太陽光発電売電価格対策!2019年以降お得で安全に備える方法!家庭用蓄電池がおすすめ?

2019年10月3日

太陽光発電の余剰電力対策どうする?

taiyoko_00

家庭での太陽光発電もだいぶ普及し、導入しているご家庭を見ることも少なくなくなってきました。

ただ、太陽光発電を導入した際に気になるのが、実際に太陽光発電で得た余剰電力をどうするかという問題。

そこで今回は皆さんがどのように太陽光発電を導入し、その対策をしているのか、実際に意見をみてみましょう。



太陽光発電を使い始めたきっかけ・感想は?

まずはみんなの「太陽光発電を導入したきっかけ・感想」についてみてみましょう。

これから太陽光発電を検討されている方も、既に運用している方も、他のご家庭での太陽光発電導入状況がどうなのか、是非ご参考ください。

・月々の電気料金が2万円から2万2千円ぐらいだったのが、1万から1万5千円ぐらいになりました。この地域は(静岡県)晴れの日が多いため、自然に降り注ぐ太陽光を利用しているという満足感を持てる気がします。日中も家にいるため、太陽が出ている間に電気を使用しているので、我が家の生活スタイルにも合っています。昨年、台風で2日間停電しましたが、日中は非常用コンセントが使え、大きな助けとなりました。予算の都合でパネルの数は少ないですが、ローンは無理のない程度で組め、我が家サイズのちょうどいいものだと思います。

・震災後に苦労したのが停電でした。スマホも充電出来ず、連絡を取るのにも一苦労しました。そういったこともあって太陽光発電システムを購入しました。ですが、その後は停電もほとんどありません。まあ停電な無いというのはいいことだとは思います。今は売電出来ることが最大のメリットになっていると思います。特に昼間の時間に家にいることが少ないので、かなり大量に売電が出来ていて、家計の助けになっています。特に梅雨に入る前の時期は、日も長く、エアコンも使わないので一番多く売電できます。

・私は3人の子供を持つ妻と私を含めた5人家族です。太陽光発電を導入して良かった点ですが、経済的に三人の子供を扶養しておりますので、少しでも家計の足しになればと思い導入してみましたら非常に電気代が浮く形になりました。また、自然と生活している中でも、ソーラーパネルに蓄電される形で、家電に使用できたり、室内灯に電力を使用することができたりとメリットでしかない形でありましたので、導入して大変良かったです。

・電力会社に支払う料金が下がったことが一番大きい。光熱費は家計の固定費用である。オール電化住宅である我が家にとっては、そのウエイトはかなり大きい。それだけに、確実に支払い料金を下げる効果がある。電気を作る仕組みが屋根の上にあり、毎日目にすることになった。そのおかげで子どもたちが自然と環境への意識を高めるようになった。テレビや照明をこまめに消したりすることはもちろん、電力問題のニュースを積極的に見るようになった。

・太陽光を導入してよかった点は、まず一つ目に各月ごとに受け上げは上下しますが、年間通して電気代があまりかからなくなったことです。夏場など日照時間が長い時には効率よく発電してくれて、冬場では日照時間自体は短いですが、夏場の発電量を相殺してくれるぐらいなるので非常に助かります。また、どのくらい発電してくれるという目安も出ているので非常に助かります。また、太陽光を設置してから以前までは、当日に天気を確認するなどしておりましたが、前日には天気予報をみるようになり、準備などがなくなりました。

・売電できるので、今までかなりかかっていた電気代が浮くのが一番いいです。エコに対しての意識も高まり、子供たちにもいい影響がでていると思います。思い切ってオール電化にすることで、火を使わない生活でとても安心で安全だし、地震などで電気がこなくなっても、パワーコンディショナーで電力が供給できたりとかなり家族にとってメリットがあるなあと感じています。太陽光をつけていることで友人たちにも自慢できるのがうれしいです。

