ココイチ全メニューおすすめランキング!どのカレー・トッピングが美味しい?コスパいいのは?

ココイチ(CoCo壱番屋)全メニューでどれがおすすめ?

coco_m19

お馴染み国内最大のカレーチェーン店、ココイチ(CoCo壱番屋)。

誰もが一度は利用した事があるであろう有名すぎるカレーチェーン店です。

たくさんあるココイチの魅力の中で特筆すべきは やはりそのトッピング種類の豊富さ。

いつもどれを食べようかと迷ってしまうもの。

私もいつも色んなトッピングをあれこれ試しています。

同じ種類のトッピングを重ねオーダーしたりとかなりココイチ(CoCo壱番屋)を満喫しています。

例えばチーズインハンバーグ5倍トッピングカレーとか。

coco_a00

見た目的にインパクトがあったのはスクランブルエッグ5倍カレーですかね。

coco_a88

もうタマゴしか見えません(笑)

あとはイカ5倍トッピングカレーとかも衝撃でした。

coco_a40

いろんな組み合わせもできるココイチ(CoCo壱番屋)のトッピングですが、今回は全メニューを飽きる程食べた(でもあきてない)筆者が、お勧め順にランキングしてみました。

念のため補足しておくと、期間限定カレー・及び地域限定メニューやスープカレー、サラダなどのサイドメニューは今回対象外です。

あと基本となるポークカレー及び甘口ポークカレー、お子様メニューも除いています。

どんな点がおすすめのポイントなのか、などの情報もあわせて参考頂けたらと思います。

ココイチ(CoCo壱番屋)のメニュー

ちなみに2020年1月現在のココイチ(CoCo壱番屋)のメニューはこちら。

・ビーフカレー
・ハッシュドビーフ
・チキンにこみカレー
・フライドチキンカレー
・ロースカツカレー
・チキンカツカレー
・パリパリチキンカレー
・メンチカツカレー
・ハンバーグカレー
・豚しゃぶカレー
・ソーセージカレー
・チーズインハンバーグカレー
・ビーフカツカレー
・手仕込とんかつカレー
・チキン三昧カレー
・フィッシュフライカレー
・エビあさりカレー
・イカカレー
・エビにこみカレー
・海の幸カレー
・エビカツカレー
・シーフード三昧カレー
・なすカレー
・やさいカレー
・ほうれん草カレー
・野菜三昧カレー
・ココイチベジカレー
・納豆カレー
・スクランブルエッグカレー
・チーズカレー
・クリームコロッケカレー(カニ入り)
・きのこカレー
・ネバネバ三昧カレー

ちょっと前までトマトアスパラカレーやたっぷりあさりカレー、牛カルビ焼肉カレー・半熟タマゴ鶏つくねカレーなどもあったのですが、なくなってしまいましたね。

というわけで、今回はこの33品のおすすめランキングをまとめてみました。

※値段については地域によって違う可能性もあります

第33位:シーフード三昧カレー

coco_m02

まず33位はシーフード三昧カレー、1,310円。

最初に言っておくと、33位だからといって「美味しくない」とかそういうわけではありません。

私がシーフード嫌いなわけでもありません(笑)

シーフード三昧カレーは混ぜ系トッピングのえびあさり、そして乗せ系トッピングのフィッシュフライとエビカツがトッピングされており、その名の通りシーフードを堪能できます。

