消費税増税キャッシュレス決済ポイント還元に不満の声!よくわからない、お得じゃない!

消費税増税でキャッシュレス決済利用する?

money_1541118091

消費税増税にともない、キャッシュレス決済でポイント還元などの恩恵が受けられるようになります。

しかし、どんな恩恵が受けられるのかよくわからない、という声もよく聞きます。

今回は消費税増税にともなうキャッシュレス決済の恩恵について、みんながどう思っているのか意見をまとめてみました。


キャッシュレス決済に興味がない・利用の予定がない

キャッシュレス決済に興味がない・利用の予定がない、という意見がこちら。

・そもそも、電子決済やクレジット決済は、消費を促すためのワナだと思っている。使った感覚がない売買はお金の感覚を麻痺させ考えなしに買ってしまう、いくら使ったかわかりずらいなどデメリットの方がメリットよりも多いと考えている。また、セブンペイの問題があったように、セキュリティの問題や個人情報流出など犯罪が起きる可能性がおおいにあるからである。現物を持っているということは、お金の価値を実感するものでありお金を稼ぐありがたみやお金の価値が軽いものに変わってしまう方向性へ政府がシフトすることはいいことなど1つもないこと。

・私としては、キャッシュレス決済はややこしく感じてしまいます。特にコンビニ等での支払いの際は、慣れてる現金で払いたいもので、チャージで他の客を待たせてしまったり等、慣れてない分焦ってしまいます。それに、セブンペイでの事件もあり、セキュリティ等の件で不安があります。個人情報がどのように扱われてしまうのか、何かしらの犯罪に巻き込まれてしまうのではないかなど、考えてしまいます。それに、デジタルの世界に自分の買い物が記録されていくような気持ちで、なんとなく監視されてるような心配をしてしまいます。ただ、これからはキャッシュレスが主流になっていくのではないかと思いますので、そろそろ自分も使い始めなければと考えております。


・セブンペイのセキュリティ面での甘さが露呈した印象が尾を引いている中、果たして消費者・事業者ともにキャッシュレスに積極的になれるのか、はなはだ疑問です。お金を持たなくていい、財布を出さなくていいなどのメリットがある分、やはりセキュリティ面での不安が強く残っていると言わざるを得ないと思います。CMで宣伝をしている企業もありますが、ポイント還元などで消費者を釣っておいて単なる利用の拡大を狙っているとしか思えず、増えていく消費者のデータをどのように守るのかというところまでは、きちんと議論されていないのではないかと思います。


キャッシュレス決済に詳しくない消費者を置いてけぼりにしている

キャッシュレス決済に詳しくない消費者を置いてけぼりにしている、という意見がこちら。

・私は辛うじてスマホですが、スマホでない人は、置いてけぼりだなといつも感じます。キャッシュレス決済は、スマホだけではないと思いますが、いちいちカードを作ったり、そのために個人情報も出さなければならなかったりで、私は嫌悪感があります。何も考えず、お金を使ってしまうのではという不安もあります。お金に対するありがたみも少なくなると思います。いつも、何かおトクなクーポンの話とかあると、大抵はスマホを持っている人対象で、ガラケーの母が、「私には関係ない話なんだね」と言います。キャッシュレス決済に関しても、同じように感じます。

・そもそもキャッシュレス決済ができるカードやそれに対応したスマホなどの端末が無いとポイント還元の恩恵が受けれないのは、不公平だと思います。マイナンバーカードの普及推進の一環としてそれを取得している消費者にスマホ経由で20,000円チャージすると5,000円のポイント還元する政策にしてもそれに対応したスマホを持っている消費者だけが恩恵を受けれるので不公平だと思います。現金払いだとポイント還元の恩恵を全く受けれないので一部のキャッシュレス決済に対応できる消費者だけが得をする構図になっているのは納得のいかない点です。


