FF人気シリーズランキング!ファイナルファンタジーナンバリングで面白いのはどれ!

人気のファイナルファンタジーシリーズはどれ!

FF_00

人気のゲームシリーズ、ファイナルファンタジー!

ナンバリングタイトルだけでなく、様々な作品が発売されており、ファンの多いシリーズです。

そこで今回はナンバリングタイトルの中でみんなが好きな作品はどれなのか、ランキング形式でまとめてみました。

是非ご参考ください!


FF人気シリーズランキング:11位ファイナルファンタジーⅧ

ファイナルファンタジー人気ランキング11位はファイナルファンタジーⅧ

ファイナルファンタジーⅧが人気の理由

ファイナルファンタジーⅧが人気の理由はこちら

・ジャンクションシステムで魔法や召喚獣を装備するというのが画期的でした。敵からドローしたら戦術が変わるのも楽しかったです。トレーディングカードはついついやり込んでしまいました。リマスター版が出るという事で楽しみにしています。

FF人気シリーズランキング:10位ファイナルファンタジーⅨ

ファイナルファンタジー人気ランキング10位はファイナルファンタジーⅨ

ファイナルファンタジーⅨが人気の理由

ファイナルファンタジーⅨが人気の理由はこちら

・世界観がザ・ファンタジーっと言うにふさわしい背景で色合いも柔らかくとても好きです。ビビとエーコの小さい子チームが可愛くてとても大好きでしたしチョコボとモーグリのデザインも好きでした。生きる意味を考えさせられる切ない物語がとても心に響きました。

FF人気シリーズランキング:9位ファイナルファンタジー

ファイナルファンタジー人気ランキング9位はファイナルファンタジー

ファイナルファンタジーが人気の理由

ファイナルファンタジーが人気の理由はこちら

・最新シリーズは難しくて最後まで到達した試しがありません。到達できない内に飽きも来るので嫌いになりました。1番最初のは比較的簡単なので何とか最後まで到達することができます。ストーリー的にも単純ですから楽しめます。暇を潰すには最適です。

・FINAL FANTASYシリーズといえばこれでしょう。原点にして至高。この作品が無ければ後の続きとなる作品は無かった。後の作品にも良い物はたくさんあるけれど、1作目を語らずして、その後の作品について語ってもと言う印象になる。

FF人気シリーズランキング:8位ファイナルファンタジーXIII

ファイナルファンタジー人気ランキング8位はファイナルファンタジーXIII

ファイナルファンタジーXIIIが人気の理由

ファイナルファンタジーXIIIが人気の理由はこちら

・PS3を購入したきっかけにもなったというのもありますが、FF13の登場人物がみんな好きで特に主人公のライトニングはとても綺麗な女性で強く妹思いのところが好きでした。あと、プレイしていた当時は他のPS3の中でも群を抜いてグラフィックが綺麗だったのも好きだったです。

・ライトニングを中心とした物語のシリーズ構成とレベル上げのシステム、幻想的な音楽、PS3初のFFシリーズで同作品で3作品にまで続く物語の奥深さ、PS3での綺麗なグラフィック、召喚獣が乗物になる予想外の戦い方。全てが好き。

FF人気シリーズランキング:7位ファイナルファンタジーⅤ

ファイナルファンタジー人気ランキング7位はファイナルファンタジーⅤ

ファイナルファンタジーⅤが人気の理由

ファイナルファンタジーⅤが人気の理由はこちら

・いちばん夢中になって遊んだシリーズだからです。ジョブがたくさんあり、それぞれ育ててスキルを覚えていくシステムが魅力的でジョブを増やしていくのがとても楽しかったです。また仲間になるキャラクターが他シリーズと比べて少なめで、そのぶん思い入れをもってじっくり育てていけるところが好みです。(悲しいお別れもありましたが…)人間以外のキャラクターも魅力的だし、世界の構造がだんだん明らかになっていく展開もすごくわくわくしました。

・一番最初にやったFFであり、尚且つやり込んだゲーム。ストーリーも分かりやすく、キャラクターも少ないが魅力的である。このゲームで一番好きなのはガラフ。強くてお茶目でかっこいい素敵なおじいちゃんである。ジョブも豊富で様々なやり込みが出来るのも楽しい。お気に入りは魔法剣士。

・メインキャラは少ないものの、多数のジョブに転職をさせることができるシステムが面白かったです。また、上記理由によりキャラに愛着がわき、ストーリー上死んでしまうキャラなどは本当に悲しかったです。他のシリーズは戦闘キャラの入れ替え等ができ(それもまた良いですが)、好きなキャラで固めることもできますが、5はそれがない故に好きなシリーズです。

