新海誠監督作品とジブリ映画どっちが好き!おすすめなのは?大人も子供も面白いのは!

新海誠監督作品とジブリ映画、人気なのはどっち!

shinkai_01

今回は新海誠監督作品とジブリ映画、みんなが好きなのはどっちなのか意見をまとめてみました。

どちらも日本を代表するアニメーション映画が数多くあります。

早速みんなの意見を見てみましょう。


ジブリ映画が好き・おすすめ

ジブリ映画の方が好き・おすすめという意見がこちら。

・新海誠監督作品はジブリ作品を進化させてファンタジー+リアリズムを融合させた新しいアニメ表現ではあるので素晴らしいのですが、ジブリ作品とどちらが好きかと問われればジブリ作品の方が好きと答えます。たしかにアニメでもリアリズムは大事だと思いますが、アニメだからこその表現という意味ではジプリ作品のような実写にはない表現が単純にアニメに求めているひとつだからです。

・君の名は。は少し違いますが、新海誠監督の作品は物語を深く読み込まないと理解できない部分が多いのでジブリ作品の方がわかりやすいです。ジブリ作品の方が万人ウケするので、自分以外の人とでも観やすいので誰かと観るならジブリ作品。一人で観るなら新海誠監督の作品としています。

・新海誠監督は私個人にはあたり外れが大きすぎる。秒速5cmメートルや星のこえは最後までみることができなくて途中で見るのをやめてしまった……。ジブリの方が大きなあたりはずれなくどれでも楽しんでみることができる。


・新海監督の作品はもちろん大好きですが、「もののけ姫」が全ての映画の中でもトップクラスにお気に入りで大好きなので、ジブリ作品を選びます。もののけ姫は、森の描き方や、今までのジブリには無い戦闘のシーン、テーマそのものも深く、鳥肌が立つような表現ばかりで、何回見ても面白い作品です。

・新海誠監督作品もジブリ作品も正直両方好きですが、作品の本数として量的にジブリ作品に軍配が上がります。ジブリはエンターテイメントというよりも文学的といった側面が強くて、とっつきやすいのは新海誠監督ですが、より何度も見て味わおうと思ったらやはりジブリ作品が好きです。

・作品の多さがジブリを選んだ理由です。音楽も豊富ですし、何度見ても飽きないところがいいかなと思います。幼児からお年寄りまで見れる映画はジブリとディズニーしか思いつきません。素朴な絵も好きですし。色や描写の忠実さはほかに類がないと思います。

・「映像美」という美しさで言えば、新海作品の方が上をいっていると思います。また、独特な世界観などのストーリーも、好みはわかれそうな面もありますが、好む方はドハマりするのだろうなと思わせますが。やはり、作品という点では、万人を魅了するジブリ作品には敵わないと思います。新海作品は若者には進められますが、子どもや年配者には難しい。ストーリーが追いきれないと思います。

・新海誠監督の話はファンタジーだけど、現実的な要素も取り込まれているからファンタジーな要素に対して疑問感があり映画の世界に入り込めない。(君の名はで新宿とかが出てくるのに人と人が入れ替わる)ジブリ作品は完全にファンタジーなので作品に入り込める。


・新海作品は現実に根ざして作られている印象が強く、それに対してジブリ作品は、ファンタジーの中に現実が混ざりこんでいるという雰囲気が強いなと思います。よりアニメ映画として感動できるのは、非現実的で幻想的な雰囲気のあるジブリ作品だと思いました。

・子供も大人も楽しめるという言葉がまさにぴったりのジブリ作品は、夢や憧れや優しさがたっぷりつまった作品だと思います。ドキドキハラハラしたり胸がきゅんとしたりする点において、ジブリの方が勝っていると感じました。

・新海監督の作品も大好きなのだが、ジブリのほうが規模が大きいし歴史も長く素晴らしい作品の数が多いので総合的にみるとジブリ作品に軍配が上がる。今後新海監督の作品が充実してきたら逆転するかもしれないと思う。

・新海誠監督作品は好きなのですが、ジブリ作品(というか宮崎駿作品)と比べてしまうとさすがに劣ると思います。ジブリ作品は、凄腕のアニメーターを揃えまくって作られていますし、絵の凄さや演出も話の作りも、宮崎駿作品の方が何枚も上手だと思います。


・空を飛ぶからです。トトロとかすごく可愛いからです。女の子の書き方が素敵だから好きです。あくまで理想の女の小僧として描かれていて押し付けてこないのがすごく好きです。背景の美しさも、新海監督とは方向が違うけれどいい。

・どちらもグラフィックや設定は素晴らしいのだが、ジブリ作品のほうがストーリーがわかりやすいから。新海誠監督の作品は、グラフィックの緻密さと比例するようなストーリーの難解さが特徴であるように思う。そのため、新海誠監督の作品はストーリーを理解するために繰り返し見るということが多いと思われる。それに比べれば、ジブリ作品は単純に面白くて見返す人が多いのではないだろうか。少なくとも、私はそう思う。

