24時間テレビチャリティーTシャツ好評不評?興味ない人がほとんど?印象意見まとめ!デザインださい?

24時間テレビのチャリティTシャツ好評?不評?

24tv_00

毎年恒例、24時間テレビで話題になる企画の一つと言えば、チャリティーTシャツ。

毎年、誰がデザインするのか・どんなデザインなのかと注目している方も多いでしょう。

一方で、実用的じゃない・とても着られない、という意見もある24時間テレビのチャリティーTシャツ。

今回はそんな24時間テレビのチャリティーTシャツについて、みんなの意見をみてみましょう。


24時間テレビチャリティーTシャツの企画が好き・デザインがいい

24時間テレビチャリティーTシャツの企画が好き・デザインがいい、という意見がこちら。

・毎年、デザインをする人の個性が洗わています。また、いろいろな色があって、かつタレントがいろいろな色を着こなしてくれているので、おしゃれに感じます。機会があれば買いたいと思っています。イベントごとに、コンセプトにあったTシャツがあることは、あとから、その時代を思い出させるので、ぜひ続けて行ってほしいです。

・Tシャツは募金にもなるのであっても良いと思います。好きなタレントさんがデザインしたものであれば記念にもなるし、ふだんそういうグッズを手に入れるのが難しい人でも、手に入れやすいアイテムなので、手元において置けるものはあっても良いのかなと思います。

・24時間テレビのTシャツの認知度が高いので、このままで良いと思います。気軽に購入して参加できる点も良いと思います。もう少しTシャツの形状種類が多ければ、もっと販売数が伸びると思います。夏場なので機能性も重視してほしい。

・毎年、今年のデザインは、どんな感じかなと楽しみにしています。今まで、一度も買ったことはないですが、24時間テレビで、芸能人の方が着ているのを見るのも、楽しく見ています。デザインは、その年、その年で、好みもあるので、あんまりだなと思ったり、いいなぁって思ったり、色々ですが、今年のデザインは、第一印象は、独特な印象がありましたが、デザインの中に色々な意味合いがあって、個人的にいいなっと思ったデザインでした。


・同じTシャツを着ることで思いを一つにする、同じ企画に参加していることを表明することは良いと思う。チームという表現は少しおかしい気もするが、チームとしての気持ちを醸造するにはこういったアイテムを使用するは良い。

・Tシャツは毎年デザインが違うので今年しかないものと考えればいいものだと思う。デザインはワンポイントなので自分好みではないけど、デザインを考えた人の個性が現れているし、自分が好きな芸能人がデザインしたものを手ごろな値段で買えるのは少ないのでいいと思う。

・ただロゴが入っているTシャツではなく、誰かがデザインすることで多くの人に購入してもらえることを考えるといいと思う。チャリティーに貢献した証として残るものでもあるし、デザインによってどの年のものかわかるのもいいところだと思う。

・毎年毎年、そのテーマがあってそれにちなんだデザインになっているので思い出にもなるし、日本がひとつになれる気がしていいと思う。みんなで同じ物を身につけることで気持ちも一致団結して勇気ももらえると思う。デザインした人の気持ちがこもっていていいと思う。

・毎年きちんとテーマを決めてそれに合ったデザインがなされているので好感をもてます。今年の大野智さんがデザインしたTシャツも優しいタッチで描かれていて素敵だなと思いました。カラーバリエーションも5種類あるので必ず自分に合ったTシャツが見つかるのも嬉しいです。

・知り合いが24時間チャリティーイベントに参加していたことがあり、その時のTシャツを見たことがあります。デザイナーさんとのコラボ作品で、鮮やかなデザインで、人目を引くデザインだと思います。購入したことはないのですが、今回のアンケートがきっかけで購入するかもしれません。


・よく知人が24時間テレビのTシャツを着ています。それを見ると、なんだか素敵だなと思います。大体どれもデザインが素敵で、目を引くものばかりなので気になっています。イベントに参加していると言う感じがして、羨ましくなることがあります。

