星稜と履正社2019夏の甲子園優勝はどっち!強いのは!みんなの予想前評判結果まとめ!

2019年夏の甲子園優勝は星稜と履正社どっち!

koshien_00

いよいよ大詰めを迎えた2019年夏の甲子園!

決勝はどちらも注目されていた高校、星稜と履正社の対決となりました。

星稜と履正社、どちらが優勝するのか、今回はみんなの意見を見てみましょう!


星稜が優勝する!

星稜が優勝する、という意見がこちら!

・星稜は奥川投手の圧倒的な投球技術に加え、控え投手のレベルの高さ、打線の強さなど、総合的に完璧なチームだと思います。特に、智辯和歌山との苦しい対戦によって星稜チームの強さがさらに増したと見受けられます。その後の準々決勝と準決勝はほぼ完璧と言っていいほど相手チームに隙を与えないプレイをしていました。また、チーム全体が笑顔で楽しそうにプレイしている様子も見られますので、星稜チームの雰囲気の良さとチームワークも勝利に貢献するのではと思います。

・3回戦での智弁和歌山との14回延長裏の福本陽生選手のサヨナラ3ランは劇的でした。奥川恭伸投手一人で投げぬき、よく相手打線を抑えと思います。準々決勝での仙台育英との対戦ではエースの奥川恭伸投手は温存のため登板しませんでしたが、17対1と大差で勝利したのは圧巻でした。次々と投手を場面場面で変えれる選手層の厚さとそれを援護する打線の強さに加え勝負の流れを呼び込む強さはピカイチだと思いました。準決勝での中京学院大中京でも9対0と大差で勝利し勢いに乗っていて勝負の流れは星稜に傾いているように感じます。


・私は、新潟在住なので、北陸代表の星稜を応援しています。去年からの北信越大会や春の選抜大会などの成績など、投手、守備陣、バッティング力。チームワークが優れていると思います。今春の選抜大会へからのチームの団結やコーチ、マネージャーの思いや支えは素晴らしいと思います。履正社も優勝を目指し令和初の優勝を目指していると思います。星稜ともに、厳しい練習や精神鍛練を行ってきたと思います。悔いのない良い試合になると期待しています。

・甲子園が始まる前は奥川選手ばかりが注目されて打線はあまり注目されていなかった星稜高校ですが、甲子園での戦いぶりを見て勢いを感じます。日替わりで主役がかわり、スキのない打線がつながれば脅威になると思います。奥川選手自身、智弁和歌山戦で165球投げたものの、準々決勝は投げず準決勝も90球でしたし休養日も設けられているので万全の状態で決勝に臨めます。ここまで0点で抑えてきているので、その底力を見たいです。


・星稜が優勝すると思うまず一つめの理由は、ピッチャーの奥川選手のピッチングが素晴らしいからです。ストレートの球速も150キロ超え、からの変化球などの使いこなしが本当に上手だなと感じます。そして、メンタルがかなり強いと感じます。田中将大投手に少し似ている気もします!二つ目の理由は、打線も素晴らしいところです。奥川選手を後押しするかのように、続いてくる打線。甲子園では、ピッチャーの連投が大きな課題で、控えの層が厚ければ、温存できたりします。星稜は、得点を稼いでくれる打線なので、奥川選手が休みながらで決勝まできているので、優勝できると思います。

・経験値があり落ち着いた野球ができている。また、ピッチャーは奥川君の他にも継投できる選手がおり安心して観ていられる。準対智辯和歌山戦では奥川投手に頼っていたような印象で、良いバッターがいないかと思っていたが、準決勝の中京大中京高校との対戦では良い選手が何人も居たので大変良かったです。防御率が驚異の0であることと、ピンチの時にはきっちり仕事のできる良いバッターがいるので是非優勝してほしいと思っています


・星稜高校の奥川投手対履正社の打線の対決だと思いますが、奥川投手はテレビを通してしか見ていませんが、稀に見る素質を持った投手だと思います。生命線であるストレートの指にかかった伸びのある投球は、ホームベース上でホップするような感じが見てとれます。直ぐにでもプロ野球で通用するような気がします。でも履正社のトップバッターの桃谷選手のリードオフマンとしての活躍も素晴らしく、奥川投手対桃谷選手の対決も注目が集まりますが、最終的には履正社の打線は奥川選手の力と巧みな投球術を打ち負かすことは出来ないと思い、星稜高校の勝利だと思います。素晴らしい戦いを期待します。

