2019夏の甲子園高校野球活躍した選手は誰!奥川以外にも注目の球児多数!

2019年夏の甲子園で活躍した高校球児は誰!

koshien_00

2019年も多くのドラマが生まれた夏の高校野球甲子園。

今回はその中でも特に印象に残っている選手や、注目していた選手について、みんなの意見をまとめてみました。

是非ご参考ください!


みんなが注目していた選手・印象に残っている選手

・やはり星稜高校の奥川投手だと思います。150km/hを超えるストレートは圧巻ですし、その他、カーブ、スライダー、チェンジアップ、フォークとさまざまな球種も投げ分けることができるので、バッターからすると次にどんな球が投げられるのか予想がつきにくいのではと思います。また、制球力もさることながら、冷静さを兼ね備えた強いメンタリティ、時に垣間見せる笑顔など、人間的な魅力も画面越しに伝わってくるので、ファンを魅了する素質があると思います。

・今年のドラフト1位確実と囁かれている星稜エースの奥川恭伸投手に注目しています。ここぞという時に繰り出す150キロを超える豪速球で相手打者を次々と打ち取る勝負強さと笑顔にスター性を感じます。智弁和歌山との14回延長の試合で1失点したものの23三振で完投したのは圧巻でした。延長に入ってからも150キロを超える球を投げ込めるスタミナも持ち合わせていて更には甘いコースに球がいかないコントロールの良さ、集中力に目を見張るものがあると思います。


・ 履正社の四番井上広大外野手と星稜のエース奥川恭伸投手はやはりあげなくてはいけないでしょう。特に奥川投手は応援する巨人がドラフト1位にピックアップしていることもあり、注目せざるを得ないです。実際に指名する、しないは別にして23奪三振は智弁和歌山相手ですから価値はあると思うのですが、正直ここまで活躍してくれない方がドラフトを考えると巨人ファン的には良かったかなと思います。履正社の井上選手もスラッガーとして大阪予選から注目していましたが、予想以上のフォームをしていて、今時のスイングするなというイメージです。メジャーで流行りのスイングに近いのが印象的です。

・智辯和歌山高校の黒川史陽君と東妻純平君を注目しています。もともと高嶋監督が好きで智辯和歌山高校のファンというのもあります。まず黒川君はセンバツで6割にもおよぶ打率と大舞台にもかかわらずメンタルの強さが魅力です。中日に行った根尾君からもヒットを打っています。東妻君は強肩が持ち味です。今後に期待です。大学野球からプロになったお兄さんもいることですし、活躍するDNAを持ち合わせていると考えます。将来が楽しみです。


・星稜の奥川君です。即戦力として、プロのスカウトに注目されながら、プレッシャーにも負けず、決勝まで野球を楽しんでいるように見えます。すべての高校野球児の頂点に立つ決勝を前にどのように過ごしているのか、リラックスし明日、8月22日を前に選手でない私もドキドキ、ワクワクしています。奥川くんのチーム星稜ともに履正社の良い試合を期待しています。奥川くんの好投を期待して、令和初、101大会夏の甲子園の悔いのない試合を期待しています。

・地方大会で注目投手が軒並み敗戦していく中で、唯一勝ち上がってきた星稜高校の奥川選手に注目していました。強打で知られる智弁和歌山打線を14回165球で自責点0で抑えたことからも、今大会で活躍している選手に挙げられます。インパクトの面でも150km/hのボールを試合後半でもポンポン投げていましたし、落差のあるフォークと合わせて観客を魅了しています。準決勝では2点タイムリーヒットも打って打撃でも貢献しています。


・1人目は、やはり星稜の奥川選手です!まっすぐの速さ、からの変化球が素晴らしいし、見ててすごくワクワクします!次は何キロ出るのかと思います。田中将大さんに似てるのも注目ポイントです。2人目は、中京学院大中京の元選手です。準々決勝での最後のホームランは本当にすごかったし、感動しました。星稜には、負けてしまったけど、準々決勝でのピッチング、バッティングともに、素晴らしかった。まだ二年生ということで、来年もまた甲子園に戻ってきてほしいです。

