紅白歌合戦と日本レコード大賞どっちが面白い!歌手・曲がいい、人気なのは!

紅白歌合戦と日本レコード大賞どっちが面白い?人気なのは!

TV_1537236903

年末注目の歌番組と言えば、言わずと知れた紅白歌合戦と日本レコード大賞。

毎年人気の紅白とレコ大ですが、どっちが人気なのか、見ごたえがあるのはどっちなのか?

今回は紅白とレコ大どっちが好きかみんなの意見をまとめてみました。

是非ご参考ください。

レコ大より紅白の方が面白い!

レコ大より紅白の方が面白い、という意見がこちら。

・日本レコード大賞は、歌以外の部分がダラダラと長いので、退屈です。過去の受賞式とかあまり興味がありません。司会者の話も面白くないので、見ません。番組の構成が面白くないと思います。紅白は司会者も面白いと思います。

・日本レコード大賞は勝手な解釈ですけど、レコード会社とか事務所とかの出来レースのような気がしています。わりと同じアーティストばかり続くときもあるし、すごく売れた曲とか、話題になった曲とかのアーティストがノミネートされてなくて、どういう基準なのか怪しいです。

・単に歌を楽しむだけでなく、余興やインタビューやその年の映像などによって、その年を振り返る材料を盛り込んだ「ショー」になているところに大きな価値を感じます。その年注目を浴びた人あるいは翌年活躍する人などがゲストや審査員として登場することも時勢を味わう意味で興味深いです。

・音楽の配信方法が一昔前から変わるなかで、未だにレコード大賞っているのかなぁと感じています。ストリーミング配信で聴く方が増えてきているので、存在意義がどうなのかと。レコード大賞に比べればまだ紅白の方が理屈に合うと思っています。

・レコード大賞よりも紅白歌合戦の方が、一年の集大成という感じがするためか、歌手の皆さんの良い表情が見られるように思います。衣裳も、年末の年の最後に歌うための衣裳を選んでいると思うので、観るのも聴くのも紅白歌合戦の方が好きです。

・小さい頃から紅白歌合戦を見ていたので、これが無いと年末という感じがしないです。おばあちゃんとこたつでミカンを食べながら見ていた頃を思い出し、とても懐かしく感じるので、私は紅白歌合戦の方が好きです。これからも応援しています。

・紅白歌合戦のほうが好きというわけではありませんが、どりらを見ているかと言い換えれば紅白歌合戦を見ているので、選びました。日本レコード大賞はなぜかわかりませんが、これまでにあまり見た記憶がありません。いつ放送しているかもわかりません。

・民放よりもNHKの方が、画面が煩くなくて好ましいからです。音楽とSEで特にCM前などに煽られるのも疲れます。NHKはその辺りが比較的無いので、落ち着いてみれます。私はテレビはボーッと見るのが好きなため、NHKの方が余分な情報が無く好きだからです。

・日本レコード大賞はエグザイルがお金を払って賞を獲得していたのを知ってからしらけてしまって興味が無くなりました。一生懸命歌っている歌手にも失礼だし、会場に来れない歌手に大賞がいかない時点でやらせが凄いと思いました。

・レコード大賞はいつもみていないのでわからないけど、いろいろな部門があるといいのかなと思う。世代別とかあると面白いと思う。どちらかと言うと紅白って感じなので、好きかと言われるとどちらでもないって感じです。

・正直なところ、どちらも好きではありません。それでも紅白は個人的な勝ち負けはあまりないため紅白です。「なに」とは言いませんがある時から、レコード大賞は出来レース化している気がするので、一切見ていません。少しでも見る紅白と全く見ないレコード大賞、と考えると紅白かな、と思いました。

・日本レコード大賞は歌以外の時間が長く、見ていて飽きてしまう。会場全体の緊張感が強すぎてこちらにも伝わってきてしまい、安心して見ていられない。本当にファンの人が応援しながら見るにはいいと思うけれど、何となく見るには疲れてしまう。

・慌ただしい中で番組を視ると年越しの実感が湧きます。年末は普段一緒にいない家族と過ごすことが多いですが、歌手や曲を通じて今年一年の出来事を振り替えったような話をすることができるので、落ち着いた気持ちになれます。

・まず、レコード大賞といいながら今の子供達にはレコードを知らない。最近、流行った曲が分からない。流行った曲がアーティストだと出演しないので観てもつまらない。テレビ局やレコード会社のしがらみがあるのでえっこの曲が大賞?ってなる。

・日本レコード大賞は昔ほどの音楽大賞としての評価と価値が薄れていき紅白歌合戦も他局の年末特番に押され気味ではあるがそれでも紅白歌合戦の方が知名度も高いですし紅白歌合戦出場したことがあるっと言った方が箔が付くからです。

・日本レコード大賞もいいですが、番組に出る歌手や披露される歌が紅白歌合戦の方がより好きです。昔から途絶えず今もその視聴が習慣になっている日本人が多いところも良いです。視聴しながらこたつでミカンの習慣も最高です。

・長い歴史のある紅白歌合戦の方が好きです。レコード対象は受賞したもののこの人誰?という人が出たりして何を基準に賞を決めているのかが分かりません。一度不正受賞問題が報じられてからますます不信感を持つようになり見なくなりました。

