ルパンの娘面白い?つまらない?ドラマ感想口コミ評判!予想以上に好評?深田恭子がかわいい?

ルパンの娘ドラマ感想口コミ評判!

luin_00

今回はドラマ ルパンの娘についてみんなの感想口コミ評判をまとめてみました。

ヤバめのドラマが始まると放送前から話題になっていたルパンの娘。

実際にみんなの反響はどうなのか、意見を見てみましょう。


ルパンの娘ドラマ面白い?つまらない?

ドラマ ルパンの娘が面白いのかつまらないのか、みんなの意見はこちら。

・正直あまり期待していなかったのですが、やりすぎなくらいのオーバーな演出と演技が違和感なく、とても面白かったです。ミュージカル調のシーンが突然始まったりするのもツボでした。小沢真珠さんが超ハマリ約で渡部篤郎さんとの振り切れたラブラブ夫婦っぷりが面白いです。ゴージャスな宝石や仮面にかこまれて美ボディを惜しみなく披露しながらアクションシーンもこなすフカキョンを見るだけでも十分楽しめるドラマでしたが、次から次へとおもしろいシーンの連発で目が離せませんでした。主人公の恋愛事情もこれからどうなっていくのか気になります。主題歌がサカナクションなところも満点です。曲を流すタイミングや使いどころもぴったりでした。

・深キョンの泥棒の格好が笑うしかないのかなって思っていだが、案外似合っていてよかったです。泥棒一家の皆々様がキャラが濃いので、泥棒の方は笑いながら楽しむことができてよかったです。警察の方は笑いが一切なくて、苦痛だなって思っていたところに、おじいちゃんの屈強な感じが思わず笑ってしまいました。瀬戸くんを救うためにチョップするなんて、瀬戸くんもつくづくかわいそうだなと思ったし、その前に深キョンへの愛を語っていただけに、苦笑いしてしまいました。小沢真珠さんがとてつもなく楽しんでいるなって、彼女が出てくるだけで大笑いしてしまってお腹が痛かったです。小沢さんと渡部さんの夫婦は、最高にイカしてるなって感じました。

・「泥棒一家の娘と警察一家の息子の恋愛」という意外性のある設定から、放送前からきっと面白いだろうと少し期待はしていました。第一話を見て、想像以上にコメディタッチなシーンも多く、ストーリー展開のテンポも良くて、気軽に楽しめるドラマだと思いました。各キャラクターが際立っていて今後の展開がすごく楽しみです。初め、小沢真珠さんと深田恭子さんが親子役というのにびっくりしたのですが、実際見てみると段々違和感なく見えてくるのが不思議でした。小沢真珠さんのぶっ飛んだ演技が面白かったです。華の幼馴染?(ミュージカル風に歌っていた男の人)と今後三角関係になったりもするのかな?等、第2話以降も今のところは楽しみに観てみたいと思います。

・驚くほどストーリーが面白くなかったからです。ありえない設定は元からわかっているつもりでしたが、子供向けアニメを実写化したみたいな、薄っぺらい内容だし展開もみえみえでした。なんで途中に突然ミュージカルチックな場面がでてくるかも理解不能だし、笑いの要素を取り入れたいのかもしれないけれどとにかくごちゃごちゃしすぎる。出演者のみなさんはそれぞれ演技の実力のある人ばかりなだけに、なんだか気の毒になりました。特に主演の深田恭子さん、もちろんあんな役でもとっても可愛いのですがこんなことまでさせられてかわいそうだし、相手役の瀬戸さんもこの役のために肉体改造までしているのに、こんなちんけなストーリーじゃ全然いかされてないです。ここまで面白くないのも久しぶりでした。


・深田恭子さんのコメディーチックなドラマはは苦手な方ですか今回はとても楽しく見られました。父親役の渡部篤郎も良い味を出していたし、母親役の小沢真珠が凄く顔が濃くてピッタリの役でした。脇を固める俳優陣がみんな個性的なのが面白かったです。深田恭子の変身シーンも味があって面白いと思いました。代々警察の一家と代々泥棒一家が結婚出来るのかこれからますます楽しくなると思います。深田恭子さんの演技は普段はぶりっ子の困り顔ばかりで下手くそだと思ってしまうのですが、今回は本当にバカっぽいドラマで面白いです。泥棒の才能も一族で一番でありそうだし、悪い人をやっつける様な泥棒役なので意外と良い話になっているのも好きでした。

