キャッシュレス決済使う?使わない?みんなの意見は!お得?めんどくさい?

キャッシュレス決済使う?使わない?理由は!

money_1544242812

消費税増税にともない、キャッシュレス決済が注目を集めています。

にわかに活気づいてきたキャッシュレス決済市場。

世界的に見ても先進国ではキャッシュレス決済の導入が進んでいます。

しかし残念ながら日本ではその普及についての施策が上手くいっているとは言えない状況です。

キャッシュレス決済について実際にみんなの意見を見てみましょう。


もともとキャッシュレス決済を利用している

もともとキャッシュレス決済を利用している、という意見がこちら。

・ここ1年ぐらいでキャッシュレス決済を使うようになった。PayPayで大きなポイント還元があったときに使い始めるようになった。それまでは登録などが面倒でSuicaぐらいしか使ったことがなかったが、実際に使ってみると登録はそれほど面倒ではなく店頭で支払いをするときに小銭を探さなくてもよいのでとても便利だと思った。学生時代のアルバイトでレジ打ちをしたことがあるが、お釣りを数えるのが大変だった記憶があるので、いまキャッシュレスで支払うとレジのやりとりがとても速く済むので店も客も楽だと思う。しかし、クレジットカードと同様に店側が決済の手数料を取られていると思うので、国としてキャッシュレス決済を進めていくなら企業側に手数料の補助などをしてあげてほしいと思う。

・ポイントを貯めたり使ったりする達人にはまったく及ばないが、いくつかのポイントを集中して集めている。貯まると嬉しいし、使うと楽しいし、ポイント集めは私には合っていると思う。元々持っているカードなどに関連して集めるポイントを決めているが、新しいものを選んで採り入れるのはなかなか難しい。集めるポイントの種類を増やすことにもためらいがあるし、新しいものについて理解するのは年々ハードルが高くなっている。私の年齢でこのような状態だから、年配の方達にとってはもっとハードルが高いのだろうなぁと、自分の両親を見ても思う。


・キャッシュレス決済は小銭のやりとりがなくて便利です。明細も分かります。夫は反対しています。お金を使うという労働に対する対価の重みがわからない。実際に稼いだお金を、扶養している家族が、かんたんにカード1枚で使い、労いの言葉もない、自分は資金製造機になった気分だと言います。ごもっともなんです。利用はしていますが、自動で引き落とされるのがもはやあたりまえになり、その先に夫が汗して働いている姿は想像しないのです。お金のありがたみを感じるのは、お金がなくなったときかも知れないと、そら恐ろしくなる時があります。

・現金で持ち歩く額を出来るだけ少なくしたいと思っているため。財布を厚く、重くなり、不快感もあるため、出来るだけ現金を持ち歩くことはしたくなかったが、カードやアプリによる支払いができる支店が少ないため、仕方なく現金を持ち歩いていた。しかしながら、ポイント還元などの優遇措置が実施されることにもなり、多くの支店がカードやアプリによる支払いが可能になってきていることもあり、現金を持ち歩く必要がなくなった。また、カードやアプリの場合、いつ、何に、いくら使ったのが全て記録されているため、貯金や今自分にどのくらいの余裕があるのかを見るのかも楽である。


・キャッシュレス決済は時々使いますが、ポイントを貯めてそのポイントで何かお得感がでるほどの大きな買い物自体ができる生活レベルではありません。ポイントよりも意識して使うのは、現金で払うより実際の金額が安くなる時だけです。最終的は、いくら自分のお金が減るかを考えます。ポイント還元などの優遇措置の「など」がとにかく現金キャッシュバックならまだ少しはましです。一日の食材費を300円内に考えるような家庭ではポイントなんてたまりません。300円で3ポイント(3円)ですよ。このポイントで次の食材を買うには100日かかります。一日の食材が200円に満たない時もあるのにポイント優遇措置はあまり魅力を感じないです