ちなみにエビカツは手仕込みとんかつに次ぐ高価格トッピング、結構ゴージャスなんです。

その分、ボリュームも結構なもの。

さらにフィッシュフライもあるため、女性や小食の方にはハードルが高い、というのが33位の理由。

今回はあくまでおすすめ順なのでこの順位になりました。

しかも別メニューの海の幸カレーの方が手軽にシーフードを楽しめちゃうんですよね。

とはいえ、混ぜ系乗せ系両方が充実した内容は食べ応え十分、シーフード好きにはおすすめの一品です。

【こんな人におすすめ】
・シーフード好き
・ガッツリ食べたい
・揚げ物好き
・海への感謝が尽きない

第32位:チキン三昧カレー

coco_m02

32位はチキン三昧カレー、1,295円。

これも理由は33位と同じ、三昧系メニューは結構ボリュームがあるため、やはり女性や小食の方向けではなく、食欲に自信がある人向けなんですよね。

内容はチキンカツ・フライドチキン・チキンにこみです、これも乗せ系混ぜ系両方楽しめます。

ココイチはパリパリチキンが評判なのですがそれが入っていないのが残念なところ。

しかしあっさりめ揚げ物のチキンカツとガッツリ系フライドチキンを楽しめるのは魅力です。

【こんな人におすすめ】
・チキン大好き
・あっさりもガッツリも両方楽しみたい
・人生に鶏肉はかかせない

第31位:ネバネバ三昧カレー

coco_m02

31位はネバネバ三昧カレー、776円。

こちらは三昧系ではあるものの、量は他のシリーズと違い多くありません。

内容は納豆とオクラ山芋。

どちらも単品でのトッピングが極上なのですが、二つ合わせると好みが別れるのが順位のポイント。

ネバネバ好きな方にはおすすめの一品なのですが、気になる方はまず納豆、もしくはオクラ山芋それぞれ単品トッピングで試してみるのがいいかもです。

ヘルシーさでは断然おすすめのカレーです。

【こんな人におすすめ】
・ネバネバ大好き
・健康にいいものが好き
・粘り強い人間になりたい

第30位:ロースカツカレー

coco_m02

30位はロースカツカレー、809円。

「ココイチっていったらロースカツカレーじゃないの?」と思うかもしれませんが、答えはNo。

実はココイチ(CoCo壱番屋)はロースカツそのものに力を入れている、というより、カツの種類がアピールポイントだったりします。

本格的なとんかつなら手仕込みとんかつ、他にも手仕込みひれかつ、ビーフカツ、エビカツなど結構種類があります。

ロースカツそのものは他のお店のカツと比べても、大きく違いがある、というクォリティではないんですよね。

それならもっと他のココイチならではのカツがおすすめです、という事でこの順位になりました。

私も最初の頃はロースカツカレー一筋でしたし、美味しいは美味しいのですが、是非他のカツメニューも味わってもらいたいですね。

【こんな人におすすめ】
・何があろうとロースカツカレー一筋
・冒険はしたくない

第29位:エビにこみカレー

coco_m02

第29位はエビにこみカレー、724円。

エビ好きにはたまらないカレーです、結構エビの風味が感じられるのもポイントです。

一方で結構ライバルメニューが多かったりもします。

海の幸カレー、シーフード三昧カレー、えびあさりカレー、エビカツカレーと、エビ好きを迷わせるメニューがたくさんあります。

せめてもうちょっとエビの量が多ければグンとおすすめランクがあがるのにな、と思うメニューだったりします。

量の少なさは重ねトッピングすれば解消されるんですけどね。

ちなみにエビにこみ5倍トッピングカレーはこちら。

coco_a80

ここまですればエビを心行くまで堪能できます。

【こんな人におすすめ】
・純粋にエビを楽しみたい
・癖の強くないカレーがいい
・長寿の象徴であるエビは縁起がいいと思う

第28位:ココイチベジカレー

coco_m05

28位はココイチベジカレー、530円。

以前はベジタリアンカレーという名前でした、予想以上に野菜の風味を楽しめるメニューです。

ビーガン対応のために開発されたメニューとも言われています。

ただ、ココイチベジカレー単体でオーダーするというよりは、他のトッピングと合わせて楽しみたい、というのが正直なところ。

ココイチの野菜トッピングは優秀なので、わざわざこれを頼まなくても他で野菜を堪能できるというのもあります。

しかしココイチベジカレーにハマっている女性も多く、むしろトッピングせずそのままシンプルにカレーを楽しみたいという方に人気でもあります。

いつもと違うルーで食べるのも新鮮でおすすめですよ!

