紙おむつ選び方ポイント!口コミ意見は!かぶれにくさ・肌ざわり・安さ重視するのはどれ?

2019年10月9日

みんなが赤ちゃんのオムツを選ぶ基準は!親が気にするポイントは何?

omutsu_00

赤ちゃんのおむつを選ぶ際に大事なポイントは何なのか?

みんながどういう基準で赤ちゃんのオムツを選んでいるのかをまとめてみました!

どのおむつを買うか迷ったりすると思いますが、重要なポイントは何かをランキング形式にしましたので、是非ご参考ください!


おむつの選び方:11位口コミ

おむつの選び方ランキング11位は口コミ

口コミをオムツ選びで重視する理由

口コミをオムツ選びで重視する理由はこちら

・初期の頃は情報がCMからしか得ることを考えず、いろいろな種類を購入していましたが、少し経った際には、ネットで口コミを参考に購入する方向に切り替えました。賛否両論ありますが、口コミが一番信頼性が高いと思われます。

おむつの選び方:10位デザイン

おむつの選び方ランキング10位はデザイン

デザインをオムツ選びで重視する理由

デザインをオムツ選びで重視する理由はこちら

・好きなキャラクター物だと、子どもがスムーズに履いてくれることが多いので、親もイライラせずにすみ、子どもも楽しくはいてくれます。子育て中のストレスを少しでも減らすことができるので、子どもが好むデザインを優先して選んでいます。

・おむつかぶれはほとんどありませんでしたし、大きい子で漏れて困るということもなく、デザインが可愛いものを選んでいました。早くから保育園へ行っていたので、みんなと違うデザインの方が分かりやすくて良かったです。


おむつの選び方:9位赤ちゃんの反応

おむつの選び方ランキング9位は赤ちゃんの反応

赤ちゃんの反応をオムツ選びで重視する理由

赤ちゃんの反応をオムツ選びで重視する理由はこちら

・おむつによって赤ちゃんの反応が変わるという話を知人から聞いていたので、使った時の反応で決めるようにしていました。具体的には、おむつに不快感を感じると寝付きが悪くなったり、夜泣きが増えたりするそうです。

・自分が触って肌触りが良く感じたり、口コミで評判が良かったりという点を重視しておむつを購入しましたが、一番大切なのはそのおむつをする赤ちゃん本人の快適さだと痛感することがあり、それ以来は赤ちゃんの反応の良いおむつを買うようにしました。


おむつの選び方:8位買いやすさ(入手しやすさ)

おむつの選び方ランキング8位は買いやすさ(入手しやすさ)

買いやすさ(入手しやすさ)をオムツ選びで重視する理由

買いやすさ(入手しやすさ)をオムツ選びで重視する理由はこちら

・育児期間中に引越を何度がしましたが、その都度近いお店で売っているおむつの種類が違っていました。最初はお気に入りを探して遠くの店舗に出かけたりもしましたが、やはり子連れで遠出は困難なので、気軽に近くで買えるものになりました。

・安価なものから高価なものまでありますが、おむつはどこにでも売ってるメジャーなものがいいです。旅行先(国内)の小さなお店にも置いてあるものだと出先で急に足りなくなっても困りません。どこにでも置いてあるもの=売れている=良いものだと思います。


おむつの選び方:7位おむつの通気性

おむつの選び方ランキング7位はおむつの通気性

おむつの通気性をオムツ選びで重視する理由

おむつの通気性をオムツ選びで重視する理由はこちら

・息子は肌が弱くかぶれやすいが、日々の生活の中で忙しく、そんなにこまめにオムツを替えてあげられない。そのため、通気性が良く、かぶれにくい商品をいつも選んでいる。安い商品だと、素材自体が固く、息子が痒がるため、肌触りが良く通気性も良い商品がベスト。

・私自身が今年父親となるのですが、去年姉夫婦の間に赤ちゃんが産まれました。
その際、かぶれや肌触りを1番に重視しようと思いましたが、通気性がいいというのは結果的にかぶれにくさや、いい肌触りを維持できると思ったからです。

・おしっこの回数がとにかく多い子供だったので、通気性にこだわっていました。うちの子は汗もかきやすい方だったのでかぶれることもしばしば。ただ通気性が良すぎると、その上から穿いているズボンが湿っぽくなってしまうのが気になりました。


