24時間テレビギャラは必要?いらない?チャリティー番組だから寄付すべき?みんなの意見は!

24時間テレビのギャラは無償でもいい?

24tv_00

今回は24時間テレビのギャラについて、みんなの意見をまとめてみました。

チャリティー色の強い番組である24時間テレビ。

そのため、「出演者に多額のギャラが発生しているのは、趣旨に反するのでは」という意見が長年世間を賑わせてきました。

そんな24時間テレビの出演者のギャラ問題について、みんなの意見をみてみましょう。


24時間テレビのギャラは当然支払われるべき

24時間テレビのギャラは当然支払われるべき、という意見がこちら。

・チャリティーでもありますが必要経費もかかると思います。タレントの移動、食費や雑費等。そのような部分でかかるお金はギャラとしてテレビ局が負担してあげるのはありと思います。ただ通常のギャラは無償の方が良いと思います。

・少しでも払ってあげるべきだと思います。ですがそれほど払わなくてもいいかと感じます。ギャラが色々問題となっていますのでギャラが高い人は使うべきでないと思います。そのような配慮も必要だと思いますし、チャリティーという意味を忘れないでほしいです。

・ギャラ無しとなると出演してない芸能人の方はチャリティーに興味が無いと言われたりするのではないかと思ってしまいます。タレントさんを使って募金を集めるというテレビ局側のチャリティー番組としてやればいいのではと思います。

・歌やダンスであれば練習をしたり、ドキュメンタリーであれば取材をしたり、大変なことだと思うので、多額ではなくてももらってほしいなと思います。タレントの人気があるから視聴率があがったり、チャリティーが成立しているのもあると思います。


・お仕事ですのでギャラは発生すべきです。それは絶対。ですが、募金を求められる視聴者からすればタレントさんのお給料は自分たちの何十倍もある、と考えるので半分チャリティーに出すなどしてほしいです。その際、募金しますよと嫌味にならないように工夫しながら公表してほしいです。

・いろいろなところに行ったり、協力したりしているので、タレントさんにはギャラは支払った方がいいと思います。そこで話しているアナウンサーなどには微妙ですけど、タレントさんには、支払うべきだと私は思います。

・チャリティーイベントとはいえ、長い拘束時間に決して楽ではないお仕事だと思います。それを無償でやれというのはあまりにも都合が良すぎると思うし、もし自分が無償でやれといわれても絶対にしたくありません。タレントさん自身が支払われたギャラから募金をしたりするのが本当のチャリティーだと思います。

・利益を得ているスポンサーもいるので、スポンサーから広告の一環として出演者に多少のギャラは払ってもいいと思うが、あくまでチャリティなので法外なギャラはいかがなものかと思う。昨年YOSHIKIさんがノーギャラで出ていたが、ノーギャラの人がいると他の人がギャラの事態をせざるを得なくなるなどのことにもなるので、「もらっても良心が痛まぬ程度」は支払った方がいいのではないだろうか。マラソンはギャラが2000万と言われているので、そんなに支払うなら止めるべき。

・無料はただの仕事しかしません。有償だからこそタレントもきちんとお金の分の仕事をしてくれます。そっちの方が見ている方は安心して番組を視聴できます。無償で、チャリティーでタレントを使うならそのタレントが本当に無償で参加したいと思う何かしらの理由がないといけないと思います。

・チャリティーというコンセプトなら勿論ランナー自身や、サポートするあの大勢のスタッフも全員無償でないと話が合わないと思うがまずそれは絶対あり得ない話。そして、あれだけの距離を走る(という体)だから、肉体の負荷は避けられないので、番組終了後、ランナーが休養して通常復帰出来るだけのケアーに掛かる最低限の費用は絶対に支払うべきだと思う。


・チャリティー番組だからといって、「無償でいい」ということはないと思います。放送当日の飛び入り出演的なものであればノーギャラでもいいかと思いますが、事前練習などに多くの時間をさかれていると思います。「ノーギャラ」=「チャリティー」という考え方は間違っていると思います。誰かの犠牲の上にチャリティーが存在するものではないと思います。

・無償が最善ではありますが、少額であっても支払い、それをタレントさんがどうしているか(寄附するとか受取拒否など)可視化してはどうかと考えます。素人考えながら一旦は事務所が受け取ることになるのでしょうが。

