消費税軽減税率で大混乱?批判反対意見多数!事業者消費者もわかりづらくて迷惑?

消費税軽減税率で混乱?批判意見多数!

money_1544242812

消費税増税が目前に迫り、様々な報道番組でも軽減税率などがトピックとして取り上げられています。

そこで今回は消費税の軽減税率についてみんながどう思っているのか、意見をまとめてみました。

是非ご参考ください!


税率を分ける事は非常にいい措置である

税率を分ける事は非常にいい措置である、という意見がこちら

・ニュースを見ていて一部ではお持ち帰りは値上げするとかいろいろやっていますが、いい案だと思います。確かにお持ち帰りするには、容器代を取っていいと思います。どうしてかというと例えばスターバックスコーヒーだとお持ち帰りの箱や紙袋がほしい目的や、すぐ捨ててしまう場合でも「入れてください」という方は多います。実際に私もそうする時があり、紙袋はきれいだったら使用し、汚くなっていたら処分していました。あと、そうしてしまうと手間がかかり時間がかかってどんどん注文が入った場合は込み合うケースもあると思います。それを削減するためにはいい案だと思いました。

・家計を考えると、日用品の支出アップはとても厳しいものがありました。消費税が上がったからといって収入がアップするわけでもないし、すぐに社会保障が充実されるわけでもないからです。軽減税率があることで、収入アップまたは社会保障充実までのタイムラグを凌ぐことができ、とても良い試みだと思っています。ただし、ニュースでも言われているように、場合分けの想定が不十分だったと思います。制度としての構想を語るのは良いが、具体的でない構想はただの妄想であるため、もっと詳細を詰めてから発表したほうが良いとは思いました。


・非常にいい処置というのは、言い過ぎだと思うが、今まで2回の延期をしていて、世界的な印象が悪い。だから、上げなければならないのだろう。もう1ヶ月を切った今では、上げなければならない。しかし、私は、税金は、集めるのが下手なのではなく、使い方が悪いと思っている。今回も前回も、その前も、社会福祉に使うと言っているが、本当なのだろうか。いつだって疑問が沸くし、使っていないだろうという疑念の方が強い。このまま行けば大変なことになる・・なんて言っているが、あんた達のやり方が悪いのだろうと言いたくなる。マスコミも、店で食べたら・・テイクアウトすれば・・なんて、くだらない番組を作るよりも、もっと着目する、そして、調べることがあるだろう。

・消費者目線でいうと、「少しでも安くなるならありがたい。」と思う人もいるのではないでしょうか。また、事業者側としても、店内で飲食されるより持ち帰ってもらう方が、片付けが最小限で済み、店内に居座られることもないので、店員さんとしても気が楽になるのではないかと思います。ファストフード店でバイトの経験がありますが、いつまでも帰らないお客さんのせいで帰りが遅くなったことがありました。また、裏でスタッフ同士で談笑しているのがお客さんに聞こえて注意を受けたことがありました。お金の管理については知識がないため、なんとも言えませんが、、


・消費税が軽減税率によって、10%と8%にわかれることで、あくまで消費者側からの目線で、事業者側には負担になるとは思いますが、消費者側にとっては生活必需品など少しでも安く買いたいなど折込チラシなどを見て買い物に出かけたりするので消費是の負担が少なくなるのであれば、それはそれで良いと思います。ただ、いまだに何がどこからが軽減税率なのかわかりずらいところがあるので、もう少しわかりやすく政府側にはアナウンスしてもらうと共に、店舗側には税込み価格の表示などわかりやすくしてもらえれば消費者側はより助かると思います。


税率を分けると事業者に大きな負担がかかる

税率を分けると事業者に大きな負担がかかる、という意見がこちら

・軽減税率の導入に伴いそれらの商品を扱う店舗では、新規でレジの導入を強いられ事業者に大きな負担が掛かっているのが現状だと思います。消費者側も飲食店で購入した商品を店内で飲食すると消費税が10%になるなど、混乱を招いて今までにない問題が起きそうな予感がします。前回の消費税増税に伴う消費者の購買欲低下が起きたのを踏まえてその対策としてキャッシュレス決済によるポイント還元を打ち出していますが、それも現金取引など消費者全てが恩恵を受けれるものでもないのでキャッシュレス決済がどれほど浸透しているのか疑問があります。

・消費税税率を分けることにより、余計な負担がかかることはニュースなどで報じられている通りで、レジスタを製造する会社や販売会社はもちろん、決済用カード端末の製造・配布・システムの開発・整備、小売店レベルでも従業員の教育や釣銭機の設定、接客・対応技術を含め、最初からやり直す必要があると思います。当然お客さんのほうは、店側でどうにか対応してくれるのが当たり前というスタンスだと思いますので、あまり予備知識などをつけて自身でも管理しているとは思えず、方々でいろいろなトラブルが発生すると思います。分けると大変なのは事業者になると思います。