おむつの選び方:6位替えやすさ

おむつの選び方ランキング6位は替えやすさ

替えやすさをオムツ選びで重視する理由

替えやすさをオムツ選びで重視する理由はこちら

・おむつはしょっちゅう替えるものなので「替えやすさ」は最も大事なポイントです。おむつによって履かせやすい・履かせにくいがあります。伸びやすい・伸びにくいという点も各社で違いがあるので色んなおむつを試して替えやすいものを購入してました。

・他の理由ももちろん重視するが、手早く楽に取り替えたいと思うので替えやすさは最重視するところです。替えにくいとなると、それだけでストレスになり、赤ちゃんにも影響してしまうと思います。育児は大変で思い通りにならない事が多いので、商品にはスムーズさを求めたいです。

・ひとつのポイントだけではなく、色々な要素を合わせて総合的に判断していますが、その中でも特にオムツの形や素材が子供の体型に合っているかどうかを重視しています。私の子供は同じ月齢の子より少し大きく、太もももがっちり太いため、形状や素材の固さによっては、フィットしなかったり、もれたり、履かせにくかったりします。(あてはまる項目がなかったので、一番イメージに近い「替えやすさ」を選びました。)


おむつの選び方:5位肌ざわり

おむつの選び方ランキング5位は肌ざわり

肌ざわりをオムツ選びで重視する理由

肌ざわりをオムツ選びで重視する理由はこちら

・赤ちゃんの肌はとってもデリケートなので、1番肌にやさしそうな肌触りがなるべく良い商品を選びたいからです。やっぱり自分の生んだ可愛い我が子が不快な思いをするところを見たくないのが親心なのではないでしょうか。

・赤ちゃんの肌に直接触れるものなので肌ざわりは重視する。肌ざわりが悪いオムツは肌のかぶれの原因にもなるのでいいものを選んであげたいと思う。赤ちゃんの肌は敏感だからオムツ選びでは肌ざわりを第一に考えている。

・赤ちゃんのおむつで一番重視するのは、肌ざわりです。産まれてからずっと、一日中、そしておむつを外せるようになる2歳くらいまでずっとつけているものなので、肌ざわりは何よりも重要と考えています。おしりが蒸れてしまったり、そのために肌がかゆい等のトラブルが起きたりは、一番避けたいと思います。

・紙なので、どうしても柔らかさが気になります。各社試してみて、やはり長時間つけるものなので、一番柔らかいものを使用しています。また、成長に合わせて銘柄も変更しています。そのため、兄弟で使っている銘柄が違います。

・肌が弱い子でおむつかぶれになってしまうこともよくあったので、肌触りのよさは大切だと思います。安いオムツは魅力的でしたが、安いとやはりゴワゴワした感じが気になります。私自身も生理用のナプキンはフワフワの方が好きなので子供もそうだろうなと思った為です。

・赤ちゃんは皮膚が薄くて、敏感なので、肌さわりは重視していました。赤ちゃん自身はそのオムツがいいのか悪いのか話せないので親のさわり心地で選んでいましたが、特にオムツを嫌がったり、赤くなったりすることが少なかったので、肌さわりを優先してよかったなと思っています。


おむつの選び方:4位おむつの吸収力

おむつの選び方ランキング4位はおむつの吸収力

おむつの吸収力をオムツ選びで重視する理由

おむつの吸収力をオムツ選びで重視する理由はこちら

・最初はできるだけ安いものを選んでいましたが、おむつに吸収力がなくもれやすいと1日に何度も着替えさせたり洗濯したりしないといけなくなりものすごく面倒でした。出かけ先で大量に漏れて服がビショビショになってしまって困ったのをきっかけで、吸収力第一で選ぶようになりました。

・おむつをこまめに変えてあげられないときがあったのと、日中も夜も同じおむつを使用していたため、布団が濡れないように吸収力の高いものを使用する必要がありました。服や布団まで濡れてしまうと、そのあとの洗濯がすごく大変なので吸収力は必須条件でした。

・出先でなかなかオムツが変えられない時がよくありますが、毎回大量におしっこをされてしまうと、交換が本当に大変なので、吸収力があるものがいいと思いました。そうすれば、交換する場所がない時でも家に帰るまで持つので助かります。

・自分の子供はおしっこの量が多いのか、テープタイプだとどのメーカーでも漏れてしまうので、吸収力が高いものをさがすのに苦労したのと長く使えれば変える頻度も減らせるのでコストパフォーマンスが高いから、価格にはないメリットがある。