・とにかくジブリミュージックがすきです。1度聞いたら忘れられない。口ずさみたくなる。また、大人になってからも楽しめます。ネットで「本当は怖いジブリ」なんて記事を読んだときは、ジブリ奥深い!裏ストーリーまで完璧だ!と感動してしまいました。

・新海誠もヒット作品で話題になる以前からマイナーブームでハマっていた監督さんですので、個人的にかなりツボな作品も多く大好きです。ですがもともとジブリ作品を超える映画は無いと思うくらいのジブリ好きな事もあり、今現在のところジブリは超えていませんので、そのように選択しました。

・子供の頃から慣れ親しんだ作品が多いから。新海誠監督作品は自分自身が子供の頃にもあったのかもしれませんが、全く名前も作品も知りませんでした。それに比べてジブリ作品は子供の頃からテレビ放送などでも頻繁に放送されていたのでジブリ作品の方が親近感があります。

・純粋な作品として見たときに新海作品は暗い部分も多く、必ずしもハッピーエンドでは終わらない点が苦手。ジブリ作品はその後を想像させるものが多く、ハッピーエンドの描写が映画の中であるとは限らないが、自分自身で補完が可能だから。


新海誠監督作品が好き・おすすめ!

新海誠監督作品が好き・おすすめという意見がこちら。

・ジブリと新海誠の違いは、前者が友達100人できるかなという内容に対して、後者は友達が1人でも良いじゃないかという内容なことです。私としては100人よりも気心知れた数人を、大事にしたいと考えているので、新海誠には強く共感しています。

・どちらも好きな作品は、ありますが自分の好みとしては新開誠監督の作品の絵が好きなので選びました。音楽に関しても僅差で新開誠監督の作品の方が好みだと思います。ストーリーに関してはどちらの作品もとてもいいと思います。

・ジブリ作品と比べるのでしたら、新海監督作品は日本の田舎や都会など現実的な場所や登場人物に親近感がわくことがあります。また太陽の光や雨など、家の窓から直接見ているのと変わらないほどの鮮明さに圧倒されます。

・作品が好きなのであって、この監督だから作品を見ようと思ったことはないのですが、ジブリの世界観はぱやお監督の社会に対する隠喩だったりが、自分には欺瞞的で邪魔に感じます。純粋に作品を楽しむという意味では新海誠の方が余計な情報がなくていいですね。

・この問いは、色々な意見がでると思います。比べることは難しいけれど今は期待値も込めて新海作品です。多分、多くの人がそうであると思いますが、でもラピュタやナウシカよりは・・・と思います。したがって、今のジブリと比べるとという枕言葉を置きつつ、大きくなる期待があるために、新海作品です。

・あくまでここ近年の作品という事で考えると、新海監督作品の方が好きです。千と千尋の神隠し以降のジブリ作品はあまり好きではありません。特に宮崎駿監督作品は自分の思想概念だけが表現されていて観客の気持を蔑にしていると思います。

・ジブリ作品に強く感じるのは、幼い頃から見ていたせいもあるのか「懐かしさ」です。子どもの頃はこうだったとか、私も昔はああだった、というような感情です。真っ直ぐ前だけ見ていればよかったような頃を思い出して、ちょっと辛くなることもあります。新海誠作品の弱さや迷いを持った主人公が前に進んでいく姿は、いつか自分が生きている意味を見つけられるんじゃないか、という気持ちにさせてくれます。

・ジブリ作品は、家族で楽しむ作品で新海監督の作品は1人もしくは2人で楽しむ作品だと思うから新海監督の作品は、メッセージ性を感じられ、それを感じながら楽しめる。夜にアニメを見る事が多く、新海作品は静かな展開が作品も多くあるので見ていて心が落ち着く。

・ジブリは子供向けと言った感じがあります。新海作品は成人向けと言った感じがあるので、楽しみやすいです。後はやっぱり絵の繊細さが違います。ジブリも絵は素敵ですが、子供向けは絵があまり繊細でない方がいいのでしょうが、絵の一つ一つを楽しみたいなら新海作品です。

・絵がリアルできれいというのが一番の理由ですが、主人公や登場人物の心の描写がとても丁寧で、共感する部分がたくさんあるところがとてもいい。いつの間にか自分が主人公になった気分で、感情移入できる。実在する場所を描いているので、実際にそこに行って映画を思い出しながら妄想できるのも主人公が本当にいるような気がして、映画を観た後も楽しめるから好きです。

・子供の頃は、ワクワクする冒険やファンタジー全開のジブリ作品が大好きだったが、大人になってからは新海作品の少し切ない雰囲気をもった作風が妙にしっくりくるようになったから。恐らく、自分が経験したことの追体験に似た感覚が作品のどこかに必ずあるからだと思う。

・最近のジブリ作品はとても深く、ちょっと難しいテーマも多くてとっつきにくい印象を受けます。新海誠監督作品は、「どこにでもいそうな誰か」が主人公だったりすることもあり感情移入することが多く、惹きつけられるものがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です