麒麟がくる面白い?つまらない?ドラマ感想評判!注目キャスト・人物は!

麒麟がくるドラマ感想評判!

kirin_02

放送前から注目度が高かった大河ドラマ、「麒麟がくる」がスタートしました。

今回の主人公は明智光秀。

謎の多い武将でありながら、本能寺の変で信長を討つ日本史のキーマンの一人です。

近年、あらたに判明してきた情報もあり、新しい側面が見えてきた人物でもあります。

明智光秀をテーマにしたコミック、「信長を殺した男」も大評判ですね。

また、なんといっても沢尻エリカさんの逮捕・降板騒動があったため、放送前にも関わらず一躍話題にもなりました。

さらに言えば、前年の大河ドラマが東京オリンピックについての近代劇で賛否両論あったため、今回の麒麟がくるの期待が高まっていたという背景もあります。

実際に大河ドラマ麒麟がくるは面白いのかつまらないのか。

ドラマ情報とみんなの感想評判を見てみましょう。

麒麟がくるキャスト

麒麟が来るのメインキャストはこちら。

・明智光秀(あけちみつひで):長谷川博己
・牧(まき):石川さゆり
・明智光安(あけち みつやす):西村まさ彦
・藤田伝吾(ふじた でんご):徳重聡
・織田信秀(おだ のぶひで):高橋克典
・織田信長(おだ のぶなが):染谷将太
・土田御前(どだごぜん):檀れい
・豊臣秀吉(とよとみひでよし):佐々木蔵之介
・織田信勝(おだ のぶかつ):木村了
・織田信康(おだ のぶやす):清家利一
・織田信光(おだ のぶみつ):木下ほうか
・平手政秀(ひらて まさひで):上杉祥三
・斎藤利政(さいとう としまさ):本木雅弘
・帰蝶(きちょう):川口春奈
・斎藤高政(さいとう たかまさ);伊藤英明
・小見の方(おみのかた):片岡京子
・稲葉良通(いなば よしみち):村田雄浩
・長井秀元(ながい ひでもと):春田純一
・今川義元(いまがわ よしもと):片岡愛之助
・徳川家康(とくがわ いえやす):風間俊介
・松平広忠(まつだいら ひろただ):浅利陽介
・足利義輝(あしかが よしてる):向井理
・三淵藤英(みつぶち ふじひで):谷原章介
・足利義昭(あしかが よしあき):滝藤賢一
・松永久秀(まつなが ひさひで):吉田鋼太郎
・三好長慶(みよし ながよし):山路和弘
・菊丸(きくまる):岡村隆史
・煕子(ひろこ):木村文乃
・望月東庵(もちづき とうあん):堺正章
・駒(こま):門脇麦

脚本はNHKの作品を多くてがけている池端俊策氏、そして軍師官兵衛も担当した前川洋一氏。

ナレーターは市川海老蔵さんです。

ちなみに沢尻エリカさんが演じる予定だったのは、織田信長の側室である帰蝶、代役は川口春奈さんです。

ではみんなの感想評判をみてみましょう。

麒麟がくる面白い・!

麒麟がくるが面白いという感想がこちら。

・あまり知らない明智光秀の若い時代のことが描かれていて大変面白かったです。このような過ごし方をしていたのだな、と思いました。登場人物も面白く、これからどのように展開していくのか、わくわくしました。戦国時代に活躍した武将がたくさん出てくるドラマで、それぞれの活躍がどう描かれていくのか、明智光秀がどのような描かれ方をしていくのか、とても楽しみです。大変明るく描かれていて、これから殺伐・混沌とした戦国の乱世へと突入していくのに、どのような戦国時代となるのだろう、と期待感が増しました。映像も大変きれいで、今までと違った見方ができるのではないかな、と感じました。これから毎週日曜日がとても楽しみになりました。