・優遇措置に関してどういう対応になるのか広報が不足しているためいつ誰がどうやって優遇を受けるか分からない。安倍内閣の改造とかどうでもいいから身近な話題を周知して欲しい。私はスマートフォンでニュースを見ているが、ニュースを入手しにくい方々への配慮にも欠けている様に思う。情報を知りえない可能性がある人にも周知をしてもらわないと増税の不利益を被ってしまい不公平につながる。日本は他の国に比べてキャッシュレス決済のできる店舗が最近まで少なかったし、現金さえ持っていれば良いという思考が定着していたため、キャッシュレスの生活に慣れていない人からしたら国の政策はかなり情報提供不足に感じる。

・私はいつも買い物の際はキャッシュカードを使用しています。しかしニュースを見ていて20代から60代はいいかもしれませんが、70代以降の方には不便だと思います。実際に私の父の祖父、祖母はキャッシュカードを使用していますが、母の祖父、祖母はめんどくさい、紛失したら困る、登録するのがめんどくさいなどを理由にキャッシュカードを持っていません。そういう方がいるにも関わらずにしているので賛成ではないです。もっと高齢者の方のやりやすいやり方にすべきだと思います。例えば、ポイントカードでも携帯登録が必要な場合、携帯をもっていないので私の携帯で登録したりなど少しは高齢者の方のことを考えてほしいです。


・クレジットカードの有無、スマホ決済の可否、その他のICカード類・プリペイドカードの対応可否や、対応可能なブランド・銘柄など、キャッシュレスで決済できる内容は極めて多岐にわたるにも関わらず、それほど大きく周知徹底しようとしているわけでもなく、いったいどうなるのやらというのが正直なところです。いわゆる情報強者であれば自分で調べて逆に積極的に利用していくこともできるのでしょうが、情報を十分に得ることができない層の方々は、下手するとすべて税率10%で処理されてしまう恐れがありそうです。TVのCMや新聞でももっと知らせるべきだと思います。

・国は、補助を多少するとは思うが、導入にあたり店員の教育、設備を交換する、お客様に説明するの手間が増える。現金払いしかできないお客様には、どう対応していくのかの説明も、無いと思う。子供、お年寄りが買い物しづらくなるのではないかと思う。その点に関した対応策をしっかりと国が説明してくれて、企業のサポートが出来るなら良いと思うが、そこまでのメリットがあるのか、疑問だと思う。優遇措置も、どの程度あるのか、そこまで苦労して導入しても徳をする制度なのか、分からない事が多いと思う。消費者、企業側にメリットがあるなら良いと思うが、国寄りメリットなのかなと思う。


・政府がキャッシュレスを普及させたいがための優遇措置だとは思うけれど、スマホだってすべての人に普及されているわけではないし、そういうものに詳しくない人を置いてけぼりにしていると思うから。特にお年寄りの方や子どもなど弱者に対してのことを考えていない気がする。キャッシュレス決済の安全性も、先日のセブンペイのように安全性が心配されていてキャッシュレスに対してまだまだ警戒心を持っている人が多いのが現状の中で、そうした人たちを無視した強行なやり方ではないかと思います。またポイント還元といっても期間が決まっているみたいだし、考え方が安易としか思えない。

・財布を持たないキャッシュレス派と、クレジットカードも持たない現金主義派との意識の違いが非常に大きくかけ離れているのが今の日本の現状ではないでしょうか。現金派の多数は年金受給者である高齢者やクレジットカードを持てない事情の人であったりするのではないでしょうか。一番、優遇措置を必要とされる人がほっておかれる状況になるのではという懸念があります。私はコンビニ利用はほとんどしないので、ポイント還元についてのメリットなどを説明されても、あまり実感もなく、ポイントの利用期限を気にしながら必要ないものをポイントで購入する方が無駄遣いだと思っています。交通系のカードについても、詳しい人、そうでない人の温度差が大きくて、広く認知されるのにはまだまだ時間、説明が不十分です。急いで導入して、システムの不具合で消費者に迷惑だけかけて、勝手に閉鎖されるような、かなりメジャーなシステムもありましたので、安全性等、国を挙げての対策など、消費者が納得いくように慎重にしてほしいです。