【こんな人におすすめ】
・シンプルなカレーが好き
・野菜が好き
・いつものルーに飽きた
・肉を絶とうか迷ってる

第27位:ハッシュドビーフ

coco_m06

27位はハッシュドビーフ、641円。

カレーメインのココイチ(CoCo壱番屋)ですが、実はハッシュドビーフのレベルもなかなかのもの。

ココイチはせっかくたくさんトッピングの種類があるのに、ハッシュドビーフに合うのが限られるのが残念と言えば残念。

しかし いつもカレーを食べている人にとっては新鮮な味を楽しめます。

味わい深いものの、結構あっさり食べられるのが人気で、ハッシュドビーフ目当てにココイチに通っている人もいる程です。

カレーより重くないため、あっさり食べられるのも。

ココイチベジカレー同様、いつもと違う雰囲気を楽しめるメニューです。

【こんな人におすすめ】
・あんまり重いのはちょっと、という人
・辛いの苦手
・カレーの存在に疑問を感じる

第26位:チキンカツカレー

coco_m07

26位はチキンカツカレー、809円。

これもロースカツと双璧をなすCoCo壱番屋の定番人気メニューではあるのですが、カツ系・チキン系とライバルメニューが多いのも事実。

どうせならココイチならではのカツ系・チキン系メニューも堪能したいところ。

ただ、カツ系ではあっさりしているメニューなので、揚げ物食べたいけどそんなに重いのはちょっと、という人にはおすすめのメニューです。

【こんな人におすすめ】
・チキン大好き
・軽めの揚げ物がいい
・ロースカツを卒業したい

第25位:納豆カレー

coco_m08

25位は納豆カレー、671円。

実は私が一番好きなカレーだったりします。

おすすめランキングではなく、私の好きなカレーランキングだったら1番にランクインするメニューです。

チーズやビーフカレーとの相性がハンパなく、これらと組み合わせると とんでもない美味さになります。

本当はもっとおすすめランキング上位にしたかった気持ちもあるのですが、他のトッピングとの相性や、「えっ?納豆?」という心理的ハードルの高さからこの順位に。

本当に納豆って合うの?、と思われるかもしれませんが、カレーライスと納豆ご飯のいいとこどりだと思って下さい、むしろ相乗効果で美味さが跳ね上がります。

しかもカレーメニューのなかでもコスパが非常にいいんですね。

ココイチワールドにさらに一歩踏み込んでみたい方、間違いなくおすすめの一品です、是非お試しを。

【こんな人におすすめ】
・納豆好きな人
・本当に美味しいカレーを追い求めている方
・今までの既成概念を壊して新しい自分に出会いたい方
・ココイチの本当の可能性を知りたい方

第24位:ハンバーグカレー

coco_m09

24位はハンバーグカレー、776円。

最近になってリニューアルされたココイチのハンバーグカレー。

以前はもっと厚いハンバーグが1個だったのですが、現在はやや厚さを抑えて2個に。

「分厚いハンバーグの方がいい」と思う方もいるかもしれませんが、厚い分結構固く、小分けにするのも食べるのも大変でした。

小分けにしづらく、カレーが馴染みにくかったこともあり、チーズインハンバーグや半熟タマゴ鶏つくねに比べると、かなり差をつけられている感じでした。

しかし食べやすい厚さに改善され、カレーとの相性も向上した事もあり、おすすめ度は上昇!

2つあるので、子供がいる場合は一個あげたりするのもいいですね。

【こんな人におすすめ】
・ハンバーグ好き
・ご飯と相性がいいトッピングが好き
・ひき肉という言葉を聞いただけで体がうずく

第23位:フライドチキンカレー

coco_m10

23位はフライドチキンカレー、757円。

唐揚げ好きにはたまらないメニューです。

ハンバーグ同様、フライドチキンだけで楽しんでも良し、カレーと一緒に食べてよしと、色んな食べ方ができるのも嬉しいポイント。

衣もカラッと揚がっているので、サクサク感を楽しみたい方には特におすすめのメニューです。

お肉の食感を楽しみたい時はパリパリチキン、揚げ物のサクサク感もお肉も、という時にはフライドチキン、と気分に合わせてチョイスするのがいいでしょう。

サイズ感も食べやすくてちょうどいいのですが、個人的には衣に対してお肉の割合がもうちょっと大きくてもいいかなと思っています。

【こんな人におすすめ】
・チキン大好き
・サクサク大好き
・カーネルサンダースに敬意を払っている

第22位:エビあさりカレー

coco_m11

22位はエビあさりカレー、713円。

ココイチの混ぜ系トッピングはかなり旨味が染み出るのですが、中でもエビあさりは別格。

あさりの旨味もエビの風味もケンカする事なくルーに染み渡っています。

いつもお馴染みのポークカレーが、エビとあさりをトッピングで入れただけでここまで変わるのか、と驚かれることでしょう。

エビにこみカレーでは物足りないかもと感じる具の量についても、エビあさりカレーならバッチリ解消されています。

味わい深いルーを楽しみたい方におすすめの一品です。

【こんな人におすすめ】
・シーフード好き
・エビとあさりと自分との危ない三角関係が魅力的

第21位:豚しゃぶカレー

coco_m12

21位は豚しゃぶカレー、776円。

シーフードの混ぜ系トッピングは、具の味がカレーに染み渡る感じなのですが、お肉の混ぜ系トッピングは、カレーがお肉に馴染んでいく感じ。

ルーの味わいを深くするシーフードに対し、具として楽しめるのがお肉の混ぜ系トッピングです。

豚しゃぶはほどよくお肉が柔らかく、カレーを食べた時の食感が非常によくなります。

またお肉系の混ぜ系トッピングは、相性がいいトッピングが多いのもおすすめのポイント。

もう一品何か加えたい、という時にも豚しゃぶはおすすめです。

ちなみに豚しゃぶ好きで既に食べている、という方は豚しゃぶ2倍・3倍と重ねトッピングを試してみてください。

満足度と幸福度がめちゃくちゃ上がりますよ!

