トイストーリー4面白い?つまらない?映画感想口コミ評価!泣ける?人気キャラは!

トイストーリー4映画感想口コミ評判!

toy_00

今回は映画トイストーリー4について、みんなの感想口コミをまとめてみました。

人気映画シリーズの最新作、トイ・ストーリー4。

早速みんなの感想を見てみましょう。


トイストーリー4面白い?つまらない?

トイストーリー4は面白いのかつまらないのか、みんなの感想はこちら。

・トイ・ストーリー4を見て、今までも小さい頃から好きでシリーズ全てを見てきましたけど1番感動しました。映画を見終えた時には、本当におもちゃが動き出すのではないかという世界観になってしまいました。私は彼女と見に行ったのですが、将来子供が生まれた時には、絶対に見せてあげたい映画の一つだと思いました。それは、トイ
・ストーリーを見ると、おもちゃなど物を大切にしなきゃいけないと、物にも人のように気持ちがあって大切に仲良くしなければいけないとそう感じるところがあるので、それを子供にも見せてあげて教育したいと思ったからです。トイ
・ストーリー4は人が持つべき心であったり、行うべき行動というものをおもちゃたちが示してくれている映画だと思いました。この映画をたくさんの人が見て、自然と優しい人だったり、今までの行いが変わったり、これからの人生が優しさや勇気などで満ち溢れた人がたくさん出てくればいいなと思いました。


・自分はディズニーのアニメや映画は幼いころからみていてトイ・ストーリーシリーズは特にお気に入りのシリーズです。ネタバレになりますが主人公のウッディが最後のシーンで今まで一緒だったバズ・ライトイヤーと別れて、久しぶりに再会したボー・ピープと共に移動遊園地に残る決断をしたのは驚きました。「子供にいっぱい遊んでもらうことがおもちゃの使命であり、それがおもちゃにとって一番の幸せ」と長年考えていたウッディがアンディの妹であるモリー・デイビスから手放されて、過酷な環境を生き抜き、まるで別人のように逞しくなったボー・ピープと出会い、今まで思ってたことを改めていくところがよかったです。また、トイ・ストーリー2で登場したカウガール人形ジェシーが移動遊園地に残ることを決めたウッディとの別れの時に彼からバッチをもらって今まで彼が行っていたおもちゃのリーダー役を彼女がやるところも驚き、「そうなるかぁ~」と口から出てしまうところでした。シリーズものなので1からみてない人にはあまり話が分からないと思います。なのでぜひそちらからみることをおすすめします。


・トイ・ストーリー3がほぼ完璧と言えるようなラストを見せてくれたので、今回の4に関しては見る前から期待半分不安半分という感じでした。ですが、実際に見てみるとめちゃくちゃ面白かったです。まず冒頭のシーンから素晴らしい出来でした。ここで、2まではウッディーの恋人のような存在だったボー・ピープが3で居なくなっていた理由が判明するのですが、早くも泣きそうになってしまいました。そして、物語の途中ではそのボーと再会するのですからめちゃくちゃテンションが上がりましたね。お馴染みの仲間たちの活躍が3に比べて少なくなっているのは残念でしたが、その分4からの新しい仲間たちが超個性的なキャラクターばかりで非常に楽しかったです。そして、3からかなり年月が経っているので、当たり前かもしれませんが映像の進化も物凄かったです。人形たちの肌の質感はもちろん、雨や光の表現などは実写じゃないのかと思ってしまうレベルでした。全体としては3の方が綺麗にまとまっていましたが、4も十分過ぎる面白さでした。


・大好きなシリーズがスクリーンに戻ってきてくれて感無量でした。前作で持ち主だった少年アンディのおもちゃの役割を終えたウッディたち。誰もがこれでシリーズ終了なんだろうなと思っていただけに、トイストーリーファンにとっては嬉しい贈り物のような映画でした。時が過ぎ、また自分の役目が終わるのを感じ始めたウッディやそれぞれ多様な考え方をもったおもちゃたちが、自分自身のおもちゃとしての在り方に果敢に挑戦する姿勢に感銘をうけました。またボーピープとの再会もファンには感激で、なぜボーピープがアンディの家からいなくなってしまったのかも、明らかにされ今までのなぞが解けた感じでした。お馴染みのウッディの仲間たちも、新たに登場したキャラクターたちも可愛く魅力的で大好きになりました。特にウッディとバズのラストのシーン。一言二言の会話だけなのに、アニメなのにその表情やしぐさに二人の深い絆や友情が現れていて泣けてしまいました。ぜひ次回作も切望します。