・ソーラーパネルを設置した事によって、光熱費の節約が目に見えて行えます。また、電気料金のプランなどもソーラーパネルを設置している人向けのものや特典を使えたりするので、その分も光熱費節約に直結してつながっています。設置にあたっての初期費用は行政の補助金がありましたし、季節や天候にも左右される事はありますが、売電分で月々の支払額をおよそ相殺できたりするので実質的な負担無く光熱費が節約出来ているのが良かった点です。

・大要綱発電を導入したメリットとしては、第一に発電した余剰電力を売電できるという点にありました。液晶画面で、発電した電力、消費している電力、売電可能な電力と電力エネルギーの見える化が図られているのは便利がいいと感じました。ちなみに、夏の時期などは売電の方が多かったような記憶があります。また、我が家の場合、太陽光発電と同時に屋根の葺き替えも行ったので、屋根も新しくなり、キレイになりました。太陽光発電を導入した間接的なメリットです

・太陽光を導入してよかったことは①電気代が安くなった。②売電が出来収入が多くなった。ちなみに私は38円の時に付けました。月の電気代が売電収入と相殺しほぼ0円状態になっております。③非常用電源があるため、安心できる。停電の時に使いたいと思っていますが、使ったことはありません。④2階が涼しくなった。太陽光を付けてから不思議なのですが2階が涼しくなり快適になりました。屋根の上に太陽光がのっていることで熱が通りにくくなっているのかもしれません。

・光熱費が年間通すとプラスになっていて、多少ながらの貯蓄に回せるところです。私の住んでいる地域は標高が高いので紫外線も強く良く発電してくれていると思います。周りにも太陽光発電を設置しているところが多く、色々な業者の情報も入ってきます。昼間の電気代が高い時間帯でも発電が良い日に家事をしたりお湯を沸かしたりと発電状況によって行動することが出来るのも魅力ですね。それに合わせてオール電化にしたので光熱費が下がりました。

太陽光発電の2019年問題対策している?

denki_00

太陽光発電での余剰電力を電力会社が買い取る保証をして普及したソーラーパネルですが、その期限は最短で2019年までとなっています。

一定期間は余剰電力を買取りするけど、そのあとはどうなるかわからないよ、というものですね。

そのため、2019年問題として太陽光発電での余剰電力をどうするか、という点に注目が集まっています。

実際にみんながどのように対策を考えているかみてみましょう。

・すでに家庭用蓄電池を購入しているので、これ以上の対策は出来ないように思います。今までは昼間の電気代と夜間の電気代の差額でしか、経済的な効果はありませんでした。ですが余剰電力を買い取りしてもらえなくなると、我が家で太陽光で発電した電力を使うしかなくなりますので、今までよりは蓄電池の経済的な効果は高まるのかなと思います。でも出来れば買い取りを続けて欲しいですね。

・自分の家の屋根に付いている太陽光パネルで発電した電気は、基本的に自分の家で使うものと考えていたので、特に意識していない。電気は売るものではなく、使うものである。既に我が家には蓄電池を備えてあるので、余った分は貯めておくことができる。今後も無駄なく電気を使うことができるので、全く問題がないと考えている。

・現在はっきりとした政府の指針がでていないのでなんともいませんが、指針次第では考えたいと考えております。新聞やネットニュースからは検討中になっており、具体的な指針が出ているわけではありません。わたくしが考えるに、買取価格は変更せず、復興支援税みたいな形で新たな税金を考えそれに発電した電気の税金を変えていくのではないかと考えております。

・とくにあまり気にしていません。ローンで購入していますし、契約した時から10年のしばりはたしかかわらなかったと思います。もともと国の売電についてはそこまで期待していなかったので予想通りかなと思いました。でも良さを知ってしまうと他のエコ商品も欲しくなるので、別の補助金がまたできればいいなあとおもいます。

・保証制度の期間が終了する頃には、併せて初期費用に関する支払いも終了する予定なので、とくに困らないかと思っています。ただ、蓄電器が欲しいと考えているので、期間終了後の売電額が定まれば、その金額をベースにして蓄電器の導入を具体的に検討したいと考えています。