・深田恭子さんの前回のドラマが良かったので今回も視聴したが、このドラマも深田さんのキュートさを生かしていていいと思った。原作があるのかは存じ上げないが、漫画をドラマにしたような内容かと思い正直それほど期待してはいなかったが、役者さんも演出もぶっとんでいる感じが面白かった。悪者を成敗する、特に悪行で儲けている者から盗んだり成敗する、しかも悪びれずにあっけらかんと、という設定は、経済的な格差が広がる今の世の中には共感できる人も多いのではと感じました。普通のドラマは1話は登場人物と設定の紹介でほぼ終わり、という感じで2話を我慢して見たら面白くなってくるというものも多いような気がしますが、このドラマは最初から、ミュージカルあり、喋らない人、剣さばきを披露しちゃう人、どんぐりさん、と登場人物紹介だけで楽しめちゃったので、逆に2話からトーンダウンしないか心配になるぐらい面白く見られました。

・深田恭子が好きなので、ドラマの内容はあまり期待せずに見ました。しかし、ストーリーといいキャスティングといい、とても面白く楽しめました。本当にこんな怪盗ファミリーが友達にいたら、仲間にはなりたくないけど、毎回ワクワクドキドキだろうなとか、一度でいいからあの高級マンションに遊びに行きたいなと色々と想像してしまいました。類くんがドラマに出ていたのにはびっくり。引きこもり役、案外ハマっていましたね。キャスティングも良かったですが、ひとりひとりのキャラクターも面白くて、次回がもう楽しみでなりません。マルシアもドラマに出るなんて、こちらも驚きでした。日本語が若干あやしいのが少し笑えました。あとは深田恭子のスタイルはやはり抜群ですね。


・木曜日の夜のドラマでは面白い部類に入ると思います。警察と泥棒、追う側と追いかけられる側で相反する間柄です。但し、セクシー泥棒というにはもう少し着用している服が地味であったように見えます。視聴者から批判を言われない程度の色気が欲しいです。また、シンプルなラブストーリーでは無いので笑い転げるようなシーンも欲しいですね。主役の深田恭子さんの演技を久々に拝見しました。屋敷に忍び込んで逆さ吊りのシーンがありましたが結構、長い時間ほど吊るされていました。頭に血がのぼりますよね、女優さんは大変な仕事だと痛感しました。泥棒だからもっと派手な仕掛けとリアクションが有っても良かったのにとも思いました。地味なコソ泥では、ドラマのイメージとかけ離れます。第2話に期待しましょう。

・前情報を全く知らずに見ましたが、テンポがよく話がどんどん展開していくので1時間15分あっという間でした。ちょっと大げさだなぁと思いつつも、クスッと笑える場面がたくさんあり面白かったです。深田恭子さんと瀬戸康史さんの出会いの場面では、出会っていきなりキスとかありえないでしょと思いましたが、そのあとすぐに「やべぇ話だな」とすかさず円城寺さんのツッコミが入ったので、笑えましたしすっきりしました。なぜいきなりミュージカル調?と思いましたがそれもスパイスになり良いかも、と思いました。1人だけ家業に反対している主人公が皮肉にも一番盗みの才能があるというのも面白いです。キャストの皆さんも誰一人違和感なく演じられていて、次回からも頭を空っぽにして楽しめそうです。


・最近ではコメディエンヌの印象が強い深田恭子さんが主演のドラマということで期待して観ましたが、期待以上に面白いドラマでした。代々泥棒の三雲華と、代々警察官の恋人桜庭和馬がお互いの素性をしらないまま付き合い結婚を意識するようになっていった所で、恋人への両親への挨拶に伺いその事実を知ってしまった華がその恋を諦めようとするが事件に巻き込まれた和馬を救うことでいろいろこじれるドタバタ感が観ていて面白かったです。女優歴は長いのに深田恭子さんの演技はそこまで上達している気はしないのですが、コメディエンヌとしての深田恭子さんの出演する作品はなぜだかこれまでも「ダメな私に恋してください」や「初めて恋をした日に読む話」などつい気になって観てしまいます。

