悠仁さま刃物事件犯人の目的は!警告・嫌がらせ?天皇制への反対メッセージ?

悠仁さまの机に刃物を置いた犯人の目的は!

Knife

悠仁さまの通うお茶の水女子大学付属中学校の机に刃物が置かれていたという事件。

犯人の目的は何なのか気になるところです。

そこで今回は事件の犯人の目的についてみんなの予想をまとめてみました。

関連記事はこちら


嫌がらせ・警告が目的?

今回の犯行の目的についてみんなの予想はこちら

・悠仁様のお席に包丁が置かれていたということはその命を狙っていたということだと思いますが、単純に警告という意味で置いていたのかもしれません。いつでも命を狙える立場に自分はあるのだということを示したかったのかもしれません。この場合、自分の存在を世間に知ってほしいという自己顕示欲が強い人が犯したことだとも考えられます。改元されるこの時期に目立った行動をして自分を見てほしいという欲求を持って犯したのかもしれないと感じました。

・断定して、目的を把握することは不可能ですが、悠仁さまというよりも、令和に向けての何か批判的なメッセージだと思います。犯人は捕まることをある程度、想定しながら捕まったあとは、同期で皇室に対し、批判的なメッセージを残すのではないでしょうか。逆に捕まらなかった場合が不安です。もっとエスカレートしていくことも可能性としては否めません。セキュリティをかなり強化するとは思いますが、内部の犯行であれば限界もあります。

・秋篠宮殿下や眞子さまへの何らかの威嚇攻撃が目的ではないかと思います。特に、眞子さまの婚約に関わる、相手の人物のスキャンダルは、記憶に新しいところです。婚約者に執着しているように見える眞子さまの態度に反感を感じている人やグループが存在しているのは確かでしょう。また、皇太子殿下が天皇に即位されてから、秋篠宮殿下は、これまでの皇室のあり方と違う発言や行動をするのではないという恐れを抱いている人物やグループもいるでしょう。それらが殿下や眞子さまを威嚇するため、事件を起こしたのではと思います。

・本人に対しての嫌がらせでは無い事は明らかです。あくまでも平成から令和に対して節目のタイミングに何か自分自身が足跡を残したいからだとしか言いようがありません。もちろん、その足跡を残すことで自分自身にどんなメリットがあるから難しいところだと思いますが。自分自身の足跡を残したいのであれば犯行表明を行ったりして自分自身の訴求を行うことになると思います。いずれにしてもこれといった動機が見つからないので怖い状態であることは間違いありません。

・先日、令和の天皇になられる徳仁皇太子殿下から次の天皇に継承される際、皇位継承第一位になられる秋篠宮さまが5歳差なので継承される事は考えにくいとおっしゃられたことにより、行為第二位に成られる悠仁さまに譲位されるのではという流れからこのような犯行が行われたのではないかと考えました。徳仁様には男子のお子様が居られない事から女性天皇制の皇位継承問題も絡んできているのかもしれません。今、平成から令和へ時代と皇室の変換期に何らかのメッセージを表したかったのかもしれません。

・警告というよりも、嫌がらせだと思います。中身の薄い、愉快犯的なものではないでしょうか。なぜなら、こうしたことをすれば警戒は強くなるのが当たり前なので、本当に危害を加えたいのならば余計に難しくなる状況になるでしょう。またこの行為で何かの意思を伝え主張したいとしているのならば、欠席者の席に包丁を置くなど無意味です。それならば、普通登校している時にするべきでしょう。なので、「やってやった」的に酔えるようなタイプが自己酔心でしているのではないでしょうか。

・犯人の目的は、元号が変わるタイミングで、気持ちが落ち着かない何者かが、眞子さまの不安定な状況に、敏感に反応して便乗ではないが、一種の自己顕示欲を示したいのではないかと思う。秋篠宮家の様々な問題に勝手に憤慨して、早く終息させろと言わんばかりに衝動的な犯行だと思われる。ピンクに塗ったナイフの持ち手が何を意味するかはわからないが、悠仁さまは男子なので、ピンクと男子が結びつかなく全く理解不能で、愉快犯なのかな…と思う。

天皇制反対派の犯行

天皇制反対派の犯行と考える意見もありました。

・天皇制、日本国旗掲揚等の問題に対して、良くない印象を持っている人たちの天皇象徴性に関わることではないかと考えます。現天皇皇后両陛下は、敗戦後、国民の平和を第一に考えて来られた方々だと思っています。被災地にも駆けつけ、1人一人に姿勢を低くして、お話を聞かれる様な方でした。それに比べると、雅子様の体調不良の原因などもあるかも知れませんが、皇太子ご夫妻が次期天皇陛下になることに、違和感を感じている人がいるのではないでしょうか。

・やはり、天皇制に反対しているからでしょう。自分達のような人間がいるということを社会に示したかったのではないでしょうか。外国とつながりがある人かもしれません。しかし、誰がやったのかはわからないにしても、世の中の報道の仕方に疑問を持っていて、自分達のような天皇に反対する人間がいることを示したかったのではないでしょうか。どちらにしても日本ではほとんどの人が天皇制に賛成ですから、自分の存在を隠して犯行に至ったのでしょう。

・犯人は天皇制に反対する思想を持っていると考えられ、それを示す目的だったと思います。もうすぐ天皇陛下が退位されるタイミングであったことや、悠仁様の席に2本の包丁を置くだけという、色々な解釈ができるような不気味なやり方をとっており、皇室関係者の恐怖を煽ることも目的だと思います。昭和から平成に元号が変わってしばらくの間、極端な思想を持っている集団が放火や襲撃などの事件を起こしていたということで、令和になって同様の事件が起きないか心配です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です