・毎日使うものだから吸収力がないとおしっこが漏れて困ってしまうからです。吸収力が少ないと臭いもひどくなるし、水分の多いウンチをしている時は大変な事になってしまうからです。一晩寝ても安心な位の吸収力は必要だと思います。

・起きているときはいいのですが、夜など長時間寝ているときは気づくとおむつがパンパンになり、ときどき漏れてしまうのでできるだけ吸収力のよいものを選ぶようにしています。寝ている最中におむつを替えるのは本人も嫌がるので…。

・一番重要な点は吸水性に限ると思っています。子供の場合、予期せぬ量の尿や便(それも水を含んだ便)が出てくる場合があり、それに対応できるだけの給水性があると安心します。交換の頻度も多いと手間になりますし、就寝時にも安心して寝かすことができます。

・いろいろなおむつを試しましたが、吸収力での違いが大きくありました。薄くて肌触りのいい商品やのびやすくて履かせやすい商品もありましたが、吸収力が高くないと漏れたり、ムレやすかったりしたので重視しました。

・うちの子供はかぶれはあまりない方だったので、肌ざわりやかぶれにくさはさほど気にならず、とにかく吸収力があれば不快感も少ないだろうと思っていたのと、おむつ交換の間隔がうっかり長くなっても影響が少ないだろうと思ったため。


おむつの選び方:3位漏れにくさ

おむつの選び方ランキング3位は漏れにくさ

漏れにくさをオムツ選びで重視する理由

漏れにくさをオムツ選びで重視する理由はこちら

・うんちやおしっこが漏れてしまうと処理がすごく大変なので、まず重視するのが漏れにくさです。洋服のほうまで漏れてしまうと固形せっけんで素早く落とさないと色も落ちないし、匂いも気になるので漏れないおむつが一番いいと思います。

・冬生まれという事で乾きにくさもあり、ただでさえ多い子供の洗濯物の量をなるべく減らすため。洗濯する回数の負担軽減を考えて。子供のうんち漏れは課題だったので、漏れにくいオムツを好んで使っていました。あとは使い捨てとはいえど、なるべくかわいいものを履かせたかったというのもあります。

・体調が悪い日は、下痢などで漏れてしまうオムツがあるので、漏れにくいオムツを購入するようにしています。
また、おしっこの量も成長とともに増えていくので、ある程度、吸収力や長時間対応のオムツを選ぶことにしています。

・うんちが漏れやすいものを使用すると子供の肌着や衣服のみならずカーペットやソファ、カーシートなど様々なものが汚れてしまい悲惨な状況になってしまうためわたしは漏れにくさを重視して購入するオムツを選択しています。

・背中漏れするのがとても嫌でした。背中から漏れると、洋服に黄土色のシミができてしまいます。シミ取りの労力がとても嫌だったからです。安いものはそれなり、パンパースは高すぎるという印象でした。メリーズが一番好きでした。


・最近のおむつはどの製品を選んでも吸収力などの性能が良くなっているため、あまり大差を感じません。ただし、体型に合っていないと漏れにより洗濯物が増えてしまうため、体型にあっていて漏れにくい点を重視します。

・下痢の時は緩めの便で背中漏れが多く、便秘の時は大量に貯めてから排出なので背中漏れが多くなります。本当は何回も替えることがあるので安価なものを使用したいのですが、背中漏れ防止のため深めのおむつを使用しています。

・外出した時に漏れたりすると場合によっては人にも迷惑をかけるし、本当に大変なので漏れない点を重視していました。漏れないようにする為にはサイズ選びも重要で、大きすぎても小さすぎてもダメです。赤ちゃんの成長は早いので、ちゃんとフィットするサイズを選ぶ事が大事です。

・漏れると着替えるのが大変でその度に洗濯をしないといけないから。手洗いをして早く汚れを落とさないと服の汚れは落ちないし、おむつを替える時に周りにつかないか気をつけながらしないといけないから。赤ちゃんが動き出すとおむつ替えも大変だから。

・アトピーがあり、オシッコのオムツかぶれが気になる事があったので。お出掛けなどこまめに変えられない時に、どうしても太もも回りの湿り気が気になり子供も引っ掻くので。漏れが少ないと言う事は吸収率も良いだろうし、結果カブレにくいオムツかなと思います。

・漏れやすさが1番の決め手になります。
いっかいのうんちの量が多いのでやはりとても漏れやすいのでなるべくもれなくなってるものを選びます!
夜も寝る時間が長くなるとオシッコの量もとても増えるのでそこも漏れないようなオムツがいいです!