・明智光秀の謎の部分、彼の若い頃が描かれている点は、いかにもフィクションっぽいが、歴史ドラマには重要。この先、大衆におなじみの明智像に至るにはどんなバックグラウンドが彼にあったかと言うことを丁寧に描くことが必要だと思うので、その点を考えると、広い世界を見たい、新しいものを知りたいという性格、初対面の人間とも会話を弾ませることのできるオープンな性格、自分の身の安全も構わずに火の中へ飛び込んで子どもを助けるところなど、視聴者に好かれる、視聴者が十兵衛の気持ちに寄り添って十兵衛視点でこれからのドラマを観ていくために「明智十兵衛」を視聴者が掴むには持ってこいの展開だったと思う。また、家族、特に母との関係もきちんと描かれていたので、どのように育てられたかも描写されていたのが良かった。

・映像がドラマというより映画を観ているような感じでスケールが大きかった。登場人物のアップだけでなく、景色を俯瞰で見せたり、矢で射られる側から撮っていたり、画面から躍動感を感じた。撮影技術の進歩を感じると同時にオープニングは重厚で、昔の映画を観ているかのよう。紹介番組でスタッフの方が「大河の原点にかえる」と言っていたが、まさにそれを垣間見た気がした。長谷川博己の演じる明智光秀は、どんなキャラクターなのかまだ未知の部分が多いが、まっすぐで正義感溢れているが、お酒に弱くて主君の愚痴を言ってしまうところとか、人間的に面白味のある雰囲気で、これからどのように成長していくのか楽しみ。光秀を取り巻く斉藤道三、松永久秀、三淵藤英、織田家なども実力派の俳優が揃っているので、どんな武将像を見せてくれるのか期待が持てた。

・久々に大河ドラマをみたが、画面が綺麗、色彩鮮やか。画面にすっとはいっていける引き込まれる。明智光秀といえば本能寺の変。それ以外に明智光秀のイメージはない。資料にも20代から40代の資料はなく、脚本家も20代から40代は創作で執筆したのであろう、そんな20代から物語は始まる。戦は今まで弓、刀を使って戦っていたが、敵が鉄砲を使っているのをはじめてみた明智光秀は主君斎藤道三にさかいに行きたいと言う。さかいでは南蛮人がいる。そこで鉄砲を入手し、今でいう薬剤師とであい、美濃に一緒に連れてくる。そしてドラマの最後方に斎藤道三の娘、帰蝶が登場する。そうあのすったもんだの沢尻エリカの代役を務める川口春奈の登場だ。ここの場面取り直すの大変だっただろうななんて思っていたら、第1話は終わりました。

・前半生がよくわかっていない明智光秀主役ということで創作部分が大きいと聞いていたが、光秀の人物像がおもしろく描かれていたと思う。延々と続いている戦乱を嘆いていたり、鉄砲を手に入れたことで大喜びしていたり、ギャップが大きくてかわいらしく感じられた。これらのシーンは現代人たる私にとっても共感できるところが大きかった。その一方で襲ってきた野盗たちの描写やそれに対する反撃は容赦なく描かれており、また旅の途中描写における関所や人売りのシーンなど、まさに世は戦乱末法というのが提示されていた。これによって光秀たちのいる世の中がどのようなものなのかがわかりやすくてよかった。現状がどうしようもなく乱れていることを示し、これらをどうにかしなければならない、というところで終わっているので次以降でどのような考え・思いを持っていくようになるのかが楽しみである。

・2020年NHK大河ドラマ「麒麟(きりん)がくる」、今作は明智光秀の生涯を描いた作品となっています。謎の多い出生と、戦国武将としての活躍からどう本能寺の焼き討ちへと向かったのか、そして三日天下と呼ばれたその後までの彼の人生をどのように描いて行くのか楽しみな作品です。特に私は、初回放送が非常に面白かったと感じています。久しぶりの戦国大河ということですし、放送前から色々な部分で注目銘柄されていましたが、あまり史書など残されていない明智光秀の若い頃の話をドラマとして良く作られていたと思います。意外に人間くさい部分があるのではと思わせてくれたりという物語として、これから本能寺の変までどのように展開していくのかなど今後を楽しみにさせてくれる初回放送でした。今後に期待します。

