アベンジャーズエンドゲーム面白い?つまらない?感想口コミ評価!みんなの考察は!

アベンジャーズエンドゲーム感想口コミ評判!

marvel_00

アベンジャーズシリーズの集大成として話題の映画「アベンジャーズエンドゲーム」

上映間もなく数々の記録も打ち立てており、世間の注目度の高さが伺えます。

今回はそんなアベンジャーズエンドゲームについてみんなの感想考察をまとめてみました。

是非ご参考ください!


アベンジャーズエンドゲーム面白い?つまらない?みんなの考察は!

アベンジャーズエンドゲームは面白いのかつまらないのか、みんなの考察はこちら。

・終始絶望的だった前作〈インフィニティウォー〉と比べると、コミカルなシーンだったり過去のMCU作品を見てる人ならクスッと笑える小ネタが仕込まれてて楽しく見れました。アベンジャーズはMCU作品のキャラクターが集結するので見応えありすぎて、いつも心臓のどきどきが治まりません。個人的にグッときたシーンはクリントとナターシャのヴォーミアのシーン。家族が消え荒れていたクリント、暗殺者からヒーローになったナターシャ。当たり前ですがどちらにも死んでほしくありませんでした。二人の間に友情があって、お互いを思いやっていたからこそ悲しいシーンでしたね。ナターシャはどの映画でもいつもかっこよく、最期まで美しかったです。消えた人達が戻って、スタークとピーターが再会するシーンは泣けましたね。ピーターはいつも通りおしゃべり君で、5年間寂しい思いをしたスタークが黙って抱きしめて。そして、あの3時間の中で1番奮い立ったのはキャップの「アベンジャーズ、アッセンブル」のセリフ。映画館の中が一瞬静まって、ソーの雄叫びでみんな走り出して。流石みんなのキャプテン。あのシーンからラストまで、涙が止まりませんでした。絶望の中から希望に向かい、命を落とした仲間の思いやそれぞれの過去をしっかりと受け入れ未来に突き進んでいく。笑えて泣けて、胸が熱くなり、生きる勇気をもらえる。素晴らしい映画でした。

・この映画はこれまでのシリーズのまとめのような感じで見ました。実際に映画の中では過去の戦いに決着を付けるシーンがありました。また様々なヒーローの中でも死や生存があったので面白かったです。個人的には映像が凄い壮大で驚きました。場面も変わるシーンが多くて疲れる程です。地球や宇宙などの場面で物語が展開していくので現実を忘れました。そして正義と悪の戦いも壮大で面白かったです。また前作を見ていた人には衝撃的な展開がまた起こるので良かったと思います。この映画はヒーローの活躍や戦いを描いているので、最終的には良い終わり方をします。つまり正義が勝つという従来の法則に沿っていました。しかし映画ではヒーローの死もあったので犠牲が大きかったと思います。それを復活させることも可能でしたが生き返らないヒーローもいました。壮大な展開の中にもヒーローの絆や葛藤があって見入りました。これまでシリーズを見ていたファンには一つの区切りになる映画だと思いました。

・これまでのMCU作品の集大成であり、アイアンマンを今まで見てきたファンにとっては、涙なしでは見れない作品でした。本当に心から、感動を与えてくれてありがとうと思えました。もちろんアイアンマンだけではなく、キャプテン・アメリカのファンにとっても心から良かったのだと思える要素もあります。マーベルはちゃんとした終わりを作ってくれてよかったと思います。3時間超えの作品として、結構長いため、退屈する時間があるのかなと思っていましたが、まったく退屈することなく、最後まで集中して観ることができました。それぞれの作品の、それぞれのキャラクターがうまく活躍し、出番があったので、誰が観ても十分に満足すると思いました。キャプテン・アメリカがムジョルニアを扱うシーンは、エイジ・オブ・ウルトロンの伏線がここでようやく回収するのかと感動しました。今後は新しい世代のヒーローたちが活躍する、新しいMCUになっていくと思いますが、それも今後、十分に期待できると思いました。

・アベンジャーズ/インフィニティーウォーの続編。22作品にも及ぶアベンジャーズシリーズの総決算です。衝撃的な前作から1年、ファンの期待のハードルを大きく超えた超大作です。映画は前作の人類が半分になった地球からスタートします。誰もが残ったアベンジャーズの力を終結させ、最強の敵サノスを倒すために立ち回ることを予想していましたが、それは映画の最初20分で打ち砕かれます。映画の展開としては本当に誰も読めない最高の映画です。基本的な展開としては「敗北したヒーロー」を丁寧に描きながらそれでも立ち上がる新しいヒーロー像が描かれています。そして今回の見どころとしては最初のヒーローの集合を描いた「アベンジャーズ」で活躍する初期メンバーの引退作品にもなっています。「アイアンマン」から始まる6人のヒーローたちの最後に終盤は涙が止まりません。最初から追いかけ続けていたファンは絶対に満足できる、歴史に残る名作であることは間違いありません。また今後の次世代アベンジャーズにも大いに期待できる作品になっています。


アベンジャーズファンの感想考察は!

