パソコン購入時の重要視項目ランキング!何が大事?気にすべきポイントは?

パソコンを購入する際のポイントは!

pc_00

パソコンを買う際、何をポイントに選べばいいのか気になるところ。

価格なのか機能なのか、どれを重要視するべきか。

今回はみんながパソコンを選ぶ時に重要視している項目について、意見をランキング形式でまとめてみました。

是非ご参考ください!


パソコンを選ぶポイント重要度:9位バッテリー(ノートの場合)

パソコンを選ぶポイント重要度9位はバッテリー(ノートの場合)

バッテリー(ノートの場合)を重視する理由

バッテリー(ノートの場合)を重視する理由はこちら

・最近はノートパソコンの性能がよく、デスクトップタイプまではいらないかと思って、そればらば、バッテリー重視で外に持ち出して長く使える点を優先したいと思いました。他に選びたかったのは値段の安さでしょうか。
安く購入できた分を他の周辺機器の購入に当てて、環境を充実させたいと思いました。
基本的にはブラウザで完結するような使い方なので、マシンスペックやコストパフォマンスなどはあまり検討材料にはしませんでした。


パソコンを選ぶポイント重要度:8位メーカー

パソコンを選ぶポイント重要度8位はメーカー

メーカーを重視する理由

メーカーを重視する理由はこちら

・スッペクがいかに優れていても現時点では、アメリカのメーカーと日本のメーカーを除くメーカーは検討に入らないです。過去に台湾?メーカーのパソコンを購入したことがありますが、リーズナブルな価格でスペックも良かったものの非常に短命で各パーツに不具合が生じたり、サポート体制が悪かったのを覚えています。日本製でもやはりメーカーに優劣は付けて検討をします。サポート体制の良し悪しや不要なソフトが含まれている事が多いので、メーカーの特徴を把握して十分検討します。


パソコンを選ぶポイント重要度:7位初期ソフトの充実度

パソコンを選ぶポイント重要度7位は初期ソフトの充実度

初期ソフトの充実度を重視する理由

初期ソフトの充実度を重視する理由はこちら

・ほとんど初期の設定からはいじらずに使用でき、また、購入してからもすぐに使えるというのがメリットであると思っていました。さらにPCとスマホの連携も行いやすく、簡単に行えることも使いやすさを向上させていると思います。価格などはその分目を閉じなくてはいけないところもありますが、比較的長期に渡り、使用できているので、値段は大きな問題にはならないのではないかなと思っています。また、現在ではいわゆるエクセル・ワードなどは無料アプリでも同じことができるので、Macのメリットは大きいと思います。


パソコンを選ぶポイント重要度:6位カスタマイズ性・拡張性

パソコンを選ぶポイント重要度6位はカスタマイズ性・拡張性

カスタマイズ性・拡張性を重視する理由

カスタマイズ性・拡張性を重視する理由はこちら

・パソコン一台をまるっと買うと安い買い物ともいえませんし、パソコンを新調するとOSの設定やインストールしているソフトなど、使用環境を整えるのにも時間がかかりますから一台のパソコンをできるだけ長く使い続けたいです。長く使うとなるとパーツの交換が発生してきますので、カスタマイズ性や拡張性はよく考えなければなりません。カスタマイズ性や拡張性は汎用的なパーツでパソコンが構成されているということでもありますから、パーツ交換時、修理時にも選択肢が多いのでよいことです。

・カスタマイズ性、拡張性を選んだ理由はパソコンのスペックがすぐに廃れるからです。購入時は最新でも数年後には普通のパソコンになります。これはインターネット上の進歩が速いからです。新しい技術が登場するとすぐにパソコンスペックは廃れてしまいます。これを防ぐのに良いのがパソコンのカスタマイズです。メモリの容量を増やすか、メモリ自体を増やすことでスペックを維持できます。ハードディスクをSSDに交換すると体感でパソコンの動作が速くなります。だからパソコンを長く快適に使いたいならカスタマイズ性、拡張性は外せません。


