小泉進次郎育休に賛成?反対?国民の声は!積極的に取得すべき?報酬返納?

小泉進次郎育休に賛成?反対?国民の声は!

koizumi_shin_00

結婚と入閣が話題になっている小泉進次郎氏。

最近注目されているのはそんな小泉進次郎氏の育休発言について。

そこでみんなが小泉進次郎氏の育休に賛成なのか反対なのか、意見をまとめてみました。

是非ご参考ください!


入閣しようと積極的に育児休暇取得するべき

入閣しようと積極的に育児休暇取得するべき、という意見がこちら。

・小泉さんと滝川さんとの結婚会見は有名タレントの会見のような話題性があり、見ている私たちも応援をしたくなるような良い会見でした。そこで良いお父さんになって欲しいから、出産も立ち会ってもらいたいし、会見では育児にも積極的に参加をしそうなイメージがわきました。妊娠中から育児は始まっているので、出産されるまでは滝川さんを支え労わり、男だから仕事をしておけばいいという古い考え方の人たちに対して、小泉さんが積極的かつ堂々と育児休暇を取り、子育ての大変さや重要さを国会で知らせていけるような人になって欲しいです。

・男性の育児休暇について、彼は絶対に取るべきだとは話していないと思います。ただ、諸外国におきましては、ある意味、男性の育児休暇に対しては緩やかな理解があると思われますので、現時点での日本人の認識や理解の固さが、今回の彼の発言により緩和されていく事を期待します。とにかく、女性1人で子供を育てるという事は、非常に精神的圧が大きいものであるし、子供にとっても両親の助け合う姿は良い影響をもたらすと思うので、まずは男性の育児休暇以前に、リモートワークやテレワークへの理解、推進、大きく言えば働き方改革の必要性を、国民一人一人が持つ努力が必要だと思います。


・滝川クリステルさんと小泉氏には、新しいかたちで政治に取り組んくれる期待しています。パフォーマンスという形でも良いので育児休暇取得を取るべきだと思います。ネットがあれば、どこでもある程度の仕事ができるので支障はないと思います。伝統的で保守的な考えの方々からは批判を受けるかもしれませんが、うまく味方につけて頂きたいです。他の先進国では、当たり前の権利なので、国際社会から評価をあげる為にも育児休暇取得は大事な政治家の仕事のひとつだと思います。

・女性と全く同じ期間はとれないと思うが、せめて最低でも半年はとるべきだと思う。もちろん命を育てるというしんどさを知って、育児関連の改革や女の人が社会に出ることの調整の難しさを活かした政策をしてほしい。なにより子供を育てるって素晴らしいことだと、遊ぶだけでなく育てることの良い部分をしって発信していってほしいから。いくら給付金や制度が整っても産みたい育てたいという気持ちを起こさせないと少子化をとめることはできないと思う。


・男性が育児休暇をまだまだ取りにくい、取ったとしても数日程度なので、日本中で注目をあびる男性が、だいたんに育児休暇を取得すると、いい流れに変わると思う。のりでもいいので「小泉進次郎氏も育児休暇取得したのだから、流れにのって僕も/私も…」となっていけばいいと思う。育児休暇を取得する際は、せっかく注目あびていることもあり、大胆に最低2ヵ月は取得してほしい。数日程度の育児休暇は何の助けにもならないということを、世間の男性に知ってもらういいチャンス。

・ここで育児休暇が取れないようだったら日本はおしまいだなと思うから。少子化対策だとか、女性活躍だとか、口先だけで全然やる気ない人たちが政治やってるんだなと思う。それに入閣させた人材が育児休暇を取ったくらいで業務が回らなくなるとしたら、その仕組みづくりがもう間違っているし、構造自体に欠陥があると言わざるを得ない。入閣したのだから無私の精神で働けとか何時代なんだろうと思う。大臣任せにしないで、他の政治家のレベルを上げることを考えた方がよいのでは。


