粉ミルクを選ぶポイント!重要なのは栄養?口コミ?産婦人科のおすすめや安さも!

赤ちゃんの粉ミルクを選ぶポイントは!

Baby milk

育児で気になる事の一つといえば、赤ちゃんの粉ミルクについて。

色々な粉ミルクが売っているけど、どう選べばいいんだろう、と気にされる方も多いかもしれません。

そこで今回はみんながどうやって粉ミルクを選んでいるのか、重要視する項目についてランキング形式でまとめてみました。

是非ご参考ください!

関連記事はこちら


粉ミルクの選び方ポイント:9位webの口コミ

粉ミルクの選び方ポイント9位はwebの口コミ

webの口コミを重要視する理由

webの口コミを重要視する理由はこちら

・初めて子供を育てる時は本当にwebの口コミを沢山読みあさりました。少しでも子供に良い物を選びたいと思いましたし、何より安全な物を選ぶためにも沢山口コミをよみました。価格で安さだけを重視するのは怖いので価格は参考程度に考えました。

粉ミルクの選び方ポイント:8位ママのおすすめ・口コミ

粉ミルクの選び方ポイント8位はママのおすすめ・口コミ

ママのおすすめ・口コミを重要視する理由

ママのおすすめ・口コミを重要視する理由はこちら

・実際に使っている先輩ママ方の口コミ、おすすめなどを聞くのが一番手軽なのと、確実性があるかなと思い私が買うにあたって一番重要視したところです。
また同じようなアレルギーがある方などの意見も聞けるのが安心できる面でもありました。

・実母がこのメーカーのものを使用していたと教えてくれたため。またブランド的にも赤ちゃんブランドというイメージがあるため安心感があった。サンプルや産院で使用していた他メーカーのものも飲ませたが特に飲まないということもなかったため、同じものを使い続けた。


粉ミルクの選び方ポイント:7位形状(スティックタイプ・キューブタイプ)

粉ミルクの選び方ポイント7位は形状(スティックタイプ・キューブタイプ)

形状(スティックタイプ・キューブタイプ)を重要視する理由

形状(スティックタイプ・キューブタイプ)を重要視する理由はこちら

・産院で最初に使ったのがキューブタイプだったのでそのままキューブタイプの商品を使った。粉のようにパラパラとこぼれたり計量の手間がかからないので楽だった。何個かずつの個包装なので、長期保存がきくのもよかった。

・母乳が多めの混合育児なので、缶だと量が多く、使いきれないまま古くなってしまう。出かける事が多いので、持ち歩きやすい形状が良い。普段の調乳でも量がはかりやすく、使いやすい。特に夜間は暗いところで行うこともあるので、使いきりが良い。


粉ミルクの選び方ポイント:6位買いやすさ(入手しやすさ)

粉ミルクの選び方ポイント6位は買いやすさ(入手しやすさ)

買いやすさ(入手しやすさ)を重要視する理由

買いやすさ(入手しやすさ)を重要視する理由はこちら

・ブランドも気になるのですが、消耗品として身近で手軽に購入できるといざ無くなりそうなときに、すぐに入手出来るので助かります。在庫もあり切らさないように出来るのが一番大切なので、身近に購入出来る店にしています。

・産婦人科で勧められた粉ミルクを使い続けていたが、ドラッグストアやスーパーで割とどこでも手に入った。近くの店では品切れになることがなく安心だった。ネットショッピングでは定期的にお買い得になっていることもあり消費が激しいため助かった。

・物によっては近くのお店に売っていなかったりするものもある。車を持っていない家庭としては歩いて行けるお店に売っていることが第一だし、そこに常にあるものじゃないと困るし、メジャーな商品は割とどこにでもあるので便利だった。

・20年近く前の事になりますが、出産後、退院時に病院側よりたくさんの種類の粉ミルクを頂きました。試した後、子供が好まなかったものと高額なものを除き、継続して使用することを考え、入手しやすいものにしました。