パソコンを選ぶポイント重要度:5位デザイン

パソコンを選ぶポイント重要度5位はデザイン

デザインを重視する理由

デザインを重視する理由はこちら

・今使っているパソコンは最後は色で決めましたが、他に初期ソフトとマシンスペックで選んで購入しました。購入するタイミングで絶対必要だったのがオフィス系でした。価格を重視したいところでしたが、自分の希望価格ではオフィス系はつかずに困りました。購入時期や購入後の用途によっても重視するポイントは変わってくると思いますが、私の場合は…ソフト・スペック・最後に見た目でした。基本的にはあまりこだわらないです、使えれば良いです。

・パソコンは使っていない時も部屋でものすごい存在感を放つので、デザインは妥協できない。すっきりとしていて、かつキーボードもおしゃれなものがいい。
メーカーはどこでもいいし、初期ソフトは最悪後から自分でインストールすればいい。価格も多少は妥協できるし、モニタの大きさは他社と比較すれば気になるかもしれないが、家で単体で見たらきっと気にならない。なるべく新しいものであるにこしたことはないが、1.2シーズンは型落ちでも構わない。


パソコンを選ぶポイント重要度:4位価格(安さ)

パソコンを選ぶポイント重要度4位は価格(安さ)

価格(安さ)を重視する理由

価格(安さ)を重視する理由はこちら

・そこまで多機能ではなくても良いので身の丈に合ったもの物を自分で買える範囲での商品が希望だったからです。よくパソコンの価格の事は分かりませんが、キャッシュで買えばかなり割引してくれるお店なのがわかっていたので想定内の価格で買えたので、満足ですし、お値段以上自分のスペック以上のものを無理して見栄を張ってまで欲しくはないです。ド素人の自分にふさわしい機能が付ていれば安い方が断然嬉しいので最低限パソコンであれば安い方がいいです。

・大きなシステムを動かす必要性があるときは、ある程度値段のするパソコンを購入しなければならないだろうと考えますが、私の場合は、そのような使い方をすることがないため、価格の安さを選択しました。また、家ではほぼパソコンを開くことがないため、値段の高いパソコンを買っても、使いこなすことができません。それならば、安いパソコンの方がわたしには合っていると感じました。古い型新しい型で、使い方が大きす変わることは、ほぼないと思っていますので、それなら安い方を選びます。


パソコンを選ぶポイント重要度:3位店員・ユーザーの口コミ・おすすめ

パソコンを選ぶポイント重要度3位は店員・ユーザーの口コミ・おすすめ

店員・ユーザーの口コミ・おすすめを重視する理由

店員・ユーザーの口コミ・おすすめを重視する理由はこちら

・仕事やプライベートでパソコンは使用していますが、パソコンについての知識といわれると、自分にはないので専門的な知識がある人が勧めてくれるもののほうが安心でき、長く使用できると思いました。デザイン性の高いパソコンは日本製以外にもたくさんありますが、機能性・バッテリーの持ち・容量など自分の求めているものとあっていなければ購入してから不満がでても、パソコンは高価なものなので簡単に買い換えることができないと思ったためです。

・私自身、機械に全く詳しくないので、「最新の機能です」「あれができます」「これもできます、あれもできる」と言われても、使いこなせないのが分かっているので、最初から最新性、何が、ということは、全く重視してませんでした。それよりは、使いやすさ、シンプルなものを重要視しました。私はあまり気にしていませんでしたが、主人は、サポートのことも、最初からついているのか、お金を足して、何年かサポートしてもらえるかなども、気にして調べていました。


パソコンを選ぶポイント重要度:2位マシンスペック

パソコンを選ぶポイント重要度2位はマシンスペック

マシンスペックを重視する理由

マシンスペックを重視する理由はこちら

・学生卒業したてでお金がないときに、安くてある程度できたら満足だと思い安いパソコンを買った。最初は使うものも少なく満足していたが、だんだん自分がやりたい作業が思うようにならなかったり、すぐに容量が足りなくなったりしてしまい、イライラしてしまう経験があった。仕事や趣味でも幅広く、時には長時間使うことも増えてき、その経験もあり2回目の買い替え時ではスペック重視でパソコンを検討するようになった。容量・バッテリー・ソフトの充実さ・見た目やデザイン性・軽さ・使いやすさなど、幅広く見ている。

・パソコンを購入する時に重視したポイントはマシンスペックです。前の質問でも書きましたがオンラインゲームができるPCがほしかったからです。もともと家には家族用のノートパソコンがおいてありましたがスペックが低くてオンラインゲームなんてとてもできるPCではありませんでした。まず起動もしない、起動したとしてもカクカクで重い、サクサク動くゲームはスマホのゲームと大差ないゲームだったので、どうせゲーミングPCを買うならスペックが良いものにしました。

