新海誠監督作品とディズニー映画(アニメ)どっちが好き?子供・大人も楽しめるおすすめは?

新海誠監督作品とディズニー映画(アニメ)どっちが好き?

shinkai_01

今回は新海誠監督作品とディズニー映画(アニメ)、みんなが好きなのはどっちか意見をまとめてみました。

大人から子供まで人気の新海誠監督作品とディズニー映画(アニメ)。

みんながおすすめなのはどっちか、意見を見てみましょう。


ディズニー映画(アニメ)が好き・おすすめ

ディズニー映画(アニメ)が好き・おすすめ、という意見がこちら。

・ディズニー作品は善悪のようなことがわかりやすく記されているので、そんなに考えながら観なくても観ることができます。しかし新海誠監督の作品は一度観ただけでは理解できない部分も多くあるので嫌いではありませんが、手軽に観れるディズニー作品の方が好きです。

・ディズニーの方が起承転結がわかりやすく、作品に世間の風刺や含みが効いていている、と個人的には思う。それに主人公がちゃんと最初と最後で成長している。新海誠監督も好きだけど主人公が終始ぐずぐずしてたり、ぐずぐずしてなかったとしてもなにも成長していない気がする。映像美だけ。

・ディズニー映画は、細部の細部までこだわりが凄まじく、隙がないのが凄いです。キャラクターにも愛着がわきますし、悪役は徹底的に悪役なのも、分かりやすくていいと思います。音楽も子供が覚えやすくてキャッチーなのに、新鮮な感じがするのもさすがだと思います。


・どちらも好きな作品はありますが、ディズニー映画のキャラクターや世界観はもちろん、人生においての教訓を、ディズニーキャラクターたちが分かりやすく教えてくれるところが好きなので、ディズニー映画を選びました。

・ディズニープリンセスの芯の強さが好きです。それぞれが逆境に立たされたときに、周りに助けられながらも向かっていく姿に勇気付けられました。女性として愛されることを求めながら、実は一人でも生きていけるのではないかと思わせるような力強さが垣間見えるところもいいなと思います。

・私がディズニー映画の方が好きだと感じる理由は劇中で流れる音楽にあります。ディズニー映画はミュージカル仕立てが多く、場面にあったすばらしい歌と音楽が鳴り響きます。その音楽の素敵な余韻が心地よくて、私はディズニー映画が好きなのです。


・ジブリ同様ディズニーは歴史も作品の数もかかわっている人数も多くとにかく規模が大きいので今のところはディズニーに軍配が上がる。総合的にはディズニーの圧勝だがディズニーのどの作品よりも秒速5センチメートルが私は好き。

・私はそこまでディズニーファンというわけでは無いので、ディズニーにそこまで肩入れするつもりはありません。そんな自分でも面白いと思えたシュガーラッシュなどのディズニーアニメと新海誠監督作品を比べてしまうと、より大衆向けに特化しているディズニーの面白さにはまだまだ勝てていないと思います。

・ディズニーとだったら甲乙つけがたいです。今後の作品次第では入れ替わるかもしれません。今年公開の作品もとても楽しみです。ディズニーも歌を上手に使っているから、その意味では二つは似ているのかもしれません。

・憧れのシンデレラストーリーから昼ドラのような悪者。おはなし のド定番と言えばディズニー。異国の国のドレスや文化が楽しいです。永遠に受け継がれていく映画と思います。また、ミュージカルな映画が楽しいです。気分をあげてくれます。

・子供の頃から慣れ親しんだ作品が多いから。ディズニー作品も子供の頃から名作と呼ばれるような作品が多く、ディズニー作品のほうがどちらかというと抵抗なく見られます。また有名なキャラが多いことも好きな理由かと思います。

・ディズニー映画は常に新しいものを展開していて、子供だけでなく大人にも夢や希望を与えてくれる作品。主人公達が必ず挫折や困難から立ち上がり、前に向かって突き進む姿勢が大人の背中も押してくれているような気がして、見たあとは必ず晴れやかな気分にしてくれるから。


新海誠監督映画が好き・おすすめ

新海誠監督映画が好き・おすすめ、という意見がこちら。

・新海誠監督作品とディズニーアニメ映画を比べるとどちらもアニメの進化を極めている印象がありますが、どちらかといえば個人的には新海誠監督作品の方が好みです。ディズニーのキャラクターは表情や動きにはリアリティを求めているけど、よく見るとキャラクターの目や表情が気持ち悪いので、その点、新海誠監督作品の方がアニメとしてのリアリティという面で自然な感じで不快感がないので好きですね。

・ディズニーアニメはみんなで楽しく見るもの、新海誠は1人でじっくり見るものだと思っています。意外なところに伏線が張ってあったら、繰り返し見ると新しい発見があることが魅力です。ディズニーは一回でわかりやすく楽しいのですが、作品というよりはエンターテイメント性の方が強いのかなと感じています。

