香川県のゲーム条例に賛成?反対?賛否両論の理由!人権侵害・意味がないと意見も!

香川県のゲーム条例に賛否両論!?

game

香川県で全国初となる「ゲーム条例」が制定されました。

内容は、

「18歳未満の子どものスマホやパソコン、ゲーム機の使用を平日1日60分(休日は90分)まで」

「中学生以下は午後9時まで、それ以外は午後10時まで」

というもの。

このゲーム条例にいろんな世代から様々な意見が寄せられています。

実際にみんなの意見を見てみましょう。

条例以外でゲーム離れを促進させるべき

ゲーム離れは推奨するけど、条例ではなくそれ以外の方法でそれを促進するべきでは、という意見がこちら。

・条例を作ったところできっと「見えないところでずっと続けている」という状況ができるだけでね何も変わらないのではないかと思います。ゲームと生活・学業をきちんと両立できている人にとっては何ら関係のない話だし、依存傾向の人間に対しては効果がなく、また周りからの締め付けだけが厳しくなる事でより本人の逃げ場がなくなるような気もします。

・そんなことが検討されているとは知りませんでした。びっくりしました。ゲーム離れの促進には賛成ですが、条例で規制するのは、実質困難であり、家族への負担もあると思われます。人によっては罪悪感を持ってプレイする心への影響も考えてしまいます。中毒性があったり弊害があったり程度問題なのもわかりますので、時間数にもよるとも思いますが、好きなことを自分の時間ですることはゲーム以外なら制限されないのにと思います。

・人権侵害だとか個人の自由という意見もありますが、実際にゲームを長時間することで子供たちの視力や体力が落ち、健康に影響が出ているので放っておいてはいけない問題だと思います。なんらかの呼び掛けはするべきです。

・子供が何時間プレイしようが、そこは親の責任で教育すればいいと思います。天才プログラマーを育てるために、ゲームをさせているならば、むしろ、この規制は英才教育を邪魔する規制にしかなりません。教育方針は親に任せればいいと思います。

・行政でやるほど依存性が高いのかわかりませんが、家庭で出来ることだと思うのでわざわざ条例にする必要はないと思います。将来ゲーム開発したいとかゲームに関わる仕事がしたい子がいたら、それを奪うのも違うと思うので一概に良いとは思わないです。

・大人に関しては、自分の生活については自分で調整をするべきで必要性を感じない。子供に関しては、条例で禁止された場合、子供は学校や親から「ゲームを1日〇時間以上やると違反になったんだよ」と言われてゲームを制限されることになるが、理解を伴わない規制はただの抑圧になり、それが解放されたときには歯止めが利かなくなったり、ばれなければ良いと嘘をつくようになったりとゲームによる害を悪化させてしまわないか心配になる(例えば進学で県外に出たときに際限なくゲームをしてしまう、親に隠れて親が寝てからゲームを始める等)。現状ゲームは社会に広がり、切り離せない物となっているので、ただ理解のない規制するのではなく生活との折り合いをつける訓練を子供のうちからやっていくべきであると考える。もちろんノウハウも未熟な分野であると思うし、全ての人間が実現可能であるとは思わないが、全ての人間が実行不可能であるのは条例を施行しても同じことなので、子供に関しては、教育の一環として健康面や自己実現との折り合いの中で自ら判断できるようにしてもらいたい。

・条例を決めてもどのように監視するのかも家庭任せで全く無意味だから。また違反すれすれで簡単に抜け道を考え出して広めていく輩も必然的に出てくると思われるから。そのため条例以外で切り分けできる体制を築くべきだと思います。

条例で行政が規制するのはおかしい

Think

行政がゲームに介入するのは何か違うのでは?、という意見がこちら。

・年齢にもよると思いますが、ゲームをするのは個人の自由だと思います。法律で規制するのはやりすぎだとおもいます。子供であれば、結局親が教育指導するしかない問題だとおもいます。自己責任という概念を日々教育するしかないと思います。

・ゲーム依存症があるので、制限を設けること自体には賛成だが、条例でやるようなことではなく、各自各家庭の考えに任せるべきだと思う。ゲームを規制するなら、もっと射幸性の高い、パチンコや競馬、競艇などを先に規制するべきだとおもう。