・わが家の場合、太陽光発電システムを設置したのが7年ほど前になるのですが、設置工事の契約をした際に、「今工事した方が、買取価格が高い金額になりますが、設置して10年後には買い取り金額が見直されることになります。」という旨の説明が販売業者の方からあり、納得したうえで契約をしたので、そろそろ蓄電器の購入を考えています。

余剰電力対策で蓄電器を購入するかどうか

denki_01

太陽光発電をしているご家庭になって、重要になるのが余剰電力をどうするか、という問題。

もちろん電力会社が買い取ってくれるのが 目に見えて経済効果もあるのですが、蓄電器を利用して自分たちで電気を賄う(その分の電力代を節約する)という事にも注目が集まっています。

その点についてみんなの意見をみてみましょう。

・自治体から補助金が出ていて、期限が終わりそうだったので、家庭用蓄電池を購入しました。夜の電力が使えるという経済的な面が大きかったです。また停電時に太陽光発電システムで発電した電気をためられるということも大きい理由でした。

・家庭用蓄電器についてですが、やはり地震が作業災害が発生した際に非常に有効です。普段は使わないがいざと言う時に活用できる形になると思いましたので、そう言った意味で非常に重宝すると思っています。条件が良ければ導入したい考えです。

・ハウスメーカーからの提案もあり、太陽光パネルと同時に設置した。東日本大震災の停電の経験を持つことから、停電時の防災用になることも購入理由だ。今のところ停電はないが、万が一のときの安心感を買ったと思えば安いものである。

・現在家庭用蓄電池の性能は年々上がってきております。しかし、私が調べた中では、家庭用発電機自体の価格が高いため購入後にプラスまでもっていくのにすごく年月がかかるようになります。もう少し安価・用量があれば購入を検討します。

・蓄電池は、地震のときにほんとうに便利だなと思いました。実家が地震で被災した経験があるので、電気の大切さを本当に実感しています。蓄電池は普段の生活でも使えるし、壊れる心配もあまりなく長く使えそうなのでいいなと思いました。

・親戚宅のある地域で発生した地震の際に停電し、安定した電気の使用が出来ない事が大変不便だったと身近な声を聞いたのもあり、地震や停電時に安定した電気を蓄えて起きたいと考え備える為に導入したいと考えています。

・以前は高額になっていたのですが、現在は以前に比べて価格が安くなっているようで、補助金が出る場合もあるみたいです。また、停電時といった防災の面でも万が一の備えとして蓄電池の導入を検討した方がよさそうです。どのメーカーのものがいちばんメリットが高いか迷っているところですが、導入を考えています。

・太陽光発電を設置した時は業者さんから、まだ蓄電池は10年ほどしか持たないくらいで性能が良いものは出てきていないといわれていましたので購入はしませんでした。ただ現在は数年たち、性能の向上について話も聞いているため、色々変わってきているだろうと期待はしています。

太陽光発電には蓄電池が効果的?

money_1542606309

既に太陽光発電の余剰電力対策として蓄電池があるので安心、という意見もありますが、日に日にその注目度は高まってきています。

みんなが蓄電池についてどのようなメリットを感じているか意見をみてみましょう。

蓄電池があれば電力を無駄なく使える・経済的

蓄電池があれば電力を無駄なく使える・経済的、という意見がこちら

・日中余った電力を蓄電でき、夜間に使用できるのは無駄がなく理想的です。夕方から、夕飯の支度や、家族が揃うため電気使用量が増えます。夕方は日が傾き始めると、発電量が急激に減ります。かといって日中に行えない家事も多く、夕方から夜にかけて電気を使わざるを得ません。太陽が出ない時も使えるとなるとより経済的です。

・電力を無駄なく利用できる点が最高であると思いました。やはりいかに効率よく生活する上で節電できるか?その節電を意識することなく備蓄した電気で有効活用できることは地球環境の貢献にもつながることであると考えておりますので、導入させて頂き本当に良かったと考えております。エコ的な観点についても最近のトレンドであると考えております。

