キングダムコミック53巻みんなの感想口コミ評価考察!ちょっとだけネタバレもあり

キングダムコミック53巻感想口コミ評価!

kingdom_04

大人気コミックのキングダム53巻が発売です。

今回はみんなの感想口コミ評判をまとめてみました。

早速みんなの意見を見てみましょう。

関連記事はこちら


キングダム53巻面白い?つまらない?

キングダム53巻は面白いのかつまらないのか、みんなの感想はこちら。

・秦対趙の戦いが始まり53巻の見所は大きく分けて2つです。一つは楊端和率いる山の民対ロゾ率いる犬獣軍の戦いに決着がつきます。前巻で敵に追い詰められ絶体絶命のピンチの楊端和が危機を脱し、犬獣のロゾを倒してどのように城を落とすかですが、テンポよく話も進み兵糧を焼かれる失態を犯した壁の活躍も見れて満足です。ただ話の展開により今後しばらく山の民率いる楊端和の活躍はなさそうなのは少し寂しいです。もう一つの見所である朱海平原の戦いは秦軍将軍の亜光が重症を負い将不在での戦いに苦戦を強いられます。亜光将軍の側近達は新しい将軍に総大将の実子である王賁をと総大将の王翦に進言しますが「そのまま戦え」と進言は受け入れられず、今の状況で戦うしかないと主人公の信と王賁は自身の隊を覚醒させる為、自身の隊に語りかけます。隊長の信、王賁の語りかけに応え両隊が突撃攻撃を行いそれに合わせ亜光軍も敵に突撃攻撃を行います。隊への語りかけからの突撃は熱いものを感じましたが、朱海平原の戦いは長引かせすぎでワンパターンになっている気がします。こちらはもう少しテンポよく話を進めて欲しく感じました。


・橑陽(りょうよう)の戦いも佳境に入った巻でしたね。兵糧を燃やされてしまい、このままでは面目が丸つぶれの壁将軍が
最後に逆転ホームランのような活躍をしてくれた為、なぜか安心した自分が居ます。しかしなんだかんだ言って一番活躍をしたのはバジオウだと思うのです。もちろんフィゴ族やエンポ爺など誰一人欠けてもこの戦いを制する事は出来なかったでしょう、なので誰が一番の功績を挙げたかなんて言うのはハッキリ言って意味が無いのです。場所が変わって信達の方ですが一昔前はまだ青二才の雰囲気の漂っていた顔ぶれ達が大将軍の風格を持ち始めて来た為、恐らく李牧を始め、魏の呉鳳明や楚との対決などこれからのキングダムから目が離せなくなりそうです。


・楊端和と壁が主役のこの巻、一言で言うと壁は出来過ぎで楊端和・山の民の強さを改めて思い知らされた内容でした、敵の犬戒軍はやはり精強で中でも王のロゾは楊端和軍でも最強クラスの戦士であるフィゴ王でも手こずる強さ、だが壁は軍の食糧を焼かれるという大失態を演じておりその事は即首を刎ねられてもおかしくない位のことであり、本人もその失態を取り戻す事に全力を傾けようとしていたが信や王賁程の武も無くどうなる事だろうと思っていましたがやってくれたねフィゴ王、貴方のおかげで弱りに弱ったロゾを討つことができた、ラッキーであると言えばそれまでだが思いの強さが事を成したとも言える、それにしても楊端和は今まではその武の強さだけを表に出していたが投降した犬戒軍を許すなど武将としての器の大きな所も垣間見られたこの巻でした。

・一番発売を心待ちにしているコミックです。カタリを失ったキタリの怒りによる覚醒と、壁の根性が印象的でした。犬戎王にトドメをさす瞬間は圧巻でした。また、珠海平原では、圧倒的に不利な状況が続いている中、信と王賁が隊の覚醒を目指し、士気を上げる様がとても印象的でした。王翦がどのような戦いを想定しており、今の状況を打破してくれるのかがとても楽しみです。個人的にはきょうかいがとても好きなので、次巻以降、敵陣の将を討ち取ってくれないかと期待しています。食べ物に溢れた時代を生きていますが、兵糧が残り僅かとなり、食べ物の為に仲間割れが起こったりしており、今の時代のありがたみを改めて感じさせていただいています。若い将が3人揃って将軍になり、6将の再来が起こることが楽しみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です