FF人気シリーズランキング:6位ファイナルファンタジーⅥ

ファイナルファンタジー人気ランキング6位はファイナルファンタジーⅥ

ファイナルファンタジーⅥが人気の理由

ファイナルファンタジーⅥが人気の理由はこちら

・それまではドラクエをやっていてFFは難しい印象でした。中学生になりそろそろ話を理解できるかもと初めてプレイしたのが6でした。壮大な世界観、作り込まれたストーリーと当時では一番キレイなグラフィックだした。詳しいトーリーはうるおぼえですが、今でもずっと終わってほしくないと遊んだことは忘れません。

・ダークな世界観で、当時、ドット絵では最高峰の画質のJRPGだったと思う。またキャラクターも、それぞれ個性があり、どのキャラクターにも深く悲しい過去の持ち主であることが、中学生時代の思春期男性(自分も)に受けたと思う。

・キャラクターをたくさん育てていくので、やりごたえがあるので好きです。それぞれのキャラクターごとにしっかりとしたストーリーもあるので面白いです。音楽も耳に残るものがたくさんあり、ストーリーだけでなく音楽も好きです。特にマリアとドラクゥが好きです。なんどもやり込んでしまいます。

FF人気シリーズランキング:5位ファイナルファンタジーⅫ

ファイナルファンタジー人気ランキング5位はファイナルファンタジーⅫ

ファイナルファンタジーⅫが人気の理由

ファイナルファンタジーⅫが人気の理由はこちら

・戦闘システムにガンビットを取り入れたことで、戦闘シーンの面白みが格段に増したことです。適当に組んだガンビットは、ゲーム開始から中盤前位前まで何とかなります。それ以降の敵やボス敵の攻撃力がインフレしだすと攻略に難易度が高まり、攻略が難しいシーンが多々出てきます。それでも敵の特徴に合わせたガンビットの組みなおしで再選すれば、苦しいながらも攻略で出来たりするのが本作最大の楽しみだと思います。FF12最大最強の敵、ヤズマット戦で特にガンビットの組み合わせの面白さを感じさせられました。

・一番面白くていいなーと思ったのが、バトル中に自分のジョブを切り替えることができて、切り替えるとちゃんと変身シーンのムービーが流れて好きでした。キャラクターもカッコイイし、操作も分かりやすかった。ただ、ユウナが歌うシーンがあって、その声が倖田來未さんでビックリでした。ユウナの声が変わりすぎて合ってなかったけど、曲は好きでした。

・PS4版のものをクリアしました。システムが旧バージョンのものよりも改良され、職業とスキル獲得の自由度が上がりっていたので、個人の好みの戦闘パーティーを組めるのが魅力的でした。ストーリーもそれぞれの立場に正義があって、何が正しいとか何が悪いとか言及しないところが良かったです。

FF人気シリーズランキング:4位ファイナルファンタジーⅢ

ファイナルファンタジー人気ランキング4位はファイナルファンタジーⅢ

ファイナルファンタジーⅢが人気の理由

ファイナルファンタジーⅢが人気の理由はこちら

・FF3は、自分が持っていたファミコンで出来るソフトだったから。あとは、ジョブチェンジが出来るところが良かったから。4以降は、キャラクターを変えていかなくてはならず、最初からずっと同じ仲間で戦ってこられる3が自分には合っていた。全員を「玉ねぎ剣士」の最高までレベルアップさせ、装備も最高にするのに最後はハマった。

・自分はドラクエシリーズを主にプレイしていましたが全てクリアしてしまいました。他のRPGもプレイしてみようと思い、その時周りで流行っていたのがFFⅢでした。実際プレイしてみるとドラクエとはまた違った面白さがあり、すっかりはまってしまいました。FFシリーズもほぼ全てクリアしましたが一番初めにプレイしたFFⅢが一番好きです。

・初めてプレイしたファイナルファンタジーシリーズだから。当時のファミコンのRPGではドラクエの独壇場だったが、このⅢが爆発的に売れて、一気にドラクエと同じ知名度になった。それをリアルタイムで感じた時期なのでⅢは特に印象強い作品となった。

・ジョブごとにストーリーを楽しむことができる点が良い。ストーリーをクリアした後でもやりこみ要素が豊富にあるので、長く遊べるゲームだと思います。装備品や魔法の豊富さ、戦闘シーンの爽快感などは、当時のゲームとしては斬新で画期的でした。