・黄色という色と、24時間テレビが、何故かどことなく合っているように、私は感じました。そして、そこに描かれるTシャツのデザインも、毎年とてもテーマに合っているなぁと感じています。黄色のTシャツにテーマに合っている毎年のデザインは、これからも続けていってほしいです。

・Tシャツのデザインについては今回は特に良いいと思います。発表されたデザインは今年は特にインパクトもありますがどのいろの生地を使用しても色がなじんでいたりするしデザインも良く映えるのでコンセプトと表現方法もマッチしていて良かったと思います。

・購入資金の一部が募金に繋がるのはよい。また、年によって異なりますが、デザインが素敵な時は購入しても良いなと思うことがあります。ただ、実際にサイトを訪れたり、Tシャツを販売している会場まで足を運んでまで買ったことはありません。

・今まで買ったことはないのですが、イラストを普段から描いているような芸能人の方や、書道家の方など、毎回どんなイラストやデザインになるのかとても楽しみです。時々昔のTシャツを着ている人がいると、微笑ましい気持ちになります。

・Tシャツの購入も募金の一部になりますし、パーソナリティーと一緒のものを着たいと思う人は多いと思います。今年は嵐の大野さんのデザインなので、嵐ファンの私も是非購入したいと思います。Tシャツがあった方が一体感もうまれて良いと思います。

・チャリティー物販の目玉となってるから。同じティーシャツを来て活動することで一体感があり、参加もしやすい。デザインはその年によって違うから、有名アーティストのサイン入りだったり、レアなデザイナーの柄だったりすると欲しくなる。


・いつ見ても明るくて綺麗なTシャツが多くていいなと思います。テレビをつけたとき、すぐに24時間テレビだなとわかるのでそれもいいと思います。私もTシャツのデザインをしたことがありますが、なかなか難しかったです。

・支援金、募金の一部になるので、良いと思うが、あまりにも奇抜なデザインも多く、好みがわかれてくると思う。もって安価にして、万人が求めやすいと良いと思う。今年のデザインも見ましたが、アイドルがデザインしたことで、売り上げ枚数が増えるのでしょうか?アイドルが好きでないと買いません。

・ここ数年の印象でしかないけれど、嵐の大野智さんがデザインしたTシャツはかっこいいと思う。また、ファンアイテムとして購入が増えると思うので、その点は無償の募金活動よりもチャリティーとして意義があると思う。

・芸能人を起用し、tシャツの売上げを募金する企画としてはいいと思う。その時旬の芸能人を使えば、老若男女問わず募金会場に集まってくれるだろう。しかし、その売上の一部を芸能人のギャラとして出しているのであれば、チャリティの意味を成していないので大反対である。

・最近では、タレントさんのデザインがなかなかいいと思いました。絵やデザインが得意なタレントさんがされることには、賛成です。色も黄色にこだわらずに、色々なで作る方がいいと思います。渡辺直美さんのシャツがとても良かったです。

・毎年デザインに変化があるので、今年はどんなデザインなのかと一応チェックします。昔は黄色一色でしたが最近は多色展開してますね。なんか色違いで買わせようという魂胆を多少感じます。買うのは個人の自由ですし、売り上げがチャリティーになるので良いですけど。

・その年その年のテーマに合わせて様々な著名人がデザインされていて、毎年誰がどのようなデザインに仕上げるのか楽しみにしている。Tシャツの生地の色もバリエーションが増えていてデザイン性にも幅が広がっているのは好感。


そもそも24時間テレビのチャリティーTシャツ興味ない

そもそも24時間テレビのチャリティーTシャツ興味ない、という意見がこちら。

・24時間テレビのTシャツにつきましてはマンネリ化が進んでいると思います。タレントさんもたくさん出ていますが皆さん同じ顔に見えてしまいます。それぐらいデザインが一緒ということです。もっとデザインを良く考えた方が良いと思います。