・そもそも年金生活者であるため支出につかえる金額が限られている。ささやかであるがポイント集めに有利なものは銀行決済でなくクレジット決済の法が多い気がする。以前から現金は小売店で食料品位の購入にしてそれ以外はクレジット決済にしていることがおおい。わざわざポイント還元などを行って消費の落ち込みに対応した税金を使うことなどには気が進まない。つまるところ一時的なことに多額の費用を負担することになっているものと思われる。これらがすべて各個人の負担につながっているのではないだろうか。日頃から考えることのような気がするので消費税の料率改定でポイント還元をもクリンでいることが気持ちの良いものではない。


・きっかけは家計簿をつけはじめようと思ったのがきっかけで、移動時間などにも手軽に入力できるスマホアプリを使おうと思ったのがきっかけ。それがクレジットや Suica、銀行口座などと連携していて便利だと思った。現金で購入すれば手動で入力しなければならないが、クレジットやモバイルスイカなどで支払えば、それが自動的に連携してくれていて家計簿に入力してくれる機能がすごく便利だった。現在は家計簿はそれほど利用しなくなったが、それでも現金を使わない支払いに慣れてしまうと、財布からお札や小銭を出したり、おつりのやり取りをする事が面倒になってしまい元に戻れなくなってしまいました。

・元々キャッシュレスの手段には、その手段そのものがポイントを用意していたり、Tポイントなど広く普及しているポイントが付与されるなど、現金払いに無い利点がいくつかあり、小銭などで財布が重くなることが少なくなることもあり、Quick Payが世の中で出始めた10年以上前から使い続け、今では色々なキャッシュレス手段を利用しています。特にスマートフォンが同時期に普及しスマートフォンを始めとしたIoTと連携したサービスというのも非常に便利になってきており、今や無くてはならない決済手段であり、今後もより良いサービスがより一層展開されるのではという期待もありキャッシュレス決済は利用し続けたいと思います。


・キャッシュレス決済を使用することによって得られるメリットしては大きく2つあると自分は思っていて1つ目は時間短縮です。やはり店員とお金を払ってお釣りのやり取りをするとキャッシュレスよりも時間がかかってしまいます。長い目で見ると店員とお金でやりとりするよりもキャッシュレスで支払っている方が多くの無駄を省けて時間を確保できると思います。2つ目はお金の管理のしやすさです。現在は多くの金融機関が携帯電話のアプリケーションから出金と入金の有無、銀行口座の残高を確認することができます。キャッシュレス決済をすると同時に家計簿がアプリ上にできるという利点があります。

・優遇措置があるからといって、購入行為を増やすつもりはありません。必要な物だけを買い、贅沢するつもりはないのです。政府の思惑とは関係なく、今までと同様の消費生活を続けたいです。優遇措置は増税に対する景気対策としての目的もあると考えますが、このようなことをしないと消費が冷え込むと考えた政府は、経済政策で効果が乏しい実績を認め、増税をせず、無駄をなくす政策に転換すべきだと思います。さらに、キャッシュレス決裁のシステム自体に関係する企業というのは、小さな会社ではありません。大企業優先の政策を続ける現政権が、キャッシュレス決裁関連の企業を儲けさそうとしている、とも感じます。


・クレジットカードでキャッシュレス決済を利用しています。大きな買い物をする際や高速道路でのETC利用のために利用していますが、コンビニやスーパーでの買い物等の普段使いでは現金を利用しています。もともと自宅周辺でキャッシュレス決済を導入している店舗が少ないことと、キャッシュレスではなかなかいくら使ったかを把握することが難しいと感じており、食費等の基本的な生活費の把握は現金で管理しています。またあまりカード等支払いをする際に他人へ渡すことへの抵抗感もいまだにあります。大きな買い物をする際には大金を持ち歩くことが好きではないのでキャッシュレス決済を利用してます。