【こんな人におすすめ】
・豚大好き
・具を楽しみたい
・ダウンタウンの 飼っていた豚が夕食に並ぶ漫才 が忘れられない

第20位:きのこカレー

coco_m13

20位はきのこカレー、724円。

きのこの旨味が思いの他染み出てます、結構きのこって主張するんだなという事をいい意味で再認識できます。

しかもマッシュルームやしめじなど、複数のきのこが混ぜ合わさっており、きのこの風味だけでなく、食感も色々楽しめます。

また、意外とカレーがマイルドになりますので、あっさり食べれることができます。

きのこトッピングは重ねれば重ねる程、うまみも重厚になるのでキノコ好きの方は是非重ねトッピングを試してみてください。

私もきのこ5倍トッピングを試してみたことがあります。

coco_a71

こうなるときのこの森状態ですね(笑)

もはや、きのこ風味のカレーではなく、カレー風味のきのこ状態だったものの、「ナニコレ旨すぎる」としばらくリピートしてハマりました。

【こんな人におすすめ】
・きのこ大好き
・あっさりめカレーが食べたい
・たけのこの里党には負けられない

第19位:フィッシュフライカレー

coco_m14

19位はフィッシュフライカレー、671円。

コスパいい、食べやすい、量も丁度いいと三拍子揃った乗せ系トッピング。

以前は四角いフライがカットされていたのですが、今はいかにも魚という形状のフライが2つトッピングされます。

あっさりした白身のフライなので、揚げ物だけどあっさり食べられると、子供から大人まで幅広く人気のメニューです。

それでいてそのあっさりした白身がカレーと絶妙に合います。

揚げ物系の中でもカレーとの親和性が高いトッピングです。

揚げ物系の中でも、またシーフード系の中でも一番安いトッピングながら、フライが2つ乗っており、しかも食べやすい、そんな事もありおすすめポイントは高めです。

白身魚そのものは淡泊なので、是非カレーと一緒に食べましょう。

【こんな人におすすめ】
・揚げ物が食べたいけど重いのは嫌だ
・安くておいしいメニューがいい
・魚に進化の起源を感じる

第18位:ソーセージカレー

coco_m15

18位はソーセージカレー、809円。

お肉系カレーはいくつもあるものの、ソーセージはやっぱり特別ですね、お肉食べてる満足感を強く実感する事ができます。

最初は「いわゆる普通のソーセージでしょ」と舐めてかかったのですが、素揚げでパリッとしていながら中身がプリっとしているという、見事な食感のコントラストに感動しました。

焼きソーセージでも茹でソーセージでもなく、揚げソーセージをチョイスしているところが流石ココイチです。

揚げてはあるものの、全然くどくないので他の揚げ物と一緒にしてよし、混ぜ系トッピングのお供にしてよしと、活躍の場が広いのもおすすめポイントです。

できればもうちょっと価格が安いと追加トッピングしやすいとも思うのですが、この食感を味わうと値段のだけの事はあると納得する美味しさです。

【こんな人におすすめ】
・お肉の食感を楽しみたい
・食べ応えのあるカレーが好き
・豚の腸にお肉を詰めるという発想は天才じゃないかと思う

第17位:イカカレー

coco_m16

17位はイカカレー、724円。

イカカレーそんなにおすすめなの?、と思われるかもしれませんが、実はココイチのイカカレーはハイブリッドトッピングです。

どういう事かというと、乗せ系トッピングと混ぜ系トッピング、両方の側面を持っているんですね。

イカをカレーに浸しておく事で、地味にイカの風味がルーに染み出ます。

他の混ぜ系シーフードトッピングはかなり風味が強いため、それと比べてしまうと差はありますが、ほんのりイカの風味を感じるルーも悪くありません。

もちろん揚げてあるイカをそのまま楽しんでもOK。

素揚げではないものの、他の揚げ系に比べて衣が薄いため結構あっさり食べられます。

パン粉がついたイカリングではなくて、衣の薄いイカの唐揚げって感じです。

気分によって色々な楽しみ方ができるのが強みですが、噛み切りやすく食べやすいのも嬉しいポイント。

なかなか優秀なイカカレー、まだ未体験の方は是非一度注文してみるといいですよ。

【こんな人におすすめ】
・色々な食べ方を楽しみたい
・珍しいカレーを食べてみたい
・イカカレーをオーダーすると会計時に「イカはいかがでしたか?」と聞かれるのがたまらない