・日本は世界のなかでキャッシュレス化が進んでいない国なので、なんとか浸透させたいという必死な気持ちは理解します。しかし、仕組みが複雑すぎます。頭の良い人たちが周りから文句を言われないように考えたらこうなりました〜という印象しかないです。はたして続くのでしょうか?導入したが、あまり流行らず尻切れトンボの仕組みにならないか、心配です。着目点は良いのに、仕組みを複雑にするのが得意ですね。ニーサが典型的な例です。国民がついていけるシンプルな仕組みを、もっと頭使って考えぬいてから提案していただきたいものです。

・キャッシュレス決済にすれば、ポイントが何%還元されるとテレビなどでは見ますが、実際にそのポイントがどのように還元され、何に使えるポイントなのかいまいちわからないのが現状です。キャッシュレスについても、pay払いのことばかり報道され、じゃあどれを使えば得なのか? クレジットカードではだめなのか? など、結局は自分で調べなければならないことが多くなると思うので、自分で調べることが困難であろう高齢者などに対しては、ずいぶんと投げやりな印象があります。そもそも、私自身30代ですがこのポイント還元についてよく理解していません。


・私はキャッシュレス決済を利用している。とても便利ではあるが、キャッシュレス決済の種類が多すぎたり、登録が面倒である。そして、セキュリティに不安を覚えることもある。そのため、キャッシュレス決済を躊躇して利用できない消費者が多数を占めている。地方に住んでいる私達にとって、あまり周囲には浸透していないし、利用できるお店の数も少ない。高齢者などは絶対に利用しない。増税に伴い、ポイント還元などの優遇措置は、利用している私にとっては有り難いと思う。ただ、優遇措置を受けるのはほんの一部であり、キャッシュレス決済を拡大していくのは、日本においては難しいと思う。

・正直言ってキャッシュレス決済そのものをこれまで使ってこなかったので、そもそもキャッシュレス決済とはどんな感じなのかという程度の低い認識なのです。そんな私が消費税率が変わることによってキャッシュレス決済で優遇措置があるということまではとても理解できていない状態です。しかしそんなことを言っていては今後の人生において大きな損をしてしまうのかもしれません。不勉強だから損をしてしまうということがないように、お得に買い物ができる手立てをしっかりと学んだり情報収集していかないといけないと思うようになりました。


・以前から電子マネーは利用していますが、それ以外のキャッシュレス決済については利用をしてみたいけれどよくわからないというところが現状です。特にクレジットカードなどで支払いをしたら、キャッシュバックされるというのを聞いたことがありますが、どの会社のものを持てばいいのかもわかりません。そしてキャッシュレス決済により優遇措置があるということは知っていても、それが永遠のものではなく期間が限られているというのを聞いたことがあります。それについてもいつからいつまでなのかがはっきりわからないので、不明なまま増税に突入しそうで不安です。


キャッシュレス決済を利用しているが、どんな優遇措置があるか詳しく知らない

キャッシュレス決済を利用しているが、どんな優遇措置があるか詳しく知らない、という意見がこちら。

・キャッシュレス決済にはしばらく抵抗があり、現金又はクレジットカード決済のみしていました。先日、野球場でキャッシュレス決済の場合には代金が半額になるというので始めて登録、決済を行いました。感想は便利で割引も、あるのなら良いと思いました。利用特典がもっとわかりやすく説明されていれば利用につながるとおもいます。先日話題になったPayPayのキャンペーンは登録がわかりにくかったし、いつ終了するかわからないので乗りませんでした。というよりか、キャンペーンのためだけに必要ない商品を買う意味がないことが本音です。”

・waonやpasmoを普段よく利用しており、キャッシュレス決済は便利で普及が広がればよいと考えるが、消費税増税時の優遇措置についてはあまり把握していない。おそらくポイント還元という形なのかと想像するが、そんなに還元率も高くないだろうし、ポイント還元を受けられるからこのお店で買おうなどと、自分の行動がコントロールされそうで正直面倒だなと感じてしまう。還元率が高いのであれば考慮するかもしれないが、今のところ特段調べようとも思わないし、今まで自分が行っているお店で優遇措置をしてくれたらラッキーと感じるぐらいだと思う。