・税率というのはもっとシンプルでよいと思います。消費者側から見ても、何が軽減対象なのか、そうでないのか、結局よくわからず、まあ購入時に値段がわかればよいのですが、事業者側は自分の扱う商品については把握していないといけないから、随分とややこしい気がします。全体的に平均をとって一律にすればいいような気がするのですが。私の知り合いでも、事業者として軽減税率について勉強していかなければならず、かなり辛そうです。税金を上げなければいけないという政府の方針はわからなくもないですが、その中でも消費者に対して悪いイメージを抱かれないように気を使ってるだけなのではないかと思ってしまいます。

・税率を分けると、消費者側からすると、もちろん混乱するけれどメリットもあると思うが事業者側は清算するときにその区分わけもしなくてなならず、かなり負担だと思う。特に外食で持ち合えりは軽減で中で食べるのは10%の税がかかるのは、いちいちその都度テイクアウトかどうかを確認しなければならず確実に負担が増えるし、おそらくテイクアウトという人が増えるので、その分テイクアウト用の容器なども用意しなければならなくなる。フードコートのような場所だと本当に消費者がテイクアウトしているかどうかを見極める確認のしようがないので難しいと思う。


・レジなどの決済周りのシステム改修の対応や、マニュアルの修正、従業員のトレーニングなど費用も工数も多くかかることが想定され、スケジュールの過密さも相まって店舗側のみならず関連する様々な事業社にとって負担が大きいと思います。また、利用者側からしても物によって税率が異なるのは混乱するし、水道代やガス代などの生活インフラが軽減税率の対象になっていないのは納得がいかないです。生活は苦しくなるばかりで、軽減税率対象外となるものの購入を控えようという心理が働くようにも思え、ますます景気が悪くなっていくように思います。

・新レジ導入については少し助成がでるみたいですが、それ以外にも納品書請求書の税率分け(未対応なら税率分けに対応するソフト導入等)目に見えない労力と経費がかかります。一律8%のみの事業者や10%のみの事業者であれば今までの対応と変わらないので負担は小さいかと思いますが、スーパーやコンビニ、食品と日用品を同時に扱う商店、勿論生協なども、多くの場合がこの負担に直面してしまいます。商品で分けるだけであればまだマシな方で、例えばテイクアウト店なら、どこまでがテイクアウト扱いなのか事業者も分け辛いのをいいことに、横柄な消費者が現れる危険性もあります。不要で曖昧な線引きは、事業者を一番困らせます。


・場合によって税率が違うとなると登録間違いなどなんらかの不測の事態があった場合にお客さん対応によって説明義務が生じるのは事業者です。その場合に事業者は泣き寝入りするしかないことは容易に想像できますしそもそもシステムも言えれ加賀複雑になります。SEさんたちもかなりのストレスがかかりますしお客さん対応の最前線にいる客対応の店員がしっかり訓練されていないとなぜこれがこの税率になるのかも説明する必要がでてきます。お客さんは安ければ安いほうがいいので混乱があった際にここぞとばかりに文句を言い、支払いを少しでも安くしようとすると思います。

・企業で経理を担当しているのですが、軽減税率がどのように適用されるのかのレクチャーを受けても、実際にどうなるのかよくわからないというのが現状です。また、軽減税率の8%と現在の税率8%で、地方税などの内訳のパーセンテージが微妙に異なっているので、そこもややこしいと思いました。実際に値段をつけていく事業者側も、請求書に軽減税率分の明記をしなければならず、またその記載が見つからない場合には請求書受領者が問い合わせをしないといけないなど、増税によっていろんなところで仕事の量が増えるのだろうなと実感しています。


・消費税の税率を間違えることなく、しかも滞りなく買い物できるように準備をするのは想像以上に大変なのではないかと思います。とくに田舎で高齢だったりする人が一人で経営しているようなとても小さな店では、そうした対応がきちんとなされないかもしれません。そうした対応が不十分な店がたくさん出てしまうのではないかと危惧してしまいます。また、しっかり対応をしたお店であっても消費者から無茶な因縁をつけられてしまうこともあるのではないでしょうか。そうした場合の対応も根気よくしなければならないと考えるとなかなか骨が折れる気がします。


税率を分けると消費者側に混乱が生じる

税率を分けると消費者側に混乱が生じる、という意見がこちら

・ニュースなどでいろいろ情報は得ているつもりですが、イマイチわからない。その差、その違い、関わっている人にはきちんとした理由があることは理解できますが、一消費者から見たら、わかりにくいことこの上ないと思います。悪質な便乗等があったとして、このことを理由にされたら、おそらく何も言えなくなるし、「それなら仕方がないのか…」と、受け止めてしまうように思います。そのうち麻痺して、全部一律になるんだろうなとも思います。自分で考えるのも面倒になってしまいそうです。ただただ悲観的な考えのようですが、この面倒臭さ、理解のしにくさは、またいいようにされるのかという不安から来ているようにも感じます。

