新国立競技場危ない?安全?デザインや機能に賛否両論!来場者の感想は!

新国立競技場は危ない?批判される理由は!

kokuritsu

2020年東京オリンピックに向けて新設された国立競技場。

無事に前年に完成し、そのデザインや機能性に注目が集まっています。

どんな最新の機能性が備わっているかも気になりますが、一方で「ちょっと危ないのでは?」「安全なの?」という意見も挙がっています。

そこで新国立競技場について、どんな点が注目されているのが見てみましょう。

新国立競技場のデザイン

kokuritsu_01

スタジアムとドームを合わせたような近代的なデザインが印象の新国立競技場。

木を使った温かみのある設計になっており、緑をふんだんに使用したり細かい工夫などもされていることもポイントです。

横から見た外観は特に印象的で、まるでイタリアのコロッセオを思わせるような雰囲気もありインパクトがあります。

それでいてどこか日本らしさを感じる作りにもなっています。

何故、新国立競技場の材料は木なのか

気になるのは、今回何故、新国立競技場の材料に木が使われたのかという事。

これには街との調和・建築業界に投げかけたい新常識が関わってきます。

設計にかかわった建築家の隈研吾氏によると、「大きな建物はコンクリートで作るという常識を覆したかった」との事。

そして、近くには明治神宮もあり、それを踏まえたエリア全体での雰囲気を重視したため、材料を木に決定したのだとか

大きなものをコンクリートではなく木で作る事で、環境にも人にも優しい空間を作れると証明し、今後の建築業界のヒントにしたいという思いが込められています。

ちなみに、新国立競技場の材料の木は、47都道府県から集めて作られているというのも是非知っておきたい点ですね。

観客席の数は?デザインと秘密!

新国立競技場は客席もカラフルな仕様に設計されています。

kokuritsu_03

客席数は68,000人、国内でも最大規模の席数です。

(日産スタジアムは73,000人)

ライブなどの場合の収容人数は8万人~9万人くらいまでいくのではないかと言われています。

ちなみに何故こういうデザインになったのかが気になるところ、その理由もちゃんとあるんです。

kokuritsu_04

茶色や緑などアースカラー5色で展開されている新国立競技場の観客席。

観客席上部は白色を多く、中層部分は草木の色となる緑をメインで配色。

そして手前の低階層は地面の色である茶色を多く配置、そうすることで手前から奥、そして下から上へ広がりを演出しています。

実は配色の理由はそれだけでなく、一見まばらに配色が並んでいるような観客席にはもう一つワケがあります。

それが空席を目立たないようにする事。

そのために計算されて席が配置されているんですね。

空席が目立たないようにはなっているものの、そもそも満席になるように各イベントが盛り上がる事を期待するばかりです。

スタジアムの各所に配置された植物

新国立競技場の各所には、多くの植物が配置されています。

例えば新国立競技場の5階にある展望スペース、「空の杜」には一周約850mの遊歩道がありますが、その脇にはさまざまな植物があり、訪れる人の心を癒してくれます。

ちなみにオリンピック・パラリンピック後、もしかしたらこの遊歩道エリアが一般開放されるかもしれません。

気軽に訪れる事ができる新国立競技場、というのも身近でいいですね。

最初のデザインの方が良かった?

そんな新国立競技場ですが、ご存知の通り途中でデザインが変わっています。

その大きな問題は予算だったものの、その事が今も国民のイメージに影響している様子。

ちなみにザハさんのデザインはこちら。

kokuritsu_05

この事に関しても、色々な意見が飛び交っています、実際に見てみましょう。

・当初のザハ氏のデザインがとてもよい印象。先日完成した新国立競技場がお披露目されたようですが、私にはどうしてもトイレの便座にしか見えませんでした・・・。また、空調がないのも、来夏に問題が起きそうで不安です。

・新国立競技場のデザインはあまり良くないと思います。最初の構想段階では、流線型などが使われたデザインもあり、期待感がありましたが、結果的には平凡なデザインになってしまったと感じます。ヨーロッパ人のデザイナーなどを起用した方がよかったのではないでしょうか。

・新国立競技場のデザインに関してはザハ氏のデザインの方が魅力的であったように思う。現在のデザインでは日本の魅力は表現されていないし、オリンピックが終わった後の観客動員は減ってしまうのではないかと懸念している。

・ザハや西沢立衛の提案していた内容に比べらと見た目にやはり劣る部分が多い。具体的にデザインの気に入らない点を挙げると、革新さを感じないところや上空から見た際の便器のような見た目が気に入らないところである。

新国立競技場の機能性は!

さて、デザインに続き気になるのは新国立競技場の機能性。

新国立競技場には空調が設置されていません。

そのかわり、自然の風の流れで体感温度を快適にできるよう工夫がされています。

新国立競技場の一番上部分には、大きなひさしがあり自然の風を調整できるようになっています。

そのため、夏は涼しい風を観客席に取り込み、冬は冷たい空気が外部に逃げるようになっているんですね。

その自然の風の流れを助けるための気流創出ファンも200台近く設置されています。

席の斜度の工夫やバリアフリーについて

新国立競技場の席は、後ろの方へ行くほど斜度が急になっています。

つまり、奥に行くほど傾斜がきつくなるけど、その分高くなり見やすくしよう、という設計なんですね。

他にも車椅子席が用意されていたり、多機能トイレが多く設置されていたりと、よりバリアフリーな建物になるようにという試みがされています。

新国立競技場は安全?危なくない?

