指原莉乃卒業ライブで運営に苦言!言い過ぎ・言って良かったと賛否両論!みんなの印象意見は!

指原莉乃が卒業ライブで運営に苦言!

sashihara_00

大人気アイドル指原莉乃が惜しまれながらも卒業。

ライブでは最近のNGT48の騒動も踏まえてか、運営に苦言を呈する場面も。(言い方と言葉はとても穏やかでしたが)

そこで今回はそんな指原莉乃さんの発言についてみんなの印象感想を聞いてみました。

関連記事はこちら


指原莉乃は運営に対してよく言った

指原莉乃さんは運営に対してよく言ったと思う、という意見がこちら

・現役メンバー、卒業メンバーともに当たり障りのない言葉しか出てこず、世間の興味や怒りとは差を感じていました。しかし他グループのことだから、もう卒業するからと他人事にせず色々な番組で発言、運営への対応から一生懸命考えているように感じました。

・長年AKBグループを引っ張て来たメンバーの一人として、そしてアイドルオタクとして、言わずにはいられなかったと思いますし、よく言ってくれたと思いました。メンバーで運営に対して忠告できるのは指原さんぐらいしかいないと思うので。

・誰かが声を上げなければ、何も変わりません。指原さんは、不安な気持ちのままアイドルを続けなくてはならない後輩たちへ、先輩として出来る最善の事だったのではないかと思います。
指原さんの勇気は、見習いたいと思いました。

・運営側への忠告を言えるのはサッシーくらいしかいなと思います。最後にズバっと言ってくれて本当に良かったと思います。卒業ライブなのにサッシーにそんなことを言わせるなんて運営も酷いです。これからも誰かが忠告して欲しいですが、他のメンバーで言える人はいないでしょう。


・色々問題が出ても、上を挿げ替えれば収まるという考えが問題だと感じていたので、リーダー的な人がはっきり忠告したのは良かったと思います。ただ、若い子を食い物にしている印象がついてしまったのですっきりしました。

・アイドル側と運営側で、何かわだかまりがあったのか、それとも、一般の周りがそういう雰囲気を作り出していたのかまでは良く分かりませんが、指原莉乃さんはどことなく、ズバッと物事を言う印象があります。卒業するのを機械に言ったのではないでしょうか。この機会を逃すと、変にしら~と、なってしまっても、意味がなかったからではないでしょうか。

・運営側にいろいろ問題があるのは、今に始まったことではないけれど、もちろん普通の芸能人は、後を考えると立場的に言えない。パワハラは、芸能界の構造的欠陥の結果なので、それをばっさり言える人、状況が揃うことは滅多にないチャンス。よくものにしたと思う。

・明言はされていなかったが、忠告自体はおそらくNGTの一件についてではないかと考えられ、卒業する方からすればこれ以上関わらなくても良いのではないかと思っていました。しかし自身の卒業ライブであえて口にするということがAKBグループのトップに立つ者としての自覚の現れだと感じました。


・指原は自分の発言力や世間に与える影響を自身で把握している。系列グループのメンバーが声を上げることがすごく大事だと思う。一時的にメディアで話題になっても、数ヶ月経つと忘れられてしまうので、今回指原が再度問題提起をしたのは良かった。

・誰かがやらなくてはならないことだと思ったからです。たまたま今回指原さんがこの場面に発言しただけに過ぎないと思います。このは発言を生んだしまった運営側の対応が指原さんを満たしたものならメディアに通されることもなかったのになと思います。

・発言力のある指原さんがあれを言ってくれて良かったです。あんなことを言える子は他にいないと思います。しっかりした内容ながら、言葉はちゃんと選んで柔らかな言い方になっていて、やはり指原さんは賢いなと思いました。


指原莉乃なら言うと思った

指原莉乃さんなら言うと思った、という意見がこちら

・一個人でアイドルとしてやっていきたいのじゃなくて、全体を見ている彼女だから、あえて苦言も呈したのだろうと思う。自分の発言の影響の大きさも、当然見越しているだろうから、きっと何か言うだろうなとは思っていました。

