ZOZO離れ深刻?ZOZOTOWN(ゾゾタウン)の将来危ない!原因は前澤社長?

ZOZOTOWN(ゾゾタウン)の人気が失墜?将来性を心配する声多数!

zozo_00

「ZOZOTOWN(ゾゾタウン)の将来が危ない」といった声をちらほら聞くようになりました。

企業場慣れや業績不振のため、ZOZOTOWN(ゾゾタウン)の今後がよろしくないのではと囁かれいるのです。

そこで今回はZOZOTOWN(ゾゾタウン)の将来性が危ないというみんなの意見をまとめてみました。

関連記事はこちら


ZOZOTOWN(ゾゾタウン)の将来性が怪しい

みんなのZOZOTOWN(ゾゾタウン)の将来性が怪しいという意見がこちら。

・わたしの知っているネット上のZOZOTOWNのサイト(服飾雑貨販売)についてですが、このような業態がたくさん乱立していることから将来性は少し怪しいかなと思います。特に目を惹くサービスもないし、サイトも買い物をしていて楽しいということもなく・・・。何か差別化をしていかないと先行き不安。先に書いた通り、usedは品質が悪く、社員に目が届いていないのかなという印象もあるので。

・今のご時世、どの会社がどうなるのか分からない時代。何年か後には社長さん、宇宙に行かれます。正直その頃まで宇宙に行けるだけの収益があって会社が残っていれば良いな、とは思いますが。ワイドショーなどで、話題にも上がらないほどにならないと良いです。

・全くないとはいえないと思う。話題を生み人々の関心を集めて、名前を売っている印象だが、本当によいものを提供していないと将来性はない。今は、悪いものを提供しているわけではないが、競合他社が多いため。

・お金に鼻が利く人みたいだから、それなりに利益は出していけるのではないですか?ここの株はこれからも買うつもりはないですが、社員の生活がかかっているでしょうから社長はがんばらないといけないと思います。何かいい商売方法が見つかるといいですね。


・ZOZOTOWNが将来について少し怪しいと思った理由として、アパレル業界自体が危ないからです。物から事への消費が強くなっているのでアパレルだけに特化すると厳しいと思いました。ネット通販は右肩上がりですがアパレル業界は危ないので、ネット上の商品で着回しができるツールを作ったり、アパレル以外にも商品を増やしたり、イベントを開催するなどすると良いと思います。

・一億円お年玉企画では、企画後にツイッターのフォロワー数が減ったと聞いています。一時的な話題づくりで注目を集めたとしても広告効果は薄いですし、本業のほうに尽力されたほうがいいのではと思います。ZOZOTOWNは便利ですが、このまま大きく変わらず今のサービスを続けていくならば、私も含め世の中は魅力を感じなくなっていくのかなと思います。

・売れているブランドが安いブランドに偏りつつあり、ファッション業界の妨げをしている。ものを考えないでもお勧めが出てきて買い物が進んでしまうことが、ファッションを楽しみたい人にとってはつまらないものになってきていて好感を持たれない。

・社長自体が何だか怪しくなってきているので、会社の方も危なくなるんじゃないかという気がしますね。すぐにどうということはないのかもしれませんが、次第に顧客離れが進みそうな気がします。絵画を買ったり、月に行く金があるのなら、顧客に還元するなどした方がいいのにと思います。


・将来性が全くないわけではないと思いますが、少し怪しいですよね。結局ネット社会なものですから、どんどん新しい企業が参入してきますよね?その中で生き残るという事は、それなりに企業努力をしていかないと難しいと思います。

・ZOZOスーツなど出ていた記憶があり、tiktokで一時期見かけていました。また、いろんな報道も一時期は毎日のようにお見掛けしていましたが、最近では特に話題ではないのと、私自身があまり利用しなくなったということが理由です。

・やはりZOZOSUITの失敗は見逃すわけにはいきません。莫大な資産をあっという間に築き上げたわけですが、挑戦しないことには成功しないとはいえ、あまりに失敗続きだとその余力もいつまで続くのだろうと感じます。

・ネットショッピングサイトは星の数ほどできているし、後払いサービスもいくつも台頭してきたので、このままでは生き残りも難しいのではと考えます。特に今では安価な海外サイト(中国・台湾等)のショッピング代行も出てきたので、値段で勝負するのも難しいですね。