・発信力、影響力のある人材が、どのように育児休暇を取得するか、取得する時期、入閣後の取得となれば、その間どのように国政に参加するのか、が興味深いです。育児休暇取得する旨の話題の後に、今回の組閣がされているのだから、小泉氏だけの問題ではなく、安倍政権がこの問題にどう取り組んでいるかを見るのには、最適のモデルケースになると思います。その結果いかんで、女性の閣僚、国政参加の可能性が増えることも期待できるのであれば、休暇取得には賛成です。

・彼を特に支持しているわけではないが、権利として育児休暇は取得するべきだと思う。彼のパートナーの年齢を考えると、おそらくこれがラストチャンスだとも思うので、育児に関わることができるチャンスも人生で今しかないことだと思う。そもそも、パートナーが妊娠していることは公になっていたのだから、その状態で入閣のオファーを出す方にもこの件の責任があると思う。お金があって子育てに関する苦労はアウトソーシングできるのでは、という考え方もあるが、自分の子どもの面倒を見ることはある種の権利でもあると思う。


・今、安倍政権が掲げている「一億総活躍社会」という方針はとてもよいと思っています。その中でも「働き方改革」と「子育て支援」は大きな柱だと感じています。ここ数年テレワークなど人々の働き方のスタイルが多様になっていく中で、働く人の考え方も変化してきていると感じます。それでも、まだ特に田舎では古い社風や体質で仕事をしている会社もたくさんあります。この一億総活躍社会を進めていくためには、まず進次郎氏のような話題になる政治家が率先して新しい時代の姿を見せていってほしいと思います。

・そもそも論として、なぜ育児休暇が話題に上がるのかが理解できません。彼が育児休暇と取ることで、男性の育児休暇取得率が上がり、男性の育児参加時間が増え、その結果日本の出生率が上がるのでしょうか。このように、育児休暇を話題にすること自体がナンセンスだと思います。それよりもニュージーランド首相のように議場に子連れで参加できる、子連れで議員活動ができるということを、日本の政治活動のニューノーマルにできるような育児しながらの政治をやってみせることが重要なのではないでしょうか。


・小泉進次郎が育児休暇を取ることで、滝川クリステルさんという一般的に忙しいであろう人物を奥さんにした旦那さんは、仕事に責任のある立場であったとしても、育児という家の仕事をしっかり行わなければいけないという良い例になると思うから。こんな例が出来れば、仕事が出来て、育児
・家事も出来る人が家庭に必要で、妻の負担を減らすことができる社会が出来やすくなると思う。そうなれば、女性の社会での活躍も今以上に広まり、日本の発展になると思う。

・海外の議員さんたちは、会議場にお子さんを連れて行っても「OK」なところがあるそうです。日本が、遅れているそうです。「育児休暇取得」を奨励していても、なかなか取得しずらい世の中です。旦那さんが取得して、会社に復帰したら左遷されたと、裁判になっている会社もあります。日本の代表の国会議員で、女性に人気がある進次郎さんが率先して、「育児休暇取得」すれば、考え方が変わるきっかけになる可能性があります。今回は環境大臣ですが、次回は厚生大臣になり、「育児休暇取得」を働きかけていただきたいです。


・入閣する以前から小泉進次郎は育休取得をほのめかしていました。これが反対ならば入閣はさせないはずです。しかし入閣させたということは、安倍首相は育休に舵を取ったと考えています。この際、いっそ開き直って入閣した後でも男性が育児休暇を取得できるモデルケースとして、市民の理解を得られるような説明責任を果たしていった方が良いと考えています。男女共に風通しの社会になれるような日本の未来を担ってほしいと考えています。

・この方が育児休暇を取ることによって日本男性の育児休暇が当たり前のように浸透してほしいので是非とも某外国の首相のように育児休暇は積極的にとっていってほしいです。日本の男性の企業での価値観をもっともっと家庭と歩み寄れるようにしてほしいので、外野のヤジは気にせず自民党をぶっ壊したお父様のように古い価値観をぶっ壊していってほしいです。ご夫婦で子育てをしている姿を目にすることによってそれが当たり前のこととして日本の男性にも受け入れてほしいからです。