・既存の販売しているメーカー系のパソコンは、OSアップデート等でどうしても起動時間や反応速度が落ちてきてしまいます。メモリやHDD、SSD等ハイスペックなものを入れ替えればそれなりの速度の回復は望めますが、それらの購入にも費用がかかるので、パソコン購入時にある程度の初期投資としてスペックの良いものを選ぶようにしています。自作するのがいいのですが、携帯性の良さが大きいノートパソコンに慣れてしまうと自作するよりも新型ノートを選んだ方が楽ではないかと感じて、最近はノートパソコンの購入が多いです。

・PCは安さで選ぶと失敗する気がします。普通に使う分にはある程度のスペックで大丈夫かもしれませんが、3Dゲームや動画再生などでは高いスペックのPCの方が動きがスムーズだし使う側のストレスもないと思います。高い買い物にはなりますがデザインや、安さなどでは選ぶと失敗する気がします。私の優先順位はマシンスペックでした。その次にメーカー、コストパフォーマンス、カスタマイズ性・拡張性、価格となります。やはりスペックは大切です。

・どんなに安くても、スペックが低すぎると自分がしたいことができずに、イライラしてしまのと、パソコン自体の動作が重くなり何かを作業していると、進まなくなってしまうからです。最低でも、詩文の求める、快適な動作をするためには、ある程度のスペックを搭載していないと求めることに答えてはくれないということを体験していたので、この中で、選ぶとしたら、一番は、スペックが重要になってくると考えられます。あとは、それに合わせた予算になるかと思います。

・グラフィックデザイン、webデザインといった仕事をしています。メモリーをくうグラフィックソフトを常に複数立ち上げ、フォントもたくさん使用するのでマシンのスペックはある程度のものでないと仕事にならなく、DTPの仕事もしてますがページものだと扱うデータもかるく2~3GB越えてしまいますのでマシンのスペックはパソコンを選ぶ上でかなり重要になってきます。macの中でもハイスペックなマシンを購入して使用しています。

・安くてもそれなりではよくないと思うからです。値段は多少高くてもそれに見合う性能を持ち合わせていてほしい。自分がどういった用途で使用するかをちゃんと見極めて買うのが一番大事でそれに見合った価格がつけられているものをちゃんと選びたいからです。安くて性能が良ければ言うことなしです。PCは詳しい方なのでスペックは高い方がありがたいです。あと耐久性も重要。高いのを買ってすぐ壊れるとかありえない。以前買ったPCはすぐ壊れました。まぁ安かったですが。


パソコンを選ぶポイント重要度:1位コストパフォーマンス(価格に対する性能)

パソコンを選ぶポイント重要度1位はコストパフォーマンス(価格に対する性能)

コストパフォーマンス(価格に対する性能)を重視する理由

コストパフォーマンス(価格に対する性能)を重視する理由はこちら

・目的や用途に応じて適当なスペックを選ぶ物なので劇的にコスパを感じられることはあまりないのが現実です。
しかし近年は小型化、省電化がかなり進化し、稀ではありますがお値打ち価格のましんが見受けられるようになりました。日本メーカーはガラパゴスと揶揄されているように技術を追及することにコストを割いてきた印象があります。しかしそれはメーカー側の都合であり、利用者といしてはオーバースペックである事が不満となっていました。台湾メーカーはその不満を解消したマシンを提供していると思います。

・お金を出せば性能のいいパソコンが手に入るのは当たり前ですが、パソコンは消耗品です。2年もすればより良いパーツが出てきて相対的に自分のパソコンの性能が下がります。そのため購入しやすい価格帯で数年単位で気軽に買い換える方が快適に使用することができるので、パソコンを購入する際はコストパフォーマンスを重視しています。処分する時に躊躇しなくて済む値段というのはとても大切です。壊れるまで使用するとデータなどを失う場合があるので買い替えやすい価格帯かつ性能のいいものを選びたいです。

