天気の子映画感想口コミ!評判微妙?君の名はとどっちが面白い?人気キャラは!

天気の子感想口コミ評判!

tenki_00

今回は映画天気の子について、みんなの感想口コミ評判をまとめてみました。

君の名はに続いて注目を集めている天気の子。

早速みんなの感想を見てみましょう。

天気の子微妙?君の名はとどっちが面白い?

・「君の名は。」で知られる新海誠監督の最新作。始まった瞬間から、相変わらず(進化した?)綺麗なアニメーションに心を奪われました。窓に流れる雨粒の描写がとてもリアルでした。ストーリーは、一人ひとりにとって本当に大事なものやそれを守る覚悟について考えさせられます。私たちがあたりまえに正義だと思っていることが、本当に正義なのか。逆に、正義でなくても、自分が大切なものを守り抜くというのが、称賛されて良いことなのかどうか。正解はありませんが、私たちの誰もが、それぞれの登場人物の立場に共感できるところがあると思いました。前作「君の名は。」のキャラクターもメインではありませんが登場します。こういった遊びは嫌いではないのですが、今作に関しては、それによって頭の中でストーリーのつじつま合わせが難しくなり、この年齢のこのキャラが出てきたということは今は…など、余計なことを考えながら観る羽目になりました。理解力が足りないせいかもしれませんが、個人的にはもっとシンプルが良かったなあと思ってしまいました。

・全体的に面白かったが、面白くない点も前作「君の名は。」と比べると多かったのではないかと思います。新海誠監督の作品にはしばしば登場する、新宿に近い代々木にある神社(ほこら)に晴れ女の力を授かって、気象変動を次々に起こしていくのは楽しく、映像としても一見の価値があると思います。雑多な環境の新宿でなら、有り得るかもしれない発想は優れています。ただし、この作品を通して、水に沈んでしまう都市の醜い姿と美しい気象現象を対比したいのかどうか、晴れ女と気象の力に関係して登場する幻想の世界にはどのような意味があるのか、そこは自然の意味しか持ち得ないのかについて、観ていて心にわだかまりが残りました。また、帆高、陽菜とも家庭環境の設定には疑問符を付けたくなる点があり、帆高に捜索願いを出している両親の影も形も出てこない。陽菜には離縁した父親がいるのだろうか。陽菜が最初から持っていたように見えるチョーカーペンダントが力を持っているにしても、どうして日頃そのままになっているのか不思議に思ってしまいます。続編を作ってもっと謎に迫ってほしいと思いました。

・前作に引き続きRADWIMPSの挿入歌が数多くありそれがまた非常に新海誠監督の作品とマッチしていました。それぞれの雰囲気にマッチした音楽はRADWIMPSファンであればより一層楽しめると思います。作画に関しても新海誠監督らしさが出ておりました。現実の都心のどこか薄汚い雰囲気は一切ありません。現実では非常に汚さが現れる廃ビルやビルとビルの間のゴミデ溢れる場所であってもとても綺麗に描かれており、いい意味でアニメーション映画らしさが現れている作品でした。新海誠監督の作品と言えば前作の登場人物を登場させると言う特徴もひとつありますが今作も同様前回のメイン登場人物が数多く出演しております。今作に限って言えば前作「君の名は」が異例の大ヒットだった為今までの作品より前作の登場人物の出演回数や時間がとても多かったです。前作のファンであればそこも注目したい部分です。前述の通り前作「君の名は」は異例の大ヒットだったため、前作以上のプレッシャーはあっあと思いますが前作に劣らぬ作品に仕上がっていたので私はリピート視聴間違いなしの作品だと思います。

・「君の名は」に続いて、今回も映像がきれいで、雨の日と晴れの日の描写がどちらもきれいです。最近は雨が多く、梅雨があけたのかどうかわからない天気で、晴れが待ち遠しいです。この映画を見ると雨でもちょっといいかなと思えるようになったのもよかったです。あとは、でてくる新宿の描写も本当の新宿のようでした。radwinpsの音楽もとてもよかったです。最後はちょっと意外でした。ストーリーは好みが分かれると思います。私は好きです。過去にも新海作品を見て来られた方々もきっと同じだと思います。笑いあり・感動ありの作品で、ぜひ映画館で見てほしいと思います。あと、あと、過去作のキャラクターがちょこちょこ登場するのは、遊びごころがあって面白くて好きです。探しながら見るもの面白いと思います。きっと君の名は以上に流行るかは分かりませんが、もう一度見たいと思うお客さんも多いと思うので、ヒット作になることまちがいないと思います。