・特にすごいことを言ったという印象は持ちませんでした。ワイドショーに出ていたり、テレビで最も活躍する元AKBだと思うので、立場上、この問題について触れない訳にもいかなかっただろうなと感じた程度です。ただ、彼女が少しでも何か変えたいと思ってることは、伝わったし共感しました。

・SNSとうで発言していたので最後のライブでも言ってくれると期待していた。事務所からの圧力等はありそうだが今あのグループ内で一番の発言力を持っている指原さんが発言することで重みがさらに強いとおもったからです

・彼女がただのメンバーの一人ならば運営側にこのような発言をすることはあまり望ましくないのだろうが、彼女自身がHKT48の劇場支配人であり、メンバーと運営側の橋渡し的存在であることからこのような形で自らの立場を明確にすることは大切ではないだろうか。


・指原さんの発信力は素晴らしい才能だと思います。やはり発言するということはいい方向に向かってほしいと思う指原さんなりの愛情だとも受け取れると思いますので発言したのはむしろ当然だったのではと感じます。AKBグループを引っ張ってきた1人としてこれからの自分が抜けた後の将来を考えての発言だったのではないでしょうか。

・なにより影響力がある彼女なので、黙って卒業するとは思いませんでした。勿論、運営側に指原莉乃さんの個人的な意見もあると思うのでいい機会と思って発言したのもあるのではないでしょうか。発言せずに、卒業しても不自然ですよね。

・以前ワイドなショーに出演した時にも苦言を呈していましたので、今回AKBグループを卒業するということでこういう発言をするのはある程度想定内でした。卒業前にこのような厳しい発言がグループ内のメンバーから出ることで事件を風化させたくない、運営サイドの抜本的な解決をして欲しいという本人の気概のようなものが感じられたように思います。


・AKBグループの総選挙でトップを確立されている指原莉乃だからいえる事で、他のメンバーは言えない分引退する責任を果たしたと思うので流石だなと思いました。きっとファンの方も納得だと思いますし、指原莉乃さんももっと言いたい事もあっただろうけど、上手く角も立てず言えたと思います。立派でした。

・指原莉乃さんの卒業ライブでの運営側への忠告について、指原莉乃さんは責任感がある方だから想定通りだった。かつての選挙で1位を取っている実力の背景にはファンやメンバーからの信頼があってのことだと思うので、その責任感からの行動だと思う。

・指原さんは必要以上に空気が読めてしまい、ファン目線のアイドルだからこそ、今の運営の在りようを誰よりも憂いていたと思います。彼女は黙っていられない、けれど優しい人とも感じます。だから彼女もまた苦しんでいるように見えました。ただの卒業公演で終わらせない彼女は凄いです。


そこまで言う必要はなかった

そこまで言う必要はなかった、という意見がこちら。

・指原莉乃さんがあまり言わない方が良かったかなと思いました。運営側につきましては内部の仕事ではないと思います。外部の方がするべきことだと思います。そこまで言う必要はなかったかなと思ってしまいました。責任感のあるのはすごく良いことだと思います。

・仮にも何年間もお世話になった方々であろうに指原も何様のつもりかは知らないけれども、どこの上から目線だとそういうことが言えるのか、バックに大きな人物でもいることを誇示するような言動で調子に乗りすぎだ。あとで痛い目に合いそうだ。


もう関わらない方がいいと思う

もう関わらない方がいいと思う、という意見がこちら

・同じ48グループにいた人間として言いたいことはたくさんあると思う。しかし全盛期ほどの人気はもうないし、今回の件で一気に衰退していくのはわかっていると思う。メンバー個々人で考えてそれぞれの道を選ぶべきだし、運営に何かしてもらおうと誰も思ってないのでは?と思うので、これ以上発言しなくても良いと思った。

・なぜ卒業ライブで言うのかは疑問である。メディアにかなり出ている出ることが多いいのにこの場で言うことではない。報道番組のゲストで思い切っていう方がスッキリするし、受け答えを聞くことができるので場面を考えてほしい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です