Heather(ヘザー)評判だだ下がり?NGT48荻野由佳CM起用に擁護の声も!

Heather(ヘザー)の対応に賛否両論

fashion_1556231991

NGT48荻野由佳さんをプロモーションに起用したことで炎上騒ぎになったHeather(ヘザー)。

NGTメンバーを起用したことで色々な波紋が起こっていますね。

そこで今回はHeather(ヘザー)がNGT48荻野由佳さんを起用したことと、その後のHeather(ヘザー)の対応について、みんなの意見をまとめてみました。


ちゃんと世論・批評を受け止めて中止したのは正しい判断だった

ちゃんと世論・批評を受け止めて中止したのは正しい判断だった、という意見がこちら。

・荻野さんはグループのメンバーが事件に巻き込まれている状況でも、変わらず露出があったメンバーの一人であったし、起用には問題は無かったとは思います。しかしあまりにも反響があり、企業のイメージダウンにもつながるし、どう転んでも起用を続ける事はプラスにはならない状況にあるので、正しいというか、最善の判断だと思う。

・起用も選択ミスだったと思う面もあります。しかし、多くの批判を受けてプロモーションを中止したことについては正しい判断であったと評価できると感じます。とはいえ、Twitter上でHeatherが荻野由佳さんを起用した旨を記載したツイートがリツイート・いいねがされていくのを目にしてからかなり時間が経っていたため、対応スピードには疑問が残りました。”

・荻野由佳さんを起用したことで、Heatherというブランドのイメージが悪くなってしまう可能性があるならば、ブランドイメージを保つために、プロモーションを中止した判断は正解だったと思います。
しかし、もしHeather側が荻野由佳さんを起用することに強いこだわりがあり、もしプロモーションを中止していなかったとしても、それはブランド側の自由だし、別に非難する程のことでもないように思います。”

・ブランドイメージを保つ、という意味で、正しい判断だったのではと思っています。荻野さんは全国的にも有名で人気のあるメンバーなので起用を支持している人も多数いたのではと思っています。ただ、山口さんの事件の渦中でよくない噂が立っており、普通のモデル起用ではありえない不買の意見や批判の意見が相次ぎました。起用モデルはシーズンごとや、契約期間で変更されることもあります。長い目で見て、一時のモデル起用でブランドイメージまで汚すことは企業としてありえないという判断をされたのではと思っています。

・heatherが荻野由佳さんを起用した背景には、もともと荻野由佳さんが、heatherの商品を愛用しているからということで起用が決まったそうですが、それが、昨年の事件前の話。それから、事件が起きてしまい、NGT運営側の対応の悪さもあり、世論が注目している時点での放送となりました。そういう背景があり、様々な世論が寄せられましたが、早期に中止したことで、被害を最小限に抑えられたと思います。

・起用してしまったことは仕方がないとしても、やはり世論を反映させてプロモーションを中止したのは良かったと思います。一般消費者に購入してもらわなければ成り立たない業態なのでクレームや批判がある以上は中止するのが賢明だったと思います。ただもっと早い段階で同じ判断をした企業もあるので、少し対応が遅かったかなとは思います。

・運営側の対応がどうなのか、世論でも問題視する意見が出てきていることでもあるので、世論の意見を受け止めて中止したことは、世論の意見を重く受け止めているようにも思え、対応としては良かったのではないかと思います。世論に支えられている業界でもあるので、世論に対して対応はおろそかにするべきではなく、誠意のある対応を取る必要があると思います。


・萩野由佳さん個人で見るなら可哀想だと思うけど、この人がNGT48として活動をしている以上、グループにいざこざがある中で萩野さんにもよくない印象が多少ついてしまうのが仕方のないことだと思います。ブランドを守るために、少しでもよくない印象がある人の起用を中止するのは、会社として当たり前の判断だったと思います。

・個人的な意見としては第三者委員会を入れての調査があって何もおとがめなしなのだからこの荻野さんを起用しても問題ないはず。ですが今世間で騒がれている荻野さんなので消費者の意見を取り入れたのは素晴らしいと思います。もう少しだけ早めの対応をしたら良かったのかなと思います。ヘザーは素敵なブランドなので起用した芸能人によってイメージダウンして欲しくないです。