アベンジャーズファンの感想考察はこちら!

・すべての作品を見てきました。特にマーベル作品に興味があったわけではないのですがみだすとなかなか止まらないものです。しかし、映画館で実際にマーベルのヒーローやヒロインたちが動き出すとその姿は圧巻でした。前作から合計すると5時間以上のストーリーになりますがなんといってもハッピーエンドが大好きなアメリカ映画。今回も完全なハッピーエンドになるのかと思いきや。それぞれのヒーロー、ヒロインは個別作品の中で抱える悩みや課題を解決するような形で作品が終わっていくのは非常に印象的でした。しかし、やはり3時間以上の作品は長すぎると感じます。さすがに途中でお手洗いを我慢できなくなるかたがたもいたところもふだんなら事前にすませてほしいなと不満を抱くのですがいたしかないかなと思わざるを得ません。とはいえ、エンターテイメントを追求したという意味では非常にすばらしい作品ではないかと思います。これからのマーベルのヒーロー、ヒロインに期待を抱かせます。

・「アイアンマン」から始まったマーベル作品の集大成としては最高の作品だと思います。このシリーズ全て観てきましたが「エンドゲーム」は個々のキャラクターの魅力はもちろんそれぞれのバックボーンなどが垣間見えるシーン、エピソードなど3時間という長さをまったく感じさせない内容でした。こういう纏め方は日本の特撮物映画にも見習って欲しいですね。私的にはこの映画はあと2回2は観に行こうと思っています。次は日本語吹き替え版で観て、字幕版では目で追えなかった画面構成やCG、キャラクターの表情など映像を中心にじっくりと味わいたい。3回目は字幕版でじっくりとキャストの演技、セリフから感情を読み取れるように会話に神経を集中して楽しみたいです。すでにネタバレなども広まっていますが結末がわかっていても楽しめる作品だと思います(マーベルファンに限るかな?)。これで「アベンジャーズ」は終わってしまいましたが次に繋がるようなシーンもありましたので、まだまだマーベル作品を追い続けます。


アベンジャーズエンドゲーム注目の登場人物は!

アベンジャーズエンドゲームで注目のキャストについても聞いてみました!

・登場人物はみんな好きですが、個人的にはソーの弟ロキが大好きです。演じているトム・ヒドルストンのお顔が芸術的に美しくて、ロキ自身も悪戯の神なだけあってお茶目なところがあって完全に心を奪われています(笑)ここ2年くらいでMCU作品を見はじめた為、アベンジャーズ1やダークワールドのロキを映画館で見られてとても嬉しかったです。

・やはりなんといってもアイアンマン/トニー・スタークが一番好きです。初めは自尊心の塊のような人でしたがシリーズを重ね、アベンジャーズとして仲間と共闘していくにつれヒーローらしくなり、「エンドゲーム」では本当に素晴らしいヒーローになったと思います。


・個人的に好きな登場人物はヒーローのキャプテン・アメリカです。キャプテン・アメリカは別の映画でも活躍しているので知っているとより楽しめます。その名前の通りヒーローのリーダー的存在で非常に好きです。また特殊能力を使って戦うヒーローではない部分も好きです。

・なんといってもアイアンマンでしょう。完全無欠、人格にも問題なしというわけではなく、どこかかけているところがまたたまりません。今後、アイアンマンが映画の中で登場するシーンがでてくるのかどうか気になります。

・2008年からアイアンマンを観続けており、やはり一番思い入れのあるのがアイアンマンだったので、アイアンマンに注目していました。ボロボロになりながら地球に帰還しながらも、新たな希望を捨てず、家族という平和を手に入れつつも、タイムマシーンを作る彼のヒーローぶりに感動しました。

・好きなヒーローは「アイアンマン」「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーのメンバー」「ドクターストレンジ」、注目しているのは今作からアベンジャーズに参加する「キャプテンマーベル」です。特にアイアンマンは今回が引退作になり、衝撃的な終わりを迎えるのでこれから視聴する方には期待してもらえると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です