・そもそも軽減税率の対象に対してとても疑問を抱いています。本来生活必需品などの無くてはならないものに対して負担を減らす目的であるはずなのに、生理用品やトイレットペーパーは対象外なのに対して新聞は軽減税率の対象になるということは、最低限の衛生を保つことよりも新聞を読むことが大切なのか?という疑問を生みます。そもそも大企業に対する法人税率を上げる方がより効率的に、国民の負担が少なくすむはずなのに、自分たちの特権を守るために政治家があの手この手で言い逃れして弱者からお金を吸い上げようとするその卑しい魂胆が嫌です。


・どの商品、行為が減税の対象になるのかわかりにくい。例えば、持ち帰りと注文して、会計が終わった後店内で食べているときはどうするのか、ある意味サギに当たると思うので店舗運営者としては無視するわけにはいかないと思う。コンビニのイートインスペースなどもかなり経営者からすればめんどくさいことになると思う。飲食店とは違い、学生、高齢者、又はヤンキーなど様々な客が来る。高齢者はよくわからずに、学生は食費を浮かすために、はたまたヤンキーは面白ろ半分に店員を困らせるために用途を偽って商品を購入するかもしれないから。

・テイクアウトと、店内で食べるので税率が変わったり、商品によって変わると消費者側の混乱もあるが、売る立場の人達のミスも増えたり、すると思う。分かりにくいから、買い物や外食を控えたりして消費が減るのではないかと思う。導入するにあたり、企業側は職員の研修に時間と人件費が多く掛かると思う。売り場で、なかなか税率を理解出来ない消費者に対しても、その都度、どういう税率でどうなるのかの説明をしないければならない、労力も掛かると思う。国としては、税収が増えてメリットがあるかもしれないが、働き方改革で、収入が減った家庭も多いので、まだ8%で、上げるなら、様子を見て全部を一律税率にして欲しい。


・飲食商品の一部を軽減税率適応するのはいいのですが、どの食品が適応されるのかがわかりにくいのと、コンビニとかのイートインコーナーで飲食すると適応されないなどの制度の基準が細かすぎるのが本当に混乱の元なような気がします。また、その消費税率変更のための準備等の一般企業への負担や負荷が大きいような気がします。自分も過去の消費税変更時に値札の張り替えなどの作業をしたことがありますが、ほぼ全部の値札を入れ替える作業などは本当にかなりの苦痛な作業です。消費税を上げるにしろもっとわかりやすい制度、軽減税率制度にして欲しかったです。

・消費者側の意見ですが、軽減税率の導入は混乱が生じると思います。持ち帰りは8パーセントでイートインは10パーセントというのはわかりましたが、某お笑い芸人さんが言っていたようにコンビニエンスストアでパピコを買い1つは店内で食べ、1つは持ち帰る時はどうなるでしょう。パピコだけではなく他の商品でもこういうことになると思います。店内で食べると10パーセントだから持って帰ろうということになりそうです。ただのわがままかもしれませんが、本当は店内で食べたいのになぁと思ってしまいそうです。慣れて仕舞えばなんてことないのかもしれませんが、最初は戸惑いそうです。


・いったいどの商品が安く買え、どれが金額が上がってしまうのかがわからなくなるため。家族が沢山増えてくると生活費に金額がかさんでしまうことになるが、全てを把握しておくことはできないのでレジにて思っていた金額と違う、であるとか思ったより買いすぎているななどの食い違いが生じてしまうと思っています。人によってはなぜこの金額(例えば8%だと思っていた物が10%だったなど)になるのかと店舗スタッフへ問い合わせがくることにもなり、消費者だけではなく販売元の苦労を考えると正直得策ではないです。税率がそれぞれ変わることでどのような金額掲示になるのかも少し不安でもあります。

・そもそもなぜ分ける必要があるのかわかりません。もっと消費者が納得するような説明が必要だと思います。お店によっては、店内での飲食と持ち帰りで消費税率が変わったり、変わらなかったり、未だ検討中のところもあります。必ず損得が出てくるので全て8%のままにして欲しいと思います。消費者だけでなく事業者も混乱していると思います。キャッシュレス化による人員削減などを謳っている昨今、このようなやり方は逆効果ではないでしょうか。上げるだけ上げて終わり、では国民の消費率はますます減っていくと思います。ポイント還元など推進しているようですが、やり方が下手です。