FF人気シリーズランキング:3位ファイナルファンタジーⅣ

ファイナルファンタジー人気ランキング3位はファイナルファンタジーⅣ

ファイナルファンタジーⅣが人気の理由

ファイナルファンタジーⅣが人気の理由はこちら

・戦闘が荒削りで楽しい。また、ラストダンジョンでのレアアイテム集めが楽しかった思い出があるから。ラスボスも比較的強いことと、生まれて初めてプレイしたRPGなので他のシリーズよりも思い入れが強いため、選びました。

・私がいちばんたくさんプレイしたのがFFⅣだからです、世代というのもあるかもしれません。、ゲームを進めるにつれて、キャラクターがどんどん入れ替わるというのもストーリーを面白くした要素だったと思います。メインキャラが強くなって帰ってきたり、メイン以外のキャラが入ってきたり、死んで仲間から抜たり、そのたびに「コイツつえー」とか、「アイツがいなくなってつらい」とか、いろいろあって楽しかったです。

・とても練り込まれたストーリーで遊んでいてとても楽しく、2019年現在も移植されたPSP版や3DS版のものもプレイしている。印象に残っているキャラも多く未だにネット上ではネタとして使われている名言などもあり、いつまでも記憶に残っている。

・キャラクターにわかりやすい長所と短所があって個性が出ており、最大5人パーティーだったのでバトルが楽しかったからです。また、FF4のキャラの子供たちも多数登場する続編があり、そちらの方も楽しくプレイすることが出来たからです。

・ゲーム内容が長く、ボリュームがとても多く大好きなゲームです。物語が作りこまれていて、ゲームの世界に入り込めます。やりこみ要素もあり、何回プレイしても楽しく遊べますし、1ターン制のやり方やゲージがたまれば敵でも行動してくるモードもハラハラしながら楽しめるので、更に楽しめます。

FF人気シリーズランキング:2位ファイナルファンタジーⅩ

ファイナルファンタジー人気ランキング2位はファイナルファンタジーⅩ

ファイナルファンタジーⅩが人気の理由

ファイナルファンタジーⅩが人気の理由はこちら

・初めてプレイしたFFシリーズであり、ストーリの深さと各キャラクターの個性が強いのが印象的でした。また、決してハッピーエンドとは言えない終わり方であるにも関わらず、もやもやすることなくエンディングを迎えられたことが理由です。

・海の綺麗さや、キャラクターの綺麗さにびっくりしました。お話もしっかりしていて、涙するシーンもたくさんありました。育成のシステムも楽しかったです。やりこみ要素も多くかなりの時間じっくりできると思います。続編もセットで楽しめる作品と思います。

・ストーリーがシリーズの中で一番良いです。ゲームシステムもコマンド式でじっくり思考しながらプレイに集中できる点も好きです。キャラクターも敵味方問わず非常に魅力的であり、とても引き込まれます。何度プレイしても飽きません。

・初めて遊んだ「FINAL FANTASY」シリーズが「X」でした。グラフィックもとても綺麗でストーリーも良く毎日物を進めるのがとても楽しく夢中で遊んでいました。攻略が確立してからは取りこぼしは裏ボスなど全て遊びつくした良い思い出です。

・当時最先端の画像の美しさ、男性、女性とも丁寧なキャラクターデザイン、オメガの倒し方など裏技もあって飽きることがありませんでした。ユウナと男性主人公(名前は変えた)のラストシーンは、涙が流れました。素晴らしい作品でした。

・ほとんどの作品をプレイしていますが、VIIからXIまで本気でやり込んでいます。中でもXがキャラクターの魅力とストーリー性がとてもマッチしていて面白かったです。ステータス割り振りできる育成制度も良かったです。

・ファイナルファンタジーシリーズはだいたいやってきましたが、音楽が一番良かったからです。特にオープニング曲で有名なザナルカンドの曲が印象に残っているからです。あとは、色々な機種でリメイクされているのも良いです。


FF人気シリーズランキング:1位ファイナルファンタジーⅦ

ファイナルファンタジー人気ランキング1位はファイナルファンタジーⅦ

ファイナルファンタジーⅦが人気の理由

ファイナルファンタジーⅦが人気の理由はこちら

・初めてプレイしたFFシリーズなので、思い入れが強いです。クラウドのクールかと思ったらちょっと抜けている感じが好きでした。あと風景や音楽が印象に残っています。多少操作性が悪くて、苦労したシーンもありましたが、そこも思い出深いです。

・ドット絵からのPSでのポリゴンでの映像美にとても感動して早くやりたいなとかんじました。この作品の発売がわかってからPSを買いにいきましたがなかなか手に入らず、入荷待ちをして電気屋さんがあったにもかかわらずファミコンショップで定価で買わされた記憶があります。

・ストーリーが壮大で、キャラクターの個性や奥深い設定がとても印象的だったからです。それまでのファイナルファンタジーシリーズとはまったく違う雰囲気のものでしたが、FFが幅を広げるための転機になった作品ではないかと感じます。