・少しニュースでキャッシュレス決済の優遇措置については見ましたが、優遇うんぬんにかかわらず、積極的にキャッシュレスは浸透していくべきだと思います。ただ、政府としても優遇措置でキャッシュレス決済のよい面だけを伝えるのではなく、システムセキュリティなどへの対策などキャッシュレス決済をするにあたっての注意点についても同時喚起する必要があると思います。また、政府もそれなりに国家予算を投入してシステムセキュリティを万全なものにするよう働きかけていく必要性はあると思います。キャッシュレス決済自体にはとても賛成です。

・まだそれぞれ決定した話が出ているわけではないので具体的にわからないのですが、とりあえずキャンペーンがあるというのがわかるだけでお年寄りは確実にわからないと思います。若い人たちが使用するようになるだけで、国全体がキャンペーン内容を理解していないためただ買わないだけで消費が下がることが予想されます。政府として統一したキャッシュレス決済がないため各業者がキャンペーンを打つという形になっており、どの決済方法がどんな割引があるのかをいちいち確認しなければなりません。簡単にわかるようなキャンペーンでなければあまり意味がないと思います。


・まず、キャッシュレスを利用している理由は、財布を持ち歩く必要がなくなるためです。特にコンビニやスーパーへ行く際は、極力持ち物を減らしタイので、ケータイで支払いができるのはとても便利に感じています。それだけの理由で利用しているので、どのサービスを利用するか、どのサービスが一番お得なのか、便利なのかなどは全く考えずに利用を始めました。(そもそも優遇措置があることさえも今知りました。(笑)これだけ無知な状態で利用している人は私以外にも世の中にたくさんいるのではないかとおもいます。優遇措置にあると知れたのでこれから調べようかと思います。(笑)

・つい最近キャッシュレス決済のアプリをインストールしました。まだ使い始めたばかりなのでどんな優遇措置があるか調べていません。キャッシュレス決済を実際使ってみて大変便利度と思うので、優遇措置があるのは助かります。優遇措置の内容をきちんと調べ、勉強し増税開始に備えておかないといけないと思いました。また政府はもっと優遇措置についてわかりやすく告知すべきだとも思います。そうすればキャッシュレス決済を使う人が増えるだろうし、キャッシュレス決済を始めるメリットがまた一つ増えます。増税にに伴い、いろいろな会社のキャッシュレス決済を試したいと思います。


・特典があるのは良いことです。個人的にも銀行でいちいちお金を下ろす作業に疲れているのでキャッシュレスを選択することが多いです。ただそれによりどのような特典があるのかは全くわかっていません。通知がくるわけでもない。ほったらかしにされている気分です。きっと電子決済、クレジットのそれぞれの会社によって内容が違ったりするのかな〜と思うとただでさえややこしい税率になるのにもかかわらず、こちらの把握もしておかねばならないのかと思うとはっきり言ってめんどくさい。消費者に丸投げしている感が否めないと感じています。


キャッシュレス決済導入について、政府側が事業者側に丸投げすぎる

キャッシュレス決済導入について、政府側が事業者側に丸投げすぎる、という意見がこちら

・最近やっと政府が主導のマイナンバーカード利用でポイント還元制度の話が入ってきましたが、現在のキャッシュレス決済の推進が始まる当初から政府も介入して統一したキャッシュレス制度やポイント還元の制度を打ち出していても良かったんじゃあないかなと思います。最近のキャッシュレス決済は使用する人が自分の好みの決済を選べる点はいいと思いますが、余りにも各社の決済サービスが多すぎて、若い方ならまだしも高齢者の方とかは本当にどれを選べば・・・という状態になるのではないでしょうか?自分もその1人でもあります。そういう意味ではもっとはじめの段階で計画的なキャッシュレス決済制度をもっと政府も含めて考えていればと思いました。

