TWO WEEKS面白い?つまらない?ドラマ感想口コミ評判!三浦春馬好演?

TWO WEEKSドラマ感想口コミ評判!

two_weeks_00

今回はドラマTWO WEEKSについて、感想口コミ評判をまとめてみました。

韓国のドラマのリメイク版となるTWO WEEKS。

みんなの感想はどうなっているか、早速見てみましょう。


ドラマTWO WEEKS面白い?つまらない?

ドラマTWO WEEKSはおもしろいのかつまらないのか、みんなの感想はこちら。

・キャストがみな演技力が高く、見ていて引き込まれる。たまに見ていて、ドラマ感をすごく感じる役者さんがいるので。三浦春馬さんは久々のドラマ出演であるためファンとしてはうれしい。過去になにかあった青年という暗さと、子どもに見せる温かい素敵な笑顔の表現が見事だと思う。芳根京子さんは正義感で強い・真面目といった役が似合うので検事役もはまっていると思う。また子役の子がかわいらしく見ていて癒される。ストーリーについては、最近は一話完結型のドラマが多いが、本作はそうではないため続きが気になり、次回以降がすごく楽しみになる。1話では冒頭でストーリーの半ば場面を流し、その後本筋を追っていくような構成になっていたため、最初から最後までハラハラしながら楽しめた。

・三浦春馬が久々に出演するドラマということで期待をしていましたが、想像していたよりも男前度がアップしていたので、ビジュアル的には大満足です。また話の展開もスピード感がありますし、さらに先が読めない展開なので来週も見てみたいという気持ちにさせてくれました。そして出演している俳優陣が、今までと違った役柄にチャレンジをしているところも見どころだと感じます。三浦春馬は今まで好青年だというイメージが強かったですが、今回は少しアウトローな雰囲気があります。また黒木瞳も裏があるような役柄の女性で、芳根京子も今までのお嬢様役から飛び出して硬派な検事役を演じています。主人公から1話目から逮捕されるという衝撃的な展開ですから、挽回していく様子が楽しみです。


・好きな役者さんばかりで久々の三浦春馬さんの主演ドラマで予告の時点で期待はしていたけど、内容は期待通りの次回も気になるような作品でした。8年前に何があったのだろう。皆さんの演技がうまいのはもちろんですが、三浦春馬さんと比嘉愛未さんとの間にできていた子ども、はなちゃん役の子の演技がうますぎるのでとてもひきこまれてしまいました。無事にはなちゃんの移植に間に合うのか?という内容で普通なら捕まって逃亡したら病院に行くなんてバレて絶対無理でしょと思ってしまう現実なら起こり得ない内容なんですけど、しっかり楽しめました。高嶋さんの悪役もハマっていました。まだなにがどうなってるのか全然掴めませんが、これからの展開に期待できるドラマです

・三浦春馬さんがクズっぷりを発揮する役が大好きで、今回も見事にクズっぽくて好きです。韓国ドラマのリメイク作品のようですが、日本版でも十分に成り立つストーリーでした。娘の存在を知らないはずの主人公が娘「はな」を救いたい一心で急にタバコを我慢したりする優しい一面がギャップ萌えポイント高いです。手術までの間逃げ切れるかどうか、娘の命は救えるのか?ハラハラドキドキの展開が待っていそうで楽しみでしかありません。娘のはなが父親を知っていると言うのがまたポイントになり切なさと親子愛について考えるドラマにもなっていて、いろんな展開がありそうでハラハラです。脇を固める俳優陣もベテラン陣で豪華ですので飽きずに楽しめそうです。


・ストーリーは少し複雑でしたが、初めから最後までドキドキさせられる良いドラマだったと思います。ドラマのタイトルが「TWO WEEKS」なのはどんな意味なんだろう?と思って見始めたのですが、この「2週間」がこのドラマではキーワードになる意味があることがドラマを見て分かりました。主役の結城(三浦春馬さん)にはこの世に存在しているとは知らなかった娘が居たのですが、その娘は白血病でした。その子を結城が助けることが出来そうなのですが、その手術が「2週間後」に予定されているのです。この白血病の娘役の女の子がとても可愛らしかったです。今までのドラマでは見たことがありませんが、演技も上手で可愛かったのが印象に残りました。また他の役者さんたちの演技も良かったです。これから先が楽しみなドラマです。

