シャーロック月9面白い?つまらない?ドラマ感想口コミ!ディーンと岩田の評判は!

シャーロックドラマ感想口コミ評判!

sherlo_00

ディーンフジオカさん主演の月9ドラマ「シャーロック」

相棒を岩田剛典さんがつとめるという事もあり、美男コンビも注目ポイントの一つですね。

そんなシャーロックですが、みんなの感想印象はどうなのか、早速意見をまとめてみました!

是非ご参考ください!


シャーロック月9面白い?つまらない?

ドラマシャーロックは面白いのかつまらないのか、みんなの感想はこちら。

・「シャーロック」は、シャーロック・ホームズが原作なので、物語の展開の期待度は大でした。面白いはずです。ただ、演出と主演が、以前放送された、「モンテ・クリスト伯」と同じという事で、今回のドラマも、有り得な過ぎと、わざとらしさとで、イマイチにならないといいけど、という先入観がありました。一番最初に画面に映ったのは、精神科医を演じる、岩田剛典さん。そして、誰かに追われて逃げているような医師が、屋上から飛び降り、死亡したため事件となり、シャーロックのディーンさんが登場しました。岩田さんが犯人扱いされピンチでしたが、鋭い洞察力と、上手く人を使い、事件を解決へと導きました。でも、考察するときに、シャーロックの探偵役のディーンさんがバイオリンを弾いた時、正直、えっ、と固まりました。本当に弾いているように見えなかったです。それに、バイオリンが、ルーティンのような意味を持つのか分かりませんが、必要性を感じませんでした。一番思ったのが、主演シャーロックの探偵の役を、岩田剛典さんが演じ、精神科医をディーンさんが演じれば良かったと思います。佐々木蔵之介さんの刑事役は、適切だと思います。ディーンさんは、インパクトが弱く、何役でもなく、ディーンさん自身になっていて残念です。今回のストーリーは、第2回からの、面白くなる流れへつなげるための、土台だったと思います。なんだかんだ言って、次週が楽しみです。”

・ドラマのタイトル「シャーロック」を知って、シャーロックホームズ好きの私としては放送前から楽しみにしていました。ワトソンが不正をして医師になったという設定には驚きました。初回の放送は、事件を解決していく中で、これからの放送の伏線となるような内容が盛り込まれていました。今回の放送ではシャーロックがワトソンの力を借りたという印象は強くありませんでしたが、ドラマの最後で医師を辞めたたワトソンの家にシャーロックが押しかけてきて同居することになりました決して同居を歓迎していないワトソンのようでしたが、同居によって、2人の信頼度が増し、協力しながら事件を解決していくのだろう想像できました。次回以降のドラマの展開が楽しみです。事件を推理していくという面白さがどんどん増していくだろうと思いました。楽しみです。。

・原作がシャーロックホームズという事もあり、本格的なミステリー好きな人には茶番に感じるかもしれませんが、素人目から見ると、とても面白かったと思います。1話完結で話のテンポも良く、あっという間に終わった感じがしました。主演のディーンフジオカさんの演技と主人公のキャラクターがとても合っていて、時々出てくる変な行動やありえない展開も、何の違和感も無く楽しめました。脇を固める役者さんも豪華で皆実力派な方々ばかりだったので、話に集中して見入る事が出来ました。まだ1話で出会ったばかりなので、相方の若宮先生との関わり方もちょっと固い感じでしたが、今後本当のシャーロックとワトソンのようなコンビになる事を期待しています。

・日本版シャーロック、どんな感じか楽しみにしていましたが、思っていた以上に面白かったです。変人シャーロックも、美しい顔をしたディーン・フジオカさんがやると、よりハマっている気がします。第1話からストーリーも複雑に絡み合ってて、飽きることなく楽しめたほか、最後に対峙した松本まりかちゃんの迫真の演技、そして中尾明慶くんの絶望しながらも娘さんを想う気持ちがすごく切なく、涙がでました。また佐々木蔵之介さん演じる刑事さんも、クセありつつ信頼感は持っている様子が面白かったし、背の高い人達が多い中、女性刑事さんの小ささも可愛かったです。これからも、ぶっ飛んだシャーロックがどんな形で事件を解決していくのか、そしてワトソンとのコンビ、刑事コンビも楽しみにしています。