・一言で表すのであれば、〝自分自身との葛藤〝がメインにあった作品でした。前作では、おもちゃには持ち主がいて、その子にとっての親友であり、相棒でり、宝物であり、かけがえのない存在であることを表していました。持ち主としてのおもちゃにこだわるウッディは、自分が必要とされてないことをさとってもボニーのためにと懸命に行動を起こしてます。このシーンはまさしくトイストーリーそのもので、おもちゃはこうあるべきだという今まで私たちが固定概念を抱いていた〝人から見たおもちゃの見方〝でしたが今作では、その固定概念を大きく破り〝おもちゃから見た人との関係性〝を描いていたのでトイストーリー4として前作に劣らない素晴らしい作品に仕上がっていました。言うなれば今までのトイストーリーシリーズがあるからこそ今回この作品が最大限の強みを生かし誕生したのだと思います。おもちゃの存在意義とは何なのか、子供の時だったから感じた純粋な気持ちと、大人になって感じることを忘れてしまった気持ちを改めて深く考えさせられました。どうしてここまで思えたのかは、やはり本作を見て、ひとシーンごとに感じていただきたいです。最後それぞれのおもちゃたちが、それぞれの決断をします。私は涙を止めることができませんでした。


・ウッディの新しい道、自立の物語。3でアンディとの別れを経験し、新たな女の子ボニーの元で新生活を送るウッディ達。幸せな生活と思いきや、ウッディはボニーの関心からそれカヤの外状態。それでも、ボニーの幸せを思い色々と世話を焼く事が自分の使命とばかりに奔走する。ボニーの作ったお騒がせおもちゃフォーキーの世話係もなんのその。そんな折、ボニー家の旅行中にアンディは過去の友人ボー達(素敵なドレス姿の羊飼い人形)と再会を果たす。持ち主の子供に愛されたおもちゃ、捨てられたと嘆くおもちゃ、一度も愛されたことのないおもちゃ。それぞれの複雑な思いを抱きつつも、皆ウッディのボニーへの思いに動かされ協力をする。過去の思い出を義務の様に引きづるアンディ。それとは裏腹に、自由で見たことのない世界を謳歌するボー。お互いを思い合う二人ではあるが、見ている方向は全く違う。ボニーのオモチャ
・フォーキーを探したまま戻ってこないアンディ。仲間達、相棒のバズはアンディを心配する。バズは悩んだ時、心の声を聞けと自分のトーキング装置を連打する。その応答は時に目先の思いとは裏腹の答えをする。みんなの活躍の末、ウッディ達は無事フォーキーをボニーの元へ届ける。ウッディの任務は完了した。ウッディとボーの別れの時。バズはウッディにこう告げる。「心の声に従え」ウッディはボーとの幸せを選ぶ。人生にはもう終わりだと思った瞬間にまた次のレールをが敷かれているものだと、改めて考えさせられる瞬間だった。安定と不安に揺らぎながらも、生きている限りこの選択をし続けるのだなと感慨深く思った。ウッディの人生も終わらない。


・ボニーが女の子だからなのか?遊んでもらえなくなってしまったウッディーが可哀想でした。ウッディーは本当はボニーにもアンディの子供時代のように自分と毎日遊んでほしいはず。ウッディーは持ち主の幸せを一番に考える決断をしましたが、観ていて寂しくなりました。幼い頃、自分自身もオモチャに対して同じようなことをしていたと思いますが、「ボニー、もっとウッディーと遊んで!」と強く思いました。子供は成長と共にその時一番のオモチャと遊びます。それは次々と変わって行くものであるとは分かっていますが、トイ・ストーリーをずっと観てきたので、どうしてもウッディー可哀想と思ってしまいました。ボニーが初めて体験保育園に行った時のドキドキしている不安な様子が痛いほど分かりました。こっそりボニーのリュックに隠れてボニーの様子を見守るウッディーが可愛かったです。ボニーが体験保育園を少しでも楽しめるように、ウッディーが工夫していたのが良かったです。この時作ったボニーの手作りオモチャとの冒険は、このオモチャのタイプが今までにないキャラクターでしたが、だんだんとオモチャっぽくなっていくのが不思議でした。最終的には、ウッディーがどう生きていくかを自分で決めましたが、やっぱりこれしかないのかな?もうこれでトイ・ストーリーは続きが見られないのかな?と寂しくなりました。途中で登場したアンティークの人形ははじめ怖かったけれど、可哀想な背景があり、幸せになってほしいなと心から思いました。


・1~3までを第1シーズンとまとめるならば、今作は第2シーズンという扱いになるかもしれない。それ程までに前作までとは違う作品になっていると思いました。勿論、トイストーリー4も面白い事は間違いないのですが、過去を知り追いかけている者からすると寂しいなと思う瞬間が幾つかありました。特に主人公として活躍してきたウッディの扱いは少し悪かったかもしれません。ウッディはこれまで、おもちゃとして、遊び相手としての役割を全うする。このスタンスが崩れているかもしれません。そもそもボニーのおもちゃに対する愛着に関してアンディほど強くない様に感じられました。人間とおもちゃの絆を主軸にしているのですが、ボニーはそこをシビアに見ている感じがします。勿論手作りのおもちゃがお気に入りだったりと節々に愛着はみられるので個人的な感想です。ウッディが選んだ選択がハッピーエンドだったのか否かに関しては賛否がある所だなぁと思いました。