・まだまだ今後も色々とやってくれそうだけれど、他に真似する企業もたくさんあるだろうし、走り続けていてもどこかで転ぶ時はあるだろうし、どうなんだろう。でも、それを乗り越えるような人なんだろうなとは思います。

・もうやりきった感じはありますね。アパレルってもう通販で買うのが当たり前ですし、ZOZOにしかないブランド力をもっと活かせばいいと思います。また他の事業ももっとやればいいのに。アメーバの藤田さんみたいにすればって思いますけど。

・今現在、色々と騒がれている渦中ですが、躓くことは人生としてあるのだから、今ちょうど落ち目なだけなので、ここまで大きく成功した人間なので、これから先また返り咲く時が来るでしょう。ただ、今は、不調な所が大きく取り上げられていますが、成功した人間として当然の反響だと思います。

・偏向報道に左右されているだけなのかもしれないが、ZOZOTOWNの話が出る場合、前澤社長の話しか出てきておらず、会社組織が盤石であるような印象を受けない。また、近頃のZOZOTOWNの状況を見ていると、それらを示しているように思われるので、将来改善される見込みが少ないように思われるため。

・メルカリやAmazon、ショップリストなど、同じような競合がいる中で、どのような個別化を図れるのかが伝わらないから。ゾゾスーツなど、どんどん新しいことをやっては廃止しているイメージがあり、安定感がないから。

・ZOZOTOWNに限らず、単純にネットで洋服を販売するという商売自体に将来性がないと感じます。今の日本では少子化が進み、若者が洋服に消費をできなくなってくると思います。ZOZOTOWNは今後、別のサービスの展開をすることが必要と思います。


・急成長して誰もが知っているというくらい有名になりましたが、最近は全くと言っていいほど話題になっていない。宇宙に行く話ももう誰も話題にしていないのではないかと思う。メディアに露出せずともこっそりやりたいことをやっていって功績を残してほしい。

・色んなブランドから不満があるとワイドショーで聞きました。そんな中の経営不振?も影響してこの答えです。これから持ち直すのは少し難しいのでは?と思いました。頑張ってほしいとは思う気持ちはありますが、どうなんでしょう。

・前澤社長自身も「新しいことをやり過ぎた」と発言している通り、経営難に陥っていることがメディアで取り上げられていること、倒産はないとは感じるけれども、現在のアパレル業界の厳しさもあり、軌道修正はなかなか難しく大変ではないのかなと思う事などから選びました。

・時代の変化について行ってるとは思うが、どの企業もいつどうなるかはわからない。宅配便の荷物を見てもよくZOZOTOWNのボックスは目につくほど、購入者は多いが便利な世の中で、なくなることはないと思うが、将来性があるとは言い切れない。

・訳の分からないブランドを置いているせいで大手のブランドが撤退していたはずなので、店に出すブランドのはもっと吟味したほうがいいと思う、もうzozoというブランドは認知されているのだから、いいもの、高いものでも大丈夫なはず。


・将来性に溢れているかは分からないけれど、将来性がないとは思わない。ゾゾスーツなど新しいことにも挑戦しているし、今は前澤社長に抵抗感を抱く人がネット上に多いけれど、その人たちの興味が薄れた後は通常運行に戻ると思う。

・社長個人の言動が株価にも大きく影響しているようなので、もう少し派手な行動は抑えて欲しいです。また、各出店ブランドとの信頼関係も崩れてきていると感じるので、顧客へのサービスと同様にサイト運営にも力を注いでほしいと思います。

・株価で儲けているいる企業なので、将来性はないと思います。自社で生産しているわけでもないので、技術力もない。流行が過ぎたら倒産するか吸収合併されると思います。役員は逃げ切ると思いますが、従業員はかわいそうだと思います。

・今までがバブル状態だったせいか、現在ははじけてしまったように感じられます。もう一度しっかりと立て直すことができれば十分将来性も出てくると思います。前澤社長の派手な動きはこれくらいにして、地道に「服を売る」事に専念したらどうかと思います。

・似ているサイトはほかにもいっぱいあるし、騒動で話題づくりをし始めたのでそろそろ個人的にも手を引こうと思っていました。ZOZO離れという言葉も出来たしそろそろ将来性については怪しいところだと感じました。