・はっきり言って、ディーンフジオカが興味なかった。当然見る予定もなかったが、SNSで面白いと評判を聞きFODの見逃し配信を観たら面白いゲストの松本まりかさんの演技のすごさ!!ゲストにかかってるといってもいいかもしれません。岩ちゃんは安定の演技。ディーンさんの間とか言い方とかホントよかったです。謎解きの部分より会話劇も楽しめて来週がたのしみです。特に菅野美穂さん出るとか絶対みます。中尾さんの演技もよかった。子どもがいるので・・・泣ける。なんであんなにやさしいのに、奥さんを親から守れなかったのかなとも思いましたが不正した人間ですもんねもともと弱い。もっとそこらへんが描かれてもいいかなと個人的には思いました。

・ディーン・フジオカさんと佐々木蔵之介さんのファンなので期待して観ましたがお二人のキャラクターや掛け合いがとても面白かったです。ドラマのオープニングも興味をそそる始まり方で 中尾さんが何故飛び降りたのか 犯人は誰なのか それと個人的には 中尾さんの胃の中の残留物がブロッコリーとバターだけだったことに 非常に興味を持ったので それが解明されるまで楽しく観ることが出来ました。山田真歩さんも「あなたの番です」のキャラクターとは違って佐々木蔵之介さんとのコンビが合っていたと思います。ディーン・フジオカさんの助手的な役割をしていたスケボーの男の子の素性もこれから明らかになっていくのだろうとか 岩田剛典さんとディーン・フジオカさんの同居生活がどうなるのかなど次回も観たいと思えるドラマでした。


・何より1番最後の、若宮がバディーになるという展開に物凄く驚き、今後の楽しみが何倍にも膨れ上がりました。普通の刑事と探偵のタッグを組んだ推理もののドラマだと思っていたので、更に強力メンバーが加わり、複雑な事件を解決していくのでしょう。誉の自由気ままな捜査、推理の様子も面白いですし、一課長の頼りないコメディタッチな立ち位置が引き立て役になっていて良かったです。医師としての経験しかない若宮が、どのように捜査の力となっていくのか、とても気になります。また誉との関係が仲良くなるのか、この調子で認めながらも喧嘩するほど仲がいい状態なのか、楽しみです。推理系ドラマも医療系ドラマも大好きなので、この二つが組み合わさったこのドラマは、今後も期待して見たいと思います。

・ディーンフジオカが好きなので楽しみにして見ましたが、最初から最後まで見入ってしまうくらいテンポよく話が進み、とても面白かったです。くすっと笑える部分もあり、赤羽の家族を思うがための行動には感動し涙が出ました。相棒のがんちゃんのキャラも合っていて、今回は出会いのエピソードでしたが事件をきっかけに結束力が出た気がして今後の同居生活も楽しみです。刑事役の佐々木さんも明るくちょっと頼りないけど憎めないキャラがいつもと違う感じでしたがぴったりでした。3人が今後どのように絡み、事件を解決しながら信頼しあっていくのかとてもみどころがあります。2話だけではなく最後までゲストも毎回豪華そうなので楽しみに見たいと思います。

・期待以上に非常に面白かったです。海外ドラマのシャーロックとはまた違った、面白さがありました。シャーロック役のディーンが、見事でした。日本人離れした見た目と立ち居振る舞いが、絶妙に素晴らしかったのが印象に残っています。被害者の妻の、はじめはおっとりとした雰囲気、そして徐々に本性をあらわにしていく姿には背筋が凍りつきました。不正をして医師になり、それを暴露されるかもしれない苦悩、妻に追い詰められる辛さ、最後のファミレスでの家族だんらんのひとときには胸が痛みました。そんな悲しいお話も、シャーロックが軽く、明るく解決に導きます。重苦しさを感じさせない、ポップなミステリードラマとでも言ったらいいでしょうか。最高でした。

・シャーロックホームズを現代版として……というので、興味深く見ました。本を読んでるだけだと、シャーロックホームズってパパーッと話聞いて現場見て一人でわかっちゃって解決してすごい!かっこいい!と思ってましたが、現代版で映像になるとなんかちょっと見抜きすぎてて気持ち悪いなって思いました。でもそのちょっと気持ち悪いなってところや違和感とかを、ディーンさんがうまく気持ち悪すぎず、でもやっぱりちょっと気持ち悪いな、でもあの時点から見抜いてたんだすごいなくらいの絶妙さで演じてて面白かったです。ただ、なんで折り鶴をコウモリってディーンも情報屋っぽい人も間違えるのかがわからなくて、そういう小ネタがわかるともっと面白いんだろうなと思うので、ちょっと残念です。どっかでネタばらし?解説?をしてくれたらいいなって思いました。