・最初は原作全く知らなくて前情報も知らず見始めたのですがこんなにドタバタ劇だと思わず、とても楽しかったです。ありえない設定すぎてアニメのようで力を抜いてみられる作品だと思いました。警察一家の家族がいかにも警察官!という威圧感も反対に笑えました。深田恭子さんはいつまでも可愛らしく、苦悩する姿もたまらないです。瀬戸康史くんもカッコいい。他の役者さんも豪華。加藤諒さんががきデカにしか見えないけど上司なのかな?面白い顔だけど真面目な役もできるのにはびっくりしました。おばあちゃん役のどんぐりさんもいい味出し、小沢真珠さんのお母さん?には度肝抜かれました。ミュージカル調のシーンはいったい何事かと思いましたが非現実的な世界観をさらに掻き立ててくれています。主題歌のモスもカッコいい。フルで流れてアニメっぽい曲で面白い。


・予告通りの印象でしたが、一番驚いたのは主人公の泥棒の一家が、あまりにも華麗過ぎるということでした。少し日本人離れをしたような感じもありますが、地味な警察との対比があって良かったのかもしれません。ロミオとジュリエットのような悲恋なストーリーという感じがあまりなく、コメディータッチのドラマのような感じがしました。その分、気楽にドラマを楽しめると思います。泥棒と警察が登場するこということで、事件が毎回起こってしまうのだと思います。ですが、あまりシリアスな感じはなく、悪役もおなじみの役者さんだったので、悪い人という印象を受けずに観てしまいました。主人公の泥棒一家の家の構造がかなり気になるので、次回以降はその辺もじっくりと観ていきたいです。

・こんな面白くて楽しいドラマは久しぶりです。予告の段階でチープな雰囲気が漂っており、主役は深キョン。私、深キョン嫌いじゃないのですが、「この前、連ドラやったばっかりじゃん。またやるのぉ?!」という気持ちがあり、正直視聴するかも微妙なドラマでした。しかし、そんな私の感情は見事に覆されました。はぁこれは見ておいて良かった。今季のドラマで間違いなく一番面白いです。凄く単純でおバカなドラマ、設定もキャストもキャストの年齢設定もハチャメチャなのですが、それはあえてなのが見れば良くわかります。脚本はコメディタッチのドラマにありがちな滑り台詞がほぼないです。視聴者の心の声を見事にリンクさせていると思います。演出も巧妙でかなり細かいこだわりを感じます。キャストで好きなのは、深キョンの母親役の小沢真珠さん。小沢さんのママキャラが面白い。見事に振りキレてます。このクオリティをどうか最後まで頑張って維持してほしいです。来週も絶対見ます!


・変わったストーリーのドラマでしたが、キャストも良くて全体的にわりと面白くて楽しめました。主役の華(深田恭子さん)は泥棒一家の娘なのですが、その彼女が好きになって結婚まで考えている相手、和馬(瀬戸康史さん)は警察官で、しかも彼の家族は代々、警察官ばかりという一家だと分かってびっくり。もちろん和馬は華の一家が泥棒だとはまだ気づいていないのですが、これからどういう展開になっていくのか楽しみです。途中、華と円城寺(大貫勇輔さん)がミュージカルみたいに歌い出すシーンがあるのですが、二人の声がキレイでステキでした。父親役の渡部篤郎さんと、母親役の小沢真珠さんの演技も上手で良かったですが、小沢真珠さんは相変わらず強烈キャラで面白かったです。

・テンポが良くて飽きることなく楽しんで見ることが出来ました。コメディは演じる俳優さん達が上手でないと成り立たないと思うのですが、演技力のある俳優さんたちが揃っているので面白かったです。かなり個性豊かな俳優さん達が揃っていて、良いキャスティングだなと思いました。途中でミュージカル風になったり、随所に「挑戦」が感じられる作りになっていました。なによりも、深田恭子さんがとても可愛くて魅力的でした。意外にもアクションシーンが決まっていてびっくりしました。高層マンションの別宅がとても豪華で、リッチな気分も味わえました。主人公のぶっ飛んだ家族と、彼の堅物の家族が両極端で、メリハリが感じられて面白かったです。泥棒一家の主人公と、警察一家の彼の恋が、今後どのように発展してくのか楽しみです。