・寝ないで放送しているのにギャラがないというのは、あまりにもかわいそうすぎると思います。自分で出たくなくても事務所から言われ断れない人もいるだろうし、24時間はあまりにも過酷すぎる上にギャラがないというのは酷すぎます。

・ノーギャラだとそもそも受け手がいなく、露出が見込めるとはいえ、人気者を見たいのにそういうそういう人も出てくれなさそう。チャリティーは番組を通じて得られた善意をお困りの人に分配するもので、番組を作るに必要なお金は番組が負担すべき。

・ここまでチャリティが普及してきたのは、24時間テレビで数々の芸能人がテレビを通じて呼びかけてきた功績は大きいと思います。その点で今後も相応のギャラをしっかりお支払いして積極的に呼びかけてほしいと思っています。


・正当な労働に対してギャラは支払われるべきです。ただし、チャリティーということを考慮して人気芸能人、駆け出しであまり有名でない芸能人と差をつけることなく、皆さん同額でとしたほうがよいのではないかと思います。

・チャリティー番組だけど少なからずギャラは貰ってもいいのではないかと思います。24時間マラソンに出られる方もいるわけだし皆さん24時間番組の為に頑張ってくれているので少しでもいいので支払われるべきだと私は思います。

・チャリティー番組だが、無償と有償で仕事のやる気も変わると思う。無償で良いと言うタレントさんといるかもしれないと思うけど、それなら貰ったギャラを全額寄付して貢献すればいいかと思う。有償にしておけば、どういう使い方にもできるため、ギャラは支払われるべきだと思う。

・マラソンを走るチャリティーランナーには支払う方が良いと思います。夜中にわけのわからない歌を歌ったりしている、売れていない芸人やミュージシャンはギャラはいらないと思います。テレビに出ているだけでありがたいと思ってほしいです。

・チャリティーとはいえ、あまりに多くの人が関係している番組。社員や会場提供元含め、純粋にすべての人に無償で労働を、というのは無理があり、一種のパワハラにもなりえる。ギャラは支払ったうえで、タレント自身の判断で辞退するならまだ理解できるが、それも強制する風潮なら番組をするべきではない。

・ギャラはギャラとして支払い、それとは別に寄付を任意の金額でお願いするべきだと思います。日本はチャリティーやボランティアにかかわる人は無償であるべきと考える人が多いと思いますが、責任が発生する仕事である以上はギャラは支払うべきだと思います。その他のスタッフさんも無償でやっている訳ではないと思いますし・・・

・もし、無名の人なら、、売名のためにも無償でむしろ今後活躍の幅が広がると考えいいと思いますが、多忙を極めるジャニーズや司会の方々はきちんと対価報酬はもらうべきと思います。ただ、高額ではなく、見合った金額である事、チャリティーに全力で片寄せることを誓ってほしいです。

・チャリティーを大々的に打ち出していますがテレビに出られる方もお仕事ですし、ボランティア活動ではありません。この仕事をただにしてしまえば、その他の局でもチャリティーを大々的に打ち出してしまえば、出演する芸能人は無償で出演することを余儀なくされてしまいます。寄付は出演料から各個人が捻出すればいいと思います。

・いくらボランティアといえども、それを売りにしてスポンサーもついて長年番組にしているのですから、出演者に支払いをするのは当然だと考えます。ただで一日も付き合う重労働を受けてくれる人はいないでしょう。今後出演者がいなくなって、つまらない番組になっては募金も集まりません。

・24時間テレビだって一応は仕事ですから 仕事をしてもらっている以上はきちんとギャラを払うべきで逆にギャラを払わなければ 何をしでかすか分からないような状態を作る状態にもなりかねないからです。働く以上はきちんとしたギャラを払うべきです。

・タレントさんも人間なので、仕事だと思った方がいろいろ頑張れる気がします。でもチャリティーなので、高額にしないで、最低限の金額にするとか、いつも通りのギャラでも何割かは募金にしてもらうとかすればどうかなと思います。

・労働に対する正当な対価は支払われるべきだと思います。その上で、ギャラでの募金や自主的な寄付をされるのであれば、それは個人の考えですし大いに褒め称えられるべき素晴らしい事だと思います。ギャランティ無しでの労働や募金・寄付などの慈善行為を強制されるべきでは無いと思います。


・いくらチャリティーイベントとは言っても事前の取材や企画に参加することなど準備することがたくさんあり、本番ではほぼ24時間テレビに出たままで、精神的にも身体的にもしんどいと思うからギャラは支払われるべきだと思う。