環境に優しい・エコである

蓄電池は環境に優しい・エコである、という意見がこちら

・現在、正解でCO2排出を減らそうという動きと地球温暖化の影響で地球全体の環境をこわしている部分があると考えています。家庭用蓄電池を設置することで。環境にやさしいくエコな国作りができると考えております。あとは、使用者が本当に意識をし必要な場面で家庭用蓄電池をしようするという認識を持たないといけないと感じました。

蓄電池があれば非常時にも電力を使用できる

もっとも関心が多かったのがこちらの意見、蓄電池があれば非常時にも電力を使用できるというものです。

・経済的であるということが理由で、家庭用蓄電池を購入しましたが、そんなに大きな経済的な効果はないように思います。本体が高いので、経済的な効果が出るまですごく長い時間がかかってしまっています。ということで、今のところ、一番のメリットは非常時にも使用できるということでしょうか。今のところ、停電も無いのでメリットは感じていませんが、安心料ということでしょうか。

・大地震をはじめとする大規模災害時には、停電が起こる可能性が高い。しかし今の日本は、災害復旧までの時間がそれほど長期になることは少ない。家庭用蓄電池だけで長期間生活することは難しいかもしれないが、自宅に設置している太陽光発電との組み合わせにより、災害復旧までの期間をしのぐことは十分可能であると考えている。

・普段は太陽光だけで本当に充分すぎるくらい電力をまかなえているので、蓄電池に期待することはやはり震災時の予備電力です。一度も被災したことのないひとはいまいちわからないと思いますが、電気が使えないのは非常にストレスがたまります。精神的につらいので、少しでも被災直後に快適に過ごせる対策はしたいなと考えています。

・最近親戚宅のある地域で大きめの地震があり、その際には数日間の停電があったそうです。安定した電気の使用ができない不便さと不安に関して、身近な声を聞いたことをきっかけに自宅への蓄電器導入も検討しています。ですので、蓄電器における非常時の備えに対しては大きなメリットを感じます。

・ここのところ、地震や水害といった自然災害が多く発生していて、停電といった状況になった時に、家庭用蓄電池と太陽光発電システムを利用したら、停電時でもある程度の電力消費をカバーできるような気がしています。どのくらいの蓄電能力があれば、停電時でも日常生活の電力消費量をカバーできるのかが気になるところではあります。

・安心を買えるところがすごくメリットかと思います。日本はどこにいても地震が起きる国です。最近の山形の地震もそうですが夜、地震が起こり、ライフラインが止まると大変困ると思うからです。停電の際の蓄電池の活躍は体験しなければわからないのかもしれません。それでは遅いですが。安心を買うことにより日常の生活もイキイキしてくるのかもしれません。

・今オール電化という事ですが、停電などの緊急時には全く機能しません。最近は地震も多い中で停電も増えています。実際停電で電気が使えないこともありました。そんな場合でも蓄電池があればある程度の電力が使えるとなるとやはり助かります。インスタントガスコンロもありますが、ほどんどが電力が必要なのはどの家庭も同じだと思います。

家庭用蓄電池導入のポイントは!

1557242341

太陽光発電のご家庭でその役割が期待視されている蓄電池ですが、導入のポイントはどういう点でしょうか?

皆さんはこのように考えています。

家庭用蓄電池の値段・価格

・まずは価格という問題があると思います。あまりにも高価な金額であれば一般家庭にまで広がりができなくなると思います。また、使いやすさなどは、これから高齢者社会になっていくので高齢者でも使用できる蓄電池が非常に大切になってくると思います。また、安すぎてすぐに壊れるようなら使用しることはできないと考えております。家の大きさにもよりますが容量も大事になってくると思います。

・どのくらいの期間でどのくらいの量を蓄電できるのか、どのくらいの蓄電量があれば何日間程度の生活が難なく行えるかなどが気になります。次いでメンテナンスについても気になりますし、非常時に難なく使用できるのかなど実際の耐久性も気になります。容量に関しての具体的なイメージが湧かないので、実際の家庭に合わせた蓄電器のサイズや費用と合わせて、季節や地域ごとの1日あたりの蓄電量目安などをリアルな数字で知りたいです。