・家庭内のことを束縛できるのか謎。ゲームを規制したところで変わるのか意味がよくわからない。ゲーム自体を進めているわけではないが、抑制しすぎな気もする。各家庭の問題レベルだと思うので、もしそこに行政の税金が使われてるのなら、要らないと思う

・元々娯楽としてのゲームだし、今や大会まで開催されるぐらい立派なコンテンツになっているのに、蓋をするのなんて前時代的すぎる。それなら利権ばかりのパチンコカジノの方を規制すべきだと感じる。そのほかには、帰省する理由が大雑把。

・ゲームから学ぶこともいっぱいあるのに、行政が率先して規制をかけるのはおかしい。仮に行政が規制をかけてもやる奴はゲームをするし、しない奴はしない。規制を半端にかけたら大人になるとその反動で余計にゲームばっかりする結果になるかと思う。

・ゲームプレイ時間を拘束する事により一体何に対して問題があるのかが判らない。自分の子供もかなりのゲーマーだが問題無くコミュニケーションは取れているし学校生活も特に問題なく送れている。時間で考えるのではなくメリハリでは?

・なぜゲームだけを規制するのかが疑問だ。ゲームは子供にとって悪影響だと決めつけている。規制すると、よりやりたいという気持ちが大きくなると思う。そもそも、罰則がないにこしたことはないが、罰則がないのなら条例を定める必要があるのかと思う。

・ゲームのプレイ時間については行政が規制するのではなく、保護者や学校が指導していくべきだと思います。仮に条例を施行したとしても効力はほとんど無いと思いますし、子供達にとって身近な存在から呼びかけた方が効果的だと思います。

・香川県の場合も、全国に先駆けて実験的におこなったと思われる。各県はこれに対する世論などの話を聞いてどうするべきかを探る材料になる。自分的には行政で規制という形にするのではなく、このくらいが好ましいですよという具体的な時間と理由を明確に表明するだけでよいと思う。

・ゲーム時間や時間帯を決めることは悪くないですが、それぞれの家庭で決めるべきだと思います。行政では、長時間の使用を控えたほうがいい、何時間までにしておこうっというような提案はしてもいいかとは思います。そもそも条例ができたとしても、結局家庭で管理を任せることになるのであれば、あまり意味がないように感じます、

・条例で規制するのではなく、親とかの管理の問題だと思います。あとは個人の問題。ゲームを規制と言ってもゲーム業界の人たちも仕事でそういうのを作っている訳ですし何でもかんでも規制するのはどうなのかなあと思いました。

・ゲームが全くすべてダメということはないと思います。ゲームから学ぶこともありますし、先ほどの桃鉄は地域の特産物や日本地図の理解にも役立つゲームです。現在はゲーム依存等の問題が取り上げられていますが家族できっちりとルールを決める等、家庭の問題が一番だと思います。

・条例を作ったところで、罰則もなく誰が監視するのかも不明な状態であればその条例について話をする時間さえも無駄な気がします。県民の方はその条例について議員さんたちが時間を割いていることに何の疑問も持たないのでしょうか?行政が条例を作るよりも、条例以外でゲーム離れができるような工夫をするのも一つの方法だと思います。

・自分の自由時間を他人が口出しするのはおかしな話だと思います。ゲームでもストレス解消や脳トレにもいいと聞くのでゲームが悪いって考えが理解できません。規制しても守らないと意味ないし、どれだけやっていいかは家族が決めることだと思います。

・ゲームのプレイ時間を家庭内ルールで規制するのは特に問題はないと思いますが、それを行政で規制するのは、コントロールしすぎだと思います。学校の成績がすべてではない時代がきていると思うので、学校でいい成績が得られない子は、どんどんゲームをして実況者やプロゲーマーになればいいと思います。

・ゲームをやりすぎることによって視力が悪くなることや、本来しなければいけない勉強をする時間が減るといったことはあるかもしれませんが、有名大学出身者のインタビューなどではゲームに対して規制はなかったという意見が多い印象なのて、規制によって逆に成績が下がることなどがあり得ると思います。