税率を分ける意味がない・一律でいい

税率を分ける意味がない・一律でいい、という意見がこちら

・正直わかりにくく、今回の政府の措置は無能でしかない。税率を分けることは、消費者・事業者ともに混乱を招くことしかなく、電子決済への移行を促しているが、白熱しているのは支払い事業者のみで消費者は、セブンペイのこともありどこの事業者が勝ち取るか、みてから移行する人が多そうだ。また、経済の面で今後2年以内に株価の大暴落が予想される逆イールドが発生しているにもかかわらず、増税に踏み切る決断は、政府がいかに今後のことを考えてなく、ただの金集めにしか目がないということがわかる。この増税で、国民が得をすることは1つもない。

・税率を分けることで、消費者ももちろん、事業者にも混乱をもたらすように感じます。レジで混乱を起こす可能性もありますし、地元密着型の小売店などはレジの導入をすることで負担になるのではないかという心配があります。混乱を防ぐ意味でも、一律で良いと考えています。また日本はこれから少子高齢化が進みますし、消費税だけが平等におさめられる税金だと個人的に考えています。それであれば、軽減税率などを導入するのではなく全ての消費商品に税収をかけて、その代わりに既存の税を撤廃したりするといったほうが明確になると考えるからです。


・飲食店側にサービス代として支払いされるなら良いが、結局は納税しているだけにすぎないので、店舗側の仕事が増えてしまうのを国が特に悪びれず政策を断行するのはなんて威圧的だと思う。軽減税率が適用されないと消費者離れが起きてしまうのであれば、支払後のポイント還元とか、店舗側にチャージバックされるとかなにかメリットが無いと消費者離れにつながると思う。消費税を上げるのは仕方がないが、確定申告などで経理担当が疲弊するのが目に見えている。確定申告時期の税務署の混乱ぶりを考えると、例年の混雑がさらになるとしたら、そんな混乱を国によって作られてはたまらない。

・一部の生活必需品には軽減税率を適用するというのは、わからなくもないが、何を基準に軽減税率を適用する品目を選んでいるかがよく分からないので納得しかねる。新聞が軽減税率対象なのもよく分からない。また店内で食べるか、持ち帰るかによって税率を分けようとしているが、その制度を悪用する消費者もいるだろうし、事業者側でもレジのタイプミスなどは絶対発生するだろうし、公平感がない。10%の消費税というのは他の国と比べると決して高い比率ではないと思うので、10%であるならば、余計な混乱を招かないように一律にするのがいいと考える。


・例えば、ファストフードでの買い物で、すぐにイートインで食べるものと、持ち帰るものとを同時に決済する際に、決済時に購入する側が一つ一つ説明をしないといけなくなるのでしょうか。持ち帰るつもりが、やっぱり気が変わってイートインに変更した時は、後から税率加算の支払いの必要はないようですが、結局のところ、事業者、消費者、ともに大きな負担、混乱が生じる気がします。同じ水でもミネラルウオーター、精製水、の違いで税率が変わるのも、わかりにくいです。一律同じ税率にして、できれば、どの店舗でも販売する際の価格表示を内税表示にしてもらえれば、私個人としては一番わかりやすいです。

・そもそも事業者側も消費者側も税率が別れることによってわかりづらいというデメリットが大きすぎると感じます。少しでも税率が低くできるものがあるなら、多少複雑になっても税率を分けて欲しいという人が本当にいるのか疑問です。今までも、消費税導入から、3パーセント、5パーセント、8パーセントと税率アップしていきましたが、税率アップのその瞬間は多少の不満の声はあるものの、日本人はすぐに切り替えて慣れていくのが得意だと思うので、一律10パーセントに今回は上げてしまえばよいのにと思いました。政府の意図があまりよくわかりません。


・消費税増税をしないと財政が破綻することは理解しています。日本人の人口も減少し続けているのだから、消費税率10%なんて、なんてことないです。選挙で負けるとか気にして、悪あがきの七面倒くさい仕組みを導入するのはやめていただきたいです。低所得層と高所得層とで差をつけたいなら、他に方法はいくらでもあると思います。消費税の使いみちが適切であることを証明してくれれば、増税によって良い結果が出ていることを示してくれれば、国民は納得するのでは。テレビや新聞はデタラメなことがあるので、信用していません。政府が自ら真実を説明してほしいです。

・消費者である私が買い物をする際は、税率関係なく買い物する。軽減税率適用外だからと言って、買い控えたりはしないと思う。また、税率を分けることで消費者としてはいくら支払えばいいか混乱してしまうため、一律でよい。そして、これから税率は一律になるのか、税率を分けていくのかという指標がはっきりとしていないことにも苛立ちを覚える。事業者も消費者側も、増税だけではなく、税率が違うことで、かなりの混乱が生じると思う。そして、お年寄りや子供達にとって、特にわかりづらい制度であると思う。いずれにせよ、増税せざるを得ないのであれば、一律で構わない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です