・ゾゾタウンでなくても服は買えますので、今後どうゆうビジネス展開をしていくのか興味があります。現在でも、そのブランドのECサイトからでも買えますし、Amazon、楽天、Yahoo!などで服を買うことができます。ゾゾタウンでないとダメな理由が今のところ思いつきません。

・よくニュースで「ゾゾ離れ」と聞きますが、確かに東京など大都市ではモノがあふれているのでわざわざネットで買わなくても手に入りやすいので実物主義みたいなところはあるかもしれませんが、地方に関してはモノがないのでまだまだネット通販は伸びると思います。しかし、人が減っているのでずっと続くかといわれるとそうではないと思います。通販だけではない何かを生み出していかないと思います。


・arigatoの終了とzozosuitがあまり評判良くないのでそのフォローとそれに変わる新しい試みがあれば持ち直しそう。arigatoで出店ブランドが離れていったと報道されていたけどブランドの多さがzozoの魅力の1つでもあるのでブランドが少なくなると厳しいと思う。

・少し前でしょうか…ネット記事を読んでおりますと、色々なアパレルメーカーからのZOZOTOWNの出店取り止めや撤退といったニュースを度々目にしました。株価も下がっているようですし、Twitterを休止しなければならないといった流れで、将来性に溢れているとは言い難いかもです。

・月旅行とか言動が飛ばし過ぎで、そっちに一生懸命で周りの人達がついていけてるのか定かではないし、だんだんワンマンになって、どこも出資しなくなって取り残されたりして将来的には怪しい方向へ向かいそうな気がします。

・ARIGATO割引を突然やめてしまったこと。連休中に突然メールでお知らせが来て驚いた。以前からこのサービスによりさまざまなブランドのZOZOTOWN離れがあったと聞いていたが、深刻だったんだなと感じた。また、悲しいが何事にもピークのあとには多少なりとも衰退があるから。

・ミキハウスをはじめ、いくつものアパレルの会社が、ZOZOTOWNから撤退していると、ニュースでみました。セールをやりすぎたりして、ブランドが離れていっているととのことでした。そういった流れができると、今後は維持はできるかもしれないけれど、さらなる右肩上がりの成長拡大も難しいのではないかなと思ってしまいました。

・ゾゾスーツの失敗。ひいてはPBの失敗。サイト運営も、値引きしすぎで、店舗がどんどん撤退しているとか。ずさんな経営、ワンマンの経営をしているように感じる。消費者にも出店ブランドにも、誠実さが欠けてるのでは。

・最近zozotownの経営に影が差しているという情報を耳にしました。加えて数々のよくない噂やゴシップ、社長の今までのSNSにおける自由奔放ぶりを考えると、あまり将来性という面では期待できないような気がします。


・詳しいことは知らないですが、報道で経営が危ないと噂されているからです。確かに商品の支払い方法など、ツケ払いを採用したのはよくなかったのではないかと思います。堅実な経営に修正できるなら立て直しはできるのではないかと思います。

・最近、ZOZOTOWNで企業ブランドのある商品を安売りするということをしています。残念ながらそれは企業側が意図していることとは逆行しているようで、企業側からは反感を買っているようです。双方が納得する形でビジネスを行わないと先はないかなと思っています。

・服というのはサイズが気になるのでサイズが測れない服のショップは少し不安です。オリジナルブランドの服をやろうとしましたが、どれも、いまいちパッとしません。ZOZOTOWNは様々なファッションブランドが参入してサービスがもっているのでブランドが離れていくようなサービスはしない方が良いと思います。

・自社ブランドが成功している訳ではないし、他のブランドが自社で販売方法を構築してしまったら将来は少し難しいと思います。今は先駆者として成功しているけどこれからはそのルートをどう維持していくのか考える時期に来ていると思う。

・正直何とも言えません。今はいろいろなパフォーマンスをして話題性に飛んではいるものの、最終的には前澤さんの人間性にかかっているのではないでしょうか。人柄が良ければたくさんの人がファンになり、周りの人に助けられ将来有望になると思います。