・漏れることで仕事が一つ増えてしまう、漏れないようにこまめに取り換えても吸収力や羽が弱いなどで漏れてしまう商品もあり、大変な思いをしたとこがある。チャイルドシートに漏れたりすると掃除などが大変で苦労しました。漏れない商品がいいと思います。

・通気性やかぶれにくさなど機能面は各社大差ない。体格や肉付きで微妙な差が出る。漏れると深夜から何回も洗濯機を回したり手洗いしたりと大変で体力的にも精神的にも辛くこどもにイライラをぶつけてしまうので漏れないことを一番重視する。

・脚まわりが窮屈そうではないのに、漏れないのが親としては一番ありがたいです。漏れてしまっては外出の際だけでなく、保育園や就寝時も漏れていないか、気になって仕方ないからです。漏れたら洗濯もお着替えも大変です。

・出かける時や子供が動く時に漏れてしますと子供もかわいそうですし冬生まれということもあって冷えてもいけないので漏れないことを一番重視しました。着替えやその他もまだ自分たちも慣れていないこともあったので漏れないのは一番大事でした。


おむつの選び方:2位おむつの価格(安さ)

おむつの選び方ランキング2位はおむつの価格(安さ)

おむつの価格(安さ)をオムツ選びで重視する理由

おむつの価格(安さ)をオムツ選びで重視する理由はこちら

・毎日使うものだから、価格はかなり気にしていました。いいものが安ければ一番ですが、安すぎても漏れたり、むれたりするものもあるので、安いだけでは買わないかもしれません。でも、安さはかなり重要です。高いと手が出ません。

・初めて買う時は下調べをしたりしたけど実際に使ってみないとわからないなと思い、とりあえず価格の安いものを購入しました。長期間使うものなので少しの価格の差でも1年経てば結構差があると思い価格を一番に考えました。

・他のメーカーのオムツでも被れないので幾らでも経済的に負担にならない方向で考えています。肌触りや通気性は正直どこのメーカーも似たり寄ったりに感じていますし、デザインは何も分からない赤ちゃんには好き嫌いが無いので。


・赤ちゃんが使う物なので、肌触りやかぶれにくさ、吸収力なども気になりますが、日本で現在売られているものは、それ程酷い商品というのはなく、どれもある程度良い物なのではないかと思っているため、購入する時は値段を一番重視することにしています。

・子供三人ともそれぞれ何種類か試しました。どれを使用してもかぶれ・漏れにくさ・吸収力等が同じような使用感で、子供も嫌がることもなかったので、枚数が多く、かつ値段が安いものにしました。おむつ離れするまではかなりの枚数を使い出費が多くなるので、なるべく抑えるためにも価格重視していました。

・人に勧められたものを試したりもしてみましたが、どれも一長一短という感じで、結局は安いのが良いということになりました。しかし安ければ安いほどいいということではなく、ある程度のクオリティーがあった上で安いものを選んでいます。

・出産した病院で使用していたオムツと同じメーカー種類を使っていたけれど、寝返りするようになりテープ式ではかえるのが大変になったのを機会に同じブランドで安いものがあったので変更し、子どもも問題なかったので産まれてからずっと同じブランドを使用している。

・肌触りや、使用後の臭いなども気になる点ではありますが、やはり使い捨てで多い日では1日に20枚は使うので、安いに越したことはないです。あまりに安いと不安ですが、相場は決まっていて、セールやクーポンで安くならない限りはブランドでの価格差はあまりないような気がします。

・毎日何枚も使うもの、しかも使い捨てとなるとやはり安いほうが助かります。安いおむつを使っていましたが、かぶれる、もれるなどのトラブルもなく無事におむつを卒業しました。子供もおむつに対して特に不快感を示さなかったので、肌にトラブルがなければ価格を一番重視します。

・大量に使うのでできれば安いほうがいい。いろいろ使ってみたが、値段はばらばらだが基本的な品質はさほど変わらないように思った。サイズの合わないおむつがあったのである程度は選んだが、近所で安く買えるものを使っていた。

・人気で高めのおむつと休めのおむつやプライベートブランドのおむつを使ってみましたが、正直我が子にはどちらでも一緒でした。おむつかぶれなどもなく、価格重視で購入するようになりました。どうせすぐにおしっこをし捨てるだけなので、安いのでいいと感じる。