・初めは「そもそも起用するな」と思ったのですが、プロモーションはかなりの時間をかけて準備するものだと思うので、もしかするとヘザー側もその点では「被害者」なのかと思いました。実際に、荻野由佳は総選挙で多くの票数を獲得していたので、彼女を起用したのだろうと思います。かなりの時間をお金をかけたプロモーションを中止したのは、英断だと思います。


そもそもこの時期にNGT48荻野由佳を起用することが選択ミスだった

そもそもこの時期にNGT48荻野由佳を起用することが選択ミスだった、という意見がこちら

・先日の山口さんの卒業するニュースを知るまでは、騒動走っていましたが細かいことはネットなどを見ずに知らない状態でした。ネットを見てみたら騒動が出た当初から色々噂があったようですし、起用にあたっては昨日今日で決まるものではありません。それが宣伝になると思ったのか無関係だと思っていたのかはわかりませんが、世論が事務所などに対して批判してしている中での、同じグループである渦中の一人を起用するのは間違っていたと思います。

・運営のAKS対応が問題視されていて、この問題は根本解決していないと感じているのに、他のメンバーを起用し、何もなかったかのように進めていくことが不快。メーカーのイメージキャラクターにそぐわないと思うし、企業側が、この状況下でもオファーを出すことが信じられない。服なんてイメージが大切なのに、世の中のニュースに敏感であるべき。

・最近は良くも悪くもネットなどですぐ批判などが広まり、マスコミでも取り上げられてしまう。NGT48の暴行事件もしっかり解決していない状態なのでこの時期に荻野由佳さんを起用すれば少なからず批判などが起こるのは簡単に予想できる。企業としてはリスクマネジメントを考えて最初から起用するべきではなかった。批判があったから中止するのは根本の考えが甘いと思う。

・山口さんの事件に関係しているのかは不明だが、山口さんら3人が卒業と言う名の脱退に追い込まれた状況の中で、わざわざ荻野さんを起用したのは明らかに企業の戦略ミス。ヘザーに対する苦情が殺到することは、この事件に対する世の中の意見を少し調べればわかること。逆に荻野さんに対してどんな良いイメージを持っていて起用を決めたのかが謎。


・しっかりと問題が解決されていないのに、なぜ荻野由佳を起用したのか理解に苦しんだ。起用して議論を呼んでその結果、起用をキャンセルするくらいなら元から起用しないほうがよかったのではないかと感じた。ブランドイメージも下がり、荻野側もさらなる議論に巻き込まれる可能性がありどちらも得をしないのではないかと感じた。

・ネット社会の情勢に疎いというか、あえてこの起用に決定した人の思考が分からない。もし荻野由佳さんが一連の騒動に関わりなかったのが事実だとしても、もう少し時期を考えるべき案件。炎上商法だとしても、配慮が足りなさすぎると思う。ブランド商品がネット情報に敏感な若者向けだからこそ、きちんとネットの流れをくみ取るのが現在の対応のはず。

・いまこれだけ山口さんの事件が問題になっていて、NGKの対応が叩かれているなか、NGKメンバーをわざわざ起用するのは確かに話題にはなるが、いいイメージは持てない。荻野さんは山口さんに暴行をしたグループと繋がりがあると言われているというのもあるし。そんな風に話題になって、ブランドにいい影響があるはずがない。


・このニュースを見たとき、正直とても残念でした。ヘザーはとても好きなショップで、他のアダストリアグループのショップもよく利用していたので、まさかこの時期に荻野由佳さんを起用して批評されるなんて、思いもしませんでした。企業がタレントを起用するときは事前にしっかりリサーチしていると思いますが、この時期に荻野さんを起用すると批評されると何故予想できなかったのか不思議でなりません。

・NGT48の事件が何の解決もされていないため。加害者側とネット上での憶測もあり、起用の担当者は何を考えていたのかと思う。そもそもグレーな人材起用でブランドの価値も下がることが予測できなかったのだろうか?それでも荻野由佳を起用したのであれば、契約期間満了まで起用を続けて、NGT48を応援すればよい。ブランドのメインターゲット世代は服がよければ買うだろうし。

・ネットの炎上が問題になっている昨今、あえて炎上するリスクがある芸能人を使うことが問題であった。真実が明らかになっておらず、うやむやのままの状態になっている以上、いい印象は持たれないのは絶対である。ネットがすべてとは言わないが、世間の反応を感じ取る、ある程度のリスクマネジメントはある程度必要だと思う。