・どこの薬局にでも、どこにでも売っていていつでもどこでも買えるのが1番です。例えば、出先でミルクがなくて困っても直ぐに買えて直ぐに飲ませられるので入手のしやすい物のがいいです。それほど高くもないし買いやすいです


粉ミルクの選び方ポイント:5位ブランドイメージ・メーカーイメージ

粉ミルクの選び方ポイント5位はブランドイメージ・メーカーイメージ

ブランドイメージ・メーカーイメージを重要視する理由

ブランドイメージ・メーカーイメージを重要視する理由はこちら

・私が子供に粉ミルクを与えていたのは、母乳で足りない分と、夜中の授乳に使用しました。フルタイムで仕事をしていた関係で、夜中は、夫がミルクを作って与えたので、母乳ではなくミルクだけになったので、信頼できるブランドの藻を使っていました。

・産婦人科で出産後勧められたミルクが最初良いのかと思ったけど、他の産院は他のメーカーを勧められたと聞いて自分なりに成分や価格も気になりましたが結局自分が信頼の置けるブランドのメーカーのモノを飲ませていました。好き嫌いなく飲んでいたのでフォローアップまでそのメーカーで続きました。

・子供の命をつなぐものなので、やはり大手企業が販売しているものに安心感を覚える。市場が大きければ大きいほど、適切な調査や検査が行われていると考えられる為、ミルク以外のものでも良いブランドイメージのものを購入するようにしている。

・病院で使用しているのと同じミルクを使用した方がいいのではないかと思い、初めは同じミルクを購入しました。有名ブランドなので、どこのドラックストアやスーパーにも置いてあり、買い物のついでに購入できるので、とてもいいです。

・信用が一番。安全で信頼がおける会社でないと赤ちゃんが口にするものだから、そこが一番重視される。内容物、商品がきちんと管理されているのかアレルギーの影響があるのか健康被害はでないかなどより敏感なところだと思います。

・赤ちゃんの口に入るものかつ、産まれてから食べられる様になるまで大事な栄養源になる粉ミルクなので安心感を一番重視した結果、ブランドイメージとメーカーイメージを今回選びました。ちなみに自身の時は明治の粉ミルクが安心感がありました。


粉ミルクの選び方ポイント:4位粉ミルクの価格(安さ)

粉ミルクの選び方ポイント4位は粉ミルクの価格(安さ)

粉ミルクの価格(安さ)を重要視する理由

粉ミルクの価格(安さ)を重要視する理由はこちら

・価格をまずみて選びますが、もちろんそのあとブランドも確認し、よくわからないブランドなら買いません。しかし、知っているブランドで赤ちゃんの服などが売ってるお店に売っているミルクなら安心できるので買います。

・赤ちゃんを育てる上で、初めての粉ミルクで飲ませているうちに、どんどん成長しぐんぐん飲むようになり、おむつ代等もかかるため、価格が安くて飲ませやすそうなものを選んだ。実際に3缶まとめて買うこともあったので、セットで売っているものを買った。

・我が家は3つ子で、私の母乳もほぼ出なかったので、家計のために価格で決めました。最初は、赤ちゃんの体調(うんちの状態)やアレルギーがでないか心配で産院と同じものを使っていましたが、頂き物やお試しサイズのミルクなどで種類を飲ませてみたら何ともなかったので、安いものに変えました。

・産まれたばかりは哺乳量も少ないので高くても赤ちゃんにいいものをと思っていましたが、大きくなってくるとオムツも一枚あたりの単価があがってくるし、ミルクも哺乳量に合わせてお金がかかるようになって総合的に育児にかかるお金が増えてきて価格の安さを重視するようになりました。安くても赤ちゃんへの栄養を考えてある良いミルクが今は多いので不安もないです。