第16位:ビーフカツカレー

coco_m17

16位はビーフカツカレー、881円。

揚げ物が好きでロースカツカレーをよく食べる、という方は多いと思いますが、それなら断然ビーフカツカレーがおすすめ。

ココイチのロースカツカレーは、というかカレーチェーンの冷凍カツを使ったカレーはかなり淡泊で、お肉としてのインパクトもやや控えめ。

その点、ビーフカツは脂の甘みも味わえ、ロースカツより肉っぽさを感じられます。

最近、牛カツのお店がブームになりましたが、そういう店で出している揚げ方がレアな牛カツとは違い、しっかりと火が通って食べやすくなっています。

濃厚なカレーもいいですが、濃厚なカツも食べたいのならビーフカツがおすすめです。

【こんな人におすすめ】
・こってり好き
・脂大好き
・牛が人類にどれだけの恩恵を授けているかよく考える

第15位:チキンにこみカレー

coco_m18

15位はチキンにこみカレー、757円。

ココイチのトッピングは、結構個性の強いものが多め。

そんな中でチキンにこみカレーはクセがなく、食べやすいカレーです。

ほぐした食感のいい鶏肉がルーに混ぜ込まれています。

チキンにこみカレーの強みは、「どんな時に食べてもハズレない」という安定感ですね。

私の場合、迷い過ぎてメニューを選べない時、最終的に選ぶのがチキンにこみカレーだったりします。

鶏の風味が主張されすぎず、でもちゃんと感じられる。

ガッツリじゃないんだけど、食感も程よい。

さらに豚しゃぶと同じく、他のトッピングとの相性もいい。

そつなく高いレベルでこなしてくれる優等生トッピングです。

いつもポークカレーだけど、何をトッピングしていいかわからない、という方にまずおすすめのカレーです。

【こんな人におすすめ】
・いつもココイチでメニューに迷う
・メニュー選びで失敗したくない
・飛べない鶏はただの鶏という風潮は許せない

第14位:クリームコロッケカレー(カニ入り)

coco_m19

第14位はクリームコロッケカレー、724円。

トッピングのスペックとしてはフィッシュフライカレーに似ているんですよね。

食べやすくて、揚げ物が二つ乗っていて、幅広い層に人気のメニュー。

かなりまろやかで、子供も食べやすいトッピングです。

特筆すべきは、カレーとの相性。

クリームコロッケのクリーム部分をカレーに混ぜ込むことで味変ができ、マイルドなカレーを楽しむことができます。

そのまま食べてよし、カレーに混ぜ込んでもよしのハイブリッドトッピングです。

是非一度、味変を試しつつ楽しんでみて下さい。

【こんな人におすすめ】
・お得感のあるトッピングがいい
・カレールーと相性がいいトッピングを食べたい
・クリームコロッケに衣をつけるのはとても大変だという苦労を知っている

第13位:エビカツカレー

coco_m20

13位はエビカツカレー、954円。

エビカツが13位と意外に思われるかもしれませんが、CoCo壱番屋はエビカツに力を入れてます。

ロースカツなんかより全然エビカツに力を入れています(笑)