・このような規制は家庭内で行うべきで行政が出てくるのはお門違いだと思います。プレイ時間の規制をしたところで結局は家庭内でコントロールさせるしかないし、罰則のない条例を作ったところで守る人も多くないとも思います。

・ゲームをプレイする時間を規制してどうしたいのだろうかと思います。今現在ゲームをしている子は、おそらく規制されたとしてもゲームに充てていた時間を勉強には充てないのではないかと思います。経験則ですが。もっと他にするべきことはあるのでは?と思います。

・個人の自由だと思います。行政が家庭にまで手を出していいのは本当に犯罪が起きた時くらいだと思います。香川県に住む子供たちが可哀想です。老害たちのわがままで、公園で子供たちは遊べないのに「体力の低下」と言われ、公園で遊べないから室内で遊べるゲームを選ぶと規制される。本当に可哀想だ。香川県は滅ぶべき。

・家庭の教育方針などでルールを決め、個々で管理すべき内容ではないでしょうか。条例というのは、ある行為を行うことによって周囲に危害が加わるような事項に対して規制を設けるためにあるのではないかと考えております。

罰則がないなら意味がない

条例で縛るのはいいけど、結局罰則がないなら意味がないよね、という意見がこちらです。

・今回の規制たけではなく、罰則のない規制には何の意味もないと思う。今時個人の良心に期待するなど、幻想もいいとこである。人権人権とさけぶなら、まわりに迷惑をかけないことを考えられる良識をもってほしいものである。

・ゲーム依存や学力低下などを理由に規制する必要性は理解できるが、NHKの受信料契約と同様に罰則がないということで実際にどれだけ効力があるか疑問です。それぞれの家庭でルールを決めて、子供のゲーム依存を防ぐ方がいいと思います。

・とりあえず条例を作るという行動に出ただけで、人気取りにもならないだろうし、そもそも目的がわからない。しかも罰則がない条例など守る守らないの話にすら到達しておらず、まったくの無意味な存在の条例。お金と時間を無駄にして、香川県の知能程度の低さを全国にアピールするだけでしかない。

・どこまで徹底できるかは親の考え方によるので、絶対「めんどいしいっか。内緒だよ!」みたいなのでると思います。そしてゲーム中毒になる子ほどやれないとなると暴れたり抵抗が大きく面倒だと思うので、規制が必要な子程親がおれると思います。

・スマホがこれだけ普及しているので、学校や家庭の監視下でゲーム時間を制限することがまず難しい。携帯電話の昔の時代の感が方だと思います。ゲームを規制するのであれば、スマホを規制する方が意味があるのでは?と思いました。

・子供のゲームの時間を規制すること自体は今の世の中で起きてる子供の状況を考えると良い規制だとは思うが罰則もなく、実際のところは親が見る必要があるのでなかなか家庭によっては守られないと思う。ニンテンドーSwitchライトとだと、子供のゲームの時間を設定出来る昨日もあるのでそれを各機器に装備させるというのも手だと思う。スマホでもゲームはできる時代なのでなかなか規制は難しい問題であると思う。

規制をもっと具体化すべきである

PS4

条例の内容が中途半端、もっと具体化した方がいい、という意見がこちら。

・このニュースをテレビで見た時は少し驚いた。偏った考えの高齢な議員などが、提案したのかと思った。確かにゲームはさまざまな事に支障をきたす。時間の無駄と言っていた先輩もいた。昔は子供がメインだったのが、今は世代は関係なくなっている。しかし、ゲームは人生を豊かにする時もあり、ゲームの延長で仕事に就いたり、Eスポーツなどもうまれたので一概には否定できないと思う。自分が大人になり、我が子がゲームが原因で視力が落ち、勉強時間も減り、ゲームを与えた事を後悔したものである。今は昔と違い、外で遊ぶ事に危険が伴い、公園で遊んでいても、うるさい!と近隣から苦情がくる時代である。今の子供達は、公園にゲームを持参して静かに遊んでおり、公園に来てゲームかよ、と思うだろうが、その背景があるからなのである。