・久々の三浦春馬さんのドラマだったので期待しながら見ていました。舞台をされてから演技の幅が広がったように思います。余裕のある演技といいましょうか。ストイックな役作りがドラマの世界に戻ってこられて嬉しく思っています。少し前まではイケメン俳優の一人くらいにしか思っていませんでしたが、舞台以降殻を割って実力派の階段をステップアップされてるように感じます。ドラマ自体は移植前の子どもにしては血色もいいし、歩き回るし元気だな、若手女性弁護士が張り切りすぎだとか、ツッコミどころはありましたが、韓国ドラマにありがちな山あり谷ありの展開があるのかなと思っています。少し疑問に思ったのは、なぜ原作が韓国ドラマなのかな。国内では面白い脚本を書ける方がいないのかなとそこだけは残念に思いました。


・三浦春馬演じるダメダメな男が最近存在を知った病気の子供の為に警察から逃げるところが良かったです。今後警察からどう逃げていくかと思うとワクワクするし、三浦春馬演じる男の心の変化もすごく楽しみです。そして1話を観るとどうも彼は前回の逮捕の時も冤罪だったみたいなので、黒幕が誰かについてもとても気になっています。あと彼の子供がとても可愛くてホンワカしてしまいました。あと三浦春馬も昔より断然イケメンなので、それも次回また観たいと思わせる要素だと思います。ただ彼は警察車両が別の車と衝突してのをキッカケに警察から逃げることができたのですが、普通警察車両がこんなに簡単に事故に合うかな?とそこに関しては違和感があります。

・三浦春馬は、どんな役でもそんなに違和感ないが、その他のキャスト、特に、芳根京子や比嘉愛未は、むしろ逆なのでは?と思うキャスティングであるところにまず、興味を惹かれた。ドラマが始まって、三浦春馬は、見た通りのアウトローだが、娘がいるとわかって、急に、優しい人間性が出てきて、ドラマが始まった感じになった。娘役の子がとても天真爛漫で可愛く、大地が心を掴まれてしまったのにも納得できる。なんとか助かってほしいと、感情移入してしまう。しかし、急展開。大地がはめられてしまい、逮捕されてしまう。これでは移植が〜と思った時、思わぬ事故で脱走。これは、今後の展開が楽しみ。そして、どうにか、無事、骨髄移植ができ、予後もよく、あの子が元気にサッカーしている場面が観たい!と願ってしまう。


・主役の三浦春馬さんが好きです。キンキブーツのオネエ役とは真逆のとても男っぽい役で新鮮です。このドラマの原作が韓国の物であることは知りませんでした。ストーリーも知らないので、常に何が起きるのか、キャラクター一人一人が何か影が合って興味が湧きます。子役の出演がドラマの時間の中で多くなると、飽きてしまい、見る気がなくなってしまいますが、この作品はそこまで子供が出っぱなしという訳ではなく私の中では許容範囲でした。三浦春馬さんがなぜ犯人に仕立て上げられたのか、以前にも刑務所の入っていたようですが、それはなぜなのか。高島政伸さんの本当の姿は何者なのか気になりどころが満載です。今後もこの調子でドキドキする作品であってほしいです。

・キャスト陣が魅力的でした。三浦春馬がめちゃくちゃかっこよかったです。チンピラ役が似合いすぎていました。キャバ嬢の女の子もかわいいし、芳根京子もかわいくて子役の子も上手いしかわいいしキュンとしました。高嶋さんは悪者役が似合いすぎて・・・最近悪者役でしか見てない気もしますが(笑)黒木瞳も美しくて政治家?でちょっとなんか裏がありそうな感じで、みんなしっくりきて最初から最後まで違和感なくドラマに集中してたのしめました。話の内容も私の中では非日常的な感じで少しワクワクして、今後が気になる感じで楽しかったです。女の子、助かって欲しいです。そして出来れば比嘉愛未とまたくっついてほしいです。警察でもある新しいお父さんはドナーの三浦春馬をどう思うのか。気になります。


・前情報はあまり得ずに視聴したのですが、冒頭で「どんな事件が起こったのか」を描写し最初に大きなインパクトを持たせ、そこに行き着く過程が丁寧に描かれていたことで、飽きずに楽しむことができました。また、出演者の演技がそれぞれ光っており、主人公を演じた三浦春馬さんとその娘役を演じた稲垣来泉さんの演技には特に惹かれるものがありました。だらしない生活を送っていた主人公に父性が芽生え、娘のことを思う表情につい感情移入してしまいます。初回の約1時間ほどがあっという間に感じました。まだ一話目ですが、伏線が散りばめられた素晴らしいドラマであると期待できます。誰が味方で誰が敵なのか、何が真実なのか、今後どのような展開になっていくのか、とても楽しみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です