だからこそおすすめなんですが、それもそのはず、手仕込みかつシリーズに次ぐゴージャストッピングという事で、量も味もグレートです。

まず、エビカツ結構分厚いです、それに大きい。

ロースカツぐらいの大きさですが、厚さはゆうに2倍はあります。

某マク〇ナルドのエビカツなんかとはワケが違います、スプーンですくうとその重さにびっくりします。

そしてエビの食感と風味。

私も「どうせいわゆる普通のエビカツなんでしょ」と甘くみていたのですが、中にエビがぎっしり詰まっています。

普通、エビカツと言ったら、エビはそこそこに つなぎを多くしてボリュームを稼ぐのが商業的戦略ですが、ココイチのエビカツはエビぎっしり。

某マクドナル〇のエビカツなんかとはわけが違います、エビが詰まりまくって、カレーにエビの風味が染み出そうなほどです。

せっかくココイチに行くのであれば、手仕込みシリーズ同様、一度は食べておきたいエビカツカレー。

ココイチの本気度が伺えるトッピングです。

【こんな人におすすめ】
・エビ大好き
・味・量ともに食べ応えあるトッピングを食べたい
・マックとは違うのだよマックとは、という事を実感したい

第12位:なすカレー

coco_m21

12位はなすカレー、671円。

ココイチのなすはソーセージ同様、素揚げしたものが乗ってきます。

これがまたソーセージ同様、絶妙なんです。

焼きなすでもなく、煮込みでもなく揚げナス。

短時間で熱を入れてあるため、くたっとせず、それでいてナスの甘さが最大限引き出されている。

そこにカレールーをつけて食べるだけで、白飯が欲しくなる旨さです、いくらでもいけます。

カレーライスにナスを添えて食べるか、それともカレーなすを白飯で食べるかという、よくわからない葛藤が押し寄せてきます。

素揚げしてあるから油っこいのかと敬遠している方もいるかもしれませんが、全然そんな事はありません。

なす5倍トッピングを試してみましたが余裕でした、くどさはありません。

coco_80

あまりにも美味いので私も家でナスの素揚げカレーを実践してますが、ココイチのはやっぱり極上ですね。

他のトッピングとの相性がいいのもポイント、なすチーズとかやっちゃった日にはココイチの魔力から抜け出せなくなります。

【こんな人におすすめ】
・素材の味を感じられる具を食べたい
・ちょっと変わったカレーに挑戦してみたい
・美味しいナスを食べるために毎年秋が待ち遠しい

第11位:チーズインハンバーグカレー

coco_m22

11位はチーズインハンバーグカレー、828円

改善前のココイチのハンバーグは大きくて固い、と触れましたが、チーズインハンバーグは全然違います。

チーズが入っている分、厚さもあるのですが、それなのに柔らかい。

肉汁がほんのり染み出る程に肉感もよく、さらにチーズも楽しめちゃうと、これまた優秀なトッピングです。

チーズはハンバーグと絡めてよし、ルーに混ぜ込んでよしと、メインのハンバーグ含め、楽しみの幅が広いのもポイント。

本当に下手なハンバーグ屋さんのハンバーグより美味しいです。

このチーズインハンバーグをパンに挟み ハンバーガーにしたらバカ売れじゃないかと思っています。

【こんな人におすすめ】
・こってり大好きな人
・色々な味を楽しめるトッピングがいい
・スプーンで切れちゃうような柔らかハンバーグがあるなら食べてみたい

第10位:ほうれん草カレー

coco_m23

いよいよベスト10、10位はほうれん草カレー、745円。

思わず「えっ、ほうれん草ってこんなに味わい深いんだっけ」とほうれん草への感謝が巻き起こるカレー。

野菜系なのでヘルシーでさっぱりなのですが、それなのにコクを感じられるクォリティの高いメニューです。

シンプルにほうれん草だけでオーダーするもありですし、チーズとまぜたりもおすすめ。

そして揚げ物との相性もよく、シーフード系もいけちゃうという万能トッピングです。

チキンにこみとほうれん草はある意味ハズれないトッピング。

混ぜ系トッピングで迷ったらまずコレ、そう思って間違いありません。

私の中ではココイチの人気を支える縁の下の力持ち的メニューだと思っています。

ちなみにほうれん草5倍トッピングすると緑色のルーが登場します。

coco_140

【こんな人におすすめ】
・癖がないけどおいしいカレーが食べたい
・カレーを食べてほっこりしたい
・トッキュウジャーで緑色のヒーローを演じていた横浜流星が大好き

第9位:メンチカツカレー

coco_m24

9位はメンチカツカレー、776円。

揚げ物と言ったらとりあえずロースカツカレー、という方は多いと思いますが、そんな人にこそ試して欲しいメニュー。

お肉としての食感、味、揚げ物としての満足度、そして高コスパと高い水準でガッツリ系男子の欲求を満たしてくれるトッピング。

ロースカツより安く食べれることもあり、非常に高いオススメ度です。

そのコスパから、「なんか一品揚げ物食べたいな」という時にも活躍してくれるエース的存在。

ロースカツじゃ物足りないと感じている方、是非一度お試しください!

【こんな人におすすめ】
・ガッツリ系の揚げ物が好き
・コスパのいいカレーを食べたい
・そろそろロースカツの呪縛から解放されたい

第8位:野菜カレー

coco_m25

8位は野菜カレー、745円。

ココイチの野菜系トッピングは本当に素晴らしい!