・やはり芸能人としての職務としてやっているのでギャラは当然支払われるべきだと思います。チャリティー番組だからといってお金を使わないというのは社会的影響が小さくなると思うので企画としてのお金も使って多額の寄付金を集められたらいいと思います。

・時間拘束をするわけですから、「最低保障として」のギャラを支払うべきかと。普段の1/5-1/10程度のギャラとか。実際のボランティアでもそうですが、一般人でも何かしらのメリット(人脈づくり・時間の有効活用など)を見つけていると思います。純粋に人の役に立ちたい、しかも無料で!というのはなかなかないです。その観点から、協力してくれた感謝代程度のギャラは発生しても仕方ないと思います。

・打ち合わせや拘束時間などを考えると、メインキャストや各コーナーなどに出る方は、ギャラが出た方がいいと思います。ただ、すごい高い金額なら、日テレの社員の方がやればいいと思います。せめて募金で出演だけする方はノーギャラでなど。

・テレビのお仕事ですからギャラがあっても良いのではないでしょうか。事前取材や宣伝番組への出演などなど、24時間以上の多くの時間を拘束されるわけです。無償だとちょっと可愛そうだと思います。ノーギャラじゃ罰ゲームじゃないですか。

・チャリティー番組ではありますが、タレントの方々はテレビに出ること自体がお仕事なのでそれに対してはしっかり報酬は支払うべきだと思います。ギャラがないと出てほしい人も出てくれない場合もあるのかなと思ってしまいます。

・チャリティー番組と言っても仕事ですので、無償で働かせる事は違う気がします。ただインタネット上にある様な高額の報酬が支払われているのであれば妥当かどうかは支払う側ともらう側の人達は考えた方がいいと思います。

・チャリティー番組ではありますが、制作スタッフの給料は出ています。出演者も時間を使って仕事としているので、支払われて当然だと思います。貰ったお金をどうするかは個人の自由であり、それを寄付して初めてチャリティーの意味があると思います。

・仕事であるし、それなりにきつい思いをするのでギャラは発生すべきだと思います。ただ、そのギャラを全額寄付すればチャリティーの趣旨にもそぐうと思います。それを番組内でも明言したらいいと思います。金額もはっきり明示されればより成功すると思います。

・仕事で頼まれて出演しているので、労働に対する対価はあっていいと思います。番組制作側も視聴率を上げるためにタレントを起用している訳で、無償で24時間も働ける人はなかなかいないと思います。ただ、出演してもギャラを断る人がもしいれば、かっこいいなと思います。

・メインで出演しているパーソナリティーやドラマ出演者には支払われてもいいかなと思う。でもそれは寄付金から賄われるべきではないし、普通のTV番組寄りやすいくらいのギャラでいい。ギャラの有無よりも、寄付金の行方を毎年1円単位で報告する方が先だと思うんだけど。。

・チャリティ番組なのでタレントがお金を寄付するというのはあって良いと思うのですが、番組自体を面白くしたり盛り上げたりするのはやはり「仕事」なので、ギャラは支払うべきだと考えます。仮にタレントがテレビに出演してくれなかったとしたら、注目度も下がりますし募金額も大幅にダウンすると思います。タレントというのは存在そのものが商品だし、影響力も大きいのでテレビに出る限りはギャラを支払ってあげるのが筋だと思います。


・チャリティーだからギャラはなしというのでは、それは善意につけこんだ搾取です。仕事を頼んだからにはギャラを支払い、ギャラをいただいた人がどれだけ寄付をするかはまた別の問題だと思います。チャリティーに関することなら何でもタダなんておかしいです。

・基本的にギャラは支払われるべきだが、それを受け取るかどうかは出演者の自由。理由はどうあれ、ギャラがあるおかげで助けを待つ人々にお金がいくことになるのであれば、そのようにすべきだ。もし本当にチャリティーに貢献したければ、辞退するはずだし、それを公表すれば評価も上がる。そう言う者が出ないとはつまりそういうことだ。したがってギャラがないと、チャリティー自体が成立しない可能性が高い。

・これだけ大変なお仕事ですのでギャラはきちんと払うべきだと思います。ランナーとして選ばれた人ですので無償でやるのはどうかと思います。チャリティー番組だから出て視聴者は大勢いますのでぜひ支払ってほしいです。