・個人的には最近はほとんど現金を持ち歩かず、キャッシュレス決済ばかりです。現金のみの店舗に入ってしまって焦ることもしばしば。カードくらい使えるようにしてほしいなあとはその時思ってしまいますが、事業者側の立場に立つとやはりキャッシュレス決済のみ還元されるという優遇措置は不公平です。現金仕入れ現金支払いの現金商売でこれまで成り立っていた店舗は、この優遇措置のためにキャッシュレス決済対応店舗のポイント還元により現金のみならではの安さでも負けてしまいます。対応していかない事業者は見放しているようにしか見せません。日本は、お商売の自由を縛り始めています。


・日本を訪れる外国客にとっては両替の必要がないのでありがたいことだし、便利なので消費にも繋がると思います。しかし日本人のキャッシュレス化はまだまだ時間がかかると思います。現金への信用度も高い故、全く事情が異なる他の国と比較しても仕方のないことだと思います。交通系やチャージ式のカードは便利ですし、カードさえ手に入れば簡単なのでコンビニやスーパーなど、比較的低単価での消費にはこれからも伸びておくと思います。しかし、携帯QRコードは、初期設定の手間やセブンペイも問題なども影響して、伸び悩んでいるのが現状ではないでしょうか。政府は推進するだけで、彼らが自ら登録や初期設定をしてスマホで支払いを実施しているとは到底思えません。


優遇措置の内容がそこまで魅力的ではない

優遇措置の内容がそこまで魅力的ではない、という意見がこちら

・キャッシュレス決済は便利な反面、現金とは違い利用できる場所に制限がかかる場合もある。優遇措置において手に入れたポイントも同様だと思う。システム導入に関しては混乱も生じるだろうし、機械に疎い高齢者への負担も考えていない。第1、そんなめんどくさいシステムを導入するメリットが、そのシステムを管理する大企業にしかないのではないかとも感じる。中小企業や小売店のシステム導入に対する負担は大きい一方で、導入しなければ客足が遠のくだろう。そもそも消費税増税を見直したらどうか?と言わざるを得ない。政府は弱者を切り捨てて政治をしてはならない。

・既にキャッシュレス決済を導入しているので、優遇措置があることはとても助かっています。キャッシュレス決済に対して説明して欲しいだの、置いてけぼりにされただのといった意見は、ただの甘えであると感じています。時代は日々変わっているのだから、積極的に、能動的に情報を取得し、変化していかなければ自らの利は取れないのだと思います。
ただし、今回のキャッシュレス決済の優遇措置の期間が短すぎると感じています。一年も立たずに終了するので、中小企業がに対応を求めても、中小企業側としては優遇措置期間中に売上が下がっても、なんとか凌げば良いだけなので、優遇措置が広まっていかないと思います。


・キャッシュレス決済を日常的に利用しています。ポイント還元は何もなしよりは有り難いものの、還元されることと使わなくて良いことはまるで意味が違うと思います。まずポイントになる時点で使える決済方法が限られるし、還元されるまで時間がかかったり有効期限もあり、現金に比べると制約がかなり多いです。また、キャッシュレス決済サービス自体乱立しており、利用者のリテラシーによって受けられる優遇措置に露骨な格差が生まれることが想定されるのは国の施策としてどうかと思います。特に増税によって最も苦しむ貧困層へのケアとして適切なのか疑問です。

・たしか1年間だと思ったが、はっきり把握はしていない。またここにきて、マイナンバーカードに絡ませたニュースもある。よく判らないというのが本当だろう。ただ返ってくるのが2%。1年間、消費税を据え置きする程度のことだと思っている。大きな買い物の予定がない人にとっては、たいした大きな額ではない。10万円使って、2千円。一食浮いたか‥程度のこと。それほど魅力的なことではない。それに、私には判らないが、小さな店でのやりくりや、キャッシュレスが判らない・使えない人にとっては、判らないまま支払いだけしていることもあるだろう。とても、親切だとは言えない。選挙のパンフに金を掛けるより、こちらの説明に金を掛けたほうがいい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です