退職代行サービス使いたい?みんなの意見まとめ!利用は恥ずかしい事ではない!

退職代行サービス使ってみたい?みんなの反応は?

business_1556417451

色々な新しいサービスが日々誕生するなかで、現在注目を集めているのが「退職代行サービス」

既にご存知の方も多いでしょう、名前の通り「本人の変わりに退職の意思表示・手続きをしてくれる」というサービスです。

そこで今回はこの退職代行サービスを使ってみたいかどうか、みんなの意見を聞いてみました。

是非ご参考ください。

関連記事はこちら


退職代行サービスは使いたくない

まず退職代行サービスは使いたくない、という意見がこちら

・退職をする際には、仮に人間関係が悪化していたり短期間しか働いていなかったりしても、きちんと自分の口で伝えるべきだと考えている。人に任せてしまうということは、自分が課題から逃げているのと同じことであり、結局退職代行サービスを使って一回は乗り切ったとしても、同じような壁にぶつかった時に乗り越えることが出来なくなる。

・「飛ぶ鳥跡を濁さず」ではないけれど、退職を決めたら出来るだけ穏便に退職できるようにしたい。全く異業種に転職するなら別かもしれないけど、意外と世間は狭いので実際の退職理由はどうあれ前向きな退職という形で終えたい。実際、退職代行サービスを使うのは穏便に退職できないケースだと思うけれど、自分の場合はそのような状況を現状想像しにくいので。

・退職するにあたり、職場にもよるがそれまでなんらかの人間関係が築きあげられてきていると思います。そのため退職するからといってそれらの人間関係を無視して代理人が手続きをすると失礼にあたる気がします。最後くらいは退職する理由、これまでのお礼、今後の人生についてなど自分の言葉で説明することが社会人として求められると思います。

・今のところは、会社と自分の関係は良好で、この先、退職しづらい環境になることは想像できないので。代行サービスは利用しないで、自分で上司や社長に話し、自分で手続きできるかなと思います。多少嫌な思いをするくらいはあるかもしれませんが、お世話になったから、そのぐらいはしょうがないかなと思います。また、取引先への挨拶や、同僚への引き継ぎなども行ってから退職したいので。


・結論から言うと『自分で言えるから』この一言に尽きます。今までなんどか退職をしてきましたが特に嫌だと思ったことはありません。なので言いづらいとか、気まずいとかそういった事を思ったこともありません。なぜかと言うと退職することが悪いと思っていないのがあります。逆になぜそう思うのかが不思議でたまりません。教えてほしいくらいです。

・よほどブラック的な会社だとか、理不尽ないじめに遭った、とかでない限り、大人ならば自分の力で退職までするべきだと考えます。入社したのも自分の責任なので、辞めるのも自分の力で最後までやりきるのが人間としての務めではないかと思います。一度そういったサービスを使ってしまうと何度でも「また頼めばいいや」という人任せな人生になってしまう気がします。

・パワハラなど事情はあると思うが、会社を辞める時ぐらい自分で手続すべきだと思う。今は社外や家庭に担当者が来て退職手続きをしてくれる会社もあるし、本当に辞める意思があるのか、真意が会社に伝わらない気がする。色々手続き関係で押印などをする場合も、目を通さずに代行会社の人に押印させるなどはしてもらいたくないし、そういう書類を代行会社の人に持ってきてもらうだけで大金を払うなら郵送してもらった方が安上がりである。

・退職をする時点で少しは精神的にきているものがあるので、さらに余計に他人を入れて気を使いたくない。また人からどう思われるかを気にするタイプなので、もう二度と会わないとしても退職代行を使うことによってイメージが悪くなりそうと心配してしまうので。もし悪い理由で辞めるなら、自分で手早く終わらせて、早く関係を切って再スタートしたいと思うから。良い理由であれば、直接お礼や挨拶をしたいから。


使わないに越したことはないが、場合によっては使うかもしれない

使わないに越したことはないが、場合によっては使うかもしれない、という意見がこちら

・どんな状況でも、雇ってもらった義理として自ら辞表を提出するのが筋だとは思うけれど、実際今の会社の社長が、退職届を出した従業員の目の前で破り捨て認めてもらえず、酷使された上、疲労で怪我をしてしまう始末になったのを目の当たりにしました。そのようなときは同じ事を繰り返さないためにも使用しても仕方がないと思いました。
・今現在職場の関係も良好であるので、退職したいと思っても退職代行サービスは使わず、自分から申し出ると思います。本当に修復できないくらいの関係性に職場との間でなってしまったら代わりに退職代行サービスを利用するかもしれません。このサービスを利用するのは本当にコミュニケーションを取ることが苦痛に感じるような苦手な人なんだと思ってます。