・久しぶりの戦国時代を扱った大河ドラマという事で、期待をしてみていました。その期待通りに、第1話から戦乱の世が描かれており、面白く見る事が出来ました。出てくる登場人物や農民の姿もとてもカラフルで、一時の「くすんだ戦国時代」というイメージからだっきゅくした画面が素敵でした。ツイッターの中には「派手すぎて・・・」というような書き込みもありましたが、それはそれで何も違和感なく楽しめる事が出来ました。堺さんの登場も面白く、今後どうなってい栗のかがせとても楽しみになりました。前回の近代を扱った物もよかったのですがねやっぱり大河ドラマの中には、甲冑をかぶった武将が暴れ回るシーンが似合っているなと、第1話歩を見て、つくっぐく思いました。

・時代背景が日本人の好きな乱世であったことがまずあげられると思います。その中で明智光秀にスポットライトを当ててドラマを制作したという点で、彼をどのように描いていくのか興味がありました。明智光秀はナゾの部分が多い武将であることから、そこがどういうふうな方向性で描かれるのかと思っていたのですが、自分の領地内にいる民のことを思い、先々を憂いている光秀の姿に好感が持てました。また、自分の領地内を守るには領地外のことも知らないといけないと考え、旅をする中でいろんなことを吸収していく姿に若さが垣間見えました。今後、ドラマはどう展開していくのか、また光秀の代名詞とも言える、「裏切り者」の部分はどう描かれるんだろうと一層興味がわきました。

・何と言っても出演者が豪華なのと、歴史の教科書に出ていたなぁ…と思う人物がたくさん出てくるので、子どもと一緒に見るには、とてもいいと思いました。まだ始まったばかりで、深い話には入っていないので、見ごたえや面白さについては、これからといったところでしょうか。「大きな手の人に助けられた」という話をしている場面で、背後の火が鎮火されておらず、燃え広がっていて、「話す前に火を消したほうがいいよ」と娘が言ったので、なんとなく背景に目がいきましたが、セット?がところどころ作り物っぽいというか、偽物っぽいというか、あまり素敵に思えませんでした。

・意外な人物がキャストとして登場したことに驚きを覚えました。例えば声優の大塚明夫さんが武将役で出演したのは意外の一言でした。あのキャスティングについては、そういえば声優さんも役者だったよなーとあらためて気付かされましたね。それから意外だったのはナインティナインの岡村隆史さんもでした。いままではお笑い芸人の印象しかなかったんですが、これからは役者さんとしても活躍なさる計画なのでしょうか。個人的にはわりと向いていると思うので、これからもその道で活躍なさることを期待しています。また今回の大河は、実在の武将以外にも岡村隆史さんがやった菊丸ような想像上の人物も登場するということで、これまでの物語にないような展開が予想されます。その点も観ている側としては大変楽しみです。

・初回まずまずの出来、というのが見終えてひとまずの感想です。うまい具合に登場人物の紹介回になっていました。大河ドラマはやはり、戦国ものが面白いと思います。去年のような現代ものは少し迫力に欠けました。長谷川博己さんの明智光秀、少々線が細い気もしましたが、今はまだ若い時のはず。これから回を重ねるごと、貫禄が出てこられるんではないかと期待します。脇を固める俳優陣がとても豪華で、特に本木雅弘さんの斎藤道三は凄みや存在感がすごく、主役を食ってしまいそうな感じすらありました。急遽の代役出演の川口春奈さんが、とても役に合ってらっしゃったと思います。ドローンから撮影したのかと思われる景色も非常に美しく、見ていて気持ちがよかったです。

・出生が定かでない明智光秀ですが、美濃の斎藤家に仕えた青年期からスタートしていて、現存する史実に基づいた内容であったことや、主演の長谷川さんが実に生き生きした演技をされており好感が持てました。脇役が個性的な役者さん揃いというのにも魅了され、本木さんの斎藤道三は迫力があり正に堂に入った演技力でした。光秀に美濃へ連れていかれる望月役の堺正章さんも老練な魅力を醸し出していてしっかり脇を固めているなあという印象を持ちました。放映後、話題になっています色使いも大河ドラマでカラフルな映像は新鮮であり、時代考証ともあいまって決して遜色ない仕上がりになっていたと感じています。波乱万丈の戦国時代を駆け抜けた明智光秀の半生がこれまでの歴史物語とどのように違いを描き出すか今後の展開に期待が持てます。