・ポイント還元などの優遇措置があるのなら、家計のために少しでも利用したいと思います。毎日の少額な買い物でも、ちりも積もれば~だと実感しているからです。税率が上がることで、当然家計の負担は免れません。給料がその分上がるのなら話は違いしますが、収入が変わらず、出費が増えるばかり。どこかで調整しなければならないので、キャッシュレスの優遇措置を大いに利用しなければなりません。またよく考えれば、小銭の入った重たい財布を持たなくても買い物ができるので、気軽に買い物を楽しみたいので、良いと思います。もともとキャッシュレス決済を利用しているので、抵抗もありません。


・これまでもコンビニなどでキャッシュレス決済を利用しているため、今後も利用する予定でいます。キャッシュレス決済を利用し始めたきっかけは時間短縮のためです。毎日通勤途中にコンビニへ寄り、出社しているので、朝レジが混むコンビニでは、財布を出して小銭のやり取りをしている時間が惜しいなと思い始め、キャッシュレス決済を利用し始めました。また、楽天Edy(現在はQUICPay)を利用しており、普段利用しているクレジットカードで支払い、楽天ポイントが貯まるという流れがあり、楽天関連のサービスをよく利用するのでポイント還元も利用できるという理由もあります。”

・なるべく銀行に行く回数を減らしたいので、買い物はクレジットカードか電子マネーを利用しています。消費税増税とともにポイント還元での優遇措置が開始されますが、「キャッシュレス決済を利用できる人」が前提なので、では利用できない人はどうするのだろうと思います。高齢の方などキャッシュレス決済は敷居が高いのではないでしょうか。テレビで見たインタビュー映像では、お店の方でさえキャッシュレス決済の導入の仕方がわからないと答えていました。その場で現金値引きの方が簡単ですが、それだとキャッシュレス決済を推進したいという政府の趣旨と合わなくなります。受けられる人とそうでない人が発生してしまう「優遇措置」でなく、誰でも受けられる優遇措置にした方が良いと思います。


・元々現金とクレジットカードやデビットカード、電子マネーを使い分けて利用していました。それに加えてこれから来るキャッシュレス時代に備えて、ペイペイ等のスマホで決済できるものも取り入れました。小銭を探す手間や時間がなくなり、会計がすぐ済むのはこちらとしてもお店側としてもお互いにウィンウィンだと思うからです。ただまぁ登録したりチャージしたり、現金をぱっと払うのに比べたら少々面倒くさいことはあります。あとはいちいちカード使えるかとか電子マネー使えるか調べたり聞いたりしなくてもいいように、すべてのお店で対応してくれたらなと思います。


あまりキャッシュレス決済を利用したことがなかったが、今後利用したい

あまりキャッシュレス決済を利用したことがなかったが、今後利用したい、という意見がこちら。

・キャッシュレス決済の良いところとしては、何よりも細かい金額などを考えずにさっと払えるところだと思う。小銭などを持ち歩かなくてもよくなるかもしれないし、店側としてもお釣りの間違いや、支払い間違いなどが減るのではないかと思う。また上記のように最近ではそのような支払いでポイントがついたり、何%かそのままお金が還元されたりなど、流行の黎明期であら現在では色々なキャンペーンなどをしている。それらを活用することで普通よりもお得に買い物などができるのではないかと思うので、現在はあまり利用してないがこれから先は考えたいと思う。

・期間限定ではあるがポイント還元などの優遇措置があるのでキャッシュレス決済を利用するつもりです。ただ、期間終了後は再度検討したいと思っています。ただ、ポイント還元などの優遇措置の財源は国税だと思うと矛盾を感じます。低所得者に負担の大きい消費税増税なのに、高額消費の可能な高所得者ほど優遇措置の恩恵を享受できるようにも思えるので不平等を感じます。低所得者は節約に努め、購入する際にはポイント還元などの優遇措置をできるだけ活用するということでしょうか。税金を使って誘導されているようで得したというよりも不愉快です。