・一時期ZOZO離れという言葉をよく聞きました。現在通販サイトは非常に多く、それぞれ多少の特色はあるものの飛び抜けているサイトは少ないのではないかと思います。ZOZOTOWNも他にはないサービスを模索している状態かと思うのでなにか打開策を見つけなければ長くはないのかなという印象です。


・競合するショッピングサイトが多すぎます。やはりアマゾンが強いと思いますし、最近ではゾゾから撤退しているショップもけっこうあると知りました。社長の人間性がいくらか影響しているようです。ゾゾ自体は、私が見た感じですが、それほど価格や品揃えが魅力的だとは思えませんでした。実店舗で買ったほうがいいくらいです。業績も徐々に落ちていくのではと見ています。

・最近は経営状態があまり良くないそうですね。剛力彩芽さんとの過去の熱愛も関係しているのかどうか。ファッション自体も流行が関係しているので、先読みが難しく黒字を維持していくのはきっと大変なんだろうなと思います。

・アパレルの業界は変化が激しいため、ZOZOTOWN自体はどうなるかわからないように感じます。ただ、前澤社長の能力は非常に高いので、今とは違う事業へのシフトなども含めて考えれば、将来性はあると思います。

・社長ご本人の発言や行動で、評判が落ちてしまったような気がします。今はZOZOTOWNと聞いても、剛力さんが思い出されるし、他にもあまり良いイメージがありません。もう一度顧客の心を掴む何かをおこさないと、今のままだと失速してしまうかもしれません。

・話題作りは必要ですが、もう少し良いことで有名にならないと、今のご時世、SNSなどで簡単につぶされてしまう気がします。賛否両論あって当たり前ですが、味方は少しでも多いほうがいい。そういう意味で、会社としては少し将来が不安な気がします。


・短期間でファッション通販最大手に上り詰め調子に乗ってしまったのか、社長の発言や行動、ZOZOへ出店するブランドへの無茶な要求など、最近良い報道がない。次の新たな一手を投じない限り、投資家やZOZO利用者は離れていくと思う。

・ツイッターで服の原価について触れてしまったことや、ほとんど説明もなくありがとうキャンペーンを始めてしまったことに対するアパレルメーカーの怒りと不信感は想像に硬くない。アパレルメーカーと消費者がいかにイメージを大事にしているかを考えるとありがとうキャンペーンを終了させてもメーカーからの信用も戻らないし、突然キャンペーン終了させたことに対する消費者の不信感も相当なものだと思う。一度失った信頼を取り戻すのは難しいと思う。

・所有の美術品をオークションに出品した云々の記事が出ること自体ピークは過ぎたのではないかなと思います。同業者なので言わせてもらえば価格が高いのに喜んで購入している層がそろそろ気づくのではないかなと思うので、そう感じました。

・ZOZOスーツが上手くいかなかったり、ブランドが撤退しているなどマイナスのニュースを目にする機会が多いので、大丈夫なのかなと思っています。このままなにもしなければ、将来性も危ういと思うけれど、まだ終わったと言い切ることは出来ないと思います。

・今まではかなり成功していたと思うが、どんどん新しいサイトが出てきているので今までと同じような運営なら少し怪しい感じはぬぐえないと思う。最近新しく加わるブランドを見ていても、若い子が好みそうな安価なブランドが多く、それ以外の年齢の人は離れていくかもしれない。

・有名ブランドが撤退するといった報道を見ました。これからもしかすると、他の有名ブランドも撤退してしまうかもしれないと思うと、大丈夫かな?と少し不安になりました。ゾゾスーツが出たときは和題になったが、また何かを考えないとマンネリ化しそう。

・つい最近の新聞では、新しいサービスから手を引いたと書かれていました。それだけ、株価も下がり、業績としても下がりつつあるため、何か挽回の機会がない限りは将来性に関してはないと判断できます。ゆえに今後も難しいと考えています。

・建設的な提案であったにしろ、仲間が離れていくことは痛手が大きいでしょう。これだけの地位を築いてきた会社なので、挽回する力もあると思いますが、創業から仲良くやってきた会社を敵に回すのは、社長に落ち度があると言われてもしょうがないと思います。期待はしています。

・今の時代なにが起こるかわからないのもありますが、前澤社長自身が広告塔となってメディアにたくさん露出されているので、少しのことで炎上しただけで潰れてしまいそうでいつもひやひやしています。でもここまで登り詰めた会社だからきっと大丈夫だと思います。