・自分自身はあまりパソコンの事には詳しくなく、細かなスペック等に関してはこだわりがありません。自分の使用目的であるインターネット、メール、ワードやエクセル、googleドキュメント等のサービス、簡単な画像処理などが一台で完了して、かつ価格があまり高くないもの、というバランスがちょうど良いものが条件でした。そのため、Apple社の新製品を購入するのではなく、中古で販売しているもので比較的状態の良いものを見繕ってもらっています。

・コストパフォーマンスを選んだ理由はお金です。ハイスペックPCを購入してもOSの使用期限があります。PCはまだ使えても新しいOSを購入する必要があり、適度にOSを買い替えているとかなりの出費になります。中古のコスパの良いPCを買い替えていると、比較的長期的にPCを使えつつ、OSの購入費用を抑えられます。初期費用で全てが片付きます。オンラインゲームや画像処理みたいな負荷のかかる作業をしなければ、この方法でPCに関するコストを大きくカットできておすすめです。

・前の国産メーカーのパソコンでは動作が重くなることが多く、かなりストレスを感じていました。様々な分野のソフトを動かす為、どれだけカスタムしていてもメモリの負担は大きかったようです。前のパソコンの倍以上のメモリ容量、持ち運びが楽な重さ、手頃な価格の3点を考えて探しました。初めての海外製のパソコンで不安はありましたが、十二分に活躍してくれています。今後買い替えるなら、また同じメーカーにしようかと思っています。

・私が使うときに必要ないほどの高スペックは求めてないし、かといって使っていてあまりにも遅すぎるものもストレスになるので、あまりメーカーや色等にはこだわらず、コスパで選んでいます。パソコンは早いほうがいいんですが、立ち上がりはそんなにすぐでなくてもいいので、その辺は遅いものでいいとか、動画の編集などはしないつもりだからそんなに高スペックでなくていいとか、色々店員さんや友達に相談します。高家電量販店で話を聞くと、たまに同じスペックだけどこっちの方が安いよ、とかあるので、そちらを選んで買います。

・どうせ壊れるものだし、買い替えていくことを前提にしているので、欲しいと思った時点で一番コスパのいいものにするのが一番いいという経験から。スマホ等との併用であることも考えて、高スペックの者は必要ないし、最低限の機能で価格の安いものをどんどん買い替えていく買い方をしている。保証等も価格に入っているのかもしれないが、転載塔で補償対象外となるケースを経験してからは、そうしたものは購入の際の検討に入れないようにしている。

・パソコンは高い買い物なので、性能が高くないと結局損をしてしまうのでパフォーマンスの高さは重要だと思います。とはいえあまり高すぎても手が出せないので、コストパフォーマンスが高いものを重要視して、バランスを考えて選びます。目的を決めてそれにあった性能があるもので、コストパフォーマンスが良いと思えるものを選んでいます。apple製品はバリエーションが多くて目的にあって、購入しやすい値段のものが選べるので助かっています。

・お金をたくさん持っているわけではないため、安ければ安いだけ嬉しい気持ちではあるのですが、電子機器は安いだけでは買ってはいけないと思うため、コストパフォーマンスを重視しています。必要最低限な機能がありバッテリーの持ちがよく、各種ライセンスやアフターサービスが充実しているパソコンであれば大変うれしいです。ただし、金額が高すぎるとなかなか買おうとはならないです。そのため、金額と昨日のバランスがパソコンを選ぶ際の大事なポイントになると思いました。

・購入する際、アップルのMacbookと東芝で迷っていたのですが、当時使っていたスマホがiphoneでデータの共有や編集の際、同一の会社の方がやりやすいとの店員さんからの勧めでMacbookを購入しました。その時、MacbookはAirとProがあったのですが、パソコンを使ってやりたいことがAirで十分ということと価格から決定しました。東芝のよりも高価でしたが、もともとImovieなどの編集ソフトが入っていたのも良かったです。

・特に性能の部分はよく注意して選びました。家に届く家電量販店の広告などを見ると、とてもお手頃な価格でPCの情報を伝えてきてはおりますが、性能が需要に追い付かない場合が多く自分でその部分を見極めれないといけないので、まずはPCのスペックに関する知識をつける所から始めた記憶があります。PCのスペックは値段を掛ければ相応な機能・性能を持たせることが出来ますが、そこでいかに自分の欲するスペックの中で安いモデルを探すかで最終的な得する部分が変わってくると思います。