一般議員なら良かったが、入閣するなら育児休暇取得は控えた方がいい

一般議員なら良かったが、入閣するなら育児休暇取得は控えた方がいい、という意見がこちら。

・元代議士が、育児休暇取得に向け進行していた時期もあったが元代議士と小泉進次郎さんの立場が違う。未だ、実際に育児休暇の行く末は決まってもいないし、永田町でも賛否の声が出ていた。しかし、安倍内閣が男女共同参画を打ち出しており小泉進次郎に対して、育児休暇取得にも反論もし難いのではないかと思います。小泉進次郎さんの応援演説や地方街頭演説でも、パフォーマンス上手で世の中には、育児休暇を先頭きってアピールするには相応しいとは思いますが、今後の展開、動向楽しみです。

・そもそも内閣とは日本の行政府であり、かつまた国務大臣は二十人とおりません。当然ながらその責任は非常に重いものです。一般議員、ごくふつうの社会人であれば、育児休暇の取得は積極的に奨励されるものかと思います。少子化に歯止めをかけるには、協力しあうことが不可欠だからです。しかし、国務大臣には代わりがおりません。そもそも小泉氏には、イクメンであることをアピールする意図しかないように思えます。こうしたポピュリストとしてのふるまいばかりを磨き続けるのであれば、いずれ大衆からも見放されるのではないでしょうか。


・大臣の不在期間が長い場合、その責任はだれが担うのでしょうか。省庁のトップとしての機能が果たせなくなるのであればそれは無責任と言われても仕方ありません。もちろん、理想を言えばどんな立場の人間でも育児休暇を取得できた方が良いとは思います。ただ、入閣後はその省庁の仕事を一から覚え重要な判断を下していかなければならない立場になられると思うので、新人として周囲の人間に迷惑をかけることはなるべく避け、できる限り職務を全うしていただきたいと思います。

・入閣したら小泉進次郎さんの存在が現場に必要になるからです。政治の世界に詳しくありませんがブラック企業で働くパパより休日は確保できると思います。育児休暇を取るのではなく接待ゴルフや高級料亭での食事会をしないで双方の意見交換ができる現場を新次郎さんなら作ることができると思うので、そのような工夫により家庭で過ごす時間を増やせば育児休暇は必要ありません。子供育てるには十分な収入もあるので2人とも仕事の時はベビーシッターを雇うことも可能だと思います。


・理想的な回答をするとすれば、「入閣したとしても育児休暇を取るべき」と答えたいところですが、実際にはそうはいかないのではないでしょうか。入閣した場合の職務上の責任は、一国会議員であった場合とは異なると考えます。社会はひと時も休まずに動いています。酷な言い方ですが、育児休暇の間にも大臣として責任をもって決裁しなければならない事案が数多くあると思います。代理の人に決済を任せることはできないのではないでしょうか。

・もうこんなのご機嫌とりもいいところじゃないですか?育児休暇取得で俺は違うんだ、他人とは違う!斬新!革新!というのをアピールしてるだけですよね?ようはママ層、主婦層にルックスの良さと血筋の良さに加えて、その部分をアピールしようとしているのが見え見えで私は受け入れることができないですし、むかつきます。というか鼻につきます。何をやってもアピールに取られると言われるかもしれないですが、まずは政治で実績を残して欲しいものです。


入閣有無にかかわらず、育児休暇取得は控えるべき

入閣有無にかかわらず、育児休暇取得は控えるべき、という意見がこちら

・これはやはり取るべきではありません。なぜかと言うと国民の税金で政治活動を行っているわけですので、世の中の男性のほとんどが育児休暇を取っていない中取るのは非常識だし、国民にも無責任です。国民の代表として国会に立っているので国民の意見を国民の立場で発表していただかないと支持者にも見放されると思います。時代の先駆者になればいいと言う意見もあるようですが私は絶対に反対です。休暇を取る意味が分からない。仕事を終えてからいくらでも育児に参加してください。