・正直なところ、TシャツはあくまでもTシャツでしかないと思う。結局Tシャツを誰がどのようなデザインで行うかが世間の注目を集めるだけで、またそのTシャツを欲する一部の人が購入するだけにとどまっているように思われる。正直なところ、Tシャツだと、このイベント外で着る機会も考えにくいし、実際、Tシャツを購入するとなると、そこそこの金額がかかるわけで、視聴者と共有する広く親しまれるグッズとしてはTシャツは、あまり適切とは思えない。

・Tシャツを作るのはなぜですか?24時間テレビが終わったらそのTシャツは不要になりもったいないと思います。もし作るなら毎年同じデザインにして使い回すなどして再利用した方が環境にもいいのではないでしょうか。ご検討よろしくお願いいたします。

・24時間テレビ自体、茶番だと思っているので、番組自体に興味がない。ある意味、自身がボランティアに参加し、この番組はチャリティーにふさわしくないとよくわかった。そのため、この理由について深く述べる理由もありません。


・毎年デザインは違うけれど、色の展開が同じだからか、あまり変化を感じません。振り返って考えたときに、あのデザインが良かったと思い出せるデザインは少ない気がします。イオンなどで販売しているのを見たことはあるけれど、購入しようと思ったことはありません。

・メインは何か?と考えたら『チャリティー』ですので、衣装にお金をかけても意味が無いとまでは言いませんが、執拗にド派手なものにする必要は無いと思います、趣旨が違うので。もっと違う方向に力を入れて、誰かの力になれる様にした方が宜しいかと思います。

・毎年そのTシャツを見て、あぁ今年もやってるのね、くらいの感覚です。同じ服で連帯感を出して盛り上げたいという表れなのでしょうし、デザインを担当される方にとっては世に才能を広めるいい機会なので、マラソンよりはましな企画だと思っていますが、特に興味も共感もありません。

・デザインが良いものもあるけど少ない。また、もっとさりげないもののほうが、購入しやすい。購入して応援したい気持ちはあるが、24時間テレビが知られ過ぎているから逆に、普段使いはできない。普段使えないものを飼うほどの生活の余裕はなかなかなく、もっと買いやすいグッズになったらいいのにと考えている。

・ほとんど見たことがないので覚えていないし興味がない。そういうその一度の放送だけのために作ったTシャツはその一度しか着る機会もないだろうに、わざわざ作る必要があるのかよくわからない。デザインどうこうの問題ではない

・これも企画から、デザイン、生地、シャツ仕入れ、印刷、梱包、配送、配布で全てが全くのボランティアということはないので、仕事を生んでいることから良いと思います。また一般販売と違って数量も非常に多く生産できますので、広告宣伝の価値も高くなる

・正直興味がない。Tシャツの色がそもそもダサく買う気にもならない。そのため興味もわかない。Tシャツを買う人ってジャニーズのファンくらいなのではないか。ジャニオタの人たちはメンバーが出ていればお金を使うことも惜しまないだろう。


・Tシャツをそもそも着ないのでいらないからです。そしてTシャツの色が派手で、何に着るのかよく分からなくて使えないからです。募金方法は画面に出たQRコードを読み取るだけのPayPayの様な手軽なものにしたらやり易いと思います。

・毎年みんなおそろいのTシャツを着ているな、とは思うのですが、じゃあどんな柄
・デザインだったか、と言われるといつも覚えていないような気がします。毎年新しいデザインよりも、固定のデザインでもいいのではないかなと思ってしまいます。

・自分自身は、買ったり着たりしたことはありません。今後もたぶん買うことはないと思います。けれど、その代金がチャリティーに使われるのは良いことですし、たぶんジャニーズの方がデザインされているのではないかと思うので、ファンにとっては嬉しいのではないかと思います。

・24時間テレビを見てもTシャツに注目することはない。またおしゃれでない限りその他服装が24時間テレビ制作だったとしても注目することは無いだろう。注目するとしたらどんな有名人が出るか、なので興味はない。

・ジャニーズが好きな女性たちは買うと思うのですが、私のようにジャニーズに興味のない人はわざわざ興味を持たないと思います。それに、Tシャツ以外のグッズなどもあればいいなと思います。そう何枚もTシャツは必要ないので、企画の変化があってもいいのではないかと思います。

