鬼滅の刃人気の理由!どこが面白い?話題のコミック・アニメの注目ポイントは!

鬼滅の刃が人気の理由!

kimetsu_00

アニメもコミックも大人気の鬼滅の刃。

原作は少年誌の掲載作品ですが、女性のファンも多く、注目コミックとして一躍評判を集めています。

そこで今回は鬼滅の刃のどこがそんなに面白いのか、みんなの意見を見てみましょう!

オリジナリティ・設定

・今までになかったお話の設定で、とても面白い。大正時代を舞台にする作品はそんなにないと思う。ハイカラな感じと江戸・明治雰囲気が混じっていて、観ていて楽しい。また鬼退治とゆう昔話がこんなに面白いアクション系の漫画になってるのが楽しい。

・大正時代が舞台だという事。主人公は多数の弟妹を持っているところ。「俺は長男だから(痛みを)我慢できた」などのセリフは他のマンガでは考えられないと思います。「鬼」が元人間で「鬼」として生きなければならない哀しさを持っているところもいいです。主人公が優しさでそれを救うのが他の王道ヒーロー物と一線を画すところだと思います。

・言葉選びが本当に上手い作品だと思います。先日読んだインタビュー記事にて、元担当編集の方が「吾峠先生自身から出てくる言葉をキャラクターたちが話している」というような内容の文章を読んだ際、だから読みながらこんなにも作品に心を突き動かされるのかと思いました。

ストーリー

・敵味方問わず激しい戦いをじっくり丁寧に描いていると思う。人気のキャラクターでも、必要なら退場させるのはストーリー上仕方がないかもしれないが、なかなかできることではないと思う。だからこそ次の展開が気になって追いかけてしまう。長々と続けず、きっちり最後は終わらせてほしい。

・炭治郎と禰豆子、増えていく仲間を応援する気持ちで、見ているストーリーのはずなのに、都度出てくる敵の鬼に対しても、感情移入してしまう不思議なストーリーだから。登場人物や鬼のそれぞれに背景があって、面白いストーリーになっていると思う。

・鬼ももとは人間だったって事が細かく描かれていて、それをたんじろうが察して最後には報われるように殺していく所に感動を覚えました。自分も弱いって知っていても前に進む姿が凄くいいです。アニメしか見ていないのですが柱との絡みがとても楽しみです。

・ストーリーは柱、鬼ともに死ぬときに過去を振り返り、なぜこうなったのか、鬼(柱)になった原因は個人的な要因ではなく社会の問題だというメッセージ性を感じた。大正時代の設定だが、これは現代社会にも同じことがいえるので、ここまで人気があるのだと思う。

・登場人物1人1人にしっかりとストーリーがある。鬼になってしまった方にも鬼になる前のストーリーがあるためひきこまれる。登場人物の優しさや悲しさどれも読み込んでしまうくらいの世界観がいい。続きが読みたくなる。

・これまでのアニメ等は、正義のヒーロー側の視点のみ、ということが多い中、敵である鬼の過去を見せることで、敵であるキャラクターにも感情移入できるところが他にはない魅力の一つであり、他にはないストーリー展開が出来るため。

・引き込まれるような力強いストーリーが魅力だと思います。展開が全く読めず、ページをめくるたびにハラハラします。王道でありながら、独自の魅力も多く、飽きさせないストーリーだと思います。毎回続きが楽しみになる作品です。

・人気人気と聞いてはいましたが、実際に自分で見てはっきりと人気の理由が分かりました。大人が見てもストーリーが面白すぎると思いました。見れば見る程、続きが気になり途中でやめる事が出来なく、一気に読み進めてしまう程、面白いストーリーです。

・魅力的な登場人物もさることながら、怒涛の勢いで展開していくストーリーに目が離せません。鬼滅を誓う剣士たちの想い、それを遠くから支える人々の想い、意に反して鬼となった者たちの哀しみがストーリーに織り込まれることで非常に厚みのある物語になっていると思います。

絵・デザイン

・ストーリーはもちろんのことで、漫画よりアニメの方が絵のタッチが良いと聞いてたのでまずはアニメから入りました。
漫画の方ではまともには読んでないがアニメは全てみて素晴らしい絵のタッチではあります。
今後の映画やアニメの続編がやったら楽しみです。

