悠仁さま刃物事件犯人は誰!学校関係者もしくは皇室所縁の人物?証拠を残している理由は!

悠仁さまの御茶の水女子大学付属中学の机に刃物が

Knife

改元で皇室に注目が集まる中、まさかの事件が。

悠仁さまさの通う御茶の水女子大学付属中学にて、悠仁さまの使っている机に刃物が置かれていたというのです。

わざとわかるように証拠も残されていたりと、不可解な点もある今回の事件。

前代未聞のこの事件について、みんなが予想する犯人像をまとめてみました。

関連記事はこちら


犯人は学校関係者

犯人は学校関係者という予想がこちら。

・これまで学校での事件が昔に比べて多くなっていることから、門は閉められていて、誰でも自由勝手に立ち入ることはできなくなってします。また、皇室関係者がこの様な事をする可能性は低いと考えます。となると、可能性が高いのは、教員、生徒、保護者を含めた学校関係者である可能性が高いと考えます。その中でも、保護者の可能性は3者の中では、犯人の可能性は一番低いと考えます。一番疑わしいのは、教員、夜間警備員といった辺りが一番怪しいのではないでしょうか。

・なかなか部外者での犯行は難しく、病院の犯行でもそうですが、この手の犯行は内部の犯行が圧倒的に多いと聞いたことがあります。実際、学校関係者もすべて皇室に関して、良い印象を持っているとは限りませんし、そういった人間が、異常な方向に振り切れて、今回の犯行に及んだのではないでしょう。学校関係者以外となると、セキュリティがどうだったのか、逆に心配です。学校関係者だった場合、内部をどう監視すべきか、本来子ども達にとってリラックスできる環境にあるべきて本当に残念なことです。


犯人は皇室関係者

犯人は皇室関係者という予想がこちら。

・悠仁さまが入学された御茶ノ水女子大学付属中学校の外周には侵入できるような経路が無い事と、二箇所の校門には警備員が常駐している事もあって、学校関係者・皇居関係者以外の外部侵入者が犯行を行う事は難しいのではと考えました。皇居内での危害を加えるわけでもなく脅しと捉えられる刃物を机にしのばせるという行為は皇居内で収めてしまいメディアなどを使っての圧力にならない事から皇室関係者も疑わしいと思われます。防犯カメラからは怪しいヘルメットと作業服の男が捉えられていましたが、作業員でわざわざ犯行を行っている事から学校関係者では誰かに遭遇した場合バレてしまうので学校関係者も犯行は難しいのではないかと判断しました。


犯人は学校関係者・皇室関係者以外

犯人は学校関係者・皇室関係者以外という予想がこちら。

・学校関係者でなければ確かに悠仁様のお席を知ることができないと思うのですが、何らかの手段で知る方法はあるのではないかと思います。学校関係者と仲がいいとか、資料を入手することのできる立場であったか、簡単に資料が観ることができるようになっていたのか…。皇室関係者ということは考えたくないので、このどちらか以外で合ってほしいというところが正直な気持ちです。皇室に対して何か思う人で、行動力をある意味持っている人物が犯したことなのだと思います。

・悠仁さまの父親である秋篠宮殿下やそのご一家の発言や行動に反感を持っている個人やグループが、学校に包丁を置いたことは間違いないと感じます。それが、皇室関係者であるというのは、ちょっと考えにくいと思います。皇室ご一家のなかでも、考え方の相違はあるでしょうが、暴力による威嚇を象徴するような包丁事件を起こすほど、偏った考え方をする人々がいるとは考えにくいです。また学校関係者が、凶行に及ぶ可能性は、犯人が捕まった場合の学校へのバッシングを考えるとありえないと思います。したがって、皇室や学校関係者以外の犯人ではと思います。

・皇室が嫌いな人の犯行だと私は思います。日本の国民の中には天皇が嫌いな人もいますから、そういった人又は人達の犯行だと思います。テレビでは天皇制に肯定的に放送されていますが、それが嫌な人はもちろんいるでしょう。反対勢力は少しでも自分達の仲間を作ろうと様々な事を考えているのではないでしょうか。こういったことは名前がバレると天皇に肯定的な人達にやられますから、こうやって誰にもバレないように犯行に及んだのだと思います。


・皇室関係者や学校関係者であればこのような大胆な犯行を行うにあたって自分にどれだけのリスクがあるかをよくわかっているはずです。もちろん関係者以外の犯行となればなぜこのような巧妙な手口が使えたのかも難しいところですが。いずれにしても皇族関係者が国に対して、それも平成が終わる節目のタイミングでこのような侮辱行為にあたることをそれも子供に対してと言うのはありえないと思います。あくまでも部外者でなければ考えにくいと思います。

・悠仁さまのクラスや席を把握できているということで、学校関係者が事件に関わっているのは確かだと思います。ただ、実際に悠仁さまの席に2本の包丁を置くということを実行したのは、学校関係者以外の天皇制に不満を持っている人物なのではないかと思います。文字でなにかメッセージを残すのでなく、2本の包丁を置くという、色々な解釈ができるようなやり方をとっており、不気味に感じられるため、極端な思想を持っている人物だと考えられます。


・今の世の中、防犯カメラが大量に設置されているので、周囲の人間が行えばすぐにばれるのは明らかだと思います。そんな中で、皇室や学校関係者が、欠席している悠仁さまの席に包丁を置く意味などあるのでしょうか。たまたま悠仁さまの席だったのは考えられないので、情報を漏洩したのは皇室や学校関係者だと思いますが、実行したのは別だと思います。ただ、もしも学校関係者とするならば、多感な思春期中学生ですので、同級生などが行っていたとしても不思議ではないのかもしれませんが…そうは思いたくないので、上記の回答選択です。

・いくらなんでも、皇室、学校関係者がそんな大それたことをするとは思えない。皇族は、雲の上の存在で、恐れ多くてそんなことを常識ある関係者がするとは思えない。関係者以外と考えた理由は、今、秋篠宮家が色々と問題が多く、不満を持っている人も少なからずいると思う。しかし、常識あるものならば、動向をみるしかないところだが、それを悠仁様という1番無関係な弱者を標的にして、脅しをかけてきたので、尋常な人間がすることではないと思う。内部の犯行なら、直ぐにバレるししれはないと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です