・出演者は仕事として出演して欲しい。無料で出演することが支援にはならないと思う。その番組の質を保つためにもある程度の資金は必要だと思う。なんでもチャリティーで一括りにしてしまっては今後の番組の継続のためにもよくないと思う。

・そもそもチャリティーであるのだが、国家が決めている最低賃金の時間給で払ってはどうでしょうか?そのほうが世間の納得性が高いと思います。ボランティアやチャリティといっても、労働を提供する限り最低限のが屋らは払われるべきであることの見本となり、忠誠心やサービス残業の是正につなげてほしい

・無償と言っていても結局はお金が動いている気がします。だったら、ギャラはきちんと支払って、そのお金は個人的にギャラを何かに使って公表するのが一番信用につながる気がします。結局テレビ局ってあまり信用できません。

・拘束時間も24時間と長く、体への負担も大きいですし、前後に他のお仕事を控える必要性などもあると思うのでギャラはあってもよいと思う。ただし、あまり高額だとチャリティー番組の目的から外れてしまいそうなので、少な目でよいのではと思う。

・番組なのでギャラはある程度は支払われるべきだと思います。でもチャリティー番組なので、格安かギャラの一部は募金してくれたら嬉しいです。ギャラ辞退もできると思うので、それくらいの気持ちで出演して欲しいと思います。


・チャリティとはいえ、忙しい時間を使って出演しているし、タレント以外の裏方さんやアルバイトの方などは無償ではないと思うので、そういう方達と同じように高額ではなくても多少のギャラは支払うべきだと思うし、タレントさんも堂々とギャラをもらっていいと思います。

・海外では、自分の考えがあってそれをもとにチャリティーをやるので無償で行うと思いますが、24時間テレビはタレントの意思よりもテレビ局の意思が強いと思うので、ギャラは支払われるべきだと思います。他の番組のギャラと同じだけを支払うという訳にはいかないと思いますが、一律のギャラがタレントに支払われてもいいと思います。

・チャリティー番組とはいえ、芸能人は人気、芸を見る人に夢、希望、笑顔などを与える仕事です。よって、チャリティとはいえ、仕事は仕事ですので、ギャラは払うべきだし、タレントのギャラが無償とのことは、そのタレントが24時間番組に出演するに、その関係者も仕事をするわけですから、ギャラは払うべきです。

・TVに出ている以上は仕事だと認識しているためギャラは支払われるべきだと思います。ただ、募金に来て短時間しか出演していない芸能人に対しては、支払われるべきではないと思います。私が支払うべきだと思っている方々は、24時間司会を続けているタレントに対してです。

・一度ギャラは支払った後で、それぞれ任意の金額を寄付するような方式にした方が、参加の門戸も広く持てると思います。多様性を尊重する番組であるからこそ、チャリティーだから無償という画一的なルールを決めてしまうよりも、柔軟性のある番組にして欲しいと思います。


チャリティー番組だからギャラはなしでもいいのでは?

チャリティー番組だからギャラはなしでもいいのでは?、という意見がこちら。

・本来チャリティーやボランティアとは見返りを求めるために行うものではないと思いますし、もしギャラが支払われないということに賛同できなければ出演を辞退すればいいだけの話だと思うので、ギャラはいらないと思います。

・募金を呼び掛けている人たちに多額のギャラが支払われていて、募金する側の意図とする目的と違うところでお金が使われるのは詐欺と同じだと思います。番組を制作する上で最低限の費用がかかるのはしょうがないと思いますが、タレントさんはノーギャラで頑張ってほしいところです。

・実際には莫大な予算がかかっているのでしょうが、チャリティーイベントとしてやっている以上、出演者にギャラが支払われていると募金から支払われている気にもなりますし、出演者自体は番組に出演することでイメージアップに繋がり今後の仕事が増えるでしょうから、番組主旨にのっとって出演者も無償の方が印象はいいと思います。予算の方はスポンサーが広告料としてまかなえばよいでしょう。

・タレントさんあっての番組ではあるが、24時間に関わっている裏方のスタッフさんが段取りをしてくださっているからこそタレントさんが動ける。そのスタッフさんが無償であるならばタレントも無償であるべき。そのギャラも寄付してほしい。