・明智光秀に関しては、若い頃にどんな人生を送っていたのか歴史的には不明です。また本能寺の変を起こす前年には、まだ信長に尊敬の念を持っていた事が分かっているが、1年で何があったのかも不明です。こうした不明点に対してどんな描き方をされるのかを注目して第1回を見ました。前者の疑問については、明智の荘で代々美濃の武士であったとして描かれていました。全体的に明るい印象で描かれており、重すぎないタッチで戦国時代が描かれている点に好感を持てました。大河ドラマの滑り出しとしてはまずまずの感じを受けました。皆が知っている戦国時代の登場人物が出てくる大河ドラマは、見ていて安定感がある事を改めて強く感じさせられ、次回からも見ようと思わせるものでした。

・大河ドラマファンとしては1年待った、時代劇ものに戻ったため、殺陣のシーンやきらびやかな衣装を久々に観ることができ嬉しかった。また、出演者も豪華で、最初から出演していることで、出し惜しみしていない感じがありとても良かった。賛否両論あるが、私個人としては映像がきれいでとても見やすかった。ストーリーとしては、悪いイメージしかない明智光秀という人物をどう描くのだろうという疑問があったが、第一回放送では邪心のない、新たな「良い人」明智光秀を見ることができ、意外性を感じおもしろいと思った。また、室町幕府が滅びかけている戦国時代という時代の過酷さ(飢え、いつ誰が攻め込んでくるかわからない状態)も見ることができ非常に勉強になった。

・衣装が黒沢明監督の娘さんの黒沢和子さんが行っていた事も有り非常にメリハリの利いた配色となっていました。その配色に負けない俳優陣の熱演も有りカット割りもドローンを使っている部分もあったのかこれまでの大河ドラマにはないような描写が多くなり、村が盗賊に襲われた時のアクションシーンが独特な接近映像や矢の放たれるシーンもありました。このアクションシーンで特に気になったのがこの初回のキーになるであろう銃で撃たれたシーンになります。そのカメラ移動これは近年の大河ドラマにない独特な接写方法がつかわれており「このドラマは少し違うぞ」というのがよく表れておりました。話のテンポ展開はこれまでの「大河らしい大河」になっておりましたが今期の「麒麟が来る」に関してはカメラ割りの動きが独特なものとなっているのでここに注目したいです。

・戦国時代の武将で「有名だけど一番ではない」「優秀だけど尊敬される武将ではない」としてイメージされる明智光秀。そんな有名な戦国時代の武将なのに、出生などがわからならいことが多く、江戸時代の人物を描く大河ドラマでは子どもの時代から描かれることが多いが、そんな子ども時代がない分青年時代からの時間がゆっくり描かれていた。また、のどかであるロケ現場の草木の一本一本がきれいに映像化されていて、城からの城下町や遠方を覗く映像は見ごたえがあった。堺についた時にでてきた宗次郎の「辻屋」の主を声優の大塚明夫さんが演じておられて大塚さんの声が大好きな私として今後も宗次郎には登場してもらいたいと思う。その辻屋で吉田鋼太郎が演じてらした松永久秀と飲み明かしていた時はお金がなくなると思っていたが、そんなことにはならずギャグテイストになりすぎない点も良かったと感じた。

幼少期がなくて好印象?