・退職したくてもなかなか言い出せない、辞めさせてもらえないなど実際そう言う方が増えているのは知っていますが、でも一生懸命勉強して努力して入った会社なのだからこそ、自分で幕を引くべきだと思います。そうしないと次にまた新しい会社に行って、また辞めたくなって、言い出せないから退職代行をまた頼んでとそればかり繰り返していたら、自分は肝心な時に逃げ出すくせがついてしまうように思います。でも人間ですから人それぞれ性格も違います。精神的に追い詰められてしまう人もいると思います。実際、ニュースで自殺される方も見受けられます。命をたつ選択しか道がないと追い詰められた方には、とても必要なサービスだと思います。どんなことがあっても命以上のものはないからです。なので、自分のためには使わないに越したことはないが、追い詰められたときにそれが心の逃げ道になるのであれば、場合によっては使うかもしれないです。


・退職手続きは、退職者が、所属する企業に対して果たすべき最後の責任であると思います。その責任を果たしてこそ、今まで果たしてきた責任に対する区切りになるはずです。お世話になった方々にできる、最後の貢献になると考えています。また、自分が下した大きな決断を実感し、より責任ある行動が必要であることを、手続きを通して実感できると思います。そして、何よりも、新たなスタートを切るための準備になると思います。

・現在働いている会社では、退職の希望を出せば基本的にスムーズに辞めることができるため、当サービスを利用する理由は特にないと感じる。しかし今後、いわゆるブラック企業に転職してしまった場合は、当サービスに頼らざるを得ない事態に陥るかもしれない。もちろん、自分の責任で入社した会社には、自分の責任で退職する手続きを行うのが筋ということは理解しているが、こういったサービスはその当たり前のことが諸事情によりできない人々にとっては画期的なサービスなのかもしれない。

・自分で出来るならそれに越した事はありませんが例えば人間関係のトラブルやハラスメントなどあった場合もう退社する会社に行きたくないという場合もありますし自分に有利な代謝を出来る保証もなく「もう面倒ごとは嫌だ」と投げ出したくなることもあるかと思うので…もし自分にそんな不利な状態が発生した場合は考慮するかもと思いました。


・なるべく最後まで自分自身でけじめをとも思っていましたが、世に言うブラック企業で退職を阻止する為に大勢で説得されたり、退職業務に冷静に取り組むことが出来ない程精神的または肉体的に病み限界な状況であったなら利用するかもしれません。退職後も自分自身の人生は続きます。退職した事で病み、今後の自分の人生にトラウマや不安と大きく影響するならば、その後の人生をしっかり歩んでいくためにも、感情的になってしまう可能性のある家族や友人ではない第三者を介し退職するのも手ではないかと思います。

・どこまでのことをサービスとして提供くれるかによりますが、例えば退職を決めた後の待遇(給与減額やボーナス減額、有給消化ができないなど)の問題に対しても動いてもらえるようなサービスであれば、利用する可能性もあるなと思います。やめること自体は簡単でも、やめる際に起こりえる不利益を少なくする助けとなるサービスがあると大変うれしいと思っている退職検討中の人間です。

・もしも会社をやめたい時、数ヶ月前から上司に相談し、退職願を提出して流れよくやれさせてもらえれば法律上なんの問題もないが、その上司にどうしても会いたくない理由がある場合、正しい手段でもやめさせてもらえない場合、そもそも退職する流れがわからない場合等で退職する事自体を諦める事になるのは嫌なので、その場合は少しお金がかけてでも利用するべきだと思ったから。

・働いている業界が狭く他の場所で、職場の同僚や上司と会った際に代行サービスを使用して退職しているとあまり良い印象がなく、円満退職とは言い難い。ただし、例えば今すぐに辞めたいが自分で辞めたいと言えない状況だったりした時に、この代行サービスを利用することによって解決することもあるだろう。でも極力自分で退職の意向を伝えるべきだとは思う。


・職場が嫌で退職を考えた時は、その職場を維持している管理職に話しにくいことはあると思う。だが、基本、辞めるときは自分で意思を示した方がいいし、話し合いもスムーズだと思うので使わないで済むのならばそれに限る。しかし、今の世の中、ブラックすぎる企業や人がいるんで、退職の申し出などで身の危険があるようなとき、不利な立場に押しやられるようなときは、代理人を立てたい。とにかくやめたちとなっている時、多少損をするようなものを示されても、言いくるめられる方を選びそうだから。

・「退職代行サービスは使いたくない」により近い意見です。出来るだけ使用は避けたいですが、やむを得ないこともあると思うので…。理由とすれば、入社する時にまさか代行なんてものみんな利用してるわけないですよね?利用者様の理由は様々だとは思いますが、自力で入社したのだから、よほどの事が無い限りは自力で解決して退社していただきたいですね。

