小泉進次郎滝川クリステル結婚の決め手・妊娠出産時期・プロポーズの言葉・指輪ブランドとデザインなど!

小泉進次郎と滝川クリステル結婚の理由は

koizumi_shin_00

小泉進次郎議員と滝川クリステルさんが電撃結婚!

今回はその詳細について見てみましょう!


現在分かっている情報

現在分かっている情報はこちら。

結婚報道日時

・2019年8月7日1時45分頃

結婚報道場所

・首相官邸
 安倍総理と菅官房長官に報告をするため、首相官邸を訪れていた。

今後の動向

・安定期に入ったので、妊娠期間はクリステルさんはおとなしく過ごす

・この後文書であらためて報告はさせて頂く

電撃発表の理由

・安定期に入った事もあり、発表するきっかけになった。6日には広島の原爆投下の日、9日は長崎の原爆追悼の日があり、そのような日に私事の発表を重ねるわけにはいかない。総理に報告をした上で発表を考えていたが、本当に今日の今日(8/7)の午前中に総理に打診したら時間を頂いたため、報告にあがった。

交際開始年

・2018年


小泉進次郎・滝川クリステル結婚の決め手

小泉進次郎氏にとって結婚の決め手はなんだったのか、という質問へのコメントはこちら。

「(結婚の)決め手はですね、理屈じゃないですね、こういうは、理屈を超えてて、正直言ってうちも育った環境とかおやじの事とかね、そういったところもやっぱり、家族の環境として育っていく中で色々ありましたから、絶対結婚ていうそういう価値観とか考え方は、正直私にはありませんでした。だけどのその気持ちを溶かしてくれた、自然とそういう決断をするに至った事が、まさに理屈を超えているところなのかなと。その理屈を超えたところっていうのは、やっぱりこの政治の世界って私からすれば戦場なんですよ、いつ、うん、こう命を落とすかわからないとかね、やるかやられるか。そういった部分というのはは権力闘争なんかで避けられない部分があって、常にどっか強張って、緊張感持って、警戒心を解かずに、まるで寝るときもいつも鎧を着たまま寝ているというかね、そういった環境がずっと続いてきて、でも不思議と彼女といると、この場所は鎧脱いでいいんだなと。武器おいていいんだなと。無防備でいいんだ。そういう風に思えたのは、理屈を超えてたと思います。」


現在不明な情報

まだわかっていない情報はこちらです。

プロポーズの言葉

・首相官邸の発表では公開せず。文書でも報道されるかは不明、確率は低そう。

交際開始年月

・2018年という事以外は不明。

婚約指輪のブランド・デザイン

・インタビューされたが小泉進次郎氏が回答を回避。恐らく渡していると予想されるが、裏は取れていない。

交際のきっかけ・なれそめ

・文書で発表との事。

主産時期・妊娠時期

・どちらも詳細は不明、8月上旬で安定期に入ったという事は、およそ2019年3月上旬に妊娠・2019年1月に出産予定の可能性あり。


小泉進次郎のコメント(抜粋・要約)

その他小泉進次郎氏のコメントの抜粋・要約はこちら。

「昨年からお付き合いを始めて、そして今回自然な形で結婚の報告、そして妊娠の発表、そうなれたのは嬉しく思います。」

「今回この発表に至るまでは一度も二人で出たこともないし、一度もどこかに一緒に移動することもありませんでした。」

「実はこの前、私の横須賀の実家にクリステルさんと、彼女が数年前に福島県から引き取った保護犬のラブラドールレトリーバーのアリスが一緒に実家に行ったんですけど、実はその時、初めて二人で付き合ってから一緒に外にで機会で、そうしてこういった形で2回目が今回になったと。私にとっては無事に皆さんに発表できる形になって本当に嬉しく思います。」

「私にとって結婚という大きな一つの転機、ここに至る想いというのも、今日この場所はまさに政治の権力の中枢ですが、この政治バカの私が、クリステルさんといると、政治という戦場から離れる事ができて、自分自身が、もたれかかって、寄りかかっていいような、そういう無防備な自分、政治家小泉進次郎から人間小泉進次郎というふうにさせてくれる。そんな存在だったことも、私にとっては大きかった。」

「(父親としての自覚について)やっぱり自覚は身籠っている女性にかなうところはないなと、男してのダメな部分、そういうところを感じますけど」


滝川クリステルのコメント(抜粋・要約)

その他滝川クリステルさんのコメントの抜粋・要約はこちら。

「この度結婚することになりましたけど、いろいろと環境も変わると思いますので、皆さんに温かく見守っていただければ幸いです」

「(小泉進次郎氏は)いつも緊張感持った毎日なので、その中でいかに彼自身の本当の素の自分が出せる場を作るかということが一番大事なことだったので、そういうところを引き出すことが時間を重ねる中でできていった。素のままでありのままでいられる事が良い関係だと思っています。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です