そんな新国立競技場ですが、

「暑さ対策は大丈夫なのか?」

「席の斜度が急で危なくない?」

「木造だけど安全性は?」

という声も挙がっています。

実際にみんなの意見を見てみましょう。

・天井が木造なので、首都直下型地震が起きた時に建物が耐えられるのか心配ですし、お客さんの安全が保証された構造とは言えないと感じます。また、雨天時、観客にとっては雨に濡れない構造ですが、選手にとっては雨で身体が冷えてしまうのではと心配です。

・天皇杯の決勝と高校サッカー選手権の決勝を新国立競技場へ見に行く予定です。で公開された客席からの画像を見た限りでは結構キツイなと思いました。サッカー専用スタジアムではないとはいえ、フィールドプレーの決勝は今後見づらくなるの必至でしょう。サッカー、ラグビーファンは怒っていいと思う。

・暑さ対策は不十分で選手ファーストのオリンピックにはふさわしくない。デザインは注目すべきかもしれないが、逆に言えばデザインに偏重している。ここで選手たちが最大のパフォーマンスが出せるのか甚だ疑問である。

・木材をたくさん使っているのでデザイン的に素敵だと思いますが、燃えやすい素材という点でとても危険だと思っています。たくさんの人が集まる場所で、想定できない事態も起きるかもしれません。燃えにくい素材を使うことはできなかったのでしょうか。

・冷房設備が整っていないのは致命的だと思われる。日本に永年住み、日本の夏に遺伝子的に適応しているはずの日本人すら辛く、熱中症が続発する期間に冷房なしでは、冷涼な気候の国々からの観客に、下手をすれば死人が出る。

・オリンピックが夏なので、それほど問題にはならないかもしれませんが、ネットの記事で、風が吹き抜けて防寒対策が全くされていない、冷暖房があまりきいていないということを知って、観客側において機能性が全くないと思いました。

・だいたい屋根が半分しか無い事自体がおかしいと思います。やる時期を考えたら分かることなのに、日差しが直接ガンガン当たる中での競技や、それを観る観客の事を考えて欲しいです。このままでは熱中症待った無しになるのは火を見るよりも明らかです。

・オリンピックありきで無理矢理建て替えになってしまったとしか思えず、また、巨額を投じて作ったにも関わらず、当初の計画からも変更が相次ぎ、なんとエアコンがないという使える時期や使用方が限定される競技場となってしまいました。オリンピック後に、本当に使うことができる競技場なのか疑問に思います。"

・外観のデザインは、綺麗な楕円で問題ないと感じています。ただ、暑さ、寒さ対策がされていない為、小さい子どもを連れて見に行こうとするのが難しいと感じました。暑さに関しては、下手すると熱中症で倒れるので、夏場に行きたいとは思わないです。

・寒さ対策が全くなされていないという記事をネットで読みました。あれだけお金をかけてつくる施設を、穏やかな気候の時だけ使うのでしょうか。削減ももちろん必要ですが、先のことも考え、もう少し応用の利く施設にできないものでしょうか。

・椅子や暑さ対策の報道を見る限り、機能面での不安がある。その他の部分(水質や暑さなど選手のための対策)も含め「何となく」「やっている風」なものになっているような印象を受ける。適切に技術者に資金を払い一流のものを揃えないと「日本の技術も落ちぶれたものだ」という評価になってしまうのではないか。

新国立競技場の実際の評判は

今度は実際の新国立競技場の評判についてみてみましょう。

新国立競技場は自由席の3層スタンドでも全然見やすかったし、(シート貼りせずに開場30分後に入場列最後尾に並んだけど15分くらいでスイスイ入れた)トイレもこまめにあるから超絶混んでた印象ないし&普通に綺麗だし、なにより立地が最高すぎる件。立地が最高!

新国立競技場。とにかく通路が狭い。スタンド内での移動はとにかく大変な印象。スタジアムの事をよく知らない人達が設計した感が凄いよ。

サブトラックないから陸上世界大会には不適切、サッカー見るなら陸上トラック邪魔、コンサートするにも不向きな屋根の作り、全てにおいて中途半端。維持費24億…オリンピック後どうすんのコレ?

最上列を予約していました!やはり他のスタジアムに比べると若干試合が見にくいのかもしれない…😨ただ、迫力は圧巻です!!!

メインスタンド2階席は言われていたほど悪くないような…?距離はまぁあるけど、高さと傾斜があるからそんなに見辛くは無いかな。日産スタジアムや味の素スタジアムの2階よりはマシに見える。え?比較対象が悪い?ならポカスタのメインの方が近くてて見やすいよ!専スタ?知らん!

日差しがあると暖かいが、風が吹くと日陰の3階席はやはり寒い。
冬のナイターだと極寒になるな

新国立競技場に来ております。3階での景色ですが、GATEから席までの通路が無いので席に行くまでと途中退席はかなりの困難が待ち受けてます。3層目の前列はとても観やすいですが高所恐怖症の方にはお勧めできません(^^)

新国立競技場の真価は

賛否両論ありますが、オリンピック・パラリンピックが新国立競技場で運営されていくか。

その後、どのように活用されていくか。

民間への払い下げ、オリンピックには間に合わなかった改装など、色んな話も出ている新国立競技場。

本当に国民に受け入れられていくのか、今後どうなるかが重要です。

ちなみにあまり取り沙汰されていませんが、新国立競技場設立の際に、都営アパートの取り壊しによる300近い世帯の転居もありました。

急ピッチでの工事の影響もあり、20代の若い現場管理者の過労自殺もありました。

多額の予算計上が批判されて、工費縮小を掲げての着工でしたが、設備的にそれでよかったのかと問う疑問の声。

オリンピックを盛り上げようと、前回のオリンピックを盛り上げてくれたシンボルである旧国立競技場を取り壊しての着工。

なんとなく勢いで推し進められ、国民もそれに乗っかっていた印象のある新国立競技場。

新国立競技場が今後浸透していくためには、そのための理解と行動が必要だと思われます。