・育児休暇を取得するなんてありえません。もちろん時代が変化して育児休暇を取得するのは男性の権利になっていますが、それが一般企業でもまだまだ一部のことです。それなのに国民の税金で働いている議員が、休んでいるなんてありえないといえます。親以外に頼れる存在がいないのであれば子どものために育休取得も理解できるところはありますが、小泉進次郎氏の場合はお金にも余裕がありますし、頼れる親や親戚もいます。議員はまず身を削ってから、最後の最後で国民の権利を使うべきです。


・お給料が税金から出ている国会議員の育休にそもそもいい印象を受けない。国会議員の間はしっかりと手当てに見合った働きをするべきである。ましてや大臣職に就くのであれば不在期間を作るのはいい印象がしない。身を粉にして働きますという選挙時の訴えがパフォーマンスになってしまわないようにそこは申し訳ないが国会議員はやはり税金から高い手当を受け取るだけの活動をある程度の自己犠牲を払ってでもしてほしいと思う。一般国民はそんなに余裕なく必死に生きているのにと思うと不快感を覚える。

・私は、基本的に、男性でも育児休暇をとるべきだと考えております。しかし「国会議員」は別です。入閣しようがしまいが、「国会議員」が育児休暇を取得することには反対です。国会議員になる方には、自分の幸せを後回しにして、国民につくしてもらいたいです。その覚悟で、選挙に出ているのだろうし、国民も、そうだと思って投票していると思います。もし、育児休暇中に、戦争が起きたらどうするのでしょうか。育児休暇でなければ、国会で投票できたはずの一票はどうなってしまうのでしょうか。国会議員は高いお給料をもらっているのだから、育児休暇をとらなくても、金銭的にカバーできるのではないでしょうか。


・国会議員の育児休暇制度が確立していない中で取得自体が不可能であると思う。また、一般企業の育児休暇取得率はまだ低く、国民の認識や理解は進んでいないのが現状ではないか。私も証券会社に勤めていたが育児休暇を取得する男性社員を拝見したことがない。また、有給休暇を取得するにも上司やお客様に気を使い、病気やケガといった身体的に出社できないときにしか無理であった。現在は妻と自営業を営んでいるが、中小零細企業では保険も充実しておらず、育児休暇など取れるわけがない。小泉氏にはご自身が育児休暇を取得するのではなく、まずは、国民の実情を理解するところからはじめてほしい。

・一般の国民がほとんど育児休暇の取得が許されていないのに、それを変えるべき議員がとるのはおかしい。自分がとるから、ほかの国民もきちんと取らなければならないというふうに制度を作ってからなら、とっていいなと私は思う。政治家だからとるというのは私は違うと思うし、政治家が取らなければ国民も取れないというのも、ありえないと私は思う。そこをしっかり明確にしないと、さっそく育児で大変なママ世代からは非難されるとおもう


・国会議員や大臣という立場が「職業」であるとすれば、当然、育児休暇は取得すべきだと思います。しかしながら、国会議員は一般の職業とは異なります。そのために一般の職業とは比べ物にならない待遇や権利が与えられている訳です。残念ながら国会議員は一般の職業とは違うことを考えると、育児休暇の取得は控えるべきだと思います。育児休暇を取得したいなら、一般の職業につけば良いだけのことです。国会議員とはそういうものだと思います。

・育児休暇は労働者の権利であり、国会議員は労働者ではないため、育児休暇を取得する資格があるとは思えません。会社員と違って上司から命令されて仕事をしているわけではないのだから、自分の裁量で可能な限り仕事の時間を調整し、家事・育児に充てる時間を捻出すればよいと思います。奥様が産後すぐに仕事に復帰しなければならないわけでもないし、どうしても休暇が必要というわけではないと思います。100歩ゆずっても、育児休暇中の報酬等は返納すべきです。


・男性が育児休暇を取るより、働いて稼いでもらったほうがどこの家庭も助かると思う。だったら男性の育児休暇はいらないから出産祝い金などを出産した家庭に支給したほうがいい。男性の育児休暇のイメージが国会議員の宮崎議員の不倫騒動が頭に浮かぶ人も多いと思う。男性の育児休暇に対してあまりいいイメージがわきません。進次郎が育児休暇を取ってもあまり世間一般には通用しないとおもうし、先ほど申しましたが、働いてもらった方がいいと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です