・まだ生後間もないころは肌がデリケートなこともあり、メリーズなど品質のいいものを選んでいましたが現在1歳半になり体も丈夫になってきましたので価格の安さで選ぶようになりました。
必ず必要なものなのでできるだけ家計の負担にしたくないからです。


・今のオムツは特殊なものじゃない限り製品はどれもいいと思うので、ドラックストアにある製品なら価格で選んでいる。赤ちゃんは下痢によくなったりミルクを飲むとおしっこの回数が増えるので頻繁におむつ替えが必要な為あまりにも高いと家計費が高騰してしまうから。

・1日に何度も、多い時には10分で3回も換える時があるくらい消費するものなので、価格はかなり重要です。また何度もおしりふきを使うことでおしりの皮膚が赤く痛々しくみえてくるので、かぶれも同時に防いでくれた方が助かります。

・子どものオムツかぶれがほとんどなく、履き心地に関することも尋ねても仕方がないのと、毎日何枚も使うものなので価格を重視しています。漏れも気になりますが、適切なサイズで交換もマメに行えば滅多に漏れません。

・保育園でたくさん使用するため、できるだけ特売で安く売られているメーカーのものを選んでいます。たくさん枚数が入っている大型パックのものを選んだり、お店によって買い分けたりしています。肌触りがよいメーカーをできるだけ選んでいます。

・おむつはケチらず汚れたらすぐ交換して使いたいので、一番大事なのは低価額であることだと思います。ただ、低価額であれば何でも良いというのではなく、肌がむれにくく優しい素材、体に優しくフィットして漏れにくい、など総合的に判断して決めます。

・赤ちゃんはおしっこ 大便を頻繁に交換しなければいけないので、一日に何枚も使用します。
そのために品質も重要ですがコスト面でもかなりのものになってしまいますので、価格を重要視しています。積もり積もってかなりの出費になります。

・良質な商品の方が良いですが、1回の使い捨てなので出来れば安い方が良いと思っています。特にパンツタイプになると、価格の差が大きくなります。また産まれたばかりより幾分か肌も丈夫になってくるのでなるべく安い物も購入します。

・最初は、病院で使っていたものを自分でも買っていましたが、一日10回以上のオムツ替えで不経済で、だんだんグレードを落として買うようになりました。お徳用オムツでも問題なければ、安いに越したことがないので、値段が安いオムツを使うようになりました。

・新生児期はテープタイプだったので漏れやすく、紙質や漏れにくさなどを重視していましたが、1歳になった今はある程度おしりも強く?なった為紙質にはこだわらなくなりました。まだまだ何万回とオムツを替えるのでコスパがいいものを選んでいます。

・おむつはとにかく沢山替える必要があるので、安さ重視です。幸い、我が子は肌も弱くはなかったので、肌触りはそこまで気にしていません。漏れにくさも少し気にしますが、着け方や体勢次第ではどうしても漏れてしまうので、最優先事項ではないです。


おむつの選び方:1位かぶれにくさ

おむつの選び方ランキング1位はかぶれにくさ

かぶれにくさをオムツ選びで重視する理由

かぶれにくさをオムツ選びで重視する理由はこちら

・以前安いオムツを買ってみたら、おしりがかぶれてしまい、治るのに時間がかかりました。うちの子は肌が弱く、アトピー体質なので、肌が敏感です。なので、多少価格が高くても構わないので、できるだけかぶれにくいオムツを選ぶようにしています。

・敏感肌家系なので、肌かぶれには気を遣いました。数社分試してみたところ、吸水後の感触がまったく異なり、メーカーによっては使用後に肌が赤っぽくなったりシャーリングの痕がつきやすい等、肌トラブルに見舞われる場合もあって、できるだけトラブルのないものを選びました。

・肌が弱いこともあったので、新生児からはいはいができるまでは肌に当たる素材や通気性などをトータル的にみてかぶれにくいものをえらんでいました。その際多少価格が高くてもよいとしていました。メーカーも少量のものを使っていろいろためしました。

・小さい頃は肌がとてもデリケートなのでそこを1番重視しています。わたしの子供もアトピーもちなのですぐ乾燥したり湿疹も出ますし、夏は汗疹が出たり色々な問題があるので肌に合うかどうかそこを1番にチェックしています。