・味にこだわりなく飲みのよい娘だったので大きい缶を6個セットで買っていました。国内メーカーならどれでもいいかと特にメーカーも決めず大雑把に選んでいました。セットで買うと試供品のおまけなどもついてとてもお得だったと思います。

・粉ミルクは仕様頻度が多いのに価格が高いため。他にもおむつや洋服などを揃えるとお金がかかり過ぎるため、赤ちゃんが飲んでくれるなら安い粉ミルクの方が助かる。赤ちゃんが嫌がるなら飲んでくれる粉ミルクを購入しますが、一番は安さを求めてしまう。


粉ミルクの選び方ポイント:3位成分・栄養素

粉ミルクの選び方ポイント3位は成分・栄養素

成分・栄養素を重要視する理由

成分・栄養素を重要視する理由はこちら

・赤ちゃんの健康な発育のために、安全で栄養があることが一番の条件でした。そのためには、多少、価格が高くても買いたいと思いました。母乳のかわりに与えるので、免疫力や抵抗力をつけるための栄養素の表示や説明があるものを選んでいました。

・赤ちゃんに最も大切なものは栄養だと思うからです。WHOなどでガイドラインも示されており、ビタミンAがきちんと入っているものとかだと赤ちゃんの成長が促されきちんと成長していくと思うので、栄養は大切だと思うからです。

・母乳の代わりに与えるものなので、少しでも栄養素が豊富で子供の体を形成するのにより良いものを与えたいということと、子供がアレルギーだった場合に体質的に合わない成分でトラブルを起こさないよようにしたいという理由です。

・赤ちゃんの体内に入る物であることと、赤ちゃんの栄養は全てそれに頼ることを考えて、必要な栄養素が網羅されているか、添加物等体に良くない物は入っていないかなど成分については細かくチェックして購入していました。

・メーカーはメリットしか話さずデメリットの説明はなかった。産婦人科はマージンをもらうなど利害関係があると考えられるのでオススメされているからといって鵜呑みにできない。自分で成分や栄養素を確認して選ぶのが一番だと思う。

・ これから成長する赤ちゃんにとっては重要事項ですよね。少々値が張っても成分・栄養素はなるべく良いもを摂取できるように親が配慮してやらないといけないと思います。そうなってくると自ずとブランドイメージ・メーカーイメージも重要という事にはなってくると思います。

・生まれたばかりの赤ちゃんに変なものはあげたくないので、価格が多少高くても成分や栄養素がしっかりしたものをまずは与えてあげたい。その次に、赤ちゃんがきちんと飲むかどうかを確認しながら色々なものを試していきたい。

・ミルクではありませんが子供がアレルギー体質だった為、購入する時には成分表示には敏感になって調べてたこと、メーカーや種類によって栄養素の含有量が違っていること、また母乳に含まれる成分も気になっていたことなどが理由で選びました。


粉ミルクの選び方ポイント:2位赤ちゃんの反応

粉ミルクの選び方ポイント2位は赤ちゃんの反応

赤ちゃんの反応を重要視する理由

赤ちゃんの反応を重要視する理由はこちら

・毎日毎食飲む赤ちゃんね大事な栄養源なので、買いやすさや価格も重要だが、実際に飲む子供の反応が大事。口コミなとで評判が良くても買ってみて子供に飲ましてみたら、いつもの粉ミルクよりも飲むのが遅かったりする場合がある。

・出産した病院であげていた粉ミルクが、何も問題なく、赤ちゃんもごくごく飲んでいたので、問題もなく赤ちゃんの反応もよく産婦人科からのおすすめだったので、ミルク卒業するまでずっと同じ粉ミルクをあげていました。

・出産した病院で使っていた粉ミルクが甘くて子供が気に入った様で、退院後に別の低価格な粉ミルクを与えても残したり、飲みっぷりが悪かったのと下痢をしたので子供の反応を一番重視して与えていました。価格よりも気に入ったものが一番でした