家庭用蓄電池の寿命

・もう少し値段を抑えられるのなら、購入を検討してもいいかと思います。もちろん故障しない品質を維持してもらうのが条件です。太陽光パネルも開発当初は、高くて無理だと思っていましたが、現在はいたるところで見られます。改良を加えながらコストを抑えていくのは大変かと思いますが、それが実現できればもっと普及していくかと思います。現在取り付けているご家庭は、ある程度資金があってのことだったと想像します。私たちのようにすでに建っている家に取り付けるとなると、年齢も若くないため、ローンを組むのは大変です。

・やはり寿命こそが家庭用蓄電器の最大の注目点であると考えます。重大自然災害等が発生した際、その期間が長期間に及ぶこともありますので、あらゆることを想定した訓練の一環で、やはり寿命が長持ちするイコールいかに長い期間停電状態が続いても対応できるかと言うことに繋がってくると思います。そう言った意味でも寿命は大変重要なウエイトを占めておりますし、今後も家庭用蓄電器は寿命が長く節電できるものがあればと思っております。

・容量が無くては蓄電池の意味を成さないからです。非常時に活躍する蓄電池は大きい要領でなくては、ライフラインが止まった際に、何日も蓄電池で生活ができないからです。ずっと雨の中のライフラインが1週間止まったことを想定してまる1週間蓄電池で生活でれば買うと思います。容量が小さいわりに蓄電池が高いので、買うなら、もっと待って、容量の大きい且つ安くなってから買いたいと思います。早く、蓄電池が世の中に広がり、技術が進歩して大きい蓄電池を安く提供できるようになってほしいです。

家庭用蓄電池の容量

・容量が一番重要だと思います。我が家の場合は、非常時に備えての購入を検討しています。まだ商品がでてから年数が浅いので、これからどんどん値段はさがるとおもうのですが、地震はいつくるのかわかりません。なので、無理してでも買った方がいいのかなとは思っています。値段が安いものがでたら、すぐに購入したいです。

・決して安くない買い物ではありますが、補助金もでるので検討しています。そのうえでやはり気になるのは容量です。どれくらい電力が持つのか、というのが非常時にも大きく関わってきますので。

まずは蓄電池について検討材料を集めてみる

家庭用蓄電池の検討で一番難しいのは、どれくらいの費用がかかるのかという、皆さんのご家庭の場合で具体的に情報を掴みづらいという事ではないでしょうか。

一言に家庭用蓄電池と言っても、いくつかのメーカーがありますし、どう比較していいのか、我が家の場合はいくらくらいかかるのか、というのがわかりづらいのが悩みの種だったりもします。

そんな方をはじめ、これから太陽光発電を導入するご家庭にも、既にソーラーパネル設置済みのご家庭にも人気なのが、大ナビ蓄電池というサイト。



停電時の頼もしい味方。家庭用・産業用蓄電池の設置費用を無料一括見積もり

価格の希望はもちろん、容量や重要視している点も踏まえた上で家庭用蓄電池の見積もりを簡単に出してくれるのが人気の秘密。

chikudenchi_00

細かいサービスやメリットを知ることもできますが、まずはポイントだけをおさえて検討するための材料が欲しい、という方にも人気です。

最短60秒で診断可能ですので、手早く情報を知ることができるのも嬉しいですね。

複数の会社候補の中から見積もり可能なプランを提示してくれるのも強みです。

蓄電池の補助金について説明しているwebページもあるので、家庭用蓄電池を検討しているご家庭にとっては必見のサイトです!

経済的にも環境的にも、そして万が一の事態にも注目度が高まっている家庭用蓄電池!

まずは見積もり、というところから検討材料を集めてみてはいかがでしょうか?



蓄電池の無料一括比較サイト【タイナビ蓄電池】