・NGT48の荻野由佳が、山口真帆暴行事件の黒幕・主犯ではないかという疑惑が出ていることなど、ちょっと調べればわかるはず。Heatherは女性向けのブランドだということで、イメージがとても大切だと思うのですが、よりによってこの時期に荻野由佳を起用するとはあまりに軽率で、世の中の空気をわかっていない選択であったと思います。

・これだけ騒ぎになってスポンサーも撤退している中でNGT48の荻野由佳を起用したのは明らかな判断ミスです。世間にはニュースすらろくに見ない社会情勢に疎い会社だと思われてしまったのではないでしょうか。物凄く失礼な言い方になりますが彼女より綺麗なモデルさんは沢山います。なぜ起用しようと思ったのか理解しかねます。これが卒業する3人のうちの誰かの起用なら全く問題ありません。疑惑がかけられているメンバーの起用が大問題です。


・少し考えれば、荻野由佳を起用することで起こる反発を予想することはできたはずです。少しでも悪いイメージのある人を起用するのはリスクが高いと思うのですが、なぜ起用したのかがわかりません。ネットで噂されていることの真偽は不明ですが、やはりイメージというものは重要です。起用時に問題がなさそうな人でも、もしかしたら問題を起こすかもしれない。それなのにわざわざ彼女を選んだのは、選択ミスとしかいいようがありません。

・今回のNGT48の事件は闇が深い。荻野由佳さんが何かした証拠はありませんが、メンバーが酷い目に遭ったにも関わらず、我関せずのところに些か疑問を感じます。荻野由佳さんどうこうというより、NGT48を取り仕切る運営会社に問題アリアリなので、問題がクリアになってない以上、クリーンなイメージのないNGT48のメンバーを使うべきではない。

・これだけ世間、世論を騒がせている(悪い意味で)NGT48の中でも「主犯格」との噂が根強い荻野由佳さんを起用すること自体がどうかしていると思う。それまでも荻野さん本人のtwitterがたびたび炎上したり、出演した番組に関する掲示板が炎上したりと、現在の状況を鑑みればプロモーションの顔として荻野さんを起用するというのは愚策だったでしょう。

・少なからず企業として、バッシングなど影響を受けるのは間違いないと思います。昔なら荻野さんは関係ないからという認識でよかったのかと思いますが、今の時代小さなことでも叩き、大きな騒動になります。今問題を抱えているNGT48のメンバーを起用したことが、軽率だったのではないかと思います。今の時代はとても慎重になったほうが良いと思います。

・NGT48のファン層と、Heather、というか、アダストリアのブランドを好む層とは明らかに異なる。もしかしたらNGTのコアなファンは、一連の騒動にもかかわらず対して減っていないのかもしれない。でも、Heatherを着る若い女性にとって、この話題自体、ネガティブなイメージが非常に強い。そんな中で被害者に敵対するイメージの強いタレントを起用すること自体、正気の沙汰とは思えない。

・Heatherユーザーは女子高生や女子大生が中心で、ネットを良く見る世代だからです。NGTの問題はテレビだけでなくネット上でも特にSNSでも騒がれています。そんな中で黒であろうと言われている荻野由佳さんを起用したということはそれ相応の世間の反応があると思います。結果炎上と言う結果になり、大きな損失も生まれたので、そもそも今のこの時期に何も起用する必要はなかったのではないかと思った。

・まだNGTの件について世間も被害者の方も納得しておらず、運営側の意向だけが突き通されているし、加害者とされているアイドルハンターは不起訴になったとはいえ、被害者が謝罪したときに前に座っていたという噂もある。運営側は加害者とグルで文春に関してもそのアイドルハンターを雇ってアイドルに対して付きまといをしているという噂もあるくらいなので何もかもが後手に回り、正しい判断をいつだってできないと世間から納得されていない運営側でスポンサーが離れている時期に起用することが間違いである。問題がクリーンにならないといけないのにその最初の段階がクリアしていない時点でおかしいことは誰にだってわかる。


別にプロモーションを中止する必要はないし、押し通すべきだった

別にプロモーションを中止する必要はないし、押し通すべきだった、という意見がこちら

・事件後起用したなら判断ミスだと思いますが、事件前の起用なら仕方ないと思います。Heatherのモデルに起用された当該メンバーは事件に関与したという確証がないので中止するべきではないと思います。一方で、このプロモーション中止やスポンサーの撤退が、NGT運営が誠実な対応に舵を切るきっかけになって欲しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です