今回の大河ドラマ麒麟がくるでは、通常描かれる主人公の幼少期がありませんでした。

実はこれが意外に好印象、実際に感想をみてみましょう。

・幼少期から描かれることが多い大河ですが、初回から長谷川さんが出てきたことが意外でした。でもそれもいいなあと見ていて思いましたし、悪くなかったですね。良くも悪くも、定番の展開でした。正義と悪がはっきりと描かれてる感じですかね?野盗を追い払う明智光秀は、まさに正義の味方でした。前作の「いだてん」が型にはまらない新しい大河だった分、今回の大河は「無難」な時代劇な感じに思えました。正義のヒーローがいて、悪者が出てきて、平民のピンチを救って・・・。あまりこの定番の展開が好きではありませんが、スッと自分のなかで馴染めたのは長谷川さんの演技が素晴らしかったからかもしれません。改めてすごく自然で、魅力的な演技をする俳優さんだなあと思いました。これからの展開が楽しみです。

・第一話で、主人公である明智光秀になる人物の生涯を切り取ったような演出があったから。火事になった家から子供を救い出すシーンは、最後に本能寺で主君織田信長に火をかける場面の裏返しのように思った。また、旅人を襲う野盗が現れたが、十兵衛のほうが力が上であると認めたとたんにすごすごと引き下がるようすが、当時の価値観をよく表していて面白かった。そして、無理に子供時代をやらないのも潔かった。もともと光秀は前半生があまり明らかになっていないのもあるのだろうが、とってつけたようなエピソードを創作しないのには好感が持てた。これまでの大河の子役のみなさんは演技もうまくて可愛いけど、特に必要でない場合には今回のように成人してからの話を濃く描写してもらったほうが、見ている方も興味を惹かれる。どう光秀という人物を演じ切るのか、一年を通してみていきたいと思わせるよいドラマだった。

沢尻エリカ降板の影響は?

沢尻エリカさん降板についての影響はどうだったのか?

関係する感想を見てみましょう。

・明智光秀は戦国時代を語る上で欠かせない人物だけど、どことなく花がなく、この人物が主役で成立するのかと思っていましたが。ところが初回から斎藤道三や松永久秀など、かなりクセのある人物が続々と登場し、しかもそれを演じるのが本木雅弘さんや吉田鋼太郎さんら実力ある俳優で、演技に引き込まれていきました。言葉がやや現代的過ぎるかなという気もしましたが、それよりも面白さが勝っていました。特に斎藤道三の意地悪で嫌味な感じ、とても素敵でした。そして予告編公開時から話題にはなっていましたが、衣装の鮮やかさ、華やかさがとても良かったと思います。史実との整合性が指摘されているみたいですが、少々事実と異なるところがあっても、ドラマなのだからやはり目で楽しませてほしい。そういう視聴者の思いに応えてくれるような衣装デザインでした。初回を見るまでは主要キャストが降板して撮り直しというゴシップ的な興味もありましたが、実際に見てみるとドラマとしてかなり期待できる内容だと思いました。この先1年が楽しみです。

・沢尻エリカ容疑者の件があり、撮り直しがあったり放送開始日が延期になったりと直前まで関係者はバタバタだったと思いますが、期待していたよりも面白かったと思います。これまでの大河ドラマは幼少期から始まって最初の方はつまらないことが多い中で、最初っから主役の長谷川さんが出てきているのも引き付けられました。映像もとても鮮やかで風景や出演者の衣服がとてもカラフルで綺麗だったのもよかったと思います。カメラワークがとても凝っている感じがして悪党との闘いのシーンではよりリアル感が出ていたと思います。明智光秀と帰蝶は1話から結構絡みがあると前情報であったのに、全然なかったのでストーリーが少し変更になったのか?という点が残念でした。来週からも楽しみに観たいと思います。

4k放送も評判の麒麟がくる

今回から4k放送となった大河ドラマですが、評判の様子。

4kについてみんなの感想はこちら。

・久しぶりの戦国時代が舞台ということで、大変楽しみにしておりました。そして期待を上回る面白さだったと感じています。最初から戦闘シーンで見応えがあり、城下町や城などセットが映画並みに豪華でした。毎回大河ドラマを通して歴史の面白さを再認識しますが、今回あの明智光秀が主人公で、一話の明智光秀は、既に私の中の明智光秀のイメージとは違っています。そもそもあまりよく知られていない、謎の多き人物です。一体これから先何が起きて、明智光秀の心境がどんな風に変化していくのかなど、どんな事が描かれるのかとてもワクワクしています。そして今回4Kで撮影されたということで、衣装や背景などがとても華やかでした。目の悪い私の肉眼で見るより綺麗だったと思います。一年間楽しみです。