・最初は履正社が優勝すると予想していました。この夏も猛暑なので選手も体力を消耗します。ピッチャー頼りのチームはピッチャーが消耗してしまうとなかなか勝ち上がるのが難しく、打力が抜群に秀でた履正社のほうが優位だと思っていたのです。ところが準々決勝でエース奥川選手を温存、それなのに圧勝したこと、それだけ選手層も厚く、きっと他校ならばエース級のピッチャーもいるのだろうと思います。またここ数年は決勝前日を空けており、疲れた選手も回復するでしょう。選手層の厚い星稜が勝つと思います。


・個人の印象としてまず星稜は防御が硬くコツコツと点を重ねて勝ち抜くタイプ、履正社は打線のパワーが強くとにかく点を取ることを思考しているチームだと思います。その前提のもとで今年の星稜には、奥川投手という履正社にとっては非常に打ち崩すのが至難の技であるピッチャーがいます。ここが非常にキーになると思います。個人的に奥川投手は今年の甲子園においてナンバーワンのピッチャーだと思うので履正社の重量打線といえど最終的には突破できずに星稜が守りきって勝ちを収めると思います。

・今期ナンバーワンピッチャーと言われている奥川君がいることが大きいが一番大きいです。しかし、投手だけでなく打線もとても強いチームだと思います。準決勝を見ていても、とても良い流れで点数が取れており、打撃、守備、投手ともにバランスの取れているチームではないかと思います。前回選抜の際に対戦した時も星稜が勝ったので、今回は履正社に勝ってほしいところですが、トータル実力を考えると、星稜高校が優勝すると思います。


・星稜はピッチャーの奥川君が注目されています。なかなか打てないピッチャーのようです。またバッターとしてもヒットを打てるので攻略するのは難しい選手だと思います。また、奥川君だけでなく打線自体がつながるので大量得点で勝っている試合が多いのも、優勝に近いポイントだと思います。奥川君を温存して勝った試合もあるので、奥川君一人のチームというよりは、総合力がとても高いチームのように思います。履正社も強いチームですが、投打かみ合う試合が多い星稜が優勝すると思います。

・やはり超高校級投手奥川くんの存在がすごく大きいと思う。あの150キロを越えるストレートにキレのある変化球は高校生ではなかなか打てないと思う。智弁和歌山戦はテレビで見ていたが優勝候補で強打の智弁が手も足もでなかった所を見ると、同じ強打が売りの履正社も打ち崩すのは困難だと思う。打線は履正社の方が上と思うが奥川くんから何点も取れる想像がわかない。今大会、履正社は失点も少し多いので、ロースコアにはなると思うが星稜が勝利すると思う。


履正社が優勝する!

履正社が優勝する、という意見がこちら!

・ハイレベルな大阪予選を勝ち上がり、攻守にバランスの取れた履正社が勝ち上がると予想する。好投手奥川を擁し、ここ昨今の流れで休養はしっかり取っていると言っても、投手は疲労が蓄積されベストピッチングができるかどうか疑問。ものが違うとは言っても星稜と履正社クラスなら地方の招待試合やフェスティバルで対戦した経験もあるだろうし、全くの初見のピッチャーというわけではない。そして大阪や近畿大会でもそれなりのピッチャーとは対戦経験はあるだろう。早い回に点が取れれば履正社が圧勝してもおかしくない。

・春夏連覇を果たした大阪桐蔭をはじめとした強豪校揃いの大阪戦を勝ち抜いてきた履正社が優勝することでしょう。大阪桐蔭を破って甲子園に出場した勢いが日に日に増しているのもその理由です。1試合平均8点を取る打線は衰えることを知りません。対戦相手は日本代表にも選ばれたバッテリーがいるゴジラ松井の卒業校である星稜ですが、是非とも競り勝ってください。両校の対戦はセンバツの初戦で負けてしまいましたが、その悔しさを決勝で挽回してほしいです。


・夏の甲子園大阪大会で、昨年の春夏甲子園を連覇した大阪桐蔭高校を直接対戦していないとはいえ勝ち進んでいった力の強さは、決勝という大舞台で生かされるように思います。甲子園での試合運びを見てみても、順当に勝ち進んでいるような印象があって、このままの勢いでいけば決勝でも優位に試合展開を進めていくのではないかと感じています。お互いの高校のパッと見た感じの打率も互角ではあるので、面白い白熱した試合展開になると思います。