・岡山学芸館高校の中川響選手の活躍が印象に残っています。岡山県の地元から出場する選手ということもあるのですが、球速140キロを超えるというストレートと、イケメンピッチャーというのが注目されていました。1回戦の広島商業高校戦で丹羽淳平選手の顔に打球が当たってしまい、急きょ途中登板するような状況になってしまいましたが、そのような状況でも冷静に投げて、チームの1回戦勝利に貢献した選手の一人だと思います。もしできたら、プロで活躍する姿を見てみたいです。


・ナンバーワンは注目・活躍ともに星稜高校の奥川投手です。今回ではダントツナンバーワンです。ナンバーツーは履正社の桃谷君。一番でありながらバックスクリーンにホームランを打てるバッターであることと球を見極める能力が大変優れている。また自身の出身が三重県なので津田学園の前投手も大変活躍してくれたと思います。履正社には負けてしまいましたが、ピッチャーとして恥ずることのない投球をしてくれて大変感謝しています。

・活躍したと思う選手
・注目していた選手を一人上げるとすれば、やはり令和の怪物「星稜高校の奥川投手」だと思います。直接の投球を見ていませんがテレビを通した印象では、力を入れて投げたストレートの伸びは高校生離れしていると思います。また、スライダーやフォークボールのコントロールも素晴らしく、奪三振が多いのも分かります。特にピンチになった試合後半のストレートが150キロを超えるのには驚きを隠せません。話題に上った佐々木投手を見ていないので比較は出来ませんが、令和元年の高校球界NO!投手だと思います。

・星稜奥川選手。甲子園開幕前は大船渡佐々木投手に注目が集まっていて、正直あまり彼のことは詳しく知らなかったのですが、プロも注目と言われ見ていると、体格もしっかりとしておりとても球威があり、また3回戦で165球を投げ完投した馬力もすごいと思います。他校の選手が、彼のスライダーは打てないと言ったそうですが、決勝の相手、履正社は、打力が秀でたチームです。その履正社をどのくらい抑えることができるのか、大変楽しみにしています。


・個人的2019甲子園で活躍した選手は花咲徳栄の菅原選手です。まず、自分が埼玉県出身でありなおかつ花咲徳栄の系列校の出身であるために花咲徳栄には埼玉県予選の時から非常に注目していました。そのなかで、明石商業との2回戦で見せた菅原選手のホームランには非常に感動しました。というのも、ホームランの直前に実はデッドボールがあったのですが自分が避けれなかったことを理由に自己申告でボールにしてもらっていたのです。普通であれば貴重な出塁の機会を、なかなか自分のせいということで諦めることは難しいように思うのですが、菅原選手にとってはフェアプレーの精神がまさったのでしょう。埼玉出身としてとても誇りに思います。

・星稜高校の奥川君はやはり、実力もあり実際に活躍できていると思います。その他では、明石商業高校の2年生の杉戸くんも延長10回を投げ切っており、今回は負けてしまいましたが今後とても活躍が期待できる投手だと思います。また近江高校の林くんと有馬くんのバッテリーも昨年金足農業に敗退してから、どのように成長したかが楽しみで見ていました。負けてしまいましたが、しっかりと成長した姿をみせてくれたのではないかと思います。


・本当なら佐々木朗希投手に注目していましたが、残念ながら甲子園には出られませんでした。甲子園が始まってから気づいたのですが、作新学院の石井巧選手がファイターズの石井選手の弟だということで注目していました。なんでも、将来はファイターズに入ってお兄さんと二遊間を組むのが夢なのだとか。甲子園では残念な結果になりましたが、兄の石井選手も今年は出場試合数が増えてレギュラーになりつつあるので、ぜひ弟も入団して夢をかなえてほしいと思っています。

・明石商業の二年生コンビ、中森くんと来田くんです。春の選抜大会ベスト4の躍進の中心だった二人ということもあり夏も注目していました。中森くんは二年生ながらストレートも速いし変化球もすばらしいのですが、なによりコントロールがすばらしかったです。来田くんも履正社戦で初回にホームランを打つなど強打の1番バッターとして明石打線を引っ張ってました。二人とも来年もあるのでこれから高校野球界の中心選手になると思います。。