・本当にチャリティーの志を持った人だけでやって欲しいです。ギャラなんて払うなら番組自体を辞めて欲しいです。惰性で何年も続けてきて、お涙頂戴の内容ばかりでウンザリしています。ドキュメントだけは特番などでやっても良いと思います。


・チャリティー番組ですからギャラは無いのが当たり前かと思います。海外ではギャラが無いのが普通だと思うのですが。障碍者の方にスポットが当たるような番組なのは良いと思いますが、感動の押し売りすぎるところもどうかと思います。

・長時間の労働に賃金が発生しないのはどうかとも思うが、そもそもがチャリティー、ボランティアなどの方向性の番組なので出演者お金をもらうのは番組の趣旨と離れてしまう気がする。出演者がお金をもらって、一般人はせっせと募金するという構図はどうかと思う。

・チャリティ番組なのに逆にギャラをもらっていると思うとがっかりする。その分も募金すればかなりの額になるだろうし、タレント本人もオファーが来た時点で無償でやると思うだろうし、チャリティをギャラありでするタレントはいかがなものかと思う。

・バカ高いギャラをチャリティなのだから、タレントではなく全て寄付基金という形で使ってほしいです。タレントの方がうけたギャラを寄付という形をとってくれてもいいので、お祭り騒ぎという形だけで終わらせることなくもっと社会的に貢献する形をとってほしいです。

・被災地の方や障害がある方をあれだけピックアップしているのだから視聴者からの寄付はそちらに渡すのが筋だと思う。芸能人のギャラのために視聴者は寄付をしてはいないと思うので、できるかぎり有意義なお金の使い方をしてほしい。


・なんの為のチャリティーか考えてほしい。みんなも交通費や貯金をその日のために長く貯めてから行っているため。海外の芸能人の方々は積極的にチャリティーに参加されてします。チャリティー啓発のためにも無償でやって頂きたいです。

・チャリティー番組なのに芸能人にお金を払ってきてもらうのは変だと思います。しかも募金箱を持ってきた芸能人もなぜ小銭なのかといつも思ってしまいます。札束で大金を募金できる人が沢山いるのに小銭でごまかすのはやめてほしいと思ってしまいます。

・無償ではなく、実費のみが支払われ報酬は寄付する。または、出演タレントによってギャラに差があるのであれば、一律にして金額もオープンにする。これくらいしないとチャリティ番組と名乗る資格はないと思っている。何年も前に違和感に気付いてからはあまり見ないようにしているので、正直どうでも良いのだが。

・チャリティー番組でありながら、多額のギャラが発生しているとなると、寄付金からギャラが出ているのではないかと疑ってしまう。善意を売りにしているのなら、芸能人でも善意で出ればいいし、そうすれば、ああこの人は善意で番組に出たのだなと好印象にもなるし、その後の仕事にも繋がると思う。

・これは無償は当然です。募金をしてください。というなら、タレントさんのギャラはなしです。確かに24時間は体力的にもきついと思いますが、大御所であろうが絶対に無償です。ギャラ払うなら、そのギャラ全額募金するべきです。

・国民から募金を募っておきながら、タレントさんに高額なギャラを支払っていたのでは洒落になりません。チャリティー番組であるからして、出演されるタレントさんにもギャラは募金するという事でノーギャラであるべきだと思います。

・子どもの頃は「出演者は皆善意のボランティア(=無償)で番組に参加して応援している」と信じていた為、ギャラ発生を知った時は少なからずショックでした。無償でできないならば『単なる感動を利用して視聴率を稼ぐ番組』でしかないので、最初から番組自体を制作しなければいいのにというのが本音です。


・チャリティー番組は「誰の為に」「どのような目的があって」製作されているかとう意味を深く考えた場合、出演者のギャラはあっても良いがすべて寄付すべきだと思われる。スポンサーから出資される金額も寄付を前提に行われるべきで、ましてやTV局が番組を制作する為ではないと思う、そうでなければ辞めてしまったほうが良いと感じます。

・好きな芸人さんだったけど、不祥事を立て続けに起こしたので、今度は社会のためになることをして、またテレビに出られるようになって頑張ってほしいから。今話題になっている若手の芸能人さんもいいかもしれないけど、昔から見ている人が走るというほうが気になって見ると思うから。

・無償でなければチャリティ番組と言えない。もしギャラが支払われても通常より少額か、半分程寄付するくらいの気持ちでいて欲しい。芸能人にもチャリティ間を存分に感じてもらいたい。芸能人は皆、高額のギャラをもらっているんだろうという偏見があります。

