イド面白い?アニメ感想口コミ評判!ID:INVADED(イドインヴェイデッド)の印象は!

ID:INVADED(イドインヴェイデッド)アニメ感想評判

idin_00

コミックやラノベ原作の作品が多い最近のアニメですが、完全アニメ新作作品となる「ID:INVADED(イドインヴェイデッド)」が放送開始です。

実は放送前からアニメファンの間では噂になっていたID:INVADED(イドインヴェイデッド)。

その理由は人気シリーズ「Fate/Zero」や「アルドノア・ゼロ」の監督、あおきえい氏が手掛ける作品だという事。

しかもプロジェクト事体は2015年から始まっていたとのこと。

そんなアニメファン待望の作品ID:INVADED(イドインヴェイデッド)ですが、みんなの感想評判はどうなっているのか。

ID:INVADED(イドインヴェイデッド)は面白いのかつまらないのか。

早速意見を見てみましょう。

ID:INVADED(イドインヴェイデッド)面白い

ID:INVADED(イドインヴェイデッド)が面白いという感想意見がこちら。

設定・世界観が異色でありながら、逆にそこが面白い、という意見が多くみられました。

キーワードはまさに「バラバラ」ですね。

・監督あおいきえい、そして舞城王太郎が原作を務めるだけあって非常にぶっとんだ設定と世界観だったけど斬新すぎて面白いしか言えません。連続殺人犯アナアキが生み出した残留思念=イドの中で被害者カエルちゃんの真相を推理していくその手法というのが、地道に手掛かりとなる証拠を集めていくのではなく、自分が今いるそのバラバラで歪な世界を物理的につなげていくなんて発想を誰がするでしょうか?従来の探偵がやるような推理とはかけ離れていて驚くばかりでした。しかも犯人を見つけたら一件落着で終わらない、むしろ本番はここからですと言わんばかりに次の被害者が登場!せっかく追い詰めたと思ったそばから加速するストーリー展開には次回が見逃せません。

・自らのことを名探偵と名乗る酒井戸が主人公で、イドと呼ばれる空間で目を覚ますと、なんと自分の体がバラバラに切断されていくのです。目を覚ました直後には、自分が探偵であることを忘れていますが、バラバラになった体をくっつけることで、自分が探偵であることを思い出します。このアニメの中では、街全体がバラバラになるシーンも描かれていて、壮大な感じがします。イドという世界に入るなど、ファンタジー的な要素もありますが、事件を解決するサイコパス的な要素が優先されていて、私には魅力的でした。殺気を完治していると思われる、「マクムスビ」という機械もビジュアルが未来的でカッコ良かったです。「ミヅハノメ」という装置を使って、人間の深層心理であるイドの世界に入り込めるという発想も独創的でした。

・すごい面白かったです。まず世界観の作り込みが凄いです。殺人者の脳の中にイドという空間が出来、その中に主人公が入っていきます。主人公は名探偵で、イドが作り出す、脳内の情報の中から、推理し、犯人の手がかりを見つけにいきます。そして、その様子を捜査機関のメンバーが映像で確認し、捜索を進めていくという内容でした。イドの世界は自由自在で、バラバラの建物や、物や人が散り散りになり一つに繋がっていました。その表現がシュールで不思議な気持ちになりました。カエルという少女が主人公同様犯人の記憶の外からイドの世界にいたのを考えると、彼女が重要な人物になりそうだと思いました。また、二話ではアクションシーンもあり迫力がありました。謎が多いですが、独特の表現があり大変面白かったです。これからの展開に期待がかかります。

・目が覚めるとそこはバラバラの世界だった。自分の全身は輪切りにされて、建物も道路も町全体すべてがバラバラになった謎の異世界。よくある名探偵が殺人事件に巻き込まれてその頭脳明晰な推理力によって犯人を当てたりして活躍するミステリー系という枠組みに囚われず、常に予想のななめ上を行くような展開が続いてすごく斬新で面白かったです。主人公である探偵を取り巻く外側の環境というか、警察関係の解析スタッフの皆さんがサポートする中、被害者のカエルちゃんを殺した犯人は誰かという命題はあるものの、その犯人を発見したからと言ってそこで事件解決とはならないリアルの世界、まさかここで次なる展開が来るなんて誰が予想したでしょうか。

・まずはじめに、主人公として事件を推理する名探偵、酒井戸の声優は津田健次郎さんが演じておりましたが、わたしは最初この劇中におけるバラバラ世界において立ち回っている主人公の姿にちょっと違和感というかキャラと声が合ってないんじゃないかなと思ったりもしたんですが、そんなことはまったくの杞憂でした。ストーリーが進んでバラバラの世界から現実世界に帰ってきた当人の姿を見て、なるほどと唸ったものです。事件の容疑者や犯人ばかりでなく、探偵である酒井戸というキャラクターにまで謎に包まれたミステリー要素を配しており、さすがミステリー界の舞城王太郎が原作を担当しているだけあって痺れましたね。ほんと一筋縄ではいかない世界観に魅了されてしまいました。

