おせち家で作る・店に注文するどっちがいい?価格・味についてみんなの意見は!

おせち料理は作る?それとも頼む?

osechi

お正月の楽しみの一つと言えばおせち料理。

ご自宅で家庭の味のおせちを作る方もいるでしょうし、お店のおせちを注文して頼むご家庭もあるでしょう。

でも家で作ろうかな、それとも注文しようかなと迷っている方もいるかもしれません。

そこで今回は家で作る派・お店に注文する派それぞれの意見をまとめてみました。

是非ご参考下さい!

おせちは家で作る!

おせちは家で作る派の意見がこちら。

・おせち料理は家で作っています。栗きんとんや煮魚、なます、数の子など、お正月にしか作らず、食べないようなものを食べることでよりお正月らしさを味わうことができるからおせち料理は大好きです。また家族や親せきと食べることで、お正月の行事として楽しめます。

・祖母と母が毎年決まった内容で手作りしています。重箱に入れたりはしませんが、それなりの品数があります。おせち料理は1年で1回しか食べる機会がないので食べたいし、おせち料理がなければ新年を迎えた気にならないからです。

・母親が料理得意で、毎年おせち料理は手作りしています。特に、栗きんとん、鶏肉や野菜の煮物、田作りといった料理が美味しくて、お酒がすすみます。母親が料理作られなくなったら注文するようになるとは思うのですが、現状は家で作ることになるでしょう。

・実家が民宿で、年末年始をまたいで宿泊しているお客様に元旦の通例としておせち料理を提供している。そのときに作るものを自分たちも食べている。また毎年していることなのでそれが自然の流れであり、作るかどうかを考えることはない。

・毎年母親が友人と担当制でおせちを作っているため、おせちは家で作ったものを食べています。毎年バラエティに富んだ創作料理も入っているので、一般的なおせち料理とは少し異なりますが、我が家のおせち料理として毎年食べています。

・基本的に実家の母又は義理の母が手作りのおせち料理を用意してくれますが、手のかかるものは出来合いのものを買ってきます。おせち料理を食べると正月を迎えた気分になるので食べますが、高額な料金を払ってまで食べたいとは思わないので家で手作りします。

・豪華なおせちは値段も高く、保存料が入っていることを家族が心配しているので、買うとなると誰にも賛同を得られないからです。家で、かまぼこやかずのこなど簡素なものではありますが重箱に入れてそれっぽいものを作っています。

・お正月に親戚がたくさん集まるので、家で作ると注文するよりも予算を抑えることができることと、好みの食材を集めることができること、また過去に1度注文をした際に味付けが濃く感じたため、毎年おせちは家で作るようにしています。

・おせち料理は祖母の家に行った年は祖母が毎年作ったものを食べている。自分はおせちがそこまで好きではないので祖母の家に行けなかったりする年はおせち料理はたべず、実家で注文することもない。おせちと名付けて割と好き勝手に具をアレンジしたりもします。

・物心ついた時から作り続けていて親戚の分も作っているのでおせちがないとお正月が来た感じがしません。お重は3段が8個分です。みんなで分担して作って31日になったら一つの家に集まり、みんなでお重に詰めます。今は元日から店が開いているので作る必要もないのかもしれませんが、おせちは体にもいいですし、子どもに日本の伝統をみせて上げれるいい機会になっています。

・親族が多い分、三が日は普段会うことのない人たちと集まっておせち料理やオードブル、お寿司など豪華なご飯を食べるのが恒例となっています。お盆とお正月の年に二回ほどしか会う機会がないので楽しくお喋りしながら楽しんでます。

・子どもの頃は苦手だったおせち料理が、大人になってとても贅沢で美味しい物だと分かり欠かさず作るようになった。お節料理には長寿や健康を願う意味もあるので、それを子どもにも伝えたいし、皆でお祝い料理を食べることで願いが叶う気がする。

