十三機兵防衛圏面白い?つまらない?感想口コミ評判!どんな内容のゲーム?

十三機兵防衛圏感想口コミレビュー!

13

アトラスとヴァニラウェアが送る注目タイトル、「十三機兵防衛圏」が発売です。

これまでも数々の人気作を発表してきたタッグだけに、期待が高まるゲームですね。

早速みんなの感想口コミ評判をみてみましょう!

十三機兵防衛圏面白い?つまらない?

十三機兵防衛圏は面白いのかつまらないのか、みんなの感想はこちら。

・「崩壊編」、「追想編」、「究明編」の3種類のコンテンツがあり、私はまず追想編でプレイしました。2D特有のグラフィックはとても好感を持てました。しかしながら、2Dなだけにキャラの表情が豊かに表現されているわけでは無かった。ストーリーに関しては、最初は伏線が多くまったく話が見えてこなかったのですが、物語が進んでいくほどいままでばらばらだった情報が繋がっていき最後にはスッキリし、一つの映画を見ているようでした。また、物語を進める内にゲーム内のキャラクターにどんどん引き込まれるような感じがしました。次に崩壊編をプレイしたのですが、チュートリアル部分が終わると、キャラのレベル、機兵を自分好みにカスタマイズできるようなり様々なやり込み要素が出てきました。しかし、武器の種類がわかりずらいという点があり、アイコンなどを付けてくれるとより良いと感じました。一度に多くの敵を倒す解放感などがあり、ストレス無く非常に楽しくプレイできた。究明編はイベントアーカイブをすべて埋めたり、ミステリーファイルを開放するなどやり込み要素が多かったです。

・割と多くの人がヴァニラウェア(十三機兵防衛圏の開発会社)には「アクションゲームで出して欲しかった」という感想を抱いているらしいのですが、あそこの会社は「シナリオとグラフィックとゲーム内に登場する食べ物が美味そう」というのが定番で、アクションは大味かもっさりだったと言うことを忘れている方が多いようです。(朧村正とレイヴスラシルを除く)だから十三機兵防衛圏がADVなのはこれはこれで英断だと思うのです。実際にキャラクターの細かな動きの追求や世界設定の奥深さは目を見張るものがあります。私がプレイした段階では食べ物は焼きそばパンしかでていませんが、こちらは美味しそうです。戦闘は巨大ロボットがマップ上を往来するものを期待していた人もいるようですが、開発画面からRTSに近い雰囲気を出していたので私はそれほど期待していませんでしたが、各兵装(攻撃)のミニアニメがついているだけでも想像力でカバーできます。十三機兵防衛圏を「巨大ロボが活躍するRTS」だと思うとガッカリするので「十三機兵に関わる少年少女が時代を超えて交錯するADV」だと思って購入しましょう。ゲームシナリオの考察好きな人ならなおおすすめです。

・主人公が13人もいるので斬新な設定だと思いました。有名な会社のゲームで期待できる部分は大きかったです。私は長くプレイできる人間なので面白いと感じる部類でした。逆に短時間しかゲームをプレイできない人には分かりにくい作品です。またストーリーも場面展開が多くて戸惑った部分があります。SFやアクションなどの要素をミックスしていて難しい作品でした。長時間のプレイでストーリーがまとまってくると面白いと感じました。それまでは色々な物語を頭の中で整理するようになります。バラバラな部分もあって初心者向けではないと思いました。しかし長くやれるゲームなので退屈はなかったです。キャラクターも多くて目移りするような作品でした。こういうゲームはキャラクターが大事なのでそれが多いことはメリットです。イラストやグラフィックのレベルが高かったので私には興奮も大きいゲームでした。

十三機兵防衛圏の難易度は

十三機兵防衛圏についての難易度のについて、みんなの意見はこちら。

・ゲーム難易度が高いと思ったのでテクニックが必要です。また他で情報を集めないとストーリーを整理できないと思いました。難しいゲームなので頭の回転が早い人向けです。シミュレーションゲーム要素もあって間違えないかと心配になりました。

・難易度設定が3種類あり、私は真ん中のノーマルでプレイしました。基本的には、バトル時のキャラのコントロール操作にストレスを感じることもありませんでした。しかし、難易度を一番上のストロングにするとなかなかの歯ごたえのあるバトルになるのではないかと感じました。

・ゲーム慣れしている人なら十三機兵防衛圏の難易度を高いとは思わないでしょう。基本ADVなので総当たりでなんとでもなります。ですが戦闘、アンロックされる世界設定の用語など十三機兵防衛圏の物語を深く理解しようとするならば、読解力と考察力がそれなりに必要になると思います。Steins;Gateなどのような非常にたくさんの設定用語を全て読み込むのが苦痛で無い人であれば易しいですが、文字を読むのが苦手だと難しい(向いていない)と感じると思います。