・今療養休職中で、実家で静養中です。職場が県外になるので、退職するにしても、県外まで赴かなければならなくなります。現在は復職するか退職するかで結論が出ていない状況なのですが、退職する運びになった場合には、職場との距離を考えて退職代行サービスを利用すると思います。ただ、お世話になった職場なので、自分の意思で退職を伝えた方がいいのか迷うところではあります。


退職代行サービスがあれば使っていたかもしれないと思う場面がかつてあった

退職代行サービスがあれば使っていたかもしれないと思う場面がかつてあった、という意見がこちら

・過去にとても嫌な上司のもとで働いていたことがあり、辞める際に案の定、散々嫌味を言われスムーズに辞めることができず、とても不快な思いをしたことがあるので、そういった時にこんなサービスがあればよかったなと思います。辞めるに辞めづらい会社が多いのは事実ですし、何も言わずに勝手に辞めるよりはこういったサービスを利用するのも有りかなと思います。

・以前に支店長からパワハラにあった事がある。本社へ相談しても無視され、誰にも頼れず、味方もいなかった。一刻も早く退職したかったが、大人げなく支店長は私をスルーし続けたので、退職を言い出せずにすごく困った事があった。怒ると罵倒して罵る人間なので怖かった。最終的には初めて内容証明で退職届を郵送するという、自分の中では非常識な経験をした。辞めるということができなくて、本当に悩んだので、その時にこのサービスがあったら利用したかもしれない。


・不当な退職処理をされたことがあった。業務の改善を相談したら即日退職を取り決められ、その日から有給だけ消化する形で退職。退職日も早朝にデスクを片付け、社外の喫茶店で退職書類の取り交わしをするなど散々だった。こんな会社にこれ以上関わりたくなかったのでどこにも訴えなかったが、退職代行サービスを使っていれば、ちゃんと身辺を整理する余裕や不当な扱いを是正できたかも知れない。

・配置転換で新しい職場が自分に不向きでやりたくない仕事であったので、一日も仕事を続けられないような事態になった。上司にも話しかけづらい職場環境なので、休みが続く状態。そんな中、実際に職場に出向くことすらできない状態で、電話連絡すらしたくない状態で、退職代行サービスがあれば利用したかもしれないと思った。

・先月仕事を退職したので余計にこれを選びました。人間関係でずっと悩んでいたけど仕事は大好きだったからやめたくない気持ちとやめたい気持ちが葛藤してとてもしんどかったです。賛否両論あると思いますが、そんなに人間強い人ばかりではないしその悩んでいる時間を前に向けれるならばこんあサービスを利用するのは私はありだと思う。

・人間関係は仕事では大切だと強く思います。目上の方や、立場上しかたない方からパワハラ をされた場合、中立に判断してくれる人は会社の中にはいないと思います。関係がうまくいかない場合はやはり、相手より自分が我慢するか辞めるしかないと思います。退職すると決めた場合、精神的にダメージを受けるのは相手より自分だと思います。自分が辞めることに対して会社や、上司、同僚が人材を大切にする為に改善するという方向に行かないのが現実です。そんないやな思いするくらいなら、お金を払ってでも、自分の味方についてくれる代行に力を借りたいです。日本はあまりそう言う風潮があるので弱者に手厚いサービスは有り難いです。


今まさに利用したいと感じるサービスである

今まさに利用したいと感じるサービスである、という意見がこちら

・以前退職を申し出て、受理されなかった経験があります。払う物も払わず、転職する際の希望がすべて嘘で騙されて今の会社に転職しました。社会のルールを守らず、法的ギリギリに詐欺まがいの会社です。転職前と比べて収入が3分の1になりました。サイテーの会社です。ブラック企業以上にブラックさを覚えました。世の中には色んな法的に逃げている極悪な会社があるものだなぁと、衝撃をうけている状況です。

・現在働いている職が家族経営に近い、10人以下の少数精鋭のチームで働いている身です。仕事を辞めたいという思いが続く毎日でありながらなかなかいざ辞める事に一歩踏み出せないのが現状。そこで第三者を通じることによる退職への手順や手続きの一切の処理を行い、即日退社が可能なこのサービスはかなりいいサービスと思ったから。

・数日前に退職をする旨を上司に伝えたが異動するなど他の案を提示され考えるように言われているところで、これから退職を決意している旨を再度上司に伝えないといけない状況であるがなかなか言い出しにくい為、値段を考慮しないならば使ってみたいと思う。退職に関しては今まで何度か経験しているが伝えるまでがほんとうにしんどいから。


退職代行サービスを利用するのは恥ずかしい事ではない

色々な意見がありましたが、退職代行サービスを利用することは恥ずかしい事ではないという意見も多くみられました。

気になる方はまず相談だけでもされてみるといいかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です