作品の雰囲気

・魅力については全部上げられますが、あえて作品の雰囲気にします。私は初めてジャンプに掲載された時に一目見て『あ、好きだコレ』という直感が働きました。第一話目とはまだ世界観もストーリーもキャラもまだよく分からない状態。主人公は兄弟が多い家族で、父親はいないのか、主人公が代わりに働き出掛けるが常。私も父がいない、兄弟が多い家庭とのこともあり、今思えばそれが共感したいのかもしれません。そして、家に帰ると家族は皆殺し、妹の一人だけがまだ生きがあり慌てて町の医者へとみせに行こうとしますが、ここからが物語のスタート。妹のねずこが鬼と覚醒して炭治郎を襲いにかかる、ピンチに颯爽と現れた富岡さん。ねずこを殺そうとする富岡さんとねずこを助けたい炭治郎、鬼である以上人を襲う存在を許すことのできない富岡さんは頭を下げる炭治郎に叱りつける一言が痺れました。『生殺与奪の権利を人に握らせるな!!』ここから台詞と富岡さんの心情の書かれていた時、台詞では主人公への叱咤と同時に励ましには震えました。その後、ねずこと炭次郎の可能性にみて鱗滝さんを紹介されますが、そこから先修行パートと普通の作品ではすぐに大きな戦いが始まっておかしくないのに、この作品は最初は慎重に主人公を育てていくのが面白いと思いました。

・個人的には一話目から大好きな空気感でしたが、当初この作品は「少年ジャンプでは難しい」「どちらかと言えば青年コミック向け?」と思っていました。今では上手くジャンプらしさを合わせた作品の雰囲気になっていて、それがオリジナルで面白いです。

・噛まれたら鬼になる。ゾンビ映画のような設定だがキャラクターの魅力と、それ以上に戦闘シーンの迫力が素晴らしい。また、刀を武器とした戦闘のため、個人的には大好きです。ダークファンタジーのような世界観がより雰囲気が出ております。

・鬼が人を食うというありがちなストーリーではあるが、アニメになった時に作画がとても綺麗なのと、悲しくも美しく描かれているそれぞれのキャラの背景、ストーリーが観ていて引き込まれます。コメディの要素もありつつ感動するシーンも多くあり、大人でも引き込まれる良い作品だなと感じています。

・よく知っている和の雰囲気のはずなのに、何かが新しい。非常に美しく鮮明でキャラクターの設定が映えます。建物や敵のキャラクター、街並み、どれを取ってみても作りこみが繊細で、何回も見直しても決して飽きません。

世界観

・今まであまり漫画は読まない方なのに、1話読んだだけで世界観に引き込まれてしまい止まらなったのは、鬼滅くらいでした。鬼にも人間だった時代があり、その時を死ぬ前に思い出して自ら滅んでいく、というのも面白いと感じます。

・世界観が良いです。刀とか着物とかでてくるジャンプ漫画は定番ですが、ほかの漫画にはない可愛さというか。結構残虐で殺伐としたバトルシーンが多い漫画でもあるのですが、絵柄の可愛さで相殺されていい感じに仕上がっていると思いました。ほのぼのシーンがやっぱり大好きです。

・大正時代を舞台にしたアニメは珍しく西洋文化が入り混じった街並みが新鮮に思いました。鬼は和風ゾンビ的な感じがしますが、ちゃんとそれぞれ意思があり人を喰らうほど強くなるというところや、武器としては日輪刀でしか倒せないところが危機感を煽っていてゾンビより手強い感じがしていいと思います。

・絵はあまり好きな部類ではありませんが、切ないストーリー展開やこの漫画の世界が一言では言えない位、複雑な感情に包まれているところが魅力的だと思います。主人公や味方だけでなく、鬼もまた人間くささが残っているのもさらに世界観に彩りを与えていると思います。

・わたしは生きていない明治初頭画が、その時代をうかがえる環境づくりがうまいと思った。世界観としては『るろ剣』が近いと思いますが、江戸時代を生き抜いた化け物と戦うという変わり始めた時代を描いていた、面白いと思った。

・鬼は元々は人間であったこと。そして、彼等、彼女らはどうしようもない絶望にあった人達であり、その設定が「ただの悪者」とし見れないところにあると思います。そして、それに気づくタンジロウの思いやりにいつも心打たれます。

・出てくるすべてのキャラクター(モブも含めて)どの人々も目が離せない。それぞれのキャラクターのセリフ回しや間合い雰囲気が魅力的です。主人公以外にもどの人物や鬼でもその人に合わせての目線で物語が読んでいける。

・日本の大正時代を舞台に人間が住む世界に鬼がいるという世界観が引き込まれる。敵である鬼は元人間で悲しい過去があったり人間時代の過去に決着を着けられなかったところも共感できる。炭治郎たちと出会うことで過去と決別し成仏していく描写は見ている側の私達も悲しくも良かったと思えるから。

