのがよい。それに、たまに運転する方が危ない。ならば返納した方がいい。最近は、自動運転の車の話題が多い。早く一般的になってほしい。とりあえずは、食品を含めた生活用品が買いに行ければいい。自動運転でなくても、その間の移動手段があればいい。現在は町でバス運行もしているが、私達夫婦が70歳になる頃には、人口も今以上に少なくなる。その時にバス運行ができるのかとなると、疑問が起こる。返納を基本として、当面は情勢を見ることになるだろう。

・たまにしか運転しないのであれば、頻度にもよるでしょうが、タクシー等を利用してもらい方が非常にありがたいです。また、今、実証実験で、コミュニティタクシーの様な形で取り組んでいる所もあります。そういったものが、上手く機能することを願っています。少しずつお金を出し合って、代行運転してもらうなり、何らかの手段、町内運営、区内運営等でやってもらえると良いと思います。


たまに運転する方が危険

たまに運転する方が危険という意見もありました。

・たまに運転する事も危険に感じます。どちらかといえば頻繁に運転している人の方が安全に感じるから、たまにしか運転しなくて済むならば返納していただきたい。久々に運転する高齢者が道路を走っていると思うと恐怖でしかない。

・毎日運転していれば運転技術の衰えを知りやすい。本人も自覚できるのではないか。しかし、たまにしか運転しないとなると運転感覚が鈍るので余計に危険ではないかと思う。運転好きな人が免許を持っているとどうしても運転したくなるもの、しかも自分の運転技術が鈍っている事もみとめることができない。危険運転につながる可能性が増えてくると思うので返納したほうが良い。

・たまにしか運転しない場合、高齢者であればあるほど運転技術の衰えが早いと思います。毎日運転している方より危険なのではないでしょうか。また、まだ元気なうちからバスなどの公共機関を利用するのに慣れてしまえば、安全だし健康にも良い生活が遅れると思います。


他の人のフォローも重要

他の人のフォローの重要だろうという意見もありました。

・その「たま」の運転は高齢者以外の人がやっても良いんじゃないか、今は交通機関もあるのでそもそも運転する人自体いなくても良いんじゃないかと思う。それに、日常的ではなくたまの運転の方が危うくて事故が起きそうで怖い。

・たまに運転するだけならば運転免許証は必要ではないと思います。ますます運転技能も低下しているだろうし、車の調子も怪しい気がします。たまに運転するくらいならタクシーを利用する、あるいは家族に頼む方がいいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です