・学生(義務教育年代)は、規制できるならした方がいいと思います。学力にも視力、体力にもいい影響をこの年代に与えるものだと、あまり思いません。ゲームによる、コミュニケーションツールも危険な匂いはしますし。ただ、大人もスマホでゲームしてる方もたくさんいてるので、細かい具体的な規制内容は、必要だと思います。

・具体的にどんな内容のものをどうやって規制するのかなど決めておいた方が支持を得られると思います。子供だけではなく大人にでさえ悪い影響を与える恐れのあるゲームは多くあると思うので、いっそ禁止するものもあって良いと思ったからです。

・保護者に対し、子供のパソコン、ゲーム機の使用を制限しているが、学校でパソコンやタブレット端末を用いての授業が進められていると聞く。どこからまでが勉強でどこからがゲームかの境界線がしっかりと引かれていないと規制しにくいのではないかと思う。また、私は30代であり、該当年齢の子供がいてもおかしくはないと思うが、日常的にゲームをしている。子供がいた場合、「子供は1時間しかしちゃいけないのに、大人はいいの?」と言うと思う。規制するのであれば何がゲームで勉強か、年齢別の基準の根拠なども明確に添えて規制するべきだと思う。

ゲーム業界に余計な波紋を生じさせる

ゲーム業界に余計な波紋を生じさせてしまうのでは、と懸念する意見がこちら。

・ゲーム制作会社やそれに携わる者達にとって死活問題であり著しい不利益を被る内容だと思います。あくまでゲームをやる側の問題であってそれを適切に指導出来ないからといって条例でゲームを排除しようとする考えは安易だと思います。

・ゲームを我慢させてしまうと、余計にストレスがかかると思います。勉強をする、しないはそのご家庭で考えることなので不要だと思いました。塾に通ったりしている子もいると思うので、条例は作ったらいけないと思いました。ゲーム業界で働いている人にも影響がでると思います。

親や教育者の負担になる

条例が親や教育者の負担になる、という意見がこちら。

・スマホの利用時間の制限等を設けているが親や学校がそれを管理するのは難しい。時間が来たら取り上げてしまえば簡単だが多感な時期の子供に対しそのような対応をすれば親子関係に軋轢を生みかねない。親子関係だけに留まらず、コミュニケーションツールであるスマホの利用時間規制は人間関係を円滑に進める上でも障害になりかねない。

人権を侵害する内容である

PS4_2

そもそもこんな条例は人権の侵害である、とう意見がこちら。

・ゲームをする事が「悪」のようですが、ゲーム内での出会いやルールを守る事、社会の常識等が学べる事だってあると思います。生活の中まで行政が口を出すのはいかがかと思います。それよりも行政は違う事で人(国民)の事を考える事がたくさんあると思います。

・ゲームは直接的に他者に損害や迷惑をかけるものではないですし、個人の趣味を条例で制限するのは変な話だと思います。親が子供の将来を案じて小言を言うのは理解できますが、条例で定めるのは人権に対する過干渉だと感じます。

・ゲーム自体は違法性がないし、健康や精神を害するかの問題はゲーム側にないのに規制する理由が理解できない。これからe-スポーツも盛り上がったりするし、日本の重要な産業の一つでもあり、今政府が主導で行おうという方針が理解できない。

・ゲームは1日1時間というのは高橋名人の言葉ではあるがあれはその場でポンっと出した言葉。真に受ける必要がない。そもそも行政が個人の人権を侵害することがおかしい。ゲームを制限したら勉強する時間が増えると思っているのか知らないが、そんなことは全くない。単なる人権侵害。

積極的に規制していくべきである

条例などでゲームについては積極的に規制すべきだ、という意見がこちら。

・結論から申しますと、規制をかけようとかけまいと、やるやつはやる。という事です。自分自身を考えても、そうでしたし。いづれにしても、ゲームにしても、その当事者(子供たち)と取り巻く環境(親とか先生とか)が、如何に関わるか?(関わる事をめんどくさがらないか?)ではないでしょうか?誰しも、時間が有限である事は、百も承知なはずなので、”そんなことしてる暇があったら、勉強しいいや”って、言われて育つ、健全な環境が必要なのでは?その意味での、規制をかけること、に1票です。