・画面も4Kで見れるということでかなり臨場感があるように思え衣服の色も鮮明で見やすかった。映画のような合戦シーンで、今までにない大河ドラマになっている。明智光秀のイメージは裏切りもので、辛気臭いイメージだったがよい感じで描いているので1年間見れそう。今後に出てくる合戦シーンや城のグラフィックが楽しみです。今までの子供時代がなくいきなり大人での登場が良かった。子供時代はなんかしらけるので良かったと思いました。今後どうゆう感じで信長・秀吉・家康と絡んでいくのか、どうゆう本能寺の変を描くのか楽しみでなりません。映像がかなりきれいなので迫力がある最後に期待したいと思います。戦国物はやはりかなり面白いです。

主演・長谷川博己の評判は!

今回、主役の明智光秀を演じる長谷川博己さんの評判ですが、好調の出だしの様子。

元々人気の役者さんだけに、印象もいいみたいですね。

・主演の長谷川さんのコミカルな演技が、とても魅力的でした。特に、実家の家に戻ったときにお尻からジリジリ入室していったシーン。面白すぎでした。小さい頃にお母さんから言われたルール(悪いことをしたときにはお尻から入ってきなさい!)を守っている明智さん。可愛すぎです!お母さんは本当にお尻から入室してきたのでびっくりしていましたが。また、明智光秀の生き方が気になったことは解決したい!と前向きで男らしかったです。なにより要所要所で流れる音楽の迫力がすごくて、かっこ良く聞き惚れました。火縄銃を打つときの迫力もすごくて、びっくりしました。これからの戦い‥激しくなってきそうですね!けが人が出ないことを祈りながら、毎回タイムリーでみたいと思います。

・初回まずまずの出来、というのが見終えてひとまずの感想です。うまい具合に登場人物の紹介回になっていました。大河ドラマはやはり、戦国ものが面白いと思います。去年のような現代ものは少し迫力に欠けました。長谷川博己さんの明智光秀、少々線が細い気もしましたが、今はまだ若い時のはず。これから回を重ねるごと、貫禄が出てこられるんではないかと期待します。脇を固める俳優陣がとても豪華で、特に本木雅弘さんの斎藤道三は凄みや存在感がすごく、主役を食ってしまいそうな感じすらありました。急遽の代役出演の川口春奈さんが、とても役に合ってらっしゃったと思います。ドローンから撮影したのかと思われる景色も非常に美しく、見ていて気持ちがよかったです。

・出生が定かでない明智光秀ですが、美濃の斎藤家に仕えた青年期からスタートしていて、現存する史実に基づいた内容であったことや、主演の長谷川さんが実に生き生きした演技をされており好感が持てました。脇役が個性的な役者さん揃いというのにも魅了され、本木さんの斎藤道三は迫力があり正に堂に入った演技力でした。光秀に美濃へ連れていかれる望月役の堺正章さんも老練な魅力を醸し出していてしっかり脇を固めているなあという印象を持ちました。放映後、話題になっています色使いも大河ドラマでカラフルな映像は新鮮であり、時代考証ともあいまって決して遜色ない仕上がりになっていたと感じています。波乱万丈の戦国時代を駆け抜けた明智光秀の半生がこれまでの歴史物語とどのように違いを描き出すか今後の展開に期待が持てます。

麒麟がくるつまらない・面白くない

麒麟がくるが面白くない、つまらないという意見がこちら。

・明智光秀の前半生は不明な点が多いというのはよく知られた話です。とはいえ大河ドラマだけに、あまりにもフィクション色が強くなるのはいかがと思います。どうも最近その傾向が激しくなっていて、実在の人物を扱っていることを忘れているのではないかという気がします。まあ桔梗紋から光秀を土岐氏の一族で美濃の出身としたのは許容範囲でしょう。しかし堺で松永久秀と会って意気投合してしまうのはどうかと思いますし、帰蝶の方が男勝りで戦に出たがるという設定は、巴御前でもあるまいし、やりすぎだと首を傾げたくなります。また役者陣の殺陣が下手だなと感じます。衣装も平清盛で汚いと批判された影響されたせいか、逆にきれいすぎておかしいです。もう少し大河ドラマらしい骨太な作りを期待していたのですが。

