BMWあおり運転貸し出し店はどこ!身元判明?試乗車を長く借りた背景・理由は!

どこの店舗があおり運転の試乗車を貸し出していたのか?

bmw_01

お盆時期に報道され、注目を集めているBMWのあおり運転問題。

今回、特に世間の注目を集めている理由はいくつかあります。

1.実際に暴力行為が発生している事

2.複数県の複数被害者から被害報告が上がっている事

これらの理由から、これまでの報道されてきたあおり運転問題よりも深刻だと、世間の怒りが集中しています。

そのBMWあおり運転報道ですが、実はその車がディーラー店舗が貸し出している試乗車だという事がわかりました。

どの店舗が貸し出していたのか、その情報を見てみましょう。


試乗車貸し出し店舗は神奈川県

あおり運転をしていたBMWは神奈川ナンバーという事は既にわかっていました。

試乗車という情報も判明したため、神奈川で白のBMW・X5を貸出しているのか確認すれば絞り込み出来ます。

実際に調べると、試乗車で貸し出しをしているのは東名横浜本店と横浜三ツ沢支店の2店舗です。

あおり運転をしていた試乗車は8月12日に返却されているとのことです。


BMWあおり運転犯人の身元は割り出せるのか

試乗車を返却していたという事は、BMWあおり運転の犯人について身元が割り出せないのか、という点が気になります。

店舗関係者は既に情報を把握しているため、一部の人は既に犯人について把握をしている状態でしょう。

しかし、実際に運転していたのは誰なのか、あおり運転をしていたのは単独なのか複数人なのかなど、現在ウラを摂っている状況と思われるため、まだ実名での報道はされていません。

しかし複数県・複数被害者の証言全てにウラを取る必要はなく、例えば暴力被害が発生している茨城での件だけでも本人がやったと確証がとれればいいわけですから、早い段階で実名報道がされるでしょう。

その上で複数のあおり運転の余罪についても追及される流れになると思います。


試乗車って長く借りれるの?

今回気になるのは、「試乗車ってどれくらいの期間借りられるの」という事。

一般的試乗車というのは、自動車販売店の周りを、例えば30分とか乗ってみる、といったイメージを持っている方が多いと思います。

しかし、今回のBMWの試乗車は数日どころから数週間にわたって貸出がされています。

報道の流れや判明している情報、そして「8月12日に返却された」という言葉尻から、都度返却されていたという事は考えにくい状況です。

そこで実際に試乗車はそんなに長い期間借りられるものなのか調べてみました。

BMWの市場予約をできる店舗で予約手続きを途中まですすめてみると、予約希望日が入力できます。

bmw_00

予約希望日とは別に、「貸出希望期間」のような項目があるかと確認しましたが、特にそのようなフォーム項目はありませんでした。

このことからも、通常であれば1日まるまる貸し出すことすらない、というのが一般的であると言えます。

しかし、今回のBMWあおり運転については、3週間にわたって、場合によってはそれ以上の期間貸し出されている事になります。

可能性としては、店舗の人間があおり運転をした人間と仕事上・もしくはプライベートで仲が良かった。

またはあおり運転をした人間が店舗側に無理な要求を押し付け、店舗側も受けざるをえなかった、という事が考えられます。

いずれにしろ、もう関係者に身元は判明している状態ですので、実名報道がされるのも時間の問題と思われます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です