・毎年何かしらコンセプトがあって、出演者が着用していたりしていますが、全く興味ありません。買いたいと思ったこともないし、そんなものにお金と時間を使うくらいならその分チャリティー活動費に費やせばいいのにと思います。


・誰がデザインしていても今後買う予定はないからです。自分の好きなタレントがデザインしていたらもしかしたら買うかもしれませんが、普段着ることのないデザインのものが多いため、今までも買ったことがありません。

・Tシャツを作るごときで日本国民がチャリティーに対して一丸になるとは思えない。そこまで募金、激励の言葉が素晴らしいと思うなら毎日ニュースで〇〇円集まりましただとか言うべきだと思います。一過性の偽善者であるように感じるから。

・興味がない以上それ以外に何にもない。しいて言えば、チャリティーでTシャツを販売してるのかどうかもよく知らん。スタッフのユニフォームみたいなものとしか見てなかった。あれってチャリティで売ってたりするんですか。募金箱は昔貰って置いておいたけど。

・デザインに関する企画はとても意味があって良いと思います。でも特にこれといって興味があるかと問われるとそうでもないです。毎年違うデザインなので今年はどんな感じかな、とは気になってチェックはしてしまいます。

・買っても着る機会がないからです。アナウンサーやタレントの方がこれでもか!っていう位着用してテレビに出ているので、24時間テレビの前に見飽きてしまいます。スーパーで売っていますが、あまり大々的に売られている感じではないので、売る気はあるのかな?といつも思います。ただ、今年の大野さんのデザインは初めて素敵だな、と思いました。

・募金を募る為に気軽に購入出来るのは、良いと思いますが、自分は欲しいとは思えません。思い出にはなると思いますが、普段着で着るには色が派手だし恥ずかしいです。正直エコにも程遠いと思うので、どうかと思います。もっと実用的なグッズに変えるのも良いかと思います。

・みんなで統一したものを着て、一体感を示すという事は大事だと思います。しかし、ただ、デザインに関してもそこまで統一感を示さないと行けないのかとも思います。誰がデザインしたとかも私は全く興味はありません。

・デザインをした方のファンからしたら喜ばしいことなのかもしれないが、誰が何をやろうと、本人にお金が入らず、寄付先が不透明すぎるものに投資したいと思えないし、そもそも買いたいと思う人物画デザインをしないため興味が無い。


・Tシャツについては24時間テレビ自体に興味がないので、同じく興味がありません。ただ、企画の意義として黄色いTシャツ=24時間テレビのイメージになっていて、そこはいいシンボルになっているのではないかと思います。そのTシャツを着ている人が街頭に立っていたら募金活動だと瞬時にわかるので、その辺もいいのではないかと思います。

・そんなものに番組の制作費を費やすくらいなら、そのぶんボランティア団体に寄付した方がよっぽと世のため人のためになると思うし、そういうTシャツを着て番組を信仰しているのをテレビで見ていると偽善者にしか見えなくて、本当に応援しているようには見えないから。

・24時間テレビのチャリティー企画の中では真っ当なものだと思う。私は買わないけど、有名人のサインやデザインが入ったシャツを販売してチャリティーにするのはどこでもやっているので。ただし、そういったものでセンスいいなと思ったものはごく僅か。

・番組としては統一感があっていいのではないでしょうか、ただ、欲しいかと言ったら全くいらないです。特にデザインがいいとか悪いとかという感想すら持ったことがないです。亡くなってしまいましたがアンパンマンのやなせたかしさんとか、鳥山明さんがデザインしたものなどなら欲しい人もいるかもしれませんね。

・私自信は興味がありませんが、毎年芸能人の方が(ジャニーズグループのメンバーがデザインしている事が多いように感じられます)デザインしておられますので、ファンの方への購買意欲につながりますしその資金が募金に回っているのであれば良いとは思います。


・Tシャツをそもそも欲しいと思わない。一体感や団結を表すものなのか、買うと寄付に貢献できるのか知らないが、それならTシャツの金額を全部寄付したい。例えば、若者向けに寄付を募りたいならもっと若者向けする企画や物品でアピールすらなど対象を明確にした企画にすると良いと思う。