麒麟がくるで注目の登場人物・キャストは

kirin_03

大河ドラマ「麒麟がくる」で注目の登場人物・キャストは誰なのか、みんなの意見をみてみましょう。

・織田信長に注目しています。2人の最後は本能寺の変なのでしょうが、そこまでどのような描かれ方をして、明智光秀と織田信長がどのような関わり方をしていくのか、とても楽しみにしています。今までと一味違った戦国武将となるのではないかな、と注目しています。

・やはり帰蝶。代役のプレッシャーもあると思うけれど、恐らくは当て書きで配役された沢尻エリカとは得意な役が違うと思うので(沢尻と違い、明るい役が似合うイメージ)、どういう役作りにしていくかが楽しみ。もう一人は信長。正直言って大抜擢だと思うので、この役をうまく作り上げて欲しいと思う。

・染谷将太さんの織田信長が一番気になっています。若手実力派の染谷さんがどんなうつけ像、狂気像を作り上げるのか楽しみです。それに従う秀吉役の佐々木蔵之介さんも注目で、染谷さんとの実年齢の差を感じさせず、いかに秀吉を演じるのか期待しています。

・長谷川博己さんです。元々好きな役者さんです。謎の多い明智光秀ですが、長谷川さんが一年間演じてくれることで、明智光秀のイメージは彼以外考えられないというくらい、はまり役になるのではないかと期待しています。

・岡村隆史さんです。初回は少しの出演でしたが、演技が上手でびっくりしました!きっとこれからコミカルな演技を沢山見せてくれるはず!沢山の戦の中、コミカルな演技ですこしほっとする瞬間があればいいなーと思います。

・まずは、斎藤道三ですね。明智光安が光秀の父代わりだったのかもしれませんが、中々理解が得られなかったようです。その中で斎藤道三に気に入られていたようです。後に光秀の上にたつ、織田信長との対比に注目していきたいと思います。

・斎藤道三役の本木雅弘さんです。本木さんの大河出演で印象的な役柄といえば主演をつとめられた徳川慶喜。江戸から明治へ移る時代の動乱期に生きた慶喜を見事に演じた本木さん。うって変わって斎藤道三はこれから時代の主役となる織田信長や明智光秀とのやりとりが重要になってくるので本木さんがどのように道三を演じ切るかに注目しています。

・織田信長がどんなイメージで描かれるのかがもう一つの注目点です。明智光秀がなぜ本能寺の変を起こしたかの理由をどう描くのかにも大きく影響するもので、大いに注目したいと思っています。また、大きな時代の流れとは別に、明智光秀をどんな人物像で描くのか、細かい点の描写にも注目したいと思っています。

・川口春奈。沢尻エリカの代役、時代劇初挑戦というプレッシャーを押しのけて帰蝶という重要な役どころを全うしてほしいという応援もあるし、第一回目の顔見世程度の出番でも、役にぴったりだと思ったので今後の演技に期待している。また、門脇麦は今回初めて知った女優さんで(結構有名らしいが私は知らなかった)、可愛らしさと独特の雰囲気があり今後どのような役どころ(オリジナルキャラクターなので)になってくるのか注目している。

・旅芸人一座の伊呂波太夫役をされています尾野真千子さんが気になります。役柄からも舞・舞台・踊りというシーンが出て来るのだろうとは思いますがその際の黒沢和子さん製作の衣装とそれに合わせたメイクアップ。これがどのようにテレビ映えをするのか?4k放送に合わせた色彩豊かな表現力をどのように尾野真千子さんが引き出せるのかが気になります。

・私が注目している登場人物は吉田鋼太朗さんが演じる松永久秀です。自分が住んでいる地域であり、戦国時代の荒れた時代の中、THE戦国武将のイメージが強く、強者が生き残る戦国時代を表す武将で、そのイメージのまま吉田さんが演じてくださるそうですので、その点を楽しみにしたいです。