・シャーロックは岩田剛典が出ているから全く期待していませんでした。初めは犯人だと思ってずっと見ていたのですが、犯人じゃないと分かった時には面白さがどっと増したと思います。ディーンフジオカも変わった感じの人の役ですが、推理はとてもさえているし岩田さんとの掛け合いがとても面白く感じました。オープニングの歌もとてもかっこよくてドラマに合っていたし、ドラマ全体を通して映画を見ているような綺麗な映像だと思いました。また犯人が毎回変わるのも面白く見れる要素だと思います。初回はまさか自分で飛び降りていたと思わなかったので悲しい結末でしたが、内容はとても面白く見られました。二人が一緒に住んでこれからどうなっていくのか楽しみです。

・ディーンさんは滑舌もよくないし、表情があまり変わらないので演技自体あまり期待はしていませんでした。でもディーンさん演じる獅子雄の飄々としていて、無神経なキャラクターには惹かれました。亡くなった赤羽がなぜ死を選ばなければいけなかったのかを考えると、あまりにも辛くて亡くなる直前に自分の娘の残したパセリを食べてあげるシーンは胸が締め付けられるようでした。狂気に狂った赤羽の奥さんが序盤の段階で怪しかったので犯人は分かってしまったのですが、事件ではなく自殺だったことは最後まで分かりませんでした。岩ちゃん演じる若宮がまだこのドラマになぜ必要なのか分かりませんが、獅子雄に振り回される面白いキャラクターになってくれるといいなと思います。”

・ディーンフジオカが好きなのでみました。やっぱりかっこよかった〜!ディーンフジオカだけで次回も見るの決定です。岩ちゃんも好きだったのでみる要因だったけど、ちょっと老けたなあと思いました。黒髪のせい?気になって最初話が頭に入ってこなかったです。話の内容は面白かったです。松本まりかが今回もいい役をしていました~!裏のある役がぴったりだと改めて思いました。ディーンフジオカはかっこよかったけどちょっと謎がある感じで人柄も変な人?間髪入れずに質問してくるあたりがちょっと疲れる感じはあったけど、でも似合っているのでよしでした。あな番にでていた女の人と佐々木蔵之介のやり取りも面白かったです。謎の時かたもじわじわ来る感じがおもしろかったです。

・面白くて、次回も見ようと思います。まず、ストーリー展開が読めない。誰が犯人なのかわからず、犯人の動機もわからなかったです。脚本家が良いです。あと、ディーン・フジオカが魅力的です。NHK「あさが来た」の五代役のときから、人気が上昇しました。その後、民放ドラマのゴールデンタイムの作品に出演しましたが、パッとした活躍が見られませんでした。視聴率も低迷し、話題にもならなかった気がします。また、日本テレビ「今からあなたを脅迫します」では、共演者の武井咲さんが妊娠し、思い通りの撮影ができなかったそうです。しかし、今回のドラマは、シャーロックが推理をしているときは、なぜか街中でバイオリンを弾きまくり、犯人を追跡する時はスケートボードに乗り、また、変な髭面の変装して漁船にも乗っていました。「古畑任三郎」を彷彿される、おかしな世界観好きです。視聴率良いと思います。


・メインキャストの3人が、演技の系統・役者の個性・キャラクターが違いますが、みなさん演技が上手い方なのでそれぞれの良さが更に引き出されている気がしました。更に、ディーンフジオカさんがヴァイオリンを弾きながら、謎を考えているシーンはとてもディーンさんの格好良さが溢れ出ていると思いました。事件の内容はちょっと頑張って推理をしたら解けてしまいそうな内容ではありましたが、それを解いていく過程が興味深い解き方でしたので楽しめました。そして1話の段階では探偵と事件関係者である2人が最後の段階で一緒に住み出した時の外に物を投げていく時に、きっとこの二人が事件を解決していけば面白い風に解決してくれるだろうと期待が膨らみました。

・正直最初は顔面偏差値の高い二人の競演という部分ばかりがクローズされていたので、話の内容はあまり期待しないで観ましたが、思っていたよりストーリー展開が面白くて楽しめたからです。初回は主役のディーンフジオカさんと岩田剛典さんの出会いにもなる話だったので、これからこのコンビがどんな風にお互いの色を出し合っていくのか相乗効果が楽しみでもあります。ストーリー展開のテンポと軽快でおしゃれな音楽がマッチしているので飽きずに最後まで見られました。脇をかためる役者さんたちには佐々木蔵之介さんのようなベテランさんもいたり、毎回大物ゲストが出演されるのも見どころで、次は誰が出るんだろうと予告を見るのも楽しみになりそうです。