・お店などで注文して買ったおせちだと必ずどれかで好みの味付けではないものが混じっているから。小さいころから食べていた我が家のおせち料理の味が一番舌に合うし、市販のものは量が少なくてあっという間に食べ終わってしまうから。

・おせち料理(お重箱系)を買っていた時期もあったが、価格が内容と合っている「おせち」に出会えたことも無く、また味も納得いくものが少なかったので、自分で作るようになりました。また実家は毎年おせちを作っていましたし、お雑煮だけは、私もこだわって実家の味付けで毎年作っています。

・市販のおせちは味が濃く口に合わないし、家で作れば好きな料理を入れられるから。小さいころから毎年家で作っているため、家の行事になっている。くりきんとんや伊達巻などは購入してきますが、お煮しめや昆布巻きなどは自分の家で作ります。

・正確には妻の実家からもらっています。おせちそのものを注文するのではなく、それぞれの食材をバラバラに買ってきて詰めているようです。自分も妻もおせちが嫌いではありませんが、最初からつくったり、注文したりまでする気もありません。

・外で買うと高いため、毎年家で作っています。家族が好きなものは多めに作ったりもできるので、重宝しています。注文したり取りに行ったりしたことがなく、色々手続きの方法を調べるのが面倒なので作っている節もあります。

・正確にいえば実家で母親が作っているので、お正月に帰省した際には必ず食卓に並びます。おせちを食べなかった年はないので、私にとって実家のおせちを食べることは当たり前のことになっています。ですが、注文できる豪華なおせちを見ると、たまにはそちらも食べてみたいなと思います。

・毎年おばあちゃんが作ってくれるので、おばあちゃんの家へ親戚もみんな集まって食べます。おせち料理は縁起がいいものなので毎年食べてますし、食べないと新しい年が来たという感じがしないから欠かさず食べています。

・田舎で育ったため、どこかで買うという発想が小さい頃からなく、おせちは家でつくるものだと無意識のうちに感じていました。今年は何をおせちに入れるのかを家族で集まり話す時間も、正月ならではの時間だと感じています。

おせちはお店に注文する!

おせちはお店に注文する、という意見がこちら。

・年始のおせちは毎年祖父母の家で、親族一同にかいして食べている。昔は祖母、女性陣が作っていたが、祖母が高齢となり買い出しの負担が増えたこと、孫世代の結婚により参加人数が増え量がより必要になったことにより、事前に注文し届けてもらう形になった。

・毎年自宅で食べる分と各テナントのスタッフに頑張ってもらうように初売りの応援に入る店舗、売上規模が大きい店には自腹で栄のなだ万で購入します。正月は自宅、家族のもとに帰れないので楽でいいですし、デパ地下のおせちはハズレがさほどないので購入します。

・おせちはその料理1つ1つに意味があり、意味を理解して食べることがおせちの醍醐味です。それを1つ1つ作っているととても大変なので、毎年注文しています。親戚も集まると大人が多いので量も必要で、2種類くらい頼みます。

・夫婦共働きのため、年末は夫婦共の忙しく、そんな忙しい仲妻におせちを作れとは言えないからです。また、夫婦共働きということもあり、経済的には裕福なので、多少高額を払っても毎年、百貨店のおせちを注文購入しています。

・家で作る品もありますが、おせちは毎年注文したものを食べています。少食家庭のため、毎年なかなか減らずに正月休みが終わってからも残ったものを食べています。美味しく食べられるのは元日のみで、だんだんと飽きてしまうのが毎年続いています。

・家でおせちを作るより、もっとおいしいおせち料理が食べられるから毎年おせちは注文しています。注文したおせちならお客様にも出せるし、正月の三日間くらいは、お雑煮やつけ焼きのお餅を作るくらいで、注文したおせち料理を食べ続けることができるので、料理を作る手間が省けて休めるので、毎年おせちは注文しています。

・核家族なので、おせちを少量作るのも、材料もあまるし、量が減っても大変なことにはかわりはないしということで注文しています。今は、子供の好きそうなものの多く入っていて、家族3人でも苦がなく食べきれる量のものを選んでいます。