・チャリティーなのにギャラ発生はコンプライアンスじゃないけど…ちょっと合わないような気がする。出たとしてもお車代程度にしてほしい。チャリティー番組は出ただけで他にも恩恵があるはずです。クリーンなイメージがつきますし、関連することで他の番組などにも呼ばれるはずです。

・なんのための番組かわからない。多額の募金やスポンサーからの寄付をギャラに当てられていたら、ただの金儲けの番組としか思えない。障害者の方々が頑張っているのをだしにして、お金を集めているように思えてしまう


・最近マンネリとか偽善番組などと言われてるところもあり、実際出演されるタレントには高額なギャラが支払われてるのも事実だと思います。チャリティーというのであれば当然ギャラはいらないと思いますし、もっと番組を見る人が増えると思います。

・チャリティだから。お金もらっていたら、正直説得力はないと思います。タレント以外は多くのボランティアであったり、Tシャツを販売し募金、募金と呼び掛けているのだから、愛とか、感謝とか前面に出すのならば、ギャラはいらないでしょう

・周りからはチャリティーの募金を募って、そこからお給料が発生してるわけですから、全てがチャリティーに回っているわけでは無いということですよね。そこはちょっと疑問が残ります。チャリティーをうたうなら奉仕すればと思います。

・チャリティー番組ですので無償でいいなと思う思いもあります。タレントさんのギャラが少々高すぎるのではないかと思います。だから無償で良いのではないかと思ってしまいます。タレントさんによってギャラはまちまちのような気がします。

・スタッフや芸能人をたくさん使って大規模でしているにも関わらず、チャリティーというが、ギャラは支払われており多大なお金が使われていると思います。療育施設や介護施設などに寄付する等を行い、チャリティーとして行っていけば、視聴率も良くなると思います。


・最近の24時間テレビのチャリティーランナーなどに参加する芸能人は、とにかく話題や番組連動の企画される芸能人が多く、売れたいから参加しているのではと思えてしまう芸能人が多いです。一般の人は募金という身銭を切ることまでしているので、普段稼いでる芸能人も無償で参加しても良いと思います。

・ハリウッドの俳優やタレント、中国の俳優のボランティアや無償のチャリティー運動は見習っていった方がいいと思う。富める者の義務、ノブレスオブリージュは日本にはまだあまり根付いていない考え方だけどもっと広まってほしい、と個人的に思います。

・タレントさん以外の運営に必要なギャラは支払われるべきだと思います。ただタレントの会社(事務所)さんは、チャリティーに参加するということの意味を考えてほしいと思います。商取引上、無償が無理なら1円にするとか…方法はいくらでもあるのではないでしょうか。

・選択は迷いました。ギャラは支払われた方がタレントの出演価値が上がるのではないかと思いますが、チャリティー番組だからこそ、本来タレントに支払われるギャラも募金に回した方が世の中のためになると思いました。

・ボランテイアは無償のことをいうものだと、思います。ギャラの分を、チャリテイーの収益にあげたほうが、いいと思います。テレビのコマーシャルで、宣伝は十分だと思います。お金では公務員と同じく、税金んでまかなっているのと、同じです。

・チャリティを題材にして商売でやるのは個人的ん趣味にありません。どうも弱者を食い物にしてるようで苛立ちさえ感じます。そのため出演者は無償で、スポンサーは一切の広告を出さず金だけ出すというのが基本姿勢であるべきだと考えます。

・何かと問題視されるギャラですが番組の趣旨(チャリティー番組)から鑑みるにやはりそこはチャリティー番組の観点からも無償のほうが良いと思います。そうすれば変なクレームを来なくて済みますし私の考えてとしては無償です。

・絶対に無償にするべきです。チャリティーなのにギャラが生じるのはおかしいですし、もしギャラが出るのであれば出演者は全員寄付に回すべきです。ギャラが生じるならチャリティー番組を名乗るべきではないと思います。

・本来の意義で言えば、製作から放映まで含めて、参加者全員がボランティアとして活動、奉仕すべきと考えます。昨今の24時間テレビの放送は偽善者の押し付けがましい番組であり、まったく共感できるところが無くなってしまっています。

