ランドセル人気ブランド・メーカーランキング!おすすめの理由は!みんなが買ってるのはどれ!

みんなが選ぶ人気ランドセルブランド・メーカーはどれ!

rand_00

ランドセルを買う時に気になるのが、どのメーカーのが人気なのかという事。

似ているようで、機能やサイズ・素材など、メーカー・ブランドによって多様な拘りがあるランドセル。

そこで今回はみんなに人気のランドセルメーカー・ブランドについて、ランキング形式でまとめてみました。

是非ご参考ください!


ランドセル人気ブランド・メーカーランキング:9位カバンのフジタ

ランドセル人気ブランド・メーカーランキング9位はカバンのフジタ

カバンのフジタが人気の理由

カバンのフジタが人気の理由はこちら

・特にブランドにはこだわりがありませんでしたが、お店が「かばんのフジタ」さんでしたので、必然的に「かばんのフジタ」のブランドとなりました。近くで買える大型スーパーや大沼デパートなどの百貨店では、いろいろなブランドが選べるのでしょうね。ほかのブランドはどうなのかわかりませんが、「かばんのフジタ」さんは、「6年間の無料保証」がついており、ベルトなどが破損したとしても無料で修理していただける点は、いいブランドだな、と思いました。ただし、故意に傷をつけたりしたものは、有償修理となるようですが。


ランドセル人気ブランド・メーカーランキング:8位伊勢丹

ランドセル人気ブランド・メーカーランキング8位は伊勢丹

伊勢丹が人気の理由

伊勢丹が人気の理由はこちら

・家族がお勤めしていて、社販割引もあるので、まずは百貨店でどういう色、素材、オリジナル加工の種類などを見た上で、近隣のイトーヨーカ堂、ニトリ、園から配布される専門店のパンフレットなども本人と一緒に見てみた。本人はメーカーや形よりも色が一番重要だったので、本人の希望色があり、ランドセル本体の重量、保証と価格を比べました。百貨店は店員さんも色々相談に乗ってくれるので、本人も購入意欲も上がったので最終的に社販割引のある百貨店で購入した。


ランドセル人気ブランド・メーカーランキング:7位高島屋

ランドセル人気ブランド・メーカーランキング7位は高島屋

高島屋が人気の理由

高島屋が人気の理由はこちら

・息子が鉄道好きで、とくに相鉄線がお気に入り。そこで、横浜の高島屋で、相模鉄道デザインのランドセルの案内を見つけてしまったのです。息子は大喜びでした。ほぼ即決のような形で決まりました。申込はオンラインストアからでした。そもそも高島屋を選んだのは、家が近くにあったからというのと、わたしの両親がよく高島屋で買い物をするというのも理由の一つです。店員さんの対応もとても丁寧で、気持ちよく買い物ができました。


ランドセル人気ブランド・メーカーランキング:6位澤田屋ランドセル

ランドセル人気ブランド・メーカーランキング6位は澤田屋ランドセル

澤田屋ランドセルが人気の理由

澤田屋ランドセルが人気の理由はこちら

・価格が安くて、比較的長持ちしそうなものという観点での選択肢なので、澤田屋になりました。子どももそれほどランドセルに対して強い希望もなく、私も価格と機能がある程度以上の基準で、A4フラットファイルが入るものくらいの観点しかなかったため、上記にあるメーカーサイトのうち、澤田屋ランドセルとフィットちゃん、アマゾンくらいしか検索もしていませんでした。アマゾンで購入するのと、澤田屋で購入するのとどちらが安いのかが最終判断で、価格と6年保証付きで澤田屋ランドセルに決定しました。


ランドセル人気ブランド・メーカーランキング:5位萬勇鞄

ランドセル人気ブランド・メーカーランキング5位は萬勇鞄

萬勇鞄が人気の理由

萬勇鞄が人気の理由はこちら

・子どもが、親戚のお姉さんと一緒のものが良いということで希望したためです。メーカーは同じところにして本人に選ばせたところ、ゴールドという特殊な色を希望したこともあり、このメーカーでしか本人の希望が、イメージ通りに実現できないかもと思い即決しました。品質も問題なく、安全性や使いやすさ、丈夫さ、何より6年間使えるランドセルというフレーズにひかれ親の希望とも合致していたので、迷わずこのメーカーのランドセルに決めました。


ランドセル人気ブランド・メーカーランキング:4位フィットちゃん

ランドセル人気ブランド・メーカーランキング4位はフィットちゃん

フィットちゃんが人気の理由

フィットちゃんが人気の理由はこちら

・かわいいモデルさんがでているCMをテレビで目にしていました。なので、子どももなじみがありました。商品を手にとった時、「あのCMのやつだ!」とテンションがあがっていましたね。いろいろ比べてみて、気にいった色の中で一番軽量だったので、選びました。サイドのステッチや刺しゅうがかわいらしく、ジッパーにチャームがついていたりと、細かい部分までこだわりが感じられました。女の子が好きそうなパーツがたくさんありますね。