・まだ紅白歌合戦が知った歌手が多いように感じますし、大晦日の特別な番組には間違いありません。とくに演歌や昔の歌が好きなのですが日本レコード大賞ではほとんど歌われることはありません。やはり紅白歌合戦は雰囲気があります。

・紅白歌合戦を見ている時間の方が長いので紅白歌合戦を選びましたが、どちらが好きというのは特にありません。好きなアーティスが出ていればその部分は好きですし、それ以外の部分には特には興味を抱いていないというのが正直なところです。

・日本レコード大賞は、例年同じ人しか出てこなくなり、やらせなのでは……?という疑問感を感じるようになってきたので、見なくなりました。一方紅白はベテランの人もいますが、若手の人もいるのでそこは評価するべきだと思ったからです。

・日本レコード大賞には、私の好きなアーティストが出ることはまずない為、ここ数年は見ようという気もおきません。その点、紅白歌合戦に関しては、多くはなくても、好きなアーティストが出場していることが多いので、その時間だけ見ることがあります。

・個人的な問題ですが、日本レコード大賞にはあまり馴染みがありません。番組自体は知っていますし、視聴することもありますが紅白のように意図してチャンネルは合わせません。ランキング番組の一種でもありますので、後日テレビやネット等でニュースとして大賞の発表が取り扱われることも「見なければ分からない」という視聴意欲に繋がらないのだと思います。

紅白より日本レコード大賞の方が面白い!

紅白より日本レコード大賞の方が面白い、という意見がこちら。

・紅白歌合戦は日本レコード大賞よりも年配の方をターゲットとしている歌手が多いように感じます。日本レコード大賞は若者の層が多く聞いている曲があるので、聞いていて楽しいです。また、演出も凝っていて見ていて楽しめることも要因です。

・しいて選べばの選択ですが、日本レコード大賞の方です。この番組を見れば今年どんな歌がヒットしたかが分かるからです。昔みたいな歌番組がないのでどんな歌があるか情報が少ないです。賞が取れて喜ぶ姿を見るのも興味があります。

・誰が取るのかというワクワクはある。最新のアーティストだけ出演するので、紅白歌合戦よりはましだと思える。しかし、事実はどちらもみない。全体の雰囲気も紅白よりはましな気がする。しかし、TV自体があまり好きではない。

・これ、と言った理由は特に自分でも分からないけど紅白よりレコード大賞のがずっと番組を付けています。最初から最後まで見るのもレコード大賞のが見ていられるし、知ってる曲もよく歌ってくれる気がするし楽しく見てます。

・小さい時から家族で見るのが恒例で、1位になる歌で家族で話をするのが楽しかった。今もノミネートされる曲をきくと、その当時の気持ちが思い出され、1年をざっと振り替えれて年越しを迎えるミソギの様で、清々しく新年を迎えられますね。
・日本レコード大賞は、新しいアーティストを知ることができたり、有名なアーティストが出場したりしていて、楽しいです。日本レコード大賞は、いろんな歌手が競ってそれぞれの賞を受賞するので 誰が取るのか楽しみなので
・どっちもどっちであるが、まだ新しいアーティストが少しはたくさん出るということで、レコード大賞の方を選んだ。今でも大賞は何なのかは話題にはなるし、まだ存在意義を感じている。日本の若いアーティストもどんどん出てきているので、たくさん取り上げて欲しい。

・どちらも同じぐらいの気持ちですが、しいて言うなら日本レコード大賞は本当にその年ブレイクしたり話題になったアーティストが選ばれるのでまだ観ていて納得ができます。紅白歌合戦は何故この人がまた出演しているの?と感じることが多く疑問が残るのでそういった意味でもまだ日本レコード大賞の方がマシかなと感じます。

・日本レコード大賞の方が、今時のアーティストがたくさん出るからです。紅白歌合戦はある程度活躍した国民的なアーティストが出ますが、レコード大賞では最近波に乗っているアイドルグループやバンドなどが出て「おおでてる!この曲知ってる!」という気持ちになれます。

・レコード大賞として候補があがり、選ばれる事は実力と実績が確かな事であるので、よいと思います。その年に活躍したアーティストはレコード大賞のほうが明らかだと思います。紅白はアーティストのチョイスがまんねりしてます。ファンしかみないような感じがします。

・どっちもどっちかなというところです。でも日本レコード大賞のほうが、好きなアーティストがたくさん出ているので、録画してみるような形をとっています。録画であれば、好きなアーティストだけを見られるので、だらだら時間をつぶすこともないのでいいと思います。

・その年に流行った、必ず耳にしたことのあるアーティストの方が受賞されるので納得しながら見ています。この中の誰だろう?とわくわくしながら見る楽しみもありますし、涙を流しながら歌うアーティストの方を見て、思わずもらい泣きしてしまいそうになります。

・ちょうど食事の時間に合うので、その流れてつい選んで見てしまいます。また、レコード大賞は、だれが賞をもらうのかも気になるため、どちらかというとレコード大賞の方を見ます。紅白が始まる時に、裏番組で面白そうなものを放映することが多いので、ついこちらを見てしまいます。