・キャッシュレス決済の5パーセントのポイント還元はかなり大きいと思います。オリンピックまでの9か月間ということですが、今後は積極的に利用しようかなと思っています。以前は現金で品物を購入することが多かったのですが、最近では近隣の地元密着型小型のスーパーでもクレジットカードを使えるように変更するお店も少しずつ見受けられます。そういったお店では持っているクレジットカードで支払いをすることも増えると思います。食料品以外は水道光熱費も含め値段が上がってしまうため、少しでも生活を防衛出来たらしていきたいと思っています。

・キャッシュレスはたしかに便利だし今後は多くなっていくと思うし、利用せざるを得ない状況になると思う。一方で手元に現金がない状態で買い物ができるので使いすぎやなにをいくらで買ったのかわからなくなる心配もある。お年寄りにも分かりにくいと思う。またシステム上の関係で使えなくなったり、例えば災害のときなどはキャッシュレスは困ると思う。また不正利用や個人情報の流出などの心配もあるので全てがキャッシュレスになることには不安もある。今後キャッシュレスになるならシステムの強化はもちろんだがそういった対策を行った上でやってほしい。


・今まではまだスタート時期でトラブルも多く、敬遠していましたが、それらを使った方がお得に生きられる
・トラブルも減って来たと感じる時期になったら採用した方が良いのかもしれないと考え始めています。しかしあまり使うツールを増やすとそれだけ危険性も高まるので、厳選をして一番使い勝手がいいものを採用したいと思い、現在調査中です。これからの時代、もしかしたらキャッシュレスしか対応していないお店なども出てくるかもしれないし、何か必要になったときのために念のため一つ自分でも使えるキャッシュレス決済のアイテムを入手しておこうと思っています。

・そもそもスマートフオンを持っていないので、スマートフォンでの支払い経験はまったくない。クレジットカードならキャッシュレス経験はある。でもクレジツトカードだと年齢制限があるサービスもあり、自分には該当しない。結局お金を持っている人がさらに得をするためのサービスではないかと思う。またカード破産が急増しそうでこわい。低所得者にはプレミアム商品券というのがあるけれど、そもそもお金がなくて低所得者になっているので、プレミアム商品券を買う余裕もないからあまり意味がないと思っている。ただし今後自分もスマートフォンを手に入れる機会があれば使用してみても良い。


・キャッシュレス決済の手法として、以前からあるクレジットカードや、最近台頭してきているスマートフォンアプリを利用した○○ペイ等、多種多様な決済手段が出てきています。私個人としてはキャッシュレス決済の手段として、クレジットカードを利用していますし、ポイントで節約の一助としているので非常にありがたいです。ただ、ポイントがネットや実店舗を問わず、いろいろなところで使えるのか、自治体ポイントのように一定の場所でしか使えないのか等、まだまだ懸念もありますし、マイナンバーカードと紐付けを検討しているとのことで、セキュリティ面での心配があります。

・少しでも家計から出る予算を押さえたいので勉強しないといけないと思う。もともとキャッシュレス決済には興味があったので、消費税の値上がりに関係なく使い方を覚えたいと思っていた。なのでそこに抵抗はない。使いづらい小銭なども無駄なく使えていいと思うし、不本意ではあるが消費税が増税されるのであれば個人で出費を抑える対策は出来る限りしたいと思う。今後はスマートフォンを使ったキャッシュレスサービスが増えると思うが、サービスを乱立させて増やすよりも一本化を図り、利便性、セキュリティなのど強化を高めてもらいたい。


・キャッシュレスサービスが乱立されすぎていて、何から始めたらよいか全くわからないというのが現状です。そのサービスも似たり寄ったりで何かきっかけがなければ、これを使うということにはならないと思います。また、現状のキャッシュレス決済に便利さを感じないという理由も、現在あまりキャッシュレス決済を利用していない要因の一つになります。Suicaのようなサービスがどこでも使えるようになりさえすれば、今すぐにでも利用したいと思うのですが、現状はありません。単に見つけられていないだけかもしれませんが。ただポイントのためにもこれから何かしらのサービスは利用していこうかと思っています。