・黄色いイメージしかわきません。多分、色も種類があると思いますが、黄色いイメージの印象が一番強いです。また、胸の部分にロゴが入ってた思いますが、まったく印象に残ってません。ティーシャツより、番組の企画のが気になります。

・デザインが悪いとは思いませんが、着てみたいとは思いません。もうマンネリで、いつの間にか興味が無くなってしまったという印象です。視聴率がどのぐらいかは知りませんが、今後も続けるのかについては興味があります。

・ボランティアのスタッフやイベント時の物販で売ってるのを見るとイベント用の服としては記念になったり思い出に残るかもしれないが流石に日常生活においでは普段使いもできないし飾っておくか夏のパジャマくらいにしか使えないから

・興味もないし、どうでも良いけれど、一体感や、そのイベントに参加する人の制服のようで、わかりやすいし、なんとなく夏の終わりの風物のように捉えているので、なくなると少し寂しいのかなとも思うけど、その程度の印象です。

・連帯感を産むのはいいことだし、駅前で募金をしている際に、わかりやすくていいと思います。また一般の人は思い出の品にもなるけど、正直デザインとかは毎回変わる必要あるかな、とおもってしまう。そのお金をチャリティーにまわせばいいのに、と思います。


・夏のTV局のそして一部の芸人さんのお祭りとしてはあってもいいが目立つことが重要であろうと思われるのでいいのかもしれない。しかしそのTシャツは当日のみしか着られないのではないだろうか。募金を集めるのには目立つ人がいてもいいのだけど その製作費を募金に入れたらどうだろうか。

・あまり24時間テレビTシャツに興味を持ったことがなかったのでよく分からない。例えばよく見ている深夜枠のバラエティーでは、芸人さんの芸を見たりトークに集中しているし、個人的にはシャツのデザインがどうこうは、注目したこともなかった。

・一体感の為には必要な物かも知れませんが、全員揃いのTシャツを作る予算があるのなら、チャリティーに回したら?と思います。全員揃いの何かが必要ならビブスみたいに上から羽織る物にして、毎年同じ物を使いまわす方式がいいのでは。

・進んで着たいデザインではないし、シャツを買うだけがチャリティではないので自分が買ってみようと思うことはない。デザインした芸能人のファンだけが購入するイメージがある。黄色い色はテーマカラーだから変えられないだろうが、一般的に着るのは難しすぎる

・好き嫌いというよりも24時間テレビの中での繋がりを意味しているので特に気にして見てはいないです。参加される皆んなが楽しく出来ていれば良いですし、最近では色違いもありますのでアレンジなども少し気になる所です。


・チャリティー活動とは、本来活動媒体が収益を上げることなく行うものであるのが本来の姿ではないだろうか。有名な芸能事務所や芸能人の方が毎回出演されてるのですが、どうも本来のチャリティーの意味をなしていないと感じる。毎回その時期になりテレビで見るたび嫌気がさす。

・特に興味がない。24時間テレビのTシャツを購入した場合、購入代金はチャリティになっているのか。グッツ売り上げ金は全部募金等に回しているのだったら好感がもてる。あとは、身体障がい者の特集だけではなく、動物の殺処分や、地球温暖化、ごみ問題、高齢化ドライバーなどもっと取り上げるものがたくさんあると思うので、番組の中で取り扱って欲しいと思います。

・スタッフが一丸となって、おそろいでTシャツを着るといううのは、24時間テレビに限らずあると思うので、何も思いません。有名人が着用しているものと同じものを、一般の方も購入できるという点で言えば、欲しい方にとってはありがたいことなのではないでしょうか。

・毎年アイデアを出してチャリティーTシャツを芸能人も着ているが、その番組内だけで着るだけだし、結局は視聴者にTシャツを買わせようとしていることが伝わってしまうので、Tシャツ自体には全く興味はないし、良いイメージもない。