・子ども目線で大人を見れて楽しいです。今までの朝ドラとは違って、登場人物がていねいに描かれいる気がしました。大人の事情とそれを見ている子供がどう思っているか?などが細かく描かれていて面白いです。たとえば草間さんは東京へ奥さんを探しに行くと喜美ちゃんに話した時、喜美ちゃんは奥さんは生きていると確信して早く探しに行った方がいいと言いました。そのあとの草間さんのセリフがとてもよかったです。大人はこういうときたいてい死んでると言う。けど、喜美ちゃんは生きていると言うと思ったそうです。面白かったです。これから大人になってからの話になってくると思いますが期待できそうです。これからも楽しく朝ドラを見ていきたいです。”

・予告も見ておらず、テレビで見れるテレビ欄からあらすじを読んで面白そうだと思って拝見しました、ディーンフジオカと岩ちゃんのペアだったので期待が大きかったのですが、比較的静かな役柄だった岩ちゃんの演技が下手過ぎたのと、女性陣の演技も裏がある風にしすぎてみんながみんな浮ついた感じがして見ていて飽きました。話的には面白い感じがしたので、もう少し演技力のある方に演じて欲しかったです。ディーンフジオカも動きが硬すぎて、ワザとしているんだろうと、思って見ても違和感がありすぎて、中堅の役者さんとの息もあっていない気がしてなりませんでした。毎回現場が変わりゲスト俳優がでるドラマだと思いますが2話目は見ないと思います。

・死んだ人の奥さん役が松本まりかだったのが分かった瞬間、この回は面白いなと確信しました。ストーリーは大半の人が予想していたであろう松本まりかが犯人なのですが、視聴者の期待を裏切らない程の松本まりかの演技。かなり引き込まれました。あの人の演技の迫力はすごすぎます。あんなに美人なのに、殺人犯の表情をしている時は、狂気を感じました。ディーンに関しては、キャラクターと見た目がとてもぴったりで違和感のない感じ。岩田に関してはまだキャラクターが出きっておらず、これからが楽しみな感じでした。2話のゲストもかなりの大物の人がでる感じなので、フジテレビも気合が入っているなと思いました。次の話もかなり期待してしまいます。

・国内外問わず今まで何度も映像化されてきた作品なので、正直なところどういう風にアレンジしてオリジナルの新鮮さを出してくるのかと思っていたが見てみると、今の日本のドラマらしい面白さがあったように思う。主人公のシャーロックの奇人ぶりは、演じる加減が難しいと思うが、今回は少し妙でありながらもいい感じに人間味を漂わせていて、見ていて次の行動への期待感が持てるキャラクターだった。かっこいいがそのかっこよさが鼻につく感じじゃないのは、演じている人のうまさだと思う。またそんなシャーロックに対して、ワトソンの若々しい躍動感と、人間味あふれる言動は、見ていてもとても好感が持てる。まだ始まったばかりなので、これからどんな事件が展開されるのか、それによって2人や周りの関係がどんなふうに変わっていくのかわからないが、ストーリーも今までにない事件を扱おうという面白さがあるし、次回やこの先がとても楽しみ。


・ベネディクト・カンバーバッチのシャーロックをイメージしていましたが、全然違う感じでした。二人の出会いを第一話に持ってくるのは私としては残念に思います。何話か普通に事件をやってから、5話あたりで二人の出会いの事件を回想する感じが良かったように思います。なぜなら、ディーンフジオカの相棒が岩田剛典だということは予めわかっていることなので、第一話で岩田剛典が犯人だということはありえないのもわかります。それなのに、なんだか怪しい感じになっていたので、少し微妙でした。でも、第一話の事件は、つかみとしては普通に面白かったです。もう少し毒々しい雰囲気が漂うドラマになるのかと思っていたら、案外ライトな感じだったので、気軽に楽しめていけそうな気がします。ディーンフジオカと岩田剛典のコンビは意外性があって面白そうなので、これからの共同生活に期待です。

・タイトルがシャーロックだったので、少し期待して観たけど完全な期待外れでした。シャーロック・ホームズを現代風にアレンジしたと言うのかもしれませんがホームズは知的で孤高の人。でも、このドラマの主役は一話を見た感想だと、ただ無礼な変わり者なだけ。作り手がホームズを理解してないか相当、変わった主観で見ているか。そもそも捜査協力といっても現場の警部の判断で頼んでいるだけのように感じるので昔のドラマなら通じたろうけど、今はそういう設定は無理だろうし、犯罪コンサルタントという肩書も警察から謝礼を受けている様子が見られないし収入源も不明。探偵であれば、その辺もその他の探偵業をしているから。で有耶無耶に出来るのに変な肩書を付けたせいで、リアリティを感じさせない。要因の一つに。出演俳優のファンは毎週見えて面白いかもしれないけど、タイトルに惹かれて見た人は設定の無茶苦茶さに二話目以降、見る気が失せると思います。