・今作品につきましては、トイストーリー作品の最終作品としては少し寂しいエンディングではあったかなと感じました。今作品のエンディングは、ウッディが今まで掲げてきた「子供のためのおもちゃ」としての役割を放棄し、ヒロインとともに旅に出るという結末ですが、あまりにもウッディの葛藤が少なすぎるのではと思いました。今まで沢山の思い出を築き上げてきたバズ・ライトイヤーとのお別れのシーンも、もう少し見せて欲しかったと感じています。また、今作品は全体的におもちゃの悲しいリアルを描かれていて、トイストーリー3で感動的に仕上げたエンディングを覆すような形になってしまっていることも、悲しいと感じました。おもちゃを大切にしない、そんな子供が多い現実と、映画の主人公にも捨てられる時が来るという切ない描写は、見ていて辛くなるものがありました。ですが、そんな「子供のためのおもちゃ」としての役割を果たしたおもちゃ達にもこんなハッピーエンドがあると考えることもできる作品ではありました。


・『誰かに幸せにしてもらうのを待つのではなく、自分で未来を切り開いていく、強くて自立した女性』最近のディズニーの女性キャラクターに特に多い傾向のように思います。今回トイ・ストーリー4は、今までとちょっと視点が異なり、ボー・ピープという一人の女性が社会に出て強くなっていく物語でした。ウッディ、バズ、ジェシー、ポテトヘッド夫妻など、おなじみのメンツと、一人の子供のために、狭い社会で毎日を過ごしていくおもちゃたち。そんな中、ボー・ピープは自分で自分の未来や可能性を広げ、戦い、腕が折れても逞しく生きていくのでした。アンティークショップで豪華な棚の中で、運命の子供との出会いを待つギャビーギャビーもまた、自分の殻を破り、新しい人生へ一歩踏み出していきました。トイ・ストーリーはいつでも、私達大人に向けて、仲間の大切さを説いてきてくれました。しかしここに来て、仲間との絆を胸に、一歩踏み出し、新しい世界へ挑んでいくことの大切さを教えてくれました。


トイ・ストーリー4の注目キャラ人気キャラは!

トイ・ストーリー4で好きなキャラ・気になるキャラについても聞いてみました。

・私が注目して見た登場人物は、やはりフォーキーです。フォーキーは自分が特殊なことを自分で分かっていて、自分に自信がないスタートでした。それでも周りの優しさや勇気ある行動でフォーキーも自信がついたと思います。フォーキーの心情の変化も見どころだと思います。

・主人公のウッディやお馴染みのキャラクター、バズ・ライトイヤーも十分に注目できますが、自分は久しぶりにウッディと再会したボー・ピープが一番気になりました。何しろ今まで着ていた着衣もボロボロになって別人のようになった彼女の姿をみたら自分以外のトイ・ストーリーファンなら誰でも驚くと思います。

・ボー・ピープです。2まではお姫さまのような感じのキャラクターだったのですが、4だとめちゃくちゃたくましいキャラクターに変わっていてビックリしました。例えるならトゥームレイダーのアンジェリーナ・ジョリーのような感じです。私は格好良い女性キャラが大好きなので今回のボーは最高でしたね。


・今回初登場したスタントマンのおもちゃのデューク・カブーンが大好きになりました。実は小心者だけど、やるときはしっかり決めてくれる愛すべきキャラクターで、決めポーズやダンスにファンになってしまいました。次回作にもぜひ登場してほしいです。

・大注目のキャラクター〝ボー・ピープ〝の強さに衝撃を受けました。過去に登場したボーはおしとやかで優しく皆んなを包んでくれるような包容力のあるキャラクターとして描かれていましたが、今回運命を自ら切り開いていく芯のあある強い女声として大活躍していました。今まで見たことないボーのアクションシーン、でも変わらない相手を持ち上げ背中を押してくれる姿はとにかく必見です。

・ボー・ピープ見た目の可愛らしさとは反対に、自由を謳歌する今時の強い女性にも感じる。しかし内面は強いだけではない。過去に捨てられたトラウマを抱えながらも懸命に今を生きている。過去に忠実に生きるウッディと対象的な存在で印象的でした。


・ダッキー&バニーがとても可愛かったです。映画を観る前にUFOキャッチャーの景品で見た時、色合いや顔があまり可愛く感じなかったのですが、映画を観た後、なぜかすごく可愛く感じました。チョコプラのお二人が声を出していたと知り、ピッタリだと思いました。

・ボニーとウッディの関係に関しては注目していました。アンディから受け継いだウッディとの絆や友情みたいなものがどうやって引き継がれたのか。また今作のきもになると予想されるフォーキーにも興味を持っていました。

・今作品では、中盤までウッディの敵のポジションとして描かれていたギャビーギャビーが見所だと思いました。この子は、敵役でありながら生まれつき声の出ない欠陥品であったというかわいそうなおもちゃでもあり、感情移入してしまうような魅力のあるキャラクターだと思いました。


・ボー・ピープです。今まではふわっとしたスカートを履いて、白い肌に上気したピンクの頬とうるんだ瞳でウッディを見つめるヒロインでしたが、パンツスタイルで、時にはマント、時にはスカートと、とてもアクティブで、それでいて女性らしさを忘れない素敵なキャラクターに変貌を遂げていました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です