・私はダントツで新開誠監督の作品の方が好きです。まず、ストーリーがとてもよく見入ってしまいますし、絵もすごく綺麗なので新開誠監督の作品の勝ちです!音楽に関しても新開誠監督の作品の方がいいかなと思います。


・まず絵柄です。ディズニー映画のキャラクターのグニャグニャした動きが好きではありません。キャラクターのデザイン(特に女の子)も外国人向けというかあまり可愛いとは思えないです。萌え絵とまではいかなくても日本のアニメキャラとして普通に可愛い女の子ばかりなので、見慣れているというか、安心して見ることができます。

・日本が舞台になっているところが選んだ理由です。ディズニーは映像の迫力はすごいと思いますが非現実的すぎて日常では絶対にありえないことばかりですが、新海監督の映画は誰にでももしかしたら起こるんじゃないの?という錯覚にとらわれる感覚が生まれて映画に引き込まれます。

・ディズニーアニメの内容は嫌いではありません。むしろ、セオリーな展開には好感を持ちますが。全体的にミュージカル風なのも、キャラデザインも、色使いも、3Gも…大体のものが苦手です。どちらが好きかと言うよりも、ディズニーがそうなので、新海作品と答えるのも忍ばれるくらいです。

・新海誠監督の作画はディズニーのCGには表せないような奥深い表現があっていい。とにかく新海誠監督のほうが絵がきれいで見ていて,自分が旅行に行ってその風景を見ているような感動がある。新海誠監督のほうが話が奥深く、見た後に自分の中の何かが変わる感覚がある。


・ディズニー作品は、現実の人間がもっている、汚い部分を消し去っている主人公と人の悪い部分を寄せ集めた悪役がでてくるので、アメリカ映画のヒーロー物と同じ感覚にとらわれてしまいます。アンパンマンのような作品を楽しめるのは幼児くらいだと思うので、新海誠作品のほうが、人間らしくていいですね。

・オリジナルの脚本で挑み、新しいものを作成している、新海作品とディズニーには圧倒的な開きがあると思います、。20年後にはディズニーランドに当然のように君の名はのエリアとかができてそうで少し今から怖かったりもします

・ディズニーアニメはストーリーが、どれも似たような感じであまり観たいと思いません。映像もコンピューターを駆使して制作して綺麗ですが、キャラクターなどにも魅力を感じないし感情移入もありません。あくまで子供向けに作っているせいだと思います。

・私がディズニー映画に感じるものは「夢や希望」そして「エンターテイメント性」です。見終わったあと、ワクワクした気持ちになりますが、大人になると、そのワクワクが少し子どもっぽく感じることがあります。新海誠作品の「何かを求めてさまよう」という各作品に共通するテーマが、今の私にリンクしているような気がして心地よく感じます。


・ディズニー作品は、見ていて幸せになれるといった作品が多いと思います。家族向けな幸せは感じるが、個人としてだと弱い気もします。新海作品は、個人に向けてメッセージを飛ばしているような感じがするので心に刺さりやすい。

・ディズニー映画(アニメ)の表現方法があまり好きではないから。ディズニー作品だけでなく、動作を誇張する独特なアニメ表現とミュージカル調の作品が若干受け付けられないのだ。新海誠監督の作品はそれらの表現が無いため見られる。それだけの理由で申し訳ない。

・ディズニーは大体がCG作画なのであまり引き込まれません。やっぱり一枚一枚丁寧に描かれた動く絵を見たいです。又、ストーリーとしては、ミュージカルみたいに賑やかすぎるのも好みでは無いので、新海作品の方が好みです。

・ディズニーはハッピーエンドの安心感はあるけど、オチがわかりすぎてしまって少し物足りない感じ。新開監督の作品は最後が予想できない分、どうなるんだろう、今の言葉にはどんな意図があったんだろうと、考えが膨らむ感じがとてもいい。


・どちらも好きですし、そもそもそれぞれが毛色の違うファンタジーなので、比較が大変難しいです。ですが、作品全体を通して趣味嗜好に合っているのはどちらかと言えば新海誠監督作品なので、そのように選択しました。

・多少ファンタジー要素がありながらも現実からは離れすぎていないほどよい加減が良いと感じるから。ディズニーはもちろん好きで、音楽も大好きだが、感情移入しやすい私はすぐに自分が映画の主人公になった気になる新海誠監督作品を選びます。

・ディズニー作品は女性が見るものという固定観念が幼少期より強くあり、そもそもなじみがない。近年のスターウォーズに限れば別だが、ディズニー作品となった以降は女性の登場・活躍が多く、現実に即していないように感じてしまうから。

映画

Posted by ダイテツ