・子供がよく見るテレビ番組の合間で、何度も何度もここのランドセルのコマーシャルが流れたのです。子供はそれを見ているうちにどうしてもそこのランドセルが欲しいという気持ちが高まりました。憧れといっても過言ではないと思います。他のものでは嫌だと言うので、カタログを取り寄せてサイズや色を選びました。だから他と比べた結果というわけではなく、コマーシャルの影響力だけがものをいっているとおもいます。テレビはすごいです。

・息子がCMで気に入ったというのが一番大きな理由です。その後私もいろいろなサイトや雑誌を見て、各社の商品を比べてみましたが、この商品が一番コストパフォーマンスがよさそうだったのでこちらに決めました。ランドセルは本当にピンキリで、形だけなら1万円くらいからかえますが、6年間使うものですし、大切なお勉強道具を入れるものですので、子供にも大切にする、という意識を持たせるためにも、ある程度値段の張るものを選びました。


ランドセル人気ブランド・メーカーランキング:3位セイバン

ランドセル人気ブランド・メーカーランキング3位はセイバン

セイバンが人気の理由

セイバンが人気の理由はこちら

・5~6月にネットでランドセルを見ていた時、池田屋のランドセルがいいと思って考えていたのですが、夏休み頃には売り切れになってしまって、早く購入すればよかったと後悔しました。10月から消費税も上がるので、購入を急いだほうがいいと思いネットで比較して、セイバンに決めました。9月なのに早期割引もきいていたのでよかったです。工房系のブランドの素材がいいものととても迷いましたが、結局頑丈さを1番に考えられているランドセルにしました。

・前項で記入したとおり、自宅から車で行ける範囲内にセイバン直販店があります。8月から11月ごろまでアウトレット品を販売しています。アウトレット品と言っても前年まで売れ残った新品ばかりで、訳ありや型くずれなど不具合は全くありません。私たちはアウトレット販売当日の朝一番に行きましたがすでに大行列でした。このことはネットの口コミにも掲載されていたようです。販売会場では今年の新作モデルもあり、選びしろは多数あります。

・ランドセルの定番な感じがするからです。私も主人もセイバンのランドセルを使っていました。なのでなんとなくの愛着があったのかもしれません。子どもも背負って納得したので、選びました。天使のハネの形状はかなり優秀なつくりだと思っています。子どもの背中にフィットしてランドセルの重さを少しでも感じさせないように作ってあると思います。お揃いのランドセルのお友達がいるかもしれませんが、それはセイバンのランドセルが有名だから仕方ありません。

・セイバンの天使の羽シリーズを購入しました。CMでの印象も強くあったと思いますが、軽いこと、背負いやすいことに惹かれました。デザインや色も種類豊富で、こどもが選ぶのにも楽しみがあったと思います。天使のはねシリーズはこども想いの機能ということで、背中にぴったりくっついて背負いやすく、軽く感じるつくりになっていて、こどもの使い勝手を考えるととても魅力を感じました。やはり、6年間使うものなので、しっかり実績があることも重要視しました。


ランドセル人気ブランド・メーカーランキング:2位池田屋

ランドセル人気ブランド・メーカーランキング2位は池田屋

池田屋が人気の理由

池田屋が人気の理由はこちら

・子供に、『この中のものだったらのランドセルでもすきなのを選んでいいよ!』と言えるものが揃っていたことと、同じ色でもステッチや縁取りの色を選んで自由さをもたせてあげられることの両立ができる鞄屋さんであること。また、刺繍はランドセル本体でなく刺繍シールになっていて、ランドセル本体に穴があかないので雨が降っても染み込んだりしにくいよう考えられていることと、高学年になって刺繍飾りが恥ずかしくなったり、日焼けで薄れてきたら剥がして変えられることが選んだ理由です。

・池田屋の深い赤色のランドセルにした。正直、娘が気に入ったからだ。最近は昔と比べるとランドセルメーカーも増え、横文字のメーカーもかなりあったように思うが、池田屋は何となく聞いたことがあった。値段も10万近くしたが、価格に見合って他と比べると生地が上質で見た目もいい。高いだけあって丈夫そうな作りだった。娘はそんなことよりも、単純に色味とデザインを気に入ったようだったが、その場にいた全員が納得できた様子だったので、良い買い物だった。