・基本的にチャリティーなのだから、ギャラは無償であるべきだと思います。私達視聴者からの善意で集まった金額だからです。出演者とて、それは同じだと思います。ギャラの支払いによる事で、チャリティーの趣旨が曲がってしまうと思うからです。


・チャリティーなので、無償でいいと思います。高校生もボランティアでたくさん募集しているし、年に1回大きな番組に出るだけでもタレントの宣伝効果は十分にあると思います。その分、楽屋とかにいつもより豪華なケータリングとか、長時間出演するタレントさんのための休憩室、休憩時間に配慮したらいいと思います。

・芸能人の方々は、基本的にいいお金をもらっていると思うので、年に一度のこの番組の時くらいは、無償でやっていればみなさんの好感度も上がるし、今後もみようかなと思います。実際はやはり支払われているのでしょうか。

・昨年初めてギャラ払われていると知りショックを受けたからです。また金額も大きく残念でした。日本で震災が多発するようになってからは、ユニセフへの募金が中心だったころよりも24時間テレビが盛り上がりを見せ企画スケールも大きくなっていたので、視聴率狙いかなと思う部分がありました。ギャラが払われていることで「やっぱり」と思いました。ギャラが支払われるから出演しているのであれば、それは善意で募金をしてきた人への裏切りだと思うのでギャラは払うべきではないと思います。

・海外のこういうチャリティー番組は、かなりの大物でも無償で出演されているというのをテレビで見た気がします。寄付金を一般人から集めていることですし、タレントさんはギャラを貰うのを自主的に辞退するようにしてほしいと思います。

・24時間テレビは視聴者から多くの義援金を募っています。なのに、それを呼びかけているタレントにお金を支払われることは辻褄があっていないような気がします。インターネット上ではあれやこれやと噂が出回っています。なので、一度そこの部分を明白にするためにも無償で行われるべきだと思う。

・海外では出演するタレントさんは無償でやっているので日本でも無償でやってほしいと思います。その上で出演者も募金をしてほしいと思います。ギャラをもらっているのであれば募金の集め方をもっと積極的にやってほしい。


・ギャラとしてテレビ局がお金を用意するのはいいと思うのですが、タレントさんにはぜひそれを全額寄付して欲しいです。それこそチャリティーかな?と。でもそんなまだるっこしいことするのならボランティアの方がいいのかなということで無償にしました。

・チャリティーを全面にうたっている番組なので、そうあって欲しいと思うからです。出演者たちもそのようなチャリティーの意思でこの番組に出ていてくれる方が見ている側も納得して番組のチャリティー活動に参加できると思うから。

・チャリティー番組なのになぜギャラが発生してるのか昔から疑問に思っています。そのため、感動するようなことを出演者が言っていても本心には聞こえずきれいごとを言っているように聞こえます。ノーギャラで出演すべきだと思います。

・ニュースに話題になった事もあり出演された芸能人の報酬より寄付金が少なくチャリティーで参加のはずがギャラ目当ての出演何てとんでもないです。不自由な方々の苦しみをなんだと思っているのかわからなく不快であり、アメリカだとどんなVIPでもノーギャラ+最善策を行いボランティアにぜんりょくを尽くしているのに日本人は情けないです。

1 Comment

オデイデイマン

以前、トンネルズが司会をした時に石橋がうちらのギャアは募金から払われてると言って大問題になって日テレが火消しに躍起になったた事がありましたが、あれがすべてだと思います。現在でもボランティアが着る「チャリTシャツ」を1枚500円で強制的に購入させてるのに、ギャラを払っている芸能人には無料で配り、「ご家族分好きなだけお持ち帰りください」と大きな声でスタッフが喋ってたらしい・・・。しかも、ボランティアの子に企業の物販コーナーで無償で店員まがいの事をさせてる。マジ本末転倒。一番いらないのは「マラソン」ダチョウの上島は半分以上車で移動したって暴露したらしいし。収支報告書も杜撰で実際、何にどれくらい使われてるかも曖昧であまりにもいい加減。障害者や弱者を食い物にして、まさにそれで利益を上げてる超営利目的でチャリティー精神なんて皆無な史上稀にみるドブ番組だよ!
海外のチャリティー番組見習って、出演者はすべてノーギャラ・スポンサー企業は広告一切なしいの名前のみ・製作費等の必要経費以外で余ったお金もすべて募金に回す!集まった金額は最後の1円まですべて公表!これが出来てはじめてチャリティー番組と名乗っていいんだと思う。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です