・品質が良いのは大前提として、実際に飲むのは赤ちゃんなので価格が手頃でも、ママ友や助産師さんのオススメがあっても飲んでくれなければ意味がないので、まずは赤ちゃんが気に入って飲んでくれるかどうかを重要視ます。

・各メーカーや銘柄の粉ミルクにそこまで違いはないだろうと思ってセールなどで安くなっているものを買っていたのですが、赤ちゃんには違いがちゃんとわかるらしくあまり飲んでくれない銘柄がありました。それからは赤ちゃんが一番よく飲んでくれるものを買うようにしました。

・いつもミルクを飲んでいるのが赤ちゃんだから、赤ちゃんの反応を一番大事にしています。粉ミルクによっては、赤ちゃんが飲んでくれなくなったことがあり、赤ちゃんの反応を見てから粉ミルクを買うようになりました。

・結局は何でも飲める子でした。飲みつきの良さがあったのと近くのスーパーで常備されているものだった。母乳を基本にしていたので、買いやすいのといろいろ試してみて子供自身が飲みやすいものが一番いいんじゃないかという話になりました。

・出産してはじめて産婦人科でいただいた物を全然飲んでくれず苦労したが、メーカーをかえるだけでごくごく飲むようになったため。また、実際のミルクの香りもかなり違っていたので赤ちゃんにも好みはあるだろうと、よく飲んでくれるものを買うようになった。

・味が変わってしまい飲まなくなると困るので産院で使っていたメーカーを選びました。一度違うメーカーに変えてみましたが味が変わったせいなのか飲みが悪くなり便秘気味になり元にもどしました。元に戻すとよく飲むようになりました。

・粉ミルク寄りの混合で育てていたので、粉ミルクをしっかり飲んでもらわないと栄養が不足することが懸念されるため、必要な量を飲んでもらえることが最優先事項でした。途中で価格調査をしたら、標準的な価格帯の物だったので、結果的に助かりました。

・最初に粉ミルクを選ぶとき、成分や価格をみて選んでいたが赤ちゃんの反応がいまいちなものが多かった。安い粉ミルクだからかな?と高いものも試してみたがそんなことはなく、結局は味が好みのものでないとごくごく飲んでくれなかった。

・赤ちゃんがミルクを飲んでくれないことは親として不安要素の一つです。赤ちゃんがおいしそうにごくごく飲んでくれる姿を見て、体調や機嫌などを観察することもできます。口に合わないミルクは親が飲ませたくても飲んではくれないので赤ちゃんの反応にしました。


粉ミルクの選び方ポイント:1位産婦人科のおすすめ

粉ミルクの選び方ポイント1位は産婦人科のおすすめ

産婦人科のおすすめを重要視する理由

産婦人科のおすすめを重要視する理由はこちら

・初めて粉ミルクを飲ませのが産婦人科で、そこで一度試していることから、同じ製品であればその後も抵抗なく飲み続けてくれるだろうと思ったことと、長年地元に根づいている産科医院だったため、そこでおすすめしてくれるものは信用できると思ったからです。

・初めての育児は右も左も分からず、どうしたら良いか分からないお母さんばかりだと思います。
ミルクの選び方に関しても同じです。赤ちゃんには変な物を飲ませたくはありません。しかし、産婦人科でオススメされた物なら間違いなく安心して飲ませる事が出来ます。その安心が大事なのです。

・息子を産んだ病院の産婦人科の助産師さんから「アイクレオ」をすすめられて、それをいまも買っています。助産師さんのオススメなら間違いないかなと思ったからです。病院で入院中もアイクレオを使用していました。息子も美味しそうに飲んでいます。

・産婦人科で出産入院中に使用していたミルクと同じものの方が赤ちゃんも味が混乱しなくて良いかなと思ったのと、病院が使用しているという安心感があったため、産婦人科で使用されているのと同じメーカーの粉ミルクを選びました。