・その時によってデザインが良かったり良くなかったりだと思います。昔は黄色だけでしたが現在はカラーバリエーションが増えたことは良かったんじゃないかなと思います。けど欲しくないデザインもあるのも事実なので買ったことはありません。


・デザインは最近は若い人たちが作っていて良いと思うが、一般に売り出す意図がわからないし、買う必要も感じない。画面上の統一感は出るとは思う。そして来年は着ることができないものを大量に作ることは無駄のように思い、番組趣旨に合わない気がするが、役に立つ意味合いがあるのかもしれないから、よくわからない。

・実際に買ったりはしないので、興味がありません。ただ、番組を見ていれば目に入るので、誰がデザインしたか、どんなデザインなのかはチェックしてしまいます。チェックしたからと言って、特に何もしません。むしろあまり着てる人がいないイメージがあります。

・チャリTシャツを購入したことは一度もありません。普段使いとして着るのが恥ずかしいかも知れない。多分買った人は今頃部屋着にでもしているのではないでしょうか。好きな芸能人がデザインしたら興味持つと思いますがデザインしないので興味が持てません。

・Tシャツは使いやすいグッズだと思いますが、Tシャツ以外のグッズも色々とラインナップしてほしいというのが正直な意見です。タオルやマグカップなどもあれば、選択肢の幅が増えてより興味をもってもらえるのではないかと思います。

・昔はイメージが付きやすい感じのデザインとかでいいなとは思ってはいましたが、最近は芸能人のデザインとかで万人受けするものではなく一部のファンに至っては転売とかされそうな感じでもあるのでそれをされるくらいなら興味なくしてたほうがいいかなと。

・毎年同じ様に見えます。毎年同じものでもいいのではないかなと思うくらいです。今年はどんなデザインだろうと気にすることもありませんし、毎年デザインを見てないこともあります。それ程Tシャツには思い入れもありませんし、関心はありません。

・人と同じものを着ていたら恥ずかしい。他の人が着ていても別に恥ずかしいとは思わないが、自分は着たくない。品質は良いが割と値段も高級なイメージがある。他の人が着ていたら、ボランティア精神のある人だなとは思って見ている。

・わざわざ毎年新しいTシャツを作ることに意味があるのかわからない。デザインする過程がまた一つの企画になるのだろうが、番組の関係者以外でこのTシャツを買う人がどれほどいるのかが気になる。この売り上げもチャリティーになるのだとは思うが、個人的には買いたいとは思わない。


・いつも誰がデザインした、と話題になっているけど、今までこのTシャツを着ている人をまわりでも街でも見たことがない。どこで着てるのかな?と感じる。これに制作費をかけなくても、もっと別のやり方でアピールするのでもいいと思った。

・毎年色々な方にデザインされていますが、おしゃれとか斬新とかそう思ったことはなく、着てみたいなと思ったこともありません。描いた方が誰かというのは少しだけ興味はあるかもしれません。ただ、黄色の目立つシャツで実用性がないなーと感じています。

・ダサいデザインが多いので、そこを改善してほしい。有名デザイナーにデザインをしてもらって話題性を集めた方がいいと思う。Tシャツ以外にかりゆしウェアのようなものでも良いのではないか。流行りをうまく取り入れたものがよいと思う。

・デザインの良しあしは好みだと思います。ただ、私は着ることも着ている人を見たこともないので、興味がわかないだけです。シャツのデザインよりも高齢者の車の運手のニュースのほうがよっぽど関心があるといった感じです。

24時間テレビのチャリティーTシャツの企画が嫌い・デザインがよくない

・いつも同じ黄色で24時間テレビと書いてありますのでワンパターンでマンネリ化していると思います。せっかく素晴らしいゲストの皆様が出ていますのでもっと色合いも良くしてデザインなども変えた方が良いのではないかと思いました。

・今さら記念品としてのTシャツもないだろう。この手の企画で出るTシャツなどタンスの肥やしか部屋着程度にしかならないのだから。記念品として何かを配るにしてももっと別の企画を考えたほうがいいと思し、そもそもその製作費用をそっくり寄付に当てたほうが正直ましだと思う。