・ブランドのZOZO離れが進んでいると聞きます。前澤社長の言動が色々問題になっており、それにより離れるブランドもあるかと思います。社長のイメージが変われば企業としてのイメージもアップするのではと思います。ファストファッションが流行する中、今後はアパレル業界自体、ブランドによって明暗が大きく分かれてくると思います。ZOZOTOWN、ネットショップでしかできない試みをたくさん打ち出す必要があると思います。

・お買い得クーポンやゾゾ自体の商品サービスなどでは今後やっていけるのかは疑問です。今はコスト削減のためにあまり正社員は雇わず契約社員かアルバイトでまわす方針と聞きましたが、内部での不満が多そうなイメージです。

・最近の迷走ぶりを見ていると少し怪しいと思います。何より世間の前澤社長に対するイメージが良くないので、この会社にお金を落としたいと思わない人が増えていくのではと思います。最近は出店しているアパレル会社からもそっぽ向かれ始めているようなので、先行きは怪しいと思います。


・社長個人の前衛的なイメージだけが先行してしまっていて、下の従業員の教育をしっかりやっている印象がないから。ネット販売を利用してみて、便利ではあるがあまり誠意はない会社だなと感じてしまう対応をされたから。

・名前をよく聞いていた当時は良かったと思いますが、最近の社長の行動によって、企業にも少なからずとも影響があるかと思います。世間的に見ても好印象を与えていると感じられないので、将来的には怪しいかと思います。

・私も愛用していますがノースフェイスなどの大手のメーカーが数社出品を取りやめるといった事態や4月にZOZOが不評によりアメリカやヨーロッパからの事業を撤退するといった記事を見る限り少し怪しいのでは?と思います。

・ファッション業界、ネット通販業界共に今後も強力なライバルが現れる可能性が高いうえ、ZOZOTOWN自体の業績も低迷気味ということで、将来性はかなり怪しいと思います。ただ、ZOZOTOWNでもし失敗することがあっても、前澤社長ならば別の分野でもなにか面白いことをやってくれると思います。

・ZOZOTOWNの成長を支えてきたセレクトショップ大手のユナイテッドアローズの発表が今後のZOZOTOWNの行方を暗示しているような気がします。開発・運営をZOZOの子会社に委託していたが自主運営に切り替える、これはアパレルメーカーのZOZO離れと同じ流れと思うので将来性は厳しいと思います。


・最近では、他にも多々アパレルなどは出てきているし、100万円などの企画をする時点でなんだか雲行きが怪しそうな感じがしないでもない。また宇宙旅行などの企画も宣伝のためかと思わされますので将来的には怪しそうと思いますので

・もともと何らの興味もないので、どうでも良いです。マスコミから流れてくるごり押し嫌な情報の一種と言う扱いでしかありません。よって、この組織自体、将来的にどうなるか興味も何もありませんし、そろそろ別の話題に移る気がします。

・すでに利用者は減っているようですし、さまざまqなブランドが離れていっている聞きました。そりゃそうだろう、という結果です。斬新さや目新しさ、送料完全無料など余程の戦略がない限り、同業他者と差をつけられるだけだと思います。

・去年末からの報道で言われているアパレルメーカーのZOZOからの撤退を聞く限りでは将来性という面からは少し怪しく感じる部分はあります。一部の報道のみで判断するのは早計かと思いますが何かしらの情報を得てのメーカーの行動であるので今後は注視したいと思いました。

・今の通販ビジネスだけだと、若い人の服にかける金額も減ってるし、外国人の好きなデザインと日本の服のデザインは異なるし、販売拡大という意味では将来性は厳しいと思う。だからこそ自社製品など考えて行動してると思うし、何かしらビジネスの柱を作らないと、今のままではジリ貧になりそう。

・ZOZOTOWNは出品してくれるメーカーがあってこそ成り立ちます。近年、各メーカーが実店舗と同じくらいオンラインショップに力を注いできているように感じます。現在のZOZOTOWNの経営方針では各メーカーがZOZOTOWNを活用しなくても自分たちでオンラインショップを営んでいこうと考えてしまうのではないかと感じるため、将来性は怪しい気がします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です