・おむつは消耗品でお金がかかるので安さも重視したいですが赤ちゃんは肌が弱いので、安いオムツでかぶれてしまっては赤ちゃんが可哀想だし薬代やらで結局お金もかかってしまうので。通気性やらをうたっている商品も多いが子どもによって合う合わないがあるので、重視するのは「かぶれにくさ」です。

・赤ちゃんのお尻の皮膚はとても敏感で頻度も多いのでいつおしっこをしているか分からずほうっておいたらすぐに赤くかぶれてしまうので、出来るだけ逆戻りや紙の質感などを考慮しているオムツを選んで買っていました。

・やはり赤ちゃんなので、値段よりもかぶれにくさを重視しました。多少値は張っても赤ちゃんにとって快適であればそれに越したことはありません。かぶれてあとから、薬を買ったり、病院へ行くことのデメリットを考え、かぶれにくさを最優先しました。

・うちの子どもたちは肌が弱く、かぶれやすいので、毎日一日中直接肌に触れていて、身につけ続けるものは少しでも心地よいものがいいだろうと感じて、産院でも使用していてかぶれなかったおむつを、退院しても購入し使用しました。

・11ヶ月の息子がいます。最初はパンパースを使っていたのですが、足の付け根の部分が赤くなってかぶれてきてしまったので、他のメーカーをいろいろ試した結果、メリーズをずっと愛用しています。赤ちゃんは肌が敏感なのでかぶれないことがいちばん重視しています。


・男の子で良く動き回る、汗っかき、更に一日のうんちの回数が多いので、はじめのうちは価格の安いものを選んでいました。しかしどうしてもかぶれてしまい、子供もおむつを嫌がるようになったので、子供が嫌がらない、肌に合ったおむつにしました。

・吸収力や通気性も重要だと思いますが、子供にアレルギー性の皮膚炎があったため、皮膚の炎症をよく起こしていたことから、おむつを選ぶときは気を使ってかぶれにくい製品を購入していたので「かぶれにくさ」選びました。

・新生児の頃オムツかぶれが酷く、うんちの度に痛くて泣いて、かわいそうな想いをさせてしまった。お尻拭きをやめて、コットンでお尻を拭いたり、色々なオムツを試し、我が子にとっては一番被れにくい素材の物を見つけて、選ぶようになった。

・一度かぶれて赤くなってしまうと、治るまでに時間がかかってしまうし、子どもも痛そうなのでお尻がサラッとなるものを購入するようにしています。また、成長してくるとバタバタと動くので、かぶれた時に塗る薬をつけるのも結構大変です。

・ダントツで1位は「かぶれにくさ」!なぜならかぶれてしまうと、皮膚科に連れて行って軟膏をもらわなくていけない。そしてお風呂あがりに塗らなければならない。ただでさえ目が回るほどの忙しい1~3歳児育児。そんな時間は省きたい。ということで圧倒的に「かぶれにくさ」重視。

・こまめにオシッコしたりする赤ちゃんなので一番かぶれが心配です。赤ちゃんの肌も敏感肌に出来ているのでかぶれやすいおむつはできるだけ避けたいと思っています。おむつでかぶれると赤ちゃんが痒かったり痛かったりで泣かれるのも避けたいと思います。

・ やはり赤ちゃんというのは、可愛くて可愛くて仕方ない存在ですからね。特別なものです。大切にしたいので、少々価格が高くても着け心地がよくて、かぶれないものがいいかと思いました。すやすや寝ている顔も見たいですからね。

・過去に赤ちゃんに接することの多い仕事をしていました。接するうちに、ある有名なブランドのオムツはかぶれることが非常に多いことがわかり、自身の子供のオムツを購入する際もかぶれにくさを1番に重視して購入しておりました。

・たまたま安売りしていた普段使っていないオムツを購入するも、1枚使っただけで、合わないときはすぐかぶれてしまった。せっかく買っても、2.3枚使って終わることになるので、かぶれにくさは重要だと思う。ちなみに我が家はグーンが合わなかった。


・これ以外は、品質に関してはどれを選んでも大差がない印象です。お値段はものすごい安いのもありますが、品質が低そうなので選んだことがありません。うちの子はけっこうかぶれやすかったので、かぶれにくさが最重要ポイントで選んでいます。

・息子は生まれた時からアレルギーもあり、肌が弱くかぶれやすかったため、肌に優しいかはいつも気を使っていたので。こまめに変えることや、おむつを履かせる際にちょっとしたコツで、漏れにくくはなるので、大事なのはかぶれにくさだと思う。