・チャリティーと称しながら、参加した芸能人にギャランティが発生しており、収益は経費に充てず売上全額が寄付になるはずが、社団法人の会計資料によると収支があっていない。結局のところチャリティーと称した金儲けの手段になっているので、企画を応援する気持ちがなくなったから。

・企画自体はいいと思うのですが、ベースのTシャツの黄色がダサいと思います。デザインがいいなと思っても、Tシャツの色がダサいと買う気になりません。近年は水色やピンクも出ていますが、それもなんとなくダサい。

・みんなで同じTシャツをそんな着なくてもいいと思います。最近は芸能人デザインのものばかりだし、なにがいいのかわからないです。買っても私生活で着られなかったから買う意味もないなと感じています。そんな企画いりません。

・嵐の大野さんがデザインするなど、話題性で一生懸命ですが、ひと目で24時間テレビのTシャツだとわかってしまうので、購入する気にはなれません。もっと普段使いできるように無難なデザインのほうが買いやすいのではないでしょうか。

・いつも同じ色合いなので飽きてしまいました。もっと24時間テレビのチャリティー番組ですのでカラフルにしてもいいと思います。旬の芸人さんやタレントさんもたくさん出ていますので皆さんでそういった話し合いをした方が良いと思います。

・毎回大型スーパーで販売しているのも見かけますが、テレビで観ても実物を見てもダサいと思います。個人的には嫌いなタイプのごちゃごちゃしたデザインで全く欲しいと思いません。もっとかっこいいデザインにしたらいいのにと毎回思います。


・2019年の嵐の大野君のTシャツのデザインを見たが、制作者の自己満足なのか、制作者のエゴなのか、センスにかけるものが近年多すぎると思う。どうせ作製するなら、デザインの卵を育てる企画を立案するなどしたほうが意義があると考える。

・とにかく24時間テレビに好感が持てないので、Tシャツを販売することにも疑問がある。好きなアーティストのためのライブグッズのような感覚なのだろうが、私の好きなタレントやアーティストは参加していないので、ほしいとも思わないし、デザインを見ても素敵とは思えない。

・一度も「いいデザインだ」「欲しい」と思った事がありません。今年は特に不気味なデザインだったので、そのタレントさんのファンならまだしも、スタッフさんや一般人が着てうれしいものではないと思いました。Tシャツを作るお金を寄付して欲しいです。

・今回の絵に関しては精神が不安定な方が描いたような不気味なデザインでとても不快感を覚えました。嵐が描いたといえばファンがこぞって買うだろういうスタンスですがこれを24時間見続ける視聴者の気持ちは全く考えてないんでしょうね。

・有名なタレントさんがデザインするというのはマイナス面も大きいと思います。そのタレントさんが好きならいいのですが、個性が強すぎるタレントさんの場合は抵抗感もわいてしまいます。無難なTシャツで買いやすくしてほしいです。


・デザインが、毎回ダサいというか、独特の世界観を持っているというか、この企画以外で着る機会もなければ、普段着ていたら、やばいやつに見られるというか、芸能人だから似合っているだけで、一般人がきたら、ダサすぎて見ていられない。

・いつも思うのですが、あのTシャツの何が良いのでしょうか。売り上げ金額が全て募金に回るわけでも無いのに見せかけのTシャツなんていらないと思います。誰かとコラボで作っても結局ジャニーズが絡んでるし、ジャニーズ嫌いだから余計嫌悪感があります。

・お揃いのユニフォームを作るのは番組演出上必要なことでもあるし、一体感を持ってもらうにも必要かと思いますが、芸能人にデザインをさせる必要はあるのかと疑問に思う。一般公募したりすれば参加意識も芽生えて良い企画になると思う。

・毎年プロに頼んだらいいのにと思ってしまいます。芸能人がデザインするととりあえず着ることのできないデザインだしプロのデザイナーがかっこいいデザインでサイズ
・カラーをたくさん出してユニクロあたりで売ればお金(募金)になるのになあと毎度思ったりして。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です