・初めてオープニング映像を見たときに、映像の綺麗さとキャラクターの魅力に鳥肌が立つほどとても感動して、発売するのが楽しみで仕方なくて学校でも友達とゲームの話をたくさんしていた作品で、物語も感動あり笑いありで、味方だけではなくて敵のキャラクターも魅力的だったからです。

・大学生時代にフルCGアニメーションが出て、友人たちと盛り上がり、自身もアーカイブから購入し、プレイしたため。世界観とマテリアシステムが連動していて、装備を手に入れるたびに技を使えるようになったりしてワクワクした。

・今まで1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.12をプレイしましたが、そのなかで一番はまったのが7でした。マテリアシステムやリミット技など当時中学生だった私にとってはどれもがプレイしていて興奮するような内容でした。また、ヒロインが死ぬ死なない等のデマもありましたがそれすらも魅力的に感じたことを覚えています。一種のロマンのようなもの抱かせてくれた作品でした。

・初めてプレイしたファイナルファンタジーがVII立ったので思い入れがあるのと、世界観が好きです。特にミッドガルをようやく抜けたと思ってからのワールドマップの解放感やストーリーの重厚感が好きです。スピンオフ作品は全てプレイしています。

・ヒロインが2人いて片方が途中で死んでしまうストーリーが当時では斬新で衝撃的だった。また、アナザーストーリーが多く、そのゲームやDVDなど全てがおもしろかった。そのため、本作もやりたくなり、何度も繰り返しプレイしたゲーム。

・ffⅦのストーリーや音楽が最高に好き!今でもエアリスのテーマは聴くこともあります。クラウドも好きだけどffはたくさん出てきているけど登場人物をいまだに覚えているのはffⅦの登場人物が多いし当時の思い出もセットでffⅦの思い出があるので余計に思い入れのある作品

・きちんと初めから終わりまでプレイした始めてのファイナルファンタジーシリーズだから。ファミコンからPSへ、3Dになったことでキャラクターや街がとても魅力的になり、挿入ムービーもとても綺麗で、あそこまで表現できるものかと感動した。

・スクエアが任天堂と別れてプレイステーションに移籍した第一弾、召喚魔法の時の衝撃は未だに覚えている、ずっと見て居ると長く感じるんだけど(笑)、セフィロス、エアリス、そしてクラウドなど今もまだ名前を忘れない魅力的なキャラクターがいた。

・FF7は初めてplaystationで出たソフト。当時中学生だった私はポリゴンの画像に「すごい!」とひどく感動したのを今でも鮮明に覚えています。あの時の衝撃は忘れません。ストーリーがどのシリーズより面白く、音楽も大好きです。

・プレステ購入を決定的にしたタイトルでした。子供のころからFFは全シリーズ遊んできましたが、美麗なグラフィック(当時)に感動したのを今でも憶えています。ストーリーも楽しめるのですが、道中にあるミニゲームなど遊べる要素が多く時間を忘れてプレイしていました。

・アクティブタイムバトルとマテリアシステムの2つが衝撃的で印象に残っている為です。私が触れたのは2004年頃で、当時は小学六年生でした。その年に初めてPC以外のハードが家に来て、プレイしたRPGがファイナルファンタジー7でした。それまで私はRPGと言えばツクール系と呼ばれるPCフリーソフトしか触れてこなかった為、Wiz形式のRPGしか触れておらず、リアルタイムで進行する戦闘に戸惑いつつも、一撃が命とりなボス戦の緊張感に酔いしれました。マテリアシステムもよくわからないうちにマテリアが成長し、「ぜんたいか」で大儲けできたのもいい思い出です。

・それまでのシリーズと比べて格段にグラフィックが上昇し感情移入が出来るようになったため。PSのディスク3枚組というのもインパクトが強かったですし、イベントムービーも最高だった記憶があります。またストーリー展開も盛り上がりどころが多い作りになっていて、従来作よりも面白く感じられた。

・ゲームとしてどの要素をとっても最高だから。キャラデザインも素晴らしく魅力的、ストーリーは重厚かつ十分なボリューム、BGMは今なおそれだけで聴けるほど音楽として美しくハイレベル、といったようにプレイしていて常にワクワクさせてくれる完璧なゲーム。

・ファイナルファンタジーシリーズの中でも初めてプレイをした作品なので思い入れがあり、とても好きです。キャラクターも魅力的で物語も奥深さがあることと、Ⅶの派生作品でもあり主人公のクラウド・ストライフの過去を成すCRISIS COREも含めてとても良作です。