・メーカーによる違いがよくわからず、安いものを使っていたらオムツかぶれをしてしまったため。一週間ほどでお尻が真っ赤にただれてガビガビになってしまい可哀想だったのでかぶれにくく優しい素材のものを選ぶようにしています

・価格も大切な要素ですが、それほど大差がない中で選ぶのなら、かぶれにくさを選びます。なぜなら、大切な赤ちゃんがかぶれて痒くなって、嫌な気持ちになって欲しくないからです。次にきになるのは肌触りや通気性といったところでしょうか。

・特に新生児の時は肌触りが良くかぶれにくさを重視していました。赤ちゃんの肌は本当に敏感でちょっとした事ですぐに赤くなりかぶれてしまうし新生児の時なんてしょっちゅうウンチが出るので肌に1番優しいと思えるものを使っていました。


・かぶれてしまうとかわいそうだからです。オムツによっては肌に合わないものもあるので、安価なものを購入する際は慎重になりました。一度かぶれてしまうとなかなか治りませんし、何より子供が一番辛いので、そうならないように気を使います。

・子どもが敏感肌だったため、何よりかぶれにくさん重視して選んでいました。ただ、かぶれにくさを重視して買いたいのですが、専門知識がある訳ではなく、かぶれにくさを実感するには、試してみるしかなく、試供品的なものがあるオムツはありがたかったです。

・娘(現在3歳)は赤ちゃんの頃から肌が弱く、素材が良くても、おむつのウェスト部分やおしりのほっぺ部分を常に痒がっていました。特に夜間は蒸れるのか、さらに痒がり何回も起きてしまう事があったので、値段や漏れ等よりも一番にかぶれにくい物を選んでいました。かぶれにくいオムツ=肌ざわりが良いものが多い気がします。

・おむつを買う時重視する点は肌触りやかぶれやすさなどです。かぶれて痒みが出てしまうとかわいそうですので出来るだけ通気性の良いものを選びたいです。安さも重要なポイントです。ブランドにもこだわりを持っています。

・かぶれまくったことがあって、おむつを変えると治ったりするのを見ていてメーカーでかぶれ方が違うということを理解したので。正直かぶれるまえは「どこのもそんなに変わらないだろう」とキャラクターなどで選んでしまっていました。

・かぶれてしまうと医者への通院も必要になるし、かぶれた場合の薬は恐らくステロイドと思われるので、なるべく使用しなくて済むようにしてあげたいからです。かぶれるとかゆみも伴なうと思うので、赤ちゃんにとっても可哀そうなので、かぶれにくさが最重視ポイントです。

・おむつを使う子どもが、なるべく快適でいてほしいと思ったのでおむつを買う時はいろいろ考えましたが、やはりかぶれにくいのが一番いいのかな、と思っていました。かぶれてしまうと病院に行く頻度も増えますし、薬も使わなきゃいけなくなると結局親が大変な思いをすることになりますから。


・自分の体質をうけついだらしく(アトピー&かぶれやすい)肌がデリケートなので気を使っていました。同じような素材でも加工の仕方で如実に発現率が代わってくるからです。痛いのは人間は薬でかなり抑えることはできますが、痒いのを抑えるのは難しいと言われたので肌に影響でないものを選びます。

・おしりやお股がかぶれてしまうと、痛そうでかわいそうなので、かぶれにくさを最も重視しています。使ってみないとかぶれるかどうかわからないため、使ってみて、かぶれた場合は他のメーカーのおむつや他のサイズに変えます。

・赤ちゃんが少し敏感肌でおむつかぶれがたまにできることがあるので、かぶれにくく快適にはけるオムツを選ぶようにしています。赤ちゃんが少し大きめなので、オムツの設計がタイトすぎないメーカーを選ぶようにしています。

・赤ちゃんによって、おむつも肌に合う合わないがあって、上の子はよくおむつかぶれをしました。かぶれるとかわいそうだし、処置も大変なので、かぶれにくさを重視していました。かぶれなければ、安いもので十分です。

・うちの子は肌が弱かったこともあり、かぶれやすく通気性の良いかぶれにくいオムツを使っていました。夏場は特にかぶれにくいオムツを使って、マメに替えていました。今のオムツはどれもしっかりしていて、どれを使っても大丈夫だと思います。