こってりガッツリ系が好きな私ですが、野菜系トッピングなしではココイチは語れないと思う程。

そのリーダー格が野菜カレー。

じゃがいも・にんじん・いんげん・たまねぎが入っているのですが、それぞれの野菜のおいしさが見事にルーと調和しています。

野菜カレーが特徴的なのは、トッピングがルーを引き立てるのではなく、ルーがトッピングを引き立てている事。

ルーにまみれたじゃがいも・にんじん・いんげんが非常に美味しい。

野菜の旨味、特に甘さを感じる事ができる、まさに野菜を食べるカレーです。

また、混ぜ系トッピングでは一番具の存在を感じる事ができるメニューでもあります。

毎年恒例のグランドマザーカレーが好きな方も多いと思いますが、野菜カレーも十分その雰囲気を醸し出しています。

これに豚しゃぶかチキンにこみをトッピングするだけで、まさに家庭のカレー豪華バージョンになります。

たかが野菜、お馴染みの野菜、とあなどらず一度食べてみるとその偉大さがよくわかると思います。

【こんな人におすすめ】
・家庭的なカレーが好き
・色々な具を楽しめるカレーがいい
・農業と言えば「開墾永年私財法」が頭をよぎる

第7位:チーズカレー

coco_m26

7位はチーズカレー、735円。

押しも押されぬココイチの人気メニューですね。

単品トッピングでももちろん美味しいのですが、その真価はやはり他のトッピングとのずば抜けた相性の良さ。

揚げ物よし、野菜よし、シーフードよし、混ぜ系乗せ系のジャンルを選ばずいけてしまう。

トッピング相性難度の高い納豆ですら包み込んでしまう、まるでココイチのトッピングメニューにおける母的存在。

ルーや他のトッピングにマッチするよう、普通のチーズより味が濃いものを使っています。

そのためチーズ2倍といった重ねトッピングするとめちゃくちゃ濃くなってしまう事や、他のトッピングの味わいまでチーズで上書きしちゃうことがあるのが注意点。

それぞれのトッピングの良さを味わいたいため、自分はあまりチーズをトッピングしなくなったのですが、それでも恋しくなってオーダーしてしまう魔性のトッピングです。

【こんな人におすすめ】
・とろーり食感大好き
・いつものトッピングにプラスアルファしたい
・いつかトムとジェリーに登場するような穴あきチーズを食べてみたいと思っている

第6位:海の幸カレー

coco_m27

6位は海の幸カレー、818円。

シーフード部門では一番のおすすめメニューです。

内容としてはイカとえびあさりが入ったもの、そのにじみ出る旨味は圧巻です。

これだけ本格的なシーフードカレーがこの値段で食べられるなんて、採算とれてるか心配になるレベル。

海鮮好きにはもちろん、普段シーフード食べない人が食べても納得のおいしさです。

ベースのルーにトッピングを後入れして混ぜるだけなのに、よくこんなに旨味がでるなとココイチの企業努力に頭が下がる一品。

ココイチは本当に幅広いカレーを楽しめるなと実感できるカレーです。

【こんな人におすすめ】
・シーフードあれこれ食べたい
・味わい深いルーを食べたい
・生命の母である海に感謝の念が尽きない

第5位:スクランブルエッグカレー

coco_m28

5位はスクランブルエッグカレー、671円。

個人的に、まだまだその潜在能力が知られていないのではと思う、隠れた実力者。

見た目フワフワですが、食べてみるとその10倍はフワフワです、オムライスの名店のタマゴばりに幸せな食感です。

ルーと混ぜずに添えて食べても良し、ルーと混ぜて風味を変えて食べてもよし、というハイブリッドトッピング。

しかもお値段リーズナブルで、他のトッピングとの相性もよし。

チーズはコクと食感を濃厚にアップグレードしてくれますが、スクランブルエッグは舌あたりをふんわりとマイルドに調和してくれます。

ガッツリ系のトッピングも多いココイチですが、スクランブルエッグと一緒に食べると一変、優しい味わいになります。

特にハンバーグとの相性がヤバいです、もうカレーオムバーグですからね、美味しくないはずがありません。

単体でもパートナーとしても活躍できるイチオシトッピングです。

【こんな人におすすめ】
・タマゴやオムライス大好き
・ふわふわ食感大好き
・アイドルのたまごも応援してあげたいと心揺れている方

第4位:手仕込みとんかつカレー

coco_m29

4位は手仕込みとんかつカレー、985円。

ココイチの揚げ物系トッピングの雄と言えば、間違いなく手仕込みとんかつ。

とんかつ屋さん顔負けのとんかつを食べられます。

ロースカツの2倍近くの厚さ、そしてお店でパン粉をつけて仕込んでいるだけあって、そのサクサク感は格別。

お店での仕込みは大変だと思いますが、その分が美味しさに反映されています、店員さんありがとうと言いたくなるカレーです。

脂身部分はほぼないので、ボリュームはがっつりながら、くどさを感じずに食べる事ができます。

また、さくさく、というよりむしろザクザクのパン粉の衣にカレーがどっぷり絡みます。

そのため、厚くて極上肉感なのにカレーと相性がよく、まさに「ザ・カツカレー」という圧倒的存在感を示すメニュー。

これでもまだ肉肉しいのが好き、という方は期間限定メニューにお引越しした手仕込みひれかつもおすすめです。

一つだけ注意点をお伝えするなら、出来立てはめちゃくちゃ熱いので気を付けましょう。

自分hは何度も口の中を火傷しました(笑)

ちなみにココイチ屈指のボリュームトッピングですが、5倍トッピングするとこんな感じになります。

coco_a55

【こんな人におすすめ】
・ガッツリというか、どっぷり揚げ物を食べたい
・店員さんへの感謝を噛みしめながらカレーを食べたい
・とんかつ屋を開業する予定なのでとりあえず本格とんかつを参考にしたい