登場人物

・なんと言っても、登場人物それぞれのキャラの魅力に尽きるかと思います。敵にしろ味方にしろ、それぞれに背景があり、バックボーンがあり、その生い立ちからこの個性が生まれたということがよくわかるところが、読書が感情移入しやすいところだと思います。

・主人公が鬼を倒すために努力して強くなっていくといった点が魅力的であることに加えて、敵側の鬼も元々が人間であったことから、人間側と鬼側のエピソードの両方が描かれていることがキャラに感情移入しやすくなり、魅力的なキャラが多いと感じられたため。

・ストーリーや世界観も魅力ですが、それらをより一層引き立てているのが登場人物です。主人公はもちろん敵対する鬼たちも個性が強く、鬼になった理由も思わず納得・同情してしまう悲しい部分がありつつ、同じように辛いことがあった主人公がそれでもまっすぐに生きていく姿が何よりの魅力だと思います。

・主要メンバーや脇役にも個性があって、それぞれみんながいい味を出してると思いました。鬼にも、人間だった頃の人生があって、敵なのに憎めない。一人一人の物語がしっかりと描かれていて、嫌いなキャラクターがあまりいない。みんな幸せになって欲しいなと思える漫画だと思いました。

・それぞれのキャラクターが個性的で、名前も最初は読めなくて覚えづらいと思いましたが読んでいくうちに、すっかりそのキャラクター達の魅力にハマっている自分がいました。今や大人気でビックリするくらい有名になりましたが、その理由はやっぱり登場人物のキャラクターの個性が魅力的だからなのかなと思います。

・敢えて言うと登場人物が魅力的な作品で、上記に挙げた禰豆子、炭治郎をはじめ伊之助、杏寿郎そして柱達と見た目や性格そして剣技がそれぞれ独特なもので魅力あるキャラがいっぱいの作品だからです。とはいえ、登場人物以外にもストーリーや世界観も良いと思っています。

・こんなにも残酷な世界観の中で、それでも多くの読者を惹きつける一番大きな理由だと思うからです。鬼滅の刃に登場するキャラクターは、全員に人生とドラマがあり、それが丁寧に繊細に描かれています。だからこそ、キャラクターそれぞれが根底に持つ優しさに説得力が生まれていると感じます。

・1人1人の個性が強くどのキャラクターも外せない所だと思います。主要キャラでも無くなってしまったり、鬼の過去も悲しい過去があり、敵でも憎めないところもあり鬼も推せます。好きな推しが複数出来ちゃう!ほど各キャラクターに魅力があります。

・全てのキャラに感情移入してしまうくらい登場人物たちが魅力的だからです。鬼殺隊だけでなく鬼になった者たちにも事情があり、鬼殺隊に入隊した経緯と鬼になってしまうに至った背景、そのどちらについても心を動かされます。

・登場人物が味方も敵も魅力的で、どんな酷い鬼も人であった時があり、いろいろな原因があって鬼になっているので、その原因となったことを知ると人を食っていても可哀想に思ったり、同情してしまうからです。鬼だからと言ってただ倒すのではない、優しい主人公のようなキャラがいるから成立する話だと思います。

・好きなキャラは決まっていますが、他のキャラもみんな好きな点が言えるくらい、それぞれが魅力的に描かれています。みんな個性的で性格などが被ることがありません。色々な掛け合いも面白いものが多く、それも魅力です。

・作中の登場人物はそれほど多くはないのですが、登場するキャラがそれぞれの鬼と戦う理由を掘り下げながら物語が進行して行くので、本筋に絡む人物は全て重要な人物となってきます。物語の設定や話の内容自体も魅力的ですが、この作品は人物にスポットが当てられているように感じます。

・ストーリーはかなりダークな話なのに、出てくる敵を含めた人物の背景がものすごく徹底的に作りこまれていて、それが敵側にも、わき役たちにも人間味を感じる大きな要素だと思います。また、それぞれの背負っているものだけを追えば暗くなるのに、あえて極端に明るい要素を入れたキャラ作りがしてあって、人間味が増しています。

・登場人物の全員がしっかりと性格を持ち合わせていて、これ、誰だっけ?という風にならないところ。それぞれに物語があるので、過去を遡って紹介されるとさらにそのキャラクターが好きになっていくところ。鬼までもが悲しい過去を背負っているところ。

・登場人物が魅力的なキャラクターばかりで、主人公だけではなく、他のキャラクターも個性的なことによって、いろいろな人から愛されるので、人気が出た作品だと思います。登場人物以外にも魅力はありますが、一番はキャラクターだと思いました。