・コンビニなどではキャッシュレス決済を使うが、家計を管理するという点では現金の方が分かりやすいため今まで現金だったが、今後ポイントなどで大きな差がつくようなので、損はしたくないので導入する予定にしている。色々あって何を使えば良いのかよくわからないのが踏み切れない理由の1つ。よく行くお店で何が使えてどんな還元があるのか、しっかり把握してから使いたい。やみくもに色んなものに手を出すのは嫌なので、しっかり調べたいが、ちょっと面倒なのもありまだ現金を使っている状態。増税まであと少しなので、そろそろちゃんと調べて検討したいと思う。


全くキャッシュレス決済を利用したことがなかったが、今後利用したい

全くキャッシュレス決済を利用したことがなかったが、今後利用したい、という意見がこちら。

・現在使用したことはありませんが、非常に魅力的なサービスだと思っています。仮想通貨が一般的に流行りだして世界共通の通貨ができるのは時代の波に乗れた案です。キャッシュレス決済も同様に日本のみならず海外でも両替無しに使用することができれば非常に便利なんじゃないでしょうか。ポイント還元においても消費意欲を増進させるにはもってこいのサービス。以降も定期的にポイント還元サービスをしていくのであればもっとユーザーも増えると思うし、まだまだ面白いサービスに発展していくでしょう。私もこの記事を通してキャッシュレス決済を今後利用してみようと思いました。


今までも今後もキャッシュレス決済を利用するつもりはない

今までも今後もキャッシュレス決済を利用するつもりはない、という意見がこちら。

・家計を管理するとき、クレジットなどの方法だと今まで上手くいかなかった。逆に現金で振り分けて管理する方が私は上手くいったので、このまま現金方式で管理したいと思っている。キャシュレス決済も使ったことがあり、支払いはとても簡単だとは思うが、現金のほうが後々の管理は楽だった。ポイント還元という方法だけの優遇措置なら、そこまでメリットを感じず、現金からキャシュレスには変更しないと思う。今後、キャシュレス決済にもっと魅力的な優遇措置があったり、現金だと明らかに不利になるようなことが起これば変更も考えると思う。


・7payではないですが、その時々で色々な支障がでてくる気がします。クレジットカードの利用だけでもいろいろな支障があります。ただでさえ個人情報が漏洩しているこの世の中で、現金払いよりもキャッシュレス決済が主流になってくるともっといろいろな事件が起こります。ただでさえ年配のの方々にはクレジットカードを利用するのが嫌な人が多いのに、携帯電話を使ったキャッシュレス決済が主流になったら支払い方法がわからなくて困る人が大勢出てくると思います。若い人の中にも同じように困る人が多いと思います。ガラケーを使っている人はどうなるんでしょうか。もう少し考えるべきだと思います。


・最近はキャッシュレス化が進められていますが、私はあまり信用していません。正直、セキュリティがしっかりしていると思えないからです。以前仮想通貨で大規模な流出事故、盗難事故が起き、さらにQRコードを用いた決済でも詐欺やシステム不良が続いています。これらについて、有効な対策が示されたでしょうか。インターネットという仮想空間でどのように自衛できるのか明確に分かりません。それだけでなく、災害時に頼りになるのは現金だろうと感じています。日本は災害大国です。災害が起き、大規模な停電が発生した際にキャッシュレス決済関係の機器は復旧に時間がかかるのではないでしょうか。その間頼りになるのは、やはり現金なのだろうと考えています。

・キャッシュレスときき、一見すると非常に便利に思えます。財布なしでスマホ1つで何でも気軽に購入することができるので、ちょっと近くに買い物といったときに荷物もスマホ1つでいいので身軽という点もあります。しかし、私がキャッシュレスにしないのは、その便利さからついついお金を余計に使いすぎるのではと思います。クレジットも、今手持ちがないという時に非常に便利な物ですが、その便利さからついつい使いすぎてしまう可能性もあります。またスマホを紛失したときに知らない人に使われるのではという不安から、キャッシュレスはしません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です