・産院の院長先生がそのミルクメーカーの監修かなにかのメンバーの1人だと言うことを知ったので。とても信頼している先生でしたので、その先生がオススメしているミルクなら安心してあげられると思い退院後も継続して飲ませておりました。

・最初の子どもなので何がいいかわからないので産婦人科のおすすめだと安心だと思った。いろいろ試す余裕がなかった。お試しがあればよかったが、1回買うと結構な量なので飲まなかったときのことを考えると、友達にあげても封を切ってからはあげられない。

・初めての出産でわからない事だらけでした。粉ミルクは出産した産院で産まれたばかりの赤ちゃんに使用していたのもありますし、メーカーの方が来られて作り方を説明してもらったり、わからない事を相談したりできたので安心して購入しました。

・初めての赤ちゃんということもあり、何が良いのかわからなかったため、病院でお勧めしていたものから始めてみました。また、口コミを見ても、どれがいいのか判断がつきにくいという部分もあります。赤ちゃんが口にするものなので、専門の先生がお勧めするのが、信頼できるかと判断しました。

・最初から母乳とミルクの混合だったので、産婦人科で出ていたミルクをそのまま使い続けました。メジャーな商品で使っているお母さんが多く、とても使いやすかったので、他のミルクに変えようと思ったこともありませんでした。

・たまごクラブやひよこクラブによく載っている有名な産婦人科で出産したので、そこの推奨のものなら安心だと思いました。成分など含まれているものも良かったし高かったけれど母乳だったので補助栄養のために使っていました。

・赤ちゃんは味について言葉で教えてくれないし、自分で調べてもわからないことがたくさんあるので出産した病院のおすすめはとても役に立ちました。たくさんの赤ちゃんを見てきた助産師さんなどの言葉は信頼できると感じます。

・赤ちゃんには安全で安心できるものを食べさせたいため、価格やブランドイメージやママの口コミ、大人が試した味などではなく、科学的に立証された産婦人科の先生のお墨付きの粉ミルクを与えたいと思い、これを選びました。

・どこのメーカーも似たりよったりで違いがわからないので、産婦人科、助産師さんなど、信用できる方の情報を頼りに選んでいました。また、持ち歩き用には、キューブタイプがとても便利だったのでよく使用していました。

・初めてのことなので、産院で使っていたものが、何も考えずに変えてよいかと思いました。産後は自分自身があまり動けないので、買い物などもめったに行けず、家族に頼むことも多くなるので、あれこれ調べたりできなかったので。

・最初に赤ちゃんが口にするミルクが、産婦人科が常備するミルクなので、そのミルクであれば赤ちゃんが必ず飲んでくれる安心感と、産婦人科が使用している信頼感があるたため、赤ちゃんがミルクを辞めるまで同じ銘柄のミルクを使用した。

・産婦人科で使用しているものなら安心感があり、赤ちゃんにも安心して飲ませることができるからです。また、栄養士の方がきて、勧められたミルクには母乳に近い成分で作られていること、他社のものより栄養も多いと説明され、購入しました。

・子育て中の友人や身内の意見も聞いたが、まずは産院で使用していたミルクから試すことが賢明だと判断した結果。離乳食が始まるなど、成長に合わせて必要な栄養素や価格をみながら別のものに変えることも検討している。

・病院で使っていた粉ミルクをそのまま家でも使っていました。やはり病院で使っていたものならば安心だし、赤ちゃんにとっても飲みなれたものなので飲みやすいかと思いました。他の粉ミルクでも大差はないかと思いますが、出産した病院のものならば作り方にも慣れていて良いのではないかと思います。

・産婦人科で使っていた粉ミルクをそのまま買った方が赤ちゃんも味を知っているのでなんとなく安心のため。色々な会社や種類があるので特徴とかよくわからないので迷わずに済むのもある。その粉ミルクが高い場合はせめて同じ会社のを選ぶと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です