・子供がランドセルの背負い心地にかなりこだわるタイプだったのでインターネットで検索してランドセルを作っている鞄屋さんを探しました。そのなかで、自宅から一番行きやすい場所にある池田屋さんに最初に行きました。色々なラインのものを試着しましたが、子供が「ここのはどこも痛くならない」と言い、「ここで買う!」と言い出しました。私からは、最初に訪れた鞄屋さんで決めるの?、もっと見て回ろうよ、などと提案しましたが、子供が「今までいっぱい試着してきたけど、いいと思った物は一つもなかった。ここのランドセルははじめていいと思ったからここがいい」と譲りませんでしたので池田屋さんで買いました。

・大きさ、色、軽さ、フィット感とお値段の総合バランスが良かったため。背中のクッション性と肩ベルトの金具の部分がしっかりしていて、身体が大きく成長した時にもフィットしやすそうかなと感じた。デザインはシンプルな物が無難かという事で、全かぶせでツヤ消しタイプの一般的な物にしておいた。6年間使い倒せるかはわからないが、頑丈そうなのでいいかな。とりあえずいくつか見てみてそれで納得して貰えたので良かったと思う。

・親が使っていたランドセルも池田屋の物で6年間カバーもつけずに使っていたけれど色あせもほとんどなく型崩れも無かったので祖母(私の母親)もどうせ持たせるんだったら品質の良いものを。やはりある程度名前が知られているカバン屋さんのものじゃないとダメなんだなと言う意識はあるんだと思います。子供の頃ちっちゃいいじめられっ子で結構持ち物について貧乏人だのケチをつけられたことがありましたがランドセルとピアニカ(牛革カバー入りの他の子たちとは全く別のもの)については言われたことがなかったので、子供の目にもそういうのはわかるんだなぁ。自分の子供もケチをつけられないためにも良いものを持たせたいと思いました。


ランドセル人気ブランド・メーカーランキング:1位イオン

ランドセル人気ブランド・メーカーランキング1位はイオン

イオンが人気の理由

イオンが人気の理由はこちら

・いつも利用しており、ランドセル購入時期よりずっと前から、子供が自分もいつかここで買ってもらうと決めていたことが決め手となりました。仲の良いお友達と数人で購入をするため出かけたので、近くの大型スーパーに入っているお店で選びました。色も豊富で友達同士微妙に色をかえて、デザインも全く同じものでないものもあったので決めるまでに時間がかかりましたが楽しい一時でした。同じ店舗内にTVのCMでよく見聞きするフィットちゃんもありましたが、イオンブランドの方がお手軽だったのでイオンブランドのものに決めました。

・毎日子供が背負っていくものなので軽いのものが一番よいのではと思いました。また値段もデパートなどのものとは違い良心的な価格ですし、少し早めに購入すればイオンのギフト券がついているのでお得だなと思います。長女の時はニトリで確か20000円台位の安めのものを買ったのですが、止め口の所が壊れてしまい、結局イオンでかるすぽを買いなおした事がありました。その経験もあったのと実際にみみてみてよかったのでイオンのものにしました。

・まずは値段を最重視していたので、その範囲で色やデザイン、軽さやサイズ、機能を検討したなかでもっとも当方の意見にあっていたのがイオンのかるすぽだったので、そちらを購入しました。色もたくさんの中から選べて、かっこいいものがちょうど見つかったので、すぐに決めることができました。CMをよくやっているようなセイバンなどのブランドものも良かったのですが、男の子には頑丈そうなものが一番良いかということで、かるすぽに決めました。

・あまり数はなかったですが、本人の希望のこだわりが強かったので選んだものがイオンの製品でした。背中まで黒色というランドセルが少なくて、ほとんどの背中が白色で真っ黒という希望だったので銀色や青色のラインが入っているものもダメだったのでどこのメーカーというのがありませんでした。こだわりがなければ、フィットちゃんやセイバン、ふわりぃなどの軽めで大容量のしっかり入るできればぴたっと体に合うものが良かったです。

・子供の希望としては、たくさんの色から選びたいとのことでしたので、イトーヨーカドーさんやイオンさんに寄って、色々見て回りました。イオンさんで見たかるすぽのデザインで、私の世代にはあまりなかったであろうかわいらしいデザインのものがあり、娘は嬉しそうに「これかわいい!」と決めていました。私としても娘が気に入っており、比較的安価で、教材の収納量も申し分ないため、親と子、双方合意の上で、かるすぽのランドセルに決めました。

・イオンモールでの取り扱いがこちらのランドセルで、機能的にも良かったので一番自宅から近いイオンモールになければ、他のショッピングセンターで購入しようかと思っていましたが息子も満足してくれたのでこちらを選ばせていただきました。また、みらいポケットという機能に親子ともに気に入ってしまい即決させていただきました。何種類かランドセル機能の違うものもありましたがデザイン的にもシンプルで好き嫌いが出ないかと思い選びました。