・物語の冒頭から不思議な空間で主人公の体が突然バラバラになっていくシーンに引き込まれました。その後、主人公が何者で主人公のいる空間がどのような場所なのか、主人公の目的や課題が判るのですが、映画の「セル」や「マトリックス」を思わせる奇抜な設定のもと殺人事件の捜査に奔走する人々の物語が展開され、謎が解明されていく様子にとても興味を掻き立てられました。高度なデジタル技術によって不思議な空間に潜入しながら、そこでの捜査はいたってアナログな思考をベースにしているところも素朴な印象でよかったです。そしてその仮想空間のような場所と現実世界での出来事がリアルタイムでリンクする場面も見られ、とても面白かったです。また、人物のデザインもさほど凝ったものではない素朴な印象で、どこかシンプルでありながら最近のアニメにはない新しさを感じました。

・突然に一人の男がバラバラの世界で目覚める場面から始まったこの作品。物語が進み始めるまでこの作品の世界観が理解できず最初は面白くないと感じましたが、少し物語が進み始めるとこの男が名探偵の酒井戸で、犯行の現場の犯人の意識の断片から成る疑似的な世界でなぞ解きをし、現実世界でも疑似的な世界で得られた情報を基に捜査するということが分かってくると、この作品を見ていて徐々に面白くなってきました。作品の中で捜査官の松岡が「イド」という言葉が重なればと言っているように名探偵の酒井戸の名前にも含まれているなど「イド」という言葉が今後の展開のキーワードになるのかなと意味深なキーワードも含まれており今後の展開が楽しみです。1話ラストの捜査官の本堂町が行方不明になってしまった展開に今後の期待大です。ストーリー以外にも、声優さんたちがキャラクターにとってもマッチしていて良い作品と思いました。

ID:INVADED(イドインヴェイデッド)つまらない・面白くない

アニメID:INVADED(イドインヴェイデッド)がつまらない、面白くないという感想意見がこちら。

やはり世界観が特殊なため、そこで好き嫌いが別れた様子。

実際に感想を見てみましょう。

・スタイリッシュではある。サイコパスのようなアニメを作りたいのかな?と思った。つまらないわけではないが特別面白いわけでも驚きがあるわけでもない。残り香的な殺意から特殊なアイテムにより疑似的に作った精神世界にアクセスし、なにかしらの謎をや問題をクリアすることで犯人を特定する。それ自体は斬新なアイデアではあると思う。しかしその謎のクリアの方法に根拠が薄くほとんど偶然であるため達成感や納得感がない。セリフなどから主人公は名探偵であるということを印象付けようとしているが、探偵であるならばまずは仮説を組み上げ実証するという展開でなければキャラに説得力が生まれない。主人公の雰囲気だけは声優さんのキャラづくりが上手いのか良くできているが、IQが高そうな名探偵っぽい人にしかなっていない。主人公が名探偵である必要があるのだろうか?世界設定だが、まず納得いかないのが連続殺人犯の捜索に国家レベルのプロジェクトを推進する必要があるのか?ということである。テロ対策であるならば納得できるが、数人から数十人の連続殺人事件の捜索にこれほどの人員や特殊な装置が必要なのだろうか?必要ならば通常の捜索では対応できない事情や世界設定が必要なのではないだろうか。ある天才(達)が個人的にとある殺人犯を探しており、全く手掛かりがない状況で殺意から犯人を特定するシステムを作りあげた。あるきっかけにより、警察との協力関係ができあがり、協力するうちに次第に狙いの殺人犯に近づいていく。ベタではあるが、ベタを避けるために納得できない世界観を押し付けられるよりはよっぽどマシである。作画、声優さんの演技、演出などはかなり良いと思う。優れたアイデアが随所に見られ、才能を感じさせる部分が多い作品ではあるがそのアイデア同士が全く繋がっておらず、不自然であり効果を発揮していない。最後にこれは脚本の問題だと思うが、1~2話を見た限り見せ場が全くなかった。エンターテイメントとして視聴者のこころを動かす個所が皆無だった。

・始めに好き嫌いが分かれる作品だと思います。と言うのも世界観が暗く、派手なバトルなどは期待できないからです。逆に世界観が暗くても、気になるところを見つけて先がどうなるか楽しみに出来れば好みだと思います。あらすじが殺人衝動を具現化して、そこへ潜り込み、周りが推理していき、ジョンウォーカーを追うって感じです。各主要な登場人物の過去の生い立ち、ジョンウォーカーとは何者かが今後の楽しみな展開となりそうなアニメでした。米ドラマクリティカルマインドやアニメのサイコパスに近しいものはあれど、そこまでのめりこめる感じは今のところ感じられません。最初の一区切りまで見てみて、好きそうなら選択肢にしても良いが優先的に見るアニメでは無かったです。