第3位:ビーフカレー

coco_m30

3位はビーフカレー、641円。

ココイチのビーフカレーは、ポークカレーと比べるとコクが段違いです。

ココイチのポークカレーは他のトッピングを打ち消したりせず、どのメニューとも合うよう、主張し過ぎない絶妙なバランスに仕上がっています。

一方、ビーフカレーはコク重視、スパイスもより感じられます。。

牛肉を煮込んでしっかり出汁が出ている本格カレーを食べる事ができます。

ポークカレーはたまに運がいいとお肉が一かけら入っていますが、ビーフカレーは牛肉の塊がいくつか入っているのも嬉しいポイント。

そんな本格ビーフカレーですが、ポークカレーと違いトッピングとの相性が悪いかというと、そんな事はありません。

シーフード系こそ好き嫌いが別れますが、その他はどんなトッピングとも合います。

特に乗せ系、「トッピングはしっかり食べられるけど、ルーが物足りないな」といった時に活躍。

トッピングもルーも満足できるカレーに仕上がります。

変にトッピングで迷うよりは、ベースをビーフカレーにすることでポークカレーとは全然違ったカレーを味わえます。

皆さんがいつも食べてる好きなメニューをビーフカレーにするだけで、新しい世界を発見できますよ!

【こんな人におすすめ】
・ポークカレーではもの足りない
・ココイチの無限の可能性を開拓したい
・なんで牛カルビ焼肉カレーがなくなる前にもっと食べておかなかったんだと後悔している

第2位:パリパリチキンカレー

coco_m31

2位はパリパリチキンカレー、809円。

文句なしの美味しさです、まさにココイチの人気を支えるメニューと言って過言ではないでしょう。

手仕込みとんかつ系のずっしりしたお肉もいいのですが、プリっとして柔らいジューシーなお肉が好きならパリパリチキンがおすすめ。

もも肉をまるまる揚げてカットしているのですが、表面はサクパリで揚げ物好きも大満足。

肉厚なのに柔らかいため食べやすく、お肉としての満足度も高い一品。

そのため、女性にも結構な人気。

衣のついてる揚げ物はちょっと重いけど、パリパリチキンならお肉も食べやすいからいけちゃう、という人も多いです。

サクパリでお肉ジューシーなのにあっさり食べられると、まさにいいとこどりのメニューなんですね。

カレーにつけても美味しいし、つけなくても美味しい、食べ方を迷う楽しみまであります。

まだ食べたことのない人がいたら、一刻も早く食べて欲しいトッピングです。

【こんな人におすすめ】
・鶏肉の美味しさを再確認したい人
・ココイチの底力を感じたい人
・「パリパリっていうけどそんなパリパリなはずないやん、、、ってめっちゃパリパリやん」というお約束をやりたい人

第1位:野菜三昧カレー

coco_m32

1位は野菜三昧カレー、1,133円。

野菜三昧カレーは鉄壁のコンビネーションメニュー。

野菜カレーの野菜(じゃがいも・にんじん・たまねぎ・いんげん)とほうれん草、そしてなすがトッピングされています。

もう、どこから食べても何を食べても美味しい、至極のカレーです。

ココイチの野菜系トッピングはどれも甘さを感じられてほっこり美味しいため、辛さが苦手な方には特におすすめだったりします。

ボリュームが多いようにも見えますが、なすの素揚げは油が全然気になりません。

ほうれん草と野菜に至ってはルーと一緒にパクパクいっちゃうので、いつの間にか食べちゃってるって感じです。

トッピングで言えば3種類の組み合わせなのですが、実質7種類の野菜が入っています。

一口一口違う味わいが楽しめるというのもおすすめのポイント。

また、野菜をあんまり好きじゃない人にこそ食べて欲しいメニューだったりもします。

「野菜ってこんなに美味かったっけ!」と衝撃を受ける事でしょう。

野菜好きな人はもちろん、最近野菜から遠ざかっている方にもおすすめのメニューです。

【こんな人におすすめ】
・本当に野菜三昧カレーがおすすめ1番なのかと懐疑的に感じている方
・これからココイチと共に歩んでいこうと思っている方

食べる程に新しい発見があるココイチ

今回はココイチの全カレーメニューの中から「おすすめランキング」という事で紹介しました。

機会があれば「私の好きなカレーランキング」もやってみたいなと思います、おすすめランキングと順位がガラッと変わるので。

お伝えしたかったのは、

「ココイチは意外なメニューが超上手い」という事。

昔の私みたく、「ロースカツさえありゃいいよ!野菜?そんなん食べてられるか」と偏見を持っていると、ココイチの魅力の1%も味わえません。

皆さんがCoCo壱番屋をさらに楽しむきっかけになれば幸いです。

是非ご参考ください!