・よくわからないというところが正直な感想です。モヤモヤ感がすごくあります。なぜ帆高は家出をしたのか理由が分かりませんでしたし、なぜ須賀さんが同じ船に乗っていたのかも疑問です。なんで、帆高はわざわざ危険な船の甲板に出ていったのかも疑問です。他のお客さんはちゃんと中に避難していたのにもかかわらず。そんな中で須賀さんが外に出ていたことも疑問。そして、陽菜と出会い、助けるところのシーンでもなぜ一度去ったのに、もう一度帆高のもとに戻ったのかよくわかりませんでした。気持ち悪いと言ったのに、拳銃を持っている人間なのに、どうして?捨てられた猫のような感じだったと、後半で帆高への最初の印象を答えていましたが、それでも放っておけばいいのにと思ってしまいます。10代の頃ってこんなに周りが見えていなかったかな?と疑問に思います。なぜ素直に家に戻らないのか、なんで短期間で仲良くなった子の一生を面倒見るようなことを口にしてしまうのか。すべて意味が分かりませんでした。

・良かったです。なによりやはり風景の画が素晴らしかった。東京の景色、空、雲まるで写真のような細かい描写で引き込まれました。また、ストーリー展開に合わせた強弱もありあっという間の時間でした。私には主人公と同じくらいの息子がいますが、粗削りで少し危なっかしくて、それでいてまっすぐな部分がとても重なりました。大人になった今、安全な道を選び危なくないように回避して渡り歩き、そういうまっすぐな部分を忘れていたと感じました。今回のストーリは前作の「君の名は。」に少し似ている部分を感じ、少し違う方向性も期待したいと思います。今回の水のシーンなどタッチが少しジブリ映画に似ていたようにも感じました。ストーリーの内容として、どうして帆高が家出をしたのか、どうしてそんなに家が嫌だったのか。その家族構成が見えなかったのが気になります。その背景にあるものがもう少し伝われば、これほどの熱い感情の意味がもっと濃厚になったように感じます。音楽もやはり大変マッチしており、本当に「作品」を見たような感覚でした。

天気の子みんなが好きなキャラは

みんなが天気の子で好きなキャラ気になるキャラについても聞いてみました。

・主人公の帆高。最後まで好きにはなれませんでしたが、彼の過去が明かされなかったことで、映画を観終わった後も気になるキャラクターです。なぜあそこまで純粋になれるのかも分からないままでしたが、もう一度観れば違う捉え方ができるのかな?と思います。

・一番好きな登場人物としては、帆高の拾った野良猫がとてもかわいらしく思えます。また、弟と2人で暮らす陽菜の様々な行動には好感が持てるし、晴れ女の力を持って仕事して、周囲のために協力している時にも、純粋で優しい性格が明らかになり、素晴らしいと思いました。

・個人的には小栗旬さんが声優を務めている「須賀圭介」です。彼は1人社長でライターを務めていて、主人公家出少年を自分と当てはめて彼の面倒を見てあげていました。須賀圭介自身、家族問題で様々な葛藤を抱えておりラストラストシーン彼の行動はとても感動的です。

・ヒロインの天野陽菜ちゃんです。不思議な力をもった女の子です。声優をオーディションで選ばれた森七菜さんがされていて、3年a組など最近はヒットする作品によく出演されています。森七菜さん自体もかわいいので今後注目です。

・特にどのキャラクターも印象が薄い感じがあります。主人公の二人は確かに印象深いですが、名前は何だったっけかな?と忘れてしまうくらいあまり好きになれませんでした。須賀さんやその姪っ子も自分が一番大切な人物という感じでしたし…。強いて言うなら陽菜を勧誘していたスカウトマンが子持ちの既婚者だったんだと思い、彼の幸せを祈りました。

・私は個人的に夏美が好きでした。一番、全うでそれでいて冒険心もあって、彼女あってのすべての役が生きていたんじゃないかと感じました。すべてのキャラクターに置いて、背景がぼんやりしている部分がありなぜどうしてそのような環境なのか、生き方